朝顔 の俳句

朝顔 の俳句

朝顔 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22832854/

朝顔 補遺

あさがほのおもひつめたる花の数 松村蒼石 雪
あさがほの双葉うれしくなりにけり 亭午 星野麥丘人
あさがほの大地になじむ花の瑠璃 飯田蛇笏 家郷の霧
あさがほの大紫や神楽坂 雨滴集 星野麥丘人
あさがほの花びらの縁疲れ来ぬ 篠原梵 年々去来の花 雨
あさがほの花照りそめつ後の月 渡邊水巴 白日
あさがほの葉をどけやればはらと咲く 篠原梵 年々去来の花 雨
あさがほの蔓引いてをり火山灰曇 亭午 星野麥丘人
あさがほやいのち大事と嚥むくすり 鈴木真砂女 夏帯
あさがほやはやばや人に訪ねられ 鈴木真砂女 夏帯
あさがほや上海陸戦隊還らず 渡邊白泉
あさがほや二人のむすめ孝行を 山口青邨
あさがほや家をめぐりて十数歩 橋本多佳子
あさがほや顔子も居らん裏借家 正岡子規 朝顔
あさがほをだまつて蒔いてをりしかな 安住敦
あはあはと朝顔も咲き疲れたる 中村苑子
いのち長き鉢朝顔をいとしまむ 鈴木真砂女 夕螢
いやはての朝顔の色濃かりけり 林翔
おくればせに朝顏蒔きつまだ生えず 正岡子規 朝顔
おしめりや朝顔市に人減らず 石川桂郎 高蘆
お守りと朝顔市の朝顔を 山口青邨
かいまみる子規庵朝顔一つ咲く 山口青邨
かれかれになりて朝顏の花一つ 正岡子規 朝顔
きつぱりと夜と別れ朝顔の紺 鷹羽狩行
きぬきぬや蕣折りて參らする 正岡子規 朝顔
きぬきぬを朝顏の花に見られけり 正岡子規 朝顔
きぬぎぬや蕣いまだ綻びず 正岡子規 朝顔
きのふ活けて今日蕣の花もなし 正岡子規 朝顔
けふの日の朝顔の朝ながかれや 臼田亜郎 定本亜浪句集
こけし目を細め朝顔大輪に 山口青邨
この宵や朝顔棚の鉦たゝき 高野素十
この頃の蕣藍に定まりぬ 正岡子規 朝顔
しまひ日の朝顔市に来てゐたり 深見けん二
たつた一つの朝顔にメンデリズム存す 加藤秋邨
つと立つてゆきたるが朝顔を打す 岡井省二 猩々
とりつきて蕣上る柳哉 正岡子規 朝顔
なかなかに朝顔つよき野分哉 正岡子規 野分
ばゞ水をやれば朝顔凛々と 山口青邨
ひえびえと朝顔さかりうすれけり 松村蒼石 雪
ひきほどく朝顔の実のがら~に 内藤鳴雪
ほのぼのに朝顔見るや?一重 正岡子規 朝顔<巾+厨>
まだ乱れない全き露を見たりける(朝顔の露を見んとて五時起きし) 細見綾子
まだ夜のあさがほ黒く咲き満てり 篠原梵 年々去来の花 雨
めざましに朝がほ見るや蚊帳一重 正岡子規 朝顔蚊帳(かや<蚊、巾+厨>)
めつらしや蕣老いて花一つ 正岡子規 朝顔
もの隠すごと朝顔を蒔きゐたる 安住敦
よき序文白朝顔の傍で書く 能村登四郎
一輪の残る朝顔に蕪城来る 山口青邨
七月七日入谷の朝顔とどきたる 細見綾子
三圓の蕣何ともなかりけり 正岡子規 朝顔
丹沢山の夕日がさしし朝顔鉢 細見綾子
亀迅し朝顔つぼむとき迅し 橋閒石 荒栲
予後の牛乳朝顔の門にいつもあり 山口青邨
二三輪蕣咲くや竹格子 正岡子規 朝顔
人にしんじつなし朝顔蒔きにけり 安住敦
人の家を借りて蕣さかせけり 正岡子規 朝顔
人もなし蕣の垣根蔦の壁 正岡子規 朝顔
人老ゆる朝顔も実となりにけり 山口青邨
今日の色萎え朝顔の朝終る 稲畑汀子
休暇はや白朝顔に雨斜め 中村汀女
佃煮の元祖朝顔の蔓枯れて 山口青邨
佐渡を指す紺朝顔の花の上 阿波野青畝
何も彼も庭は蕣だらけなり 正岡子規 朝顔
何を得し夏ぞ朝顔いろ深し 林翔 和紙
供華の中に子が青くみし朝顔も 能村登四郎
傘干しに出て朝顔の種子も採る 岡本眸
入谷から出る朝顏の車哉 正岡子規 朝顔
凡朝顔のあと駄鶏頭育てけり 安住敦
出藍の一輪凛たる小朝顔 香西照雄 素心
北斗ありし空や朝顔水色に 渡邊水巴 富士
去る家の朝顔どっと生ひ茂る 百合山羽公 寒雁
双眼の骨の疲れや路次朝顔 渡邊白泉
受洗の子朝顔厩咲き封じ 中村草田男
古丹波に挿す紫の朝鮮朝顔 細見綾子
古庭の蕣さきぬ霧の中 正岡子規 朝顔
古郷忌やすがれ朝顔大切に 石田波郷
古郷忌や朝顔籬に隠れ臥し 石田波郷
司書が出て朝顔苗に水与へ 阿波野青畝
向けし背の朝顔蒔いてゐるらしく 石田勝彦 秋興以後
咲きつづく朝顔市の朝顔よ 山口青邨
咲き急ぐ小粒朝顔臥すが仕事 岸田稚魚 筍流し
咲て見れば團十郎でなかりけり 正岡子規 朝顔
垣の外に朝顏咲くや上根岸 正岡子規 朝顔
堪ゆることばかり朝顔日々に紺 橋本多佳子
売り急ぐ雨の朝顔市さびし 福田蓼汀 秋風挽歌
夕もやの取り巻きにけり朝顔市 細見綾子
夕暮に朝顔の葉のならびけり 正岡子規 朝顔
大輪の朝顔に暑のさかりなる 細見綾子
大輪の藍朝顔やしぼり咲き 杉田久女
大風の日の朝顔に七面鳥 原石鼎 花影
好悪さだまりて朝顔の紺ひとつ 飯田龍太
妊るか朝顔の雨松の雨 齋藤玄 飛雪
妹の朝顔赤を咲きにけり 正岡子規 朝顔
子らの朝顔咲けば楽しく時経ちぬ 臼田亜郎 定本亜浪句集
富士青肌朝顔の花象嵌す 山口青邨
寝浅きに朝顔の暁待たれけり 臼田亜郎 定本亜浪句集
實になりし鉢の朝顏花一つ 正岡子規 朝顔
尋常に朝の朝顔震災忌 阿波野青畝
小傾城蕣の君と申しけり 正岡子規 朝顔
小朝顔眠りもたれぬよその葉に 香西照雄 対話
小脇にす紺朝顔の鉢の冷え 中村汀女
山下りて朝顔涼し京の町 山口青邨
山里の蕣藍も紺もなし 正岡子規 朝顔
嵐の夜あけ朝顔一つ咲き居たり 尾崎放哉 大正時代
市の日の朝顔ならぶささのゆき 水原秋櫻子 殉教
市へ出す朝顔車夜をこめて 水原秋櫻子 蘆雁
平凡に咲ける朝顔の花を愛す 日野草城
庖厨や鉢朝顔の実をむすぶ 飯田蛇笏 山廬集
恙なきや庵の蕣初嵐 正岡子規 初嵐
恨などすてよ朝顔衰ふに 赤尾兜子 玄玄
愛*えんの漲りひらく白朝顔 飯島晴子
我梦をめぐつて蕣のさかり哉 正岡子規 朝顔
戦没の霊あり余る 野朝顔 伊丹三樹彦
敲けども蕣咲て明家なり 正岡子規 朝顔
新涼の朝顔竹をのぼり咲く 臼田亜郎 定本亜浪句集
早咲の朝顔赤し五月晴 正岡子規 五月晴
明けゆくや朝顔市に水打たれ 水原秋櫻子 殉教
晩酌に對す蕣の花一つ 正岡子規 朝顔
曲り曲り突きあたる垣の蕣ぞ 正岡子規 朝顔
曲り曲り突きあたる家の蕣ぞ 正岡子規 朝顔
書評など書く用朝顔青き実を 山口青邨
朔日や朝顔さいて朝灯 村上鬼城
朝々や朝顔の蔓なほしやる 星野立子
朝かほや斜にさきしつる一ツ 正岡子規 朝顔
朝がほや梦の美人の消え處 正岡子規 朝顔
朝な朝な朝がほながき契り哉 正岡子規 朝顔
朝寝して朝顔市のまつぴるま 安住敦
朝貌のかくて宵寐の人ならし 正岡子規 朝顔
朝顏にあさつての莟多き哉 正岡子規 朝顔
朝顏にからむ隣の瓢哉 正岡子規 朝顔
朝顏に傾城眠きさかり哉 正岡子規 朝顔
朝顏に吉原の夢はさめにけり 正岡子規 朝顔
朝顏のさまさま色を盡す哉 正岡子規 朝顔
朝顏の垣に鴉のとまりけり 正岡子規 朝顔
朝顏の垣や上野の山かつら 正岡子規 朝顔
朝顏の垣根荒れたり小傾城 正岡子規 朝顔
朝顏の彩色薄き燈籠かな 正岡子規 朝顔
朝顏の戸に掛けて去る牛の乳 正岡子規 朝顔
朝顏の淺黄は薄き夜明哉 正岡子規 朝顔
朝顏の澁色茶色なども咲きぬ 正岡子規 朝顔
朝顏の白きは画にもかゝぬなり 正岡子規 朝顔
朝顏の白き蕾を尋ねけり 正岡子規 朝顔
朝顏の種を干す日や鵙の聲 正岡子規 朝顔
朝顏の花や上野の山かつら 正岡子規 朝顔
朝顏の花木深しや松の中 正岡子規 朝顔
朝顏の花猶存す午の雨 正岡子規 朝顔
朝顏の車立てたり裏御門 正岡子規 朝顔
朝顏の鉢に分限を見するかな 正岡子規 朝顔
朝顏の鉢移したるうがひ哉 正岡子規 朝顔
朝顏の鉢竝べたり萩の前 正岡子規 朝顔
朝顏やいろいろに咲いて皆萎む 正岡子規 朝顔
朝顏や團十郎の名を憎む 正岡子規 朝顔
朝顏や寐ぼけた色を咲かせけり 正岡子規 朝顔
朝顏や新聞くばる鈴の音 正岡子規 朝顔
朝顏や松の梢の花一つ 正岡子規 朝顔
朝顏や紫しほる朝の雨 正岡子規 朝顔
朝顔がまだ咲いてゐし花野かな 細見綾子
朝顔が城にからまる支那臭し 古舘曹人 砂の音
朝顔が桐に巻きつく機業の町(泉大津市に鈴木六林男氏を訪ふ) 細見綾子
朝顔が降る遠国の無人の街 金子兜太
朝顔でなければ見られぬ紫と桃色 細見綾子
朝顔となりおほせたる垣根哉 正岡子規 朝顔
朝顔となりて七八日の蔓 上村占魚
朝顔と見えて夜明る庵かな 正岡子規 朝顔
朝顔と赤坊の瞳と暁涼し 福田蓼汀 山火
朝顔にすずしくあたる朝日かな 日野草城
朝顔にほそぼそと雨かかりけり 臼田亜浪 旅人 抄
朝顔にまた明日迄の命哉 正岡子規 朝顔
朝顔にわれ恙なきあした哉 正岡子規 朝顔
朝顔に七時の時報庶民我 高田風人子
朝顔に傾城だちの鼾かな 正岡子規 朝顔
朝顔に夢中になりし法師かな 川端茅舎
朝顔に家揺りし風雨遠くなりぬ 村山故郷
朝顔に急雨やみたる目覚かな 松村蒼石 雁
朝顔に手をくれておく別れかな 富安風生
朝顔に水やりしあと月待ちし 細見綾子 牡丹
朝顔に水をやること朝一番 細見綾子
朝顔に磯よりの魚いちはやし 橋閒石 朱明
朝顔に粗茶淡飯の聯掛かり 後藤比奈夫
朝顔に見入れる人のうなじかな 林翔
朝顔に風も吹かずよ草の中 石田波郷
朝顔に麦を買ひ足す男かな 永田耕衣
朝顔のいのちのかぎりあさなあさな 山口青邨
朝顔のうそ寒き花咲き次げり 相生垣瓜人 明治草
朝顔のうつろひやすく灼け来けり 臼田亜郎 定本亜浪句集
朝顔のこころもとなき数となり 鷹羽狩行
朝顔のこの色鬼子母神好み 後藤比奈夫
朝顔のしぼみ滲みて葉を染むる 高野素十
朝顔のすでに実となる鹿島立 山口青邨
朝顔のちりぢり失せぬ百日紅 齋藤玄 飛雪
朝顔のつゆけき蔓をゆるめけり 松村蒼石 雪
朝顔のつるさき秋に屆きけり 正岡子規 朝顔
朝顔のつる吹く風もなくて晴れ 村上鬼城
朝顔のひらきはじめてとどまらず 鷹羽狩行
朝顔のひるまでさいて秋の行 正岡子規 行く秋
朝顔のわつかに闇をはなれけり 正岡子規 朝顔
朝顔の一りん強しはつあらし 正岡子規 初嵐
朝顔の一日一日にあき近し 正岡子規 秋近し
朝顔の一輪咲きし熱さかな 正岡子規 暑
朝顔の一鉢可憐瑞巌寺(NHK衛星テレビのため松島で) 細見綾子
朝顔の上につるせり硝子風鈴 細見綾子
朝顔の二輪重なり紺深し 福田蓼汀 山火
朝顔の今朝もむらさき今朝も雨 水原秋櫻子 蘆雁以後
朝顔の俗なるものの街嶮し 古舘曹人 能登の蛙
朝顔の出水を渡る鼠かな 河東碧梧桐
朝顔の厚き花びら海の際 赤尾兜子 玄玄
朝顔の双葉に甲も乙もなし 藤田湘子
朝顔の双葉のどこか濡れゐたる 高野素十
朝顔の双葉の力われに欲し 鷹羽狩行
朝顔の双葉の箱も雨の中 鷹羽狩行
朝顔の双葉の落す影正し 松本たかし
朝顔の双葉の鉢に描きある画 後藤夜半 底紅
朝顔の双葉の鉢を並べ過ぎ 後藤比奈夫
朝顔の双葉むらさき名もなくて 山口青邨
朝顔の双葉揃ひし祭かな 鈴木真砂女 夕螢
朝顔の双葉育てて佃煮屋 鈴木真砂女 居待月
朝顔の咲いてしまひぬといふ如く 加藤秋邨
朝顔の咲きも咲きたる陋居かな 百合山羽公 春園
朝顔の咲き放題にいつも留守 石橋秀野
朝顔の咲くともいはず婢かな 富安風生
朝顔の団十郎が咲きつづく 山口青邨
朝顔の地を這つて咲く敗戦日 鈴木真砂女 居待月
朝顔の垣のあなたに行水す 正岡子規 行水
朝顔の垣根に鷄の遊びけり 正岡子規 朝顔
朝顔の夕風入谷のビラが舞ふ 細見綾子
朝顔の大輪の紺今日ほろぶ 渡邊白泉
朝顔の実となる窓や稲光 中村汀女
朝顔の実を採らねばと思ふ日々 鷹羽狩行
朝顔の富みたる紺を乏しとも 細谷源二 砂金帯
朝顔の市の裏側にも回り 鷹羽狩行
朝顔の引き捨てられし莟かな 正岡子規 朝顔
朝顔の日うら勝にてあはれなり 正岡子規 朝顔
朝顔の明さ食べ得て食べさし得て 中村草田男
朝顔の昼のすがたを一瞥す 山田みづえ まるめろ
朝顔の月夜に染みし絞なる 渡邊水巴 富士
朝顔の朝々咲て秋近し 正岡子規 秋近し
朝顔の朝外へ垂れて人ゆき次ぐ 臼田亜郎 定本亜浪句集
朝顔の朝永きにも亡妻を憶ふ 臼田亜郎 定本亜浪句集
朝顔の枯蔓抜くに力は要らず 安住敦
朝顔の模様の法被市の者 高浜年尾
朝顔の水辺や四五の軽舸あり 水原秋櫻子 磐梯
朝顔の濃紫なる野分かな 原石鼎 花影
朝顔の片側町となりにけり 石川桂郎 高蘆
朝顔の瑠璃に愕く燕かな 原石鼎 花影
朝顔の瑠璃の露見て句集編む 水原秋櫻子 蘆雁以後
朝顔の瑠璃多かれと蒔きにけり 水原秋櫻子 蘆雁
朝顔の白が咲きつづくわりなし 尾崎放哉 須磨寺時代
朝顔の白さよ紺は咲かざりし 渡邊水巴 富士
朝顔の白にはじまる中世史 燕雀 星野麥丘人
朝顔の百花に蔓を葉を隠し 鷹羽狩行
朝顔の百花咲かせて驕らざる 鷹羽狩行
朝顔の的*れきと紺ばかりかな 石塚友二 光塵
朝顔の的礫と紺ばかりかな 石塚友二 光塵
朝顔の石に這ひつく山家哉 正岡子規 朝顔
朝顔の種とりて皮口で吹く 細見綾子 桃は八重
朝顔の種とるゆかり紺いろの 山口青邨
朝顔の種も採らずに枯らしけり 鈴木真砂女 居待月
朝顔の種を採りいて微震あり 橋閒石 微光
朝顔の種土におち芽を出せり 細見綾子
朝顔の種採りし手を洗ひけり 亭午 星野麥丘人
朝顔の種採る雲のゆきゝかな 鈴木真砂女 生簀籠
朝顔の紫紺簇がり車掌住む 石塚友二 方寸虚実
朝顔の紺のかなたの月日かな 石田波郷
朝顔の紺や一徹通すべし 亭午 星野麥丘人
朝顔の紺を重ねて陋巷に 山口青邨
朝顔の紺高空に石の道 角川源義
朝顔の色を忘れし白さかな 渡邊水巴 富士
朝顔の花の命や夏の雨 正岡子規 夏の雨
朝顔の花みづみづし寡婦となる 日野草城
朝顔の花やぶれけり初嵐 正岡子規 初嵐



朝顔の花をつらねて末枯るる 高野素十
朝顔の花咲かぬ間の朝少し 中村汀女
朝顔の花瓣怖き地面かな 永田耕衣
朝顔の花筒ふかく時の鐘 中村草田男
朝顔の花筒女の咽喉ふくらか 中村草田男
朝顔の苗に水やる真昼哉 正岡子規 朝顔の苗
朝顔の苗はいづこぞ夕日寺 角川源義
朝顔の莟數へてまはりけり 正岡子規 朝顔
朝顔の萎えざる刻を励みをり 稲畑汀子
朝顔の蔓の自由を籬とす 稲畑汀子
朝顔の蕾せる闇婚期来る 鷹羽狩行
朝顔の蕾太しや明日ありと 林翔
朝顔の藍のひさしき日蔭かな 日野草城
朝顔の藍澄みて今日もよき晴れか 村山故郷
朝顔の蜜やほどよき姉の愛 香西照雄 対話
朝顔の裂けてゆゝしや濃紫 原石鼎 花影
朝顔の裂けて咲きけり受賞以後 中村苑子
朝顔の車輪の如く大いさよ 上野泰 佐介
朝顔の這ひいでて咲きぬ塀の蔦 正岡子規 朝顔
朝顔の野の草となる大き実を 山口青邨
朝顔の鉢を置きたる跡ならん 清崎敏郎
朝顔の鉢店先に英国屋 鈴木真砂女 都鳥
朝顔の間夕顔の間と申さばや 山口青邨
朝顔の雨にたためる一日終ゆ 山口青邨
朝顔はむらさき匪襲十里にあり 山口青邨
朝顔はゆるぎなし一句推敲す 渡邊水巴 富士
朝顔は命の中のいのちかな 正岡子規 朝顔
朝顔は実に倖せは小さきに足る 鈴木真砂女 夏帯
朝顔は普段着の花鉢かろし 石川桂郎 高蘆
朝顔は水輪のごとし次ぎくに 渡邊水巴 富士
朝顔は紫白と花小さし 細見綾子
朝顔も世話女房の風雅かな 日野草城
朝顔も原種にかへる住み古りて 山口青邨
朝顔も咲かすべく瓢もならすべく 山口青邨
朝顔も白だけ教祖の額かかげ 中村草田男
朝顔やあしたはいくつ開くやら 正岡子規 朝顔
朝顔やあてありさうにのびる蔓 正岡子規 朝顔
朝顔やきのふなかりし花のいろ 正岡子規 朝顔
朝顔やきのふの花をまぼろしに 渡邊水巴 富士
朝顔やきのふハしらぬ花のいろ 正岡子規 朝顔
朝顔やここの校歌を作れとこそ 中村草田男
朝顔やすでにきのふとなりしこと 鈴木真砂女 夏帯
朝顔やひとはひとつの顔に老い 加藤秋邨
朝顔やひとりめざめて老患者 石田波郷
朝顔やひとり見る空ほの匂ふ 渡邊水巴 富士
朝顔やむかしいづこを入谷川 水原秋櫻子 餘生
朝顔ややす~染みし紅浅黄 渡邊水巴 富士
朝顔やよしある人のわひ住ひ 正岡子規 朝顔
朝顔やよべみし夢に銀の雨 鈴木真砂女 夏帯
朝顔やよべ書きしものよみ返す 星野立子
朝顔やわけてもけふの紺ふかく 鈴木真砂女 夏帯
朝顔やわれ未だ起きずと思ふらん 正岡子規 朝顔
朝顔や一艇沖へ波を切り 深見けん二
朝顔や傾城町のうら通り 正岡子規 朝顔
朝顔や入谷あたりの只の家 正岡子規 朝顔
朝顔や到るところに友が待つ 永田耕衣
朝顔や友等笑へば幼な顔 中村草田男
朝顔や命ある間の走り雨 石塚友二 曠日
朝顔や四つ目垣越え四つ目垣 星野立子
朝顔や塵紙を漉く一つ家 正岡子規 朝顔
朝顔や境内浅く鬼子母神 石川桂郎 高蘆
朝顔や墨東綺譚よべ読みし 山口青邨
朝顔や多事で紛らす或る一事 鷹羽狩行
朝顔や夜をかけて書きつゞけ来し 星野立子
朝顔や夢裡の美人は消えて行く 正岡子規 朝顔
朝顔や天を仰ぎて漱ぐ 福田蓼汀 山火
朝顔や奥のはてなき牡丹咲 加藤秋邨
朝顔や客が好みの立話 水原秋櫻子 餘生
朝顔や實勝になりて花細し 正岡子規 朝顔
朝顔や徹底紺の生の涯 石塚友二 曠日
朝顔や我に寫生の心あり 正岡子規 朝顔
朝顔や我筆先に花も咲け 正岡子規 朝顔
朝顔や掃除終れば誰も居ず 中村汀女
朝顔や政治のことは横目して 鈴木真砂女 都鳥
朝顔や旅を戻りて古郷の忌 石田波郷
朝顔や日々好日を小刻みに 中村草田男
朝顔や日うらに殘る花一ツ 正岡子規 朝顔
朝顔や日かけに殘る花一ツ 正岡子規 朝顔
朝顔や明日咲く花に明日の夢 村山故郷
朝顔や明石のお城須磨の船 正岡子規 朝顔
朝顔や未だ黄の花の残置燈 中村草田男
朝顔や檜垣にのりししだり咲 富安風生
朝顔や母の白地は蔵のなか 桂信子 初夏
朝顔や氣儘に咲いておもしろき 正岡子規 朝顔
朝顔や洗ひあらひし機関士服 草間時彦 中年
朝顔や港賑ふ裏町に 中村汀女
朝顔や漁村の娘の耳ものききたげ 中村草田男
朝顔や潮がしら跳ぶ車海老 水原秋櫻子 晩華
朝顔や濁り初めたる市の空 杉田久女
朝顔や版画の色を重ね刷る 橋閒石 雪
朝顔や犬が聞きゐる洗濯機 村山故郷
朝顔や玄関に置く佐渡の貝 村山故郷
朝顔や病も知らずわが齢 石田波郷
朝顔や百たび訪はば母死なむ 永田耕衣
朝顔や移り舞なる人のむれ 永田耕衣
朝顔や窶るる花のやつれ果て 石川桂郎 四温
朝顔や肌に馴染める絣褪せ 石川桂郎 四温
朝顔や胃弱夫婦に米二合 秋元不死男
朝顔や舳みがける投網舟 水原秋櫻子 殉教
朝顔や蔓びつしりと濃紫 水原秋櫻子 蘆雁以後
朝顔や藁屋根古び人睦び 星野立子
朝顔や衰へて妻の前を通る 岸田稚魚 雁渡し
朝顔や衰へて妻の前通る 岸田稚魚 負け犬
朝顔や裂けなば淵に魚死なん 橋閒石 卯
朝顔や路地に日の射すこの時刻 鈴木真砂女 卯浪
朝顔や週を二回の洗濯日 鈴木真砂女 夕螢
朝顔や野茶屋の垣根まばらなり 正岡子規 朝顔
朝顔や金魚は白き秋となり 尾崎放哉 大学時代
朝顔や雨に褄とり紅蛇の目 福田蓼汀 秋風挽歌
朝顔や骨と皮なる老母在す 永田耕衣
朝顔や黄河の鯉の鰭のいろ 加藤秋邨
朝顔よおのれも白靴がはきたい 富澤赤黄男
朝顔より蜂より早く目覚めたし 津田清子
朝顔よ停年以後の日が過ぎゆく 村山故郷
朝顔をつかみ蟷螂雨うかがふ 臼田亜郎 定本亜浪句集
朝顔をながめてゐるや宿酔 日野草城
朝顔を咲かせ老篤(ロート)眼薬を売る 山口青邨
朝顔を恙の妻と蒔きにけり 星野麥丘人 2005年
朝顔を日がな咲かせて其地の島 鷹羽狩行
朝顔を蒔いてすることなかりけり 雨滴集 星野麥丘人
朝顔を蒔きたる土に日爛*かん 山口青邨
朝顔を蒔きたる土の夕ごころ 山口青邨
朝顔を蒔きて人待つ心あり 中村汀女
朝顔を蒔くひそかなるうなじ見せ 中村汀女
朝顔を蒔くべきところ猫通る 藤田湘子
朝顔を蒔く日波郷の誕生日 亭午 星野麥丘人
朝顔を蒔けば大地の孕みけり 上野泰 佐介
朝顔ノシボマヌ秋トナリニケリ 正岡子規 朝顔
朝顔ヤ九月ノ花ニ耻多キ 正岡子規 朝顔
朝顔ヤ繪ニカクウチニ萎レケリ 正岡子規 朝顔
朝顔ヤ繪ノ具ニジンデ繪ヲ成サズ 正岡子規 朝顔
朝顔市入谷の寮をおもふべう 石川桂郎 高蘆
朝顔市出揃ひ東白みけり 水原秋櫻子 蘆雁
朝顔市呼びこみ声を袖ばらひ 石川桂郎 高蘆
朝顔市帰りのたぬし下足札 石川桂郎 高蘆
朝顔市立つ日は癒えて帰る日ぞ 水原秋櫻子 晩華
朝顔煤煙密室とどろダンス館 中村草田男
朝顔翌もさくつぼみも告別式よりもどり 荻原井泉水
朝顔蒔いて後半生も奇蹟なし 安住敦
朝顔蒔いて町住こそは親しまむ 安住敦
朝顔蒔くさびしからずといふことなし 安住敦
朝顔蒔くにこの月第五日曜なし 安住敦
朝顔蒔く平凡といふかくれみの 藤田湘子 神楽
朝顔鉢に硝子風鈴ついて来ず 細見綾子
柄の長き朝顔団扇笹の雪 水原秋櫻子 蘆雁
梅雨ふかし蔓まきそめし朝顔に 及川貞 夕焼
棺の上にねずみの排列された朝顔 永田耕衣
極寒の入朝顔の種を見せ 飯島晴子
歸るかとあさかほさくや留守の垣 正岡子規 朝顔
歸るかと朝顔咲きし留守の垣 正岡子規 朝顔
死ぬに似る朝顔とめどなく咲くは 中村苑子
母の辺に暦日あそぶ紺朝顔 野澤節子 存身
水呑みに立つ朝顔の一つ花 石川桂郎 含羞
泣きたけれど朝顔の紺破ぶるべし 橋本多佳子
海の風吹き来朝顔の色とりどり 村山故郷
濡縁に朝顔市の朝顔を 山口青邨
灘万は資源庁のうら朝顔植ゑ 山口青邨
父子で住んで言葉少なく朝顔が咲いて 尾崎放哉 須磨寺時代
牛乳娯し紺朝顔の朝ぼらけ 阿波野青畝
物蔭の昼朝顔や小洗濯 日野草城
玄関に江戸の風流朝顔鉢 細見綾子
珈琲濃しあさがほの紺けふ多く 橋本多佳子
珍種朝顔即倭奴の花晒してや 石川桂郎 高蘆
瑠璃色の朝顏さくや松の枝 正岡子規 朝顔
瑠璃色の朝顏咲きぬ下厠 正岡子規 朝顔
病篤し活けし朝顔冷えまさる 渡邊水巴 富士
痩身のさらに窶るる朝顔咲く 村山故郷
白き花ばかり朝顔末枯るる 高野素十
白露や蕣は世に長きもの 正岡子規 朝顔
百舌鳴くや蕣赤き花一つ 正岡子規 鵙
皆雑種ながら朝顔鳳仙花 石塚友二 磊[カイ]集
眠むそうな口ツクの歌手に白朝顔 能村登四郎
破れ咲きの白朝顔が歿き子よぶ 能村登四郎
秋時雨朝顔の実を光らせて 山口青邨
秋海棠朝顔ノ花ハ飽キ易キ 正岡子規 秋海棠
秋近く朝顔の花開きけり 正岡子規 秋近し
秋近し朝顔の花二ツ咲く 正岡子規 秋近し
秋風にあさがほひらく紺張りて 橋本多佳子
種あつめゐて朝顔の色忘る 飴山實 辛酉小雪
稻妻に朝顔つぼむ夕かな 正岡子規 朝顔
稿を継ぐ朝顔の縒り戻る刻 鷹羽狩行
空よりも碧き朝顔咲きにけり 日野草城
竹の葉が散れり入谷の朝顔に 細見綾子
竹垣に蕣の咲く空家かな 正岡子規 朝顔
米のとぎ汁やるも下谷の朝顔に 細見綾子
紅筆の朝顔風に咲きにけり 正岡子規 朝顔
紫ばかり朝顔が咲く工場住ひよ 中川一碧樓
細格子朽ちて朝顔紺深し 林翔 和紙
終の花として朝顔の無数なり 石川桂郎 含羞
絞り裳を解く新水や朝顔咲く 香西照雄 素心
絵硝子の風鈴が鳴る朝顔市 細見綾子
老夫婦閑居あさがほ秋を咲く 及川貞 榧の實
胡地を来て朝顔白し息づきぬ 加藤秋邨
芙蓉ヨリモ朝顔ヨリモウツクシク 正岡子規 芙蓉
花籠を垂るる朝顔朝茶の湯 富安風生
苧をうむや蕣の花まばらなる 正岡子規 朝顔
草をはふ朝顔けさの雨に咲く 山口青邨
莟あるかぎり朝顔咲きにけり 安住敦
萎れしを提げて朝顔市帰り 鷹羽狩行
葉をかぶる朝顔の白颱風報 野澤節子 未明音
蔓のまま朝顔飛びし野分かな 阿波野青畝
蔓持つて活ける朝顔紅さやか 渡邊水巴 富士
蕣としらでとりつくかつら哉 正岡子規 朝顔
蕣に一夜とめたる車かな 正岡子規 朝顔
蕣に今朝は朝寐の亭主あり 正岡子規 朝顔
蕣に土佐の昔画兀にけり 正岡子規 朝顔
蕣に引きくづされな一軒家 正岡子規 朝顔
蕣に昔女の住居かな 正岡子規 朝顔
蕣に朝商ひす篠の雪 正岡子規 朝顔
蕣に餅あたゝかき茶店かな 正岡子規 朝顔
蕣のあさがほいろや原爆忌 燕雀 星野麥丘人
蕣のはじめて咲きし二輪哉 正岡子規 朝顔
蕣の不二を脊にして咲きにけり 正岡子規 朝顔
蕣の何しに赤を咲く事ぞ 正岡子規 朝顔
蕣の入谷豆腐の根岸哉 正岡子規 朝顔
蕣の咲くがあはれや日に向て 正岡子規 朝顔
蕣の地をはひわたる明家哉 正岡子規 朝顔
蕣の松にとりつく心かな 正岡子規 朝顔
蕣の殘る日陰のいほり哉 正岡子規 朝顔
蕣の白くじりじりしてゐたり 飯島晴子
蕣の花くふ鹿やいつく嶋 正岡子規 朝顔
蕣の莟うれしや酒の燗 正岡子規 朝顔燗(かん<酉+間>)
蕣の蔦にとりつく山家哉 正岡子規 朝顔
蕣は開く間を賣られけり 正岡子規 朝顔
蕣やあるじの外は知らぬ也 正岡子規 朝顔
蕣やいづれかさきに露の玉 正岡子規 朝顔
蕣やきのふ死んだる小傾城 正岡子規 朝顔
蕣やとても短き浮世なら 正岡子規 朝顔
蕣やはなだの上に霧かゝる 正岡子規 朝顔
蕣や乘りおくれたる二番舟 正岡子規 朝顔
蕣や人の心に塵もなし 正岡子規 朝顔
蕣や十日戻らぬ小商人 正岡子規 朝顔
蕣や千代萬代の花の種 正岡子規 朝顔
蕣や君いかめしき文學士 正岡子規 朝顔
蕣や客來てあるじまだ寐たり 正岡子規 朝顔
蕣や心にひゞく尼の鉦 正岡子規 朝顔
蕣や新聞を讀みながら行く 正岡子規 朝顔
蕣や枳殻のとげの中に咲く 正岡子規 朝顔
蕣や此頃へりし花の數 正岡子規 朝顔
蕣や裏這ひまはる八軒家 正岡子規 朝顔
蕣や誰が恨みに痩せはてし 正岡子規 朝顔
蕣や赤きを咲ける妹が垣 正岡子規 朝顔
蕣や鉢に植ゑても同じ事 正岡子規 朝顔
蕣ノ一輪ザシニ萎レケリ 正岡子規 朝顔
虚子おはん話す朝顔の苗のこと 山口青邨
蛾か蝶か未明なる紺朝顔に 阿波野青畝
蟻の城さわだてり朝顔苗をぬく 臼田亜郎 定本亜浪句集
裏木戸出入りす朝顔実となる 尾崎放哉 須磨寺時代
誰が工夫せしやつるなし朝顔など 後藤比奈夫
貸家札蕣の庵と申さばや 正岡子規 朝顔
身を裂いて咲く朝顔のありにけり 能村登四郎
辻の靄朝顔市へ辻いくつ 水原秋櫻子 殉教
逆上の人蕣に遊ぶべし 正岡子規 朝顔
這ひ咲きに終り朝顔小さかり 能村登四郎
道のべの昼朝顔はしぼみたり 日野草城
遺品そのまま紺朝顔の殖ゆるまま 福田蓼汀 秋風挽歌
野分二日いつときに末朝顔や 右城暮石 句集外 昭和十二年
銀貨一つ掌に朝顔を買ひに出し 原石鼎 花影
門の内朝顔の鉢誰がくれし 山口青邨
雨十日朝顔の花細りけり 正岡子規 朝顔
雨降らす朝顔なれば摘まずおけ 角川源義
電話来し朝顔市のことでなく 雨滴集 星野麥丘人
露の干ぬ間の朝顔てふ言葉思ひ出す((朝顔の露の干ぬ間の「すゆ」こそ美しの意)あくる朝、朝顔花開く) 細見綾子
風吹て蕣開く垣間かな 正岡子規 朝顔
食堂けさ三組に湖と紺朝顔 大野林火 雪華 昭和三十五年
首入れて足の遅るる朝顔市 石川桂郎 高蘆
魚十の前朝顔は蔓となる 山口青邨
黄金の休日読後朝顔蒔く 山口青邨

以上
by 575fudemakase | 2016-09-01 02:14 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26155615
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

観覧車 の俳句
at 2017-12-18 09:19
海豹 の俳句
at 2017-12-18 09:14
後評(2017・12)
at 2017-12-18 04:31
映画 の俳句
at 2017-12-15 09:21
歳時記 の俳句
at 2017-12-15 08:02

外部リンク

記事ランキング