九月 の俳句

九月 の俳句

九月の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23173846/


九月 補遺

いくたびか九月を迎ふ踵傷 佐藤鬼房
うらぶれて吊るや雨夜の九月蚊帳 日野草城
からまつに九月の風のながれけり 雨滴集 星野麥丘人
きぬ~や青さ眼にしむ九月蚊帳 日野草城
くびすぢに月光感ず九月かな 大野林火 冬青集 雨夜抄
この胸に眠れ九月の小鳥たち 佐藤鬼房
しんじつは醜男にありて九月来る 三橋鷹女
たしかにも九月の風の風知草 後藤比奈夫
どの窓もいつか眠れる九月の夜 廣瀬直人 帰路
ながらえば又九月一日の残暑なり 荻原井泉水
なにがなしたのしきこころ九月来ぬ 日野草城
ひとり身の九月草樹は雲に富み 野澤節子 鳳蝶
まつすぐにゆけば九月の乱れ雲 桂信子「草影」以後
めをとにはあらぬふたりの九月蚊帳 日野草城
もしか地震あらばの九月来たりけり 阿波野青畝
もろもろのもの尖りだす九月かな 桂信子 花影
アカシアに囁く風も九月とよ 石塚友二 光塵
オリオンを九月の深夜見るかなしさ 相馬遷子 山国
カレンダー一枚鋲に九月来ぬ 石川桂郎 四温
コーランが九月の陸を荘巌す 岡井省二 大日
九月*かやおもひのこりのなく果てぬ 飯田蛇笏 心像
九月*かや世を好きつりてはてにけり 飯田蛇笏 春蘭
九月ちかぢか異を歎くごとくなり 岡井省二 五劫集
九月なり*めくばせをまたうくるごと 岡井省二 鹿野
九月なりブッダも見たる犀の肚 岡井省二 鯛の鯛
九月には爽やぐと云ふ大事あり 相生垣瓜人 負暄
九月に又わが愛づる花ひまの花 山口誓子
九月の地蹠ぴつたり生きて立つ 橋本多佳子
九月の灯ともし眉毛を描きたはむれ 安住敦
九月ひとに火雲火の翳来て悼む 古沢太穂 火雲
九月また玉虫がくる一位の木 岡井省二 有時
九月来る灰皿の上に紙燃やし 岡本眸
九月来る醜男の庭に咲く芙蓉 三橋鷹女
九月来箸をつかんでまた生きる 橋本多佳子
九月果つしだれ紅萩瞳にぞ濃く 三橋鷹女
九月萩こよなく愛す古つまを 三橋鷹女
九月蚊帳吊られて一夜波郷が邊に 石塚友二 光塵
九月蝉椎伐ラバヤト思フカナ 正岡子規 秋の蝉
今朝九月草樹みづから目覚め居て 中村草田男
八月と日の彩違ふ九月かな 右城暮石 散歩圏
冬衣求むや九月十九日 相生垣瓜人 微茫集
古九谷に九月半ばを散る欅(金沢にて) 細見綾子
呼気吸気九月レンズを磨くなり 岡井省二 大日
大潮に足浸けをりし九月かな 岡井省二 鯛の鯛
大皿を洗ひて朱き九月かな 平井照敏
天馬降り来り九月の首かざり 岡井省二 鯨と犀
女房のまうす寝ごとや九月蚊帳 日野草城
守宮出て我を窺ふ九月かな 山田みづえ 草譜
家ゆする風の夜明けて九月蚊帳 村山故郷
寺に寄る兄と別れて九月かな 飯田龍太
山川に子規のこゑする九月かな 燕雀 星野麥丘人
巽荒神九月の空のあるばかり 燕雀 星野麥丘人
布施で会ひいま下毛野九月慘 佐藤鬼房
帰鳥ちぎれ消え雨ふらす九月惨 佐藤鬼房
年もはや六十の月の名殘哉 正岡子規 九月の月
心すぐ病む僕収斂せよ九月の陽 楠本憲吉 楠本憲吉集
忌日ある九月に入りぬ蝶燕 橋本多佳子
惣菜のこと口にして九月かな 飯田龍太
新涼の九月七日といふ広場 高野素十
朝顔ヤ九月ノ花ニ耻多キ 正岡子規 朝顔
木草にも九月のたゆさあるべきか 相生垣瓜人 微茫集
松の幹みな傾きて九月かな 桂信子 月光抄
松風の戸口細目に土の九月 飯田龍太
梅の実の九月なほ青く神意とて 山口青邨
樹林のわれら九月網状の陽は帰り 金子兜太
死をさそふ九月となりぬ片男波 佐藤鬼房
母胎にて見しは九月の甲斐駒か 加藤秋邨
水仙の生えそろふたる九月哉 正岡子規 九月
水神を祭り鎮めて九月果つ 佐藤鬼房
流し場の乾き九月の鉄路沿ひ 右城暮石 句集外 昭和三十一年
潮揺れ九月は穴の*うつぼかな 岡井省二 鯛の鯛
濤白く恋も跡片なき九月 飯田龍太
病む九月悪寒はおのれのみならず 佐藤鬼房
癌病棟来つつ馴れにし九月かな 村山故郷
白橿に日がある湖の九月なり 岡井省二 夏炉
白象の四足そろへし九月なり 岡井省二 大日
石切場九月が匂ひゐたりけり 岡井省二 鯛の鯛
石山の驟雨にあへる九月かな 飯田蛇笏 雪峡
磧草九月の火傷男ゐて 飯島晴子
秋老て九月の月の皺寒し 正岡子規 九月の月
種を蒔く人を忘れもせぬ九月 廣瀬直人 帰路
窓閉ぢて九月はラフマニノフの曲 桂信子 草影
経師出て九月の山を見てゐたり 岡井省二 鹿野
脚二本汀を歩く九月なり 岡井省二 大日
船白し藤蔓に潮流るる九月 飯田龍太
芒穂をはらみ九月となりにけり 山口青邨
花もなし實もなし枇杷の九月哉 正岡子規 九月
茶畠のひかり手強き九月かな 飯島晴子
蔓草の風よびやすき九月かな 鈴木真砂女 夏帯
蚊のことの九月四日の日記あり 高野素十
蝉のこゑ幹高く湧く九月来ぬ 廣瀬直人 帰路
袖ぬける風や九月の肌熱し 桂信子「草影」以後
貨車ひとつ九月の魚を運びゆけり 佐藤鬼房
身まかるや生るゝや九月雨隣 石塚友二 光塵
酔さめし女がくゞる九月蚊帳 日野草城
鍵屋老い九月真紅の鍵作り 三橋鷹女
陰暦の九月十五夜横川に居 星野立子
陶板に暗流の影九月なり 佐藤鬼房
陶枕のかたきを得たる九月かな 安住敦
隻語敬うて九月の柏かな 岡井省二 有時
雲飼つて水さやがする九月かな 上田五千石『琥珀』補遺
項しげしげと九月の汀なり 岡井省二 大日
頭の中に猫を解体して九月 桂信子 花影
風の中の新月九月はじまれり 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
風の九月練歯磨とバター買いに 飴山實 おりいぶ
高西風に高原九月衷甸を驅る 飯田蛇笏 家郷の霧
魂を拉致して九月二十日荒れ 佐藤鬼房
鯖うまくなりて九月や雨ばかり 草間時彦
黒揚羽九月の樹間透きとほり 飯田龍太

九月 続補遺

さす月もあな冷じの九月蚊帳 高井几董
しら菊をちらすか雪のふる九月 長翠
ものゝふの小袖みじかき九月かな 左次
よめがはぎ九月は菊に成にけり 桜井梅室
九月きた文を今更わすれ花 露川
九月より春まで花の老椿 風麦
割みごゝろ九月になりぬ若莨 寥松
墨なめた虻を掃出す九月かな 寥松
壁下地九月の末の野中哉 一笑(金沢)
彩色も九月半や東山 除風
暁の寐すがた寒し九月*蚊帳 加藤曉台
松茸の九月は茶屋の飾哉 岱水
琵琶形にあるきて秋も九月哉 支考
紅葉ちる九月の神のいそがしや 除風
菊の香をかゝえて残る九月哉 李由
誰がまこと木曽の九月の七時雨 露川
霜を待菊も暮あふ九月哉 浪化
馬の尾も暮行九月九日かな 松窓乙二

以上
by 575fudemakase | 2016-09-16 06:08 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26197476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

軍艦 の俳句
at 2017-11-22 08:20
那智の滝 の俳句
at 2017-11-22 08:16
後評(2017・9)
at 2017-11-22 06:00
後評(2017・11)
at 2017-11-22 05:52
火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26

外部リンク

記事ランキング