新涼 の俳句

新涼 の俳句

新涼 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23161364/

新涼 補遺

あらがねの土踏む草履秋涼し 飯田蛇笏 山響集
おもだかのなほ咲きつづき秋涼し 山口青邨
これからの新涼の月明るくて 阿波野青畝
するすると雨新涼の幹つたふ 鷲谷七菜子 一盞
ぬかみそヘ漬けし生姜や秋涼し 鈴木真砂女
ものを云ふとき新涼の眼と思ふ 野見山朱鳥 幻日
もの書きて新涼の翳手に添ひぬ 森澄雄
よべの雨笹叢濡らす涼新た 山口青邨
シテ去つてただ新涼の鼓の手 林翔
便箋の余白大きく涼新た 鷹羽狩行
唐もろこしの実の入る頃の秋涼し 杉田久女
四時替えぬ額に新涼おのづから 山口青邨
夏を経しいのちのどかに秋涼し 日野草城
夕顔ト絲瓜殘暑ト新涼と 正岡子規 糸瓜
夜々の月夜々に盈ちつつ秋涼し 日野草城
大富士のはるか下雲涼新た 飯田蛇笏 雪峡
女将の歯一つ抜けゐて秋涼し 日野草城
子を呼ばふ声新涼の崖の上 岡本眸
宝石は見るだけのこと秋涼し 鈴木真砂女 都鳥
宿場行燈新涼の灯を入るるなし 林翔 和紙
山際に点く新涼の第一燈 上田五千石 森林
弘法の筆に新涼おぼえけり 阿波野青畝
御用聞きまづ酒屋来て秋涼し 鈴木真砂女 夕螢
手を當てておのが肌や涼新た 森澄雄
拝殿の畳へ雀秋涼し 鷲谷七菜子 天鼓
文台の扇ひらけば秋涼し 呂丸
新涼とうなづき顔にをりにけり 森澄雄
新涼と思へりひたひたと歩く 岸田稚魚 紅葉山
新涼のうす紫の山の名は 星野立子
新涼のうれしさ遠き甲斐の山 飯田龍太
新涼のこつこつこつと仏師達 古舘曹人 樹下石上
新涼のこのもしき人のごとく来る 山口青邨
新涼のほとけの裏に出でにけり 山田みづえ 木語
新涼のまたまた料金不足便 鷹羽狩行
新涼のペンことごとく追悼記 山田みづえ まるめろ
新涼の一汁一菜願はくは 高野素十
新涼の九月七日といふ広場 高野素十
新涼の乳をふくむ児と草刈女 飯田蛇笏 霊芝
新涼の俄に到る草廬かな 富安風生
新涼の個展運河は水黒く 山口青邨
新涼の切紙細工蝶また蝶 山口青邨
新涼の力ぬけたる西日かな 波多野爽波 鋪道の花
新涼の土にとどまる蚯蚓の屎 飯田蛇笏 雪峡
新涼の土のあらはに黍穂垂る 飯田蛇笏 霊芝
新涼の地に立ちあがる蔓の先 古舘曹人 樹下石上
新涼の垂枝となりぬ栗林 石田勝彦 雙杵
新涼の夜となく昼となかりけり 相生垣瓜人 明治草
新涼の夜風障子の紙鳴らす 長谷川素逝 暦日
新涼の大根おろし山なりに 能村登四郎
新涼の家居の帯をゆるく締め 鷹羽狩行
新涼の小包二つ造りけり 山田みづえ 草譜
新涼の岩吹きいづる出湯白き 上村占魚
新涼の帆に翳うごく濤間かな 飯田蛇笏 白嶽
新涼の幹青き実を吹き出す 高野素十
新涼の手拭浮けぬ洗面器 中村汀女
新涼の指に付いたる松の脂 岡井省二 鯛の鯛
新涼の新利根村と書き誌す 高野素十
新涼の月のほそみに出でも見ん 石橋秀野
新涼の朝日きのふの時化のあと 長谷川素逝 村
新涼の朝顔竹をのぼり咲く 臼田亜郎 定本亜浪句集
新涼の木々の眺めに枝のみえ 岡井省二 有時
新涼の机辺ゑのころ草を挿す 山口青邨
新涼の杉を高しと奥吉野 鷲谷七菜子 天鼓
新涼の林中に古る屍室 角川源義
新涼の母国に時計合せけり 有馬朗人 知命
新涼の水いろがちのローランサン 山田みづえ まるめろ
新涼の水かきうすく鴛鴦流る 松村蒼石 寒鶯抄
新涼の水にましろき指の先 平井照敏
新涼の水に老けたり水馬 阿波野青畝
新涼の水の浮かべしあひるかな 安住敦
新涼の水を斜めに皿沈む 橋閒石 雪
新涼の沼へかたむく電車かな 古沢太穂 古沢太穂句集
新涼の淵は影あそぶ魚もなし 水原秋櫻子 残鐘
新涼の潺湲として来りけり 相生垣瓜人 明治草抄
新涼の瀧の雲霧に打たれけり 松本たかし
新涼の灯の一匹の蛾をつゝむ 右城暮石 句集外 昭和二十一年
新涼の無疵の貝を拾ひけり 山田みづえ 木語
新涼の燈とわが影と畑にとどく 篠原梵 年々去来の花 雨
新涼の燭ゆれあうて誕生日 飯田蛇笏 白嶽
新涼の琥珀明暗首飾 山口青邨
新涼の甚平に裾なかりけり 草間時彦
新涼の画を見る女画の女 福田蓼汀 山火
新涼の白洲離れし鳶のこゑ 飯田龍太
新涼の皿に描きし魚一尾 橋閒石 雪
新涼の笊に和紙貼る手草かな 石川桂郎 高蘆
新涼の紙函大事がりにけり 右城暮石 句集外 昭和二十一年
新涼の繊き手摺にもたれけり 日野草城
新涼の花を貰つて戻りけり 鈴木真砂女 紫木蓮
新涼の花知る揚羽雲のなか 飯田蛇笏 霊芝
新涼の荒も好もし湖の宿 松本たかし
新涼の萱に切られし向ふ脛 清崎敏郎
新涼の蚤がせゝると板屋かな 石橋秀野
新涼の豆煮えてゐる厨かな 鈴木真砂女 居待月
新涼の釣瓶漏りつゝ上り来る 日野草城
新涼の雀のこゑのよきこゑす 森澄雄
新涼の離れて睦む山と雲 飯田龍太
新涼の雨や来る鳥音木もぬれて 村山故郷
新涼の雨を真近に眺めをり 波多野爽波 鋪道の花
新涼の雨吸ひ足りて砂畠 杉田久女
新涼の雲美しや信濃ゆく 稲畑汀子
新涼の雲鎧ふ嶽を遥かにす 村山故郷
新涼の電車抛られしごと来る 石塚友二 方寸虚実
新涼の風にさそはれ逝かれけり 稲畑汀子
新涼の風韻きゐる風の中 藤田湘子
新涼の飛び石ふかき家を訪へり 中村苑子
新涼の鯛の目玉の舌ざはり 鷹羽狩行
新涼の黄味こんもりと生玉子 鈴木真砂女 居待月
新涼の黄泉へぐひに蟹の味噌 角川源義
新涼は大洲の葦の乱れより 松村蒼石 雁
新涼や「死んで貰う」と高倉健 楠本憲吉 方壺集
新涼やあづまへ下る月のころ 日野草城
新涼やいささか痩せし羽根箒 鷹羽狩行
新涼やぎんなん走る屋根瓦 岸田稚魚 雁渡し
新涼やくろくも見えし桃の紅 百合山羽公 樂土
新涼やこちらむくとき鳰のとり 石橋秀野
新涼やさらりと乾く足の裏 日野草城
新涼やたしなまねども洋酒の香 中村汀女
新涼やてのひらで摶つ湖の面 岸田稚魚 筍流し
新涼やとぎれとぎれの街の楽 波多野爽波 鋪道の花
新涼やひとりの膳に礼をなし 岡本眸
新涼やほの明るみし柿の数 杉田久女
新涼やまつりてありし薬(くし)の神 飯田龍太
新涼やよき弟子となり度く希ふ 星野立子
新涼やわがなす用のはたとなく 中村汀女
新涼やナプキンの耳もてあそび 鷹羽狩行
新涼や一つ位牌に二た仏 高野素十
新涼や一ト日鎖す戸に虫鳴いて 臼田亜郎 定本亜浪句集
新涼や二つ小さき南瓜の実 村上鬼城
新涼や井水をみたす厨桶 石川桂郎 四温
新涼や人老い湖に齢なし 富安風生
新涼や刃物三丁研ぎすまし 鈴木真砂女 紫木蓮
新涼や削りし土と苔を箕に 原石鼎 花影
新涼や囮鮎屋の旗褪せて 百合山羽公 樂土
新涼や地玉子割るに二度叩き 鈴木真砂女 都鳥
新涼や堰かれてものを映す水 鷹羽狩行
新涼や女に習ふマンドリン 日野草城
新涼や子とつれあそぶ大山蟻 原石鼎 花影
新涼や実をむすび居る庭董 原石鼎 花影
新涼や寝くたれ髪に日の光 日野草城
新涼や尾にも塩ふる焼肴 鈴木真砂女
新涼や山荘の餉の生野菜 星野立子
新涼や庭石うづむ鞍馬苔 水原秋櫻子 蘆雁以後
新涼や張板ならぶどれも紺 波多野爽波 鋪道の花
新涼や御車寄に轍絶え 上田五千石『琥珀』補遺
新涼や念校に朱を一つ入れ 鷹羽狩行
新涼や旅に愛せし小鉛筆 能村登四郎
新涼や旅の夜もまた北枕 下村槐太 光背
新涼や日当りながら竹の雨 杉田久女
新涼や松の根方の茅萱むら 岡井省二 有時
新涼や梁真横尚真堅 阿波野青畝
新涼や水の香のして観世音 岸田稚魚
新涼や沸きてひとりに余る白湯 鷹羽狩行
新涼や油のごとく暮れなづむ 角川源義
新涼や活き身透かせて車海老 鈴木真砂女 居待月
新涼や濡れ髪ほのと束ねぐせ 杉田久女
新涼や火の穂透き見ゆ岐阜提灯 原石鼎 花影
新涼や生姜すり込む濃甘酒 日野草城
新涼や癌てふ文字の眼にいたし 角川源義
新涼や白きてのひらあしのうら 川端茅舎
新涼や百姓の子の東京に 石田波郷
新涼や目覚煙草の煙の色 日野草城
新涼や真鯉はおのが影の上 鷹羽狩行
新涼や禅宗坊主美しく 阿波野青畝
新涼や種茄子日々の捨て太り 日野草城
新涼や立枯松の男ぶり 阿波野青畝
新涼や糶いちばんの手長蛸 雨滴集 星野麥丘人
新涼や約束の客不意の客 星野立子
新涼や素肌といふは花瓶にも 鷹羽狩行
新涼や紫苑をしのぐ草の丈 杉田久女
新涼や細身に架けて島の橋 鷹羽狩行
新涼や翼を張りて夜の富士 岸田稚魚 筍流し
新涼や胡瓜きざむに音たてて 鈴木真砂女 夕螢
新涼や膳に上りし湖の魚 松本たかし
新涼や芝這ふ如く雨到る 星野立子
新涼や花びら裂けて南瓜咲く  村上鬼城
新涼や花を了りし烏瓜 百合山羽公 春園
新涼や草山富士に日の翳る 村山故郷
新涼や落葉松植ゆるはかりごと 星野立子
新涼や蕾してゐる庭菫 原石鼎 花影
新涼や蜜の香のせる峠みち 岸田稚魚 筍流し
新涼や蝶の羽また新しく 山口青邨
新涼や袋におとす喜捨の米 飴山實 句集外
新涼や豆腐驚く唐辛 前田普羅 普羅句集
新涼や貝塚史記を読み了る 高野素十
新涼や起きてすぐ書く文一つ 星野立子
新涼や酒にしたしむ盲化石 松崎鉄之介
新涼や障子はめある化粧部屋 杉田久女
新涼や青竹を挽く音の止み 鷹羽狩行
新涼や鳩の接吻日浴びそむ 石田波郷
新涼や鼬見た人見ない人 飯島晴子
新涼を告ぐ一片の光り雲 相馬遷子 雪嶺
新涼を運び日照雨をこぼす雲 稲畑汀子
暮坂の古道とこそ涼新た 岸田稚魚 紅葉山
朝夕の秋涼しきは山の常 高浜年尾
水菓子に新涼の灯の隈もなき 上村占魚 鮎
波郷選出づ新涼の朝刊に 相馬遷子 山河
涼新た傘巻きながら見る山も 飯田龍太
涼新た白いごはんの湯気の香も 飯田龍太
煎餅が秋涼の音発しけり 林翔
磯波に念珠の音の秋涼し 鷲谷七菜子 花寂び
神葬る秋涼の灯に髫髪童どち 飯田蛇笏 霊芝
秋涼しかけ橋程の道のほど 土芳
秋涼しすぐ黄に染まる湯手拭 福田蓼汀 秋風挽歌
秋涼しわが躯は薄しいと軽し 日野草城
秋涼し奥地への旅志す 高野素十
秋涼し妻の謡曲きこえをり 日野草城
秋涼し寝汗もなくて昼寝ざめ 日野草城
秋涼し山をゆりたてゆりおろし 露川
秋涼し巴里逗留の二日よし 高野素十
秋涼し早稲の匂ひの右ひだり 中川乙由
秋涼し月見をちぎる松がもと 白雄 白雄句集
秋涼し朝刊をよむ蚊帳裾濃 杉田久女
秋涼し湖の渚に瓜二葉 富安風生
秋涼し目覚め咳く木曾の宿 松本たかし
秋涼し縁りは青磁のふせの海 露川
秋涼し耳塚原の通り雨 飯田蛇笏 霊芝
秋涼し蘭のもつれの解るほど 野坡
秋涼し黒衣に僧の顔せずに 森澄雄
秋涼の海に飽かれし紅ヨット 百合山羽公 寒雁
秋涼の雲に鳶啼く大菩薩 飯田蛇笏 白嶽
秋涼や母のデートは子も許し 安住敦
竹にふる雨鏘々と秋涼し 山口青邨
紫蘇の実や秋涼といふ時もすぎ 百合山羽公 故園
老友の病む新涼の漸くに 高野素十
聞きとめしものはつきりと秋涼し 後藤比奈夫
背を見せてわれに寄る鯉秋涼し 山口青邨
草引きて崖土こぼす涼新た 岡本眸
蔵三階一塵とめず秋涼し 林翔 和紙
藻の花のしげく新涼いたりけり 松村蒼石 寒鶯抄
親子とは耳までも似て秋涼し 鈴木真砂女 居待月
訪ふ人に訪はるゝ人に秋涼し 鈴木真砂女 夏帯
運ひらきくればおのづと秋涼し 鈴木真砂女 夏帯
酒含みゐて新涼を分つなり 原裕 葦牙
釣舟や鈴の光の秋涼し 渡邊水巴 白日
障子しめて灯す湯殿や秋涼し 杉田久女
驟雨去りゐし新涼のにはかなる 稲畑汀子
鯉こくの喉もと過ぎて涼新た 鷹羽狩行
黄水晶紫水晶秋涼し 高野素十

以上
by 575fudemakase | 2016-09-01 01:55 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26155599
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング