鰯雲 の俳句

鰯雲 の俳句

鰯雲 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22895867/


鰯雲 補遺

あしたより鰯雲あり小鳥網 山口誓子
あやとりのこゑつづきをる鰯雲 岡井省二 鯛の鯛
いくたりか女を経たり鰯雲 上田五千石『田園』補遺
いつしかの追はれごころや鱗雲 鷹羽狩行
いづこより湖の匂ひや鰯雲 桂信子「草影」以後
いわし雲いづこの森も祭にて 水原秋櫻子 蘆雁以後
いわし雲けさの艶張る患者粥 百合山羽公 樂土
いわし雲アパートの窓女ばかり 藤田湘子 途上
いわし雲一劃厚し子は枷か 能村登四郎
いわし雲三日つづくは空の病ひ 鷹羽狩行
いわし雲亡ぶ片鱗も遺さずに 上田五千石 田園
いわし雲人は働き人は病む 相馬遷子 山河
いわし雲何重たさや旅鞄 中村汀女
いわし雲光れる彼方男の子生る 相馬遷子 山河
いわし雲十年一日とはいへど 上田五千石 田園
いわし雲城の石垣猫下り来 森澄雄
いわし雲大いなる瀬をさかのぼる 飯田蛇笏 春蘭
いわし雲太鼓打ちたし旅したし 藤田湘子 てんてん
いわし雲小諸の旅をこゝろざす 飯田蛇笏 春蘭
いわし雲山塊厚く空うすし 水原秋櫻子 蓬壺
いわし雲崩るる果てに淋しい妻 楠本憲吉 方壺集
いわし雲忌日きのふに過ぎゆける 橋本多佳子
いわし雲忽ちうすれ春駘蕩 松村蒼石 雁
いわし雲想ひ幼き日にのみに 中村汀女
いわし雲折れきらら波女一人 西東三鬼
いわし雲湖の港を蔽ひ延ぶ 大野林火 雪華 昭和三十八年
いわし雲片々散華のこころあり 水原秋櫻子 蘆雁以後
いわし雲着飾りし人墓の辺に 村山故郷
いわし雲稿持ちて師を訪ひしころ 岡本眸
いわし雲突堤を村両翼に 大野林火 青水輪 昭和二十五年
いわし雲粟の垂穂の影し合ふ 藤田湘子 途上
いわし雲細身の鵜舟ひる眠る 西東三鬼
いわし雲虚子と遍路をしたかりし 藤田湘子 てんてん
いわし雲陽炎は消えてしまつた 金子兜太
いわし雲音ひびき発つ貨車二十 藤田湘子 途上
いわし雲食後横臥す眼鏡澄み 古沢太穂 古沢太穂句集
いわし雲高下駄連れて小板前 百合山羽公 樂土以後
いわし雲鳴門の渦の真上まで 阿波野青畝
うしろより好好(ハオハオ)のこゑ鰯雲 加藤秋邨
うすうすと今日仰がれつ鰯雲 富安風生
うろこ雲うろこ殖えたり濫伐す 上田五千石 田園
うろこ雲うろこ粗しや眠り足る 津田清子 礼拝
うろこ雲うろこ解かずに海わたる 津田清子 礼拝
うろこ雲なども湖北にとどこほる 鷹羽狩行
うろこ雲に花粉があるか花粉少女 金子兜太
うろこ雲よりも高きに塔しづか 鷹羽狩行
うろこ雲君の癒せし馬の数 鷹羽狩行
うろこ雲声出すことを禁じられ 橋本多佳子
うろこ雲大阪生まれ奈良育ち 津田清子
うろこ雲神の耕しかく細か 鷹羽狩行
うろこ雲雲の思ひの揃はぬ日 鷹羽狩行
がらくた荷積みし一車よ鰯雲 村山故郷
この狭の最後の鰯雲らしき 能村登四郎
こまかき波こまかき波天に鰯雲 桂信子 晩春
とある日の編目を密にいわし雲 能村登四郎
とり返せぬ廃墟の広さ鱗雲 津田清子 礼拝
なべて音消えてゐたりし鰯雲 鷲谷七菜子 天鼓
なまなかの鰯雲なり見捨てたり 中村草田男
みんなみへ堂ひらきたり鰯雲 水原秋櫻子 緑雲
もう著いてゐる刻かとも鰯雲 星野立子
やまびこをつれてゆく尾根いわし雲 飯田蛇笏 白嶽
よき声の禽がゐて鳴く鰯雲 飯田龍太
よき教師たりや星透く鰯雲 能村登四郎
をりをりは游魚も過ぎて鰯雲 能村登四郎
アパートに一斜面無し鰯雲 香西照雄 対話
ゴリキー読む夜の鰯雲光りおり 飴山實 おりいぶ
トマトなほ累々と青し鰯雲 木村蕪城 一位
ネクタイの秋のモードは鰯雲 山口青邨
ピラミッド天には龍の鱗雲 山口誓子
一寸を刻みて移る鰯雲 山口誓子
一茶忌の昏れぎは黒い鰯雲 秋元不死男
一鱗の乱れだもなき鰯雲 富安風生
三十年前にもここに鰯雲 三橋鷹女
上京以後幾旬過ぎし鰯雲 鷹羽狩行
乱声のピアノとなれり鰯雲 上田五千石 田園
乾坤の動くは乾の鰯雲 山口誓子
争犬の声はるかより鰯雲 飯田龍太
交番の上に出てゐる鰯雲 高田風人子
人影の山辺に消ゆる鰯雲 飯田龍太
今日はただ燕を見たし鰯雲 加藤秋邨
今朝秋や高々出たる鱗雲 村上鬼城
伊勢近し尾花がうへの鰯雲 早野巴人
先に着き海見に出でぬ鰯雲 大野林火 飛花集 昭和四十六年
動くもの鰯雲のみまひる谷 加藤秋邨
千葉県の汽車ガタガタや鰯雲 高田風人子
南へ末ひろがれる鰯雲 山口誓子
同い歳の桂郎や如何に鰯雲 村山故郷
吹きなびくものをうしろに鰯雲 桂信子 新緑
和紙買うて荷嵩に足すよ鰯雲 上田五千石 森林
喪の母のひよろりと出づる鰯雲 山田みづえ 忘
地下鉄の出口に仰ぎ鰯雲 加藤秋邨
坂の上の人いつか失せ鰯雲 桂信子「草影」以後
埋めらる海半島にかけ鰯雲 松崎鉄之介
墓穴を掘るに専ら 鰯雲 伊丹三樹彦
夕を経て夜は金色の鰯雲 相馬遷子 雪嶺
外燈のいまともる上の鰯雲 大野林火 雪華 昭和三十三年
夜も撞いて江湖の鐘や鰯雲 飯田蛇笏 山響集
大滝の岳おもくおき鰯雲 松村蒼石 雁
大簗の天を素通り鰯雲 百合山羽公 樂土
大阪やけぶりの上にいわし雲 阿波野青畝
天照大神の衣いわし雲 百合山羽公 樂土
天網といふには密にいわし雲 上田五千石 田園
天覆ふ鰯雲あり放心す 山口誓子
妻がゐて子がゐて孤独いわし雲 安住敦
妻も子もある身愚かや鰯雲 飯田龍太
子の帰り待つ夕もあり鰯雲 村山故郷
孝は順送り沖まで鰯雲 鷹羽狩行
孤児たちに清潔な夜の鰯雲 佐藤鬼房
家に見し旅に今見る鰯雲 高田風人子
山頂の逆光に人鰯雲 松崎鉄之介
常の身はつねの人の香鰯雲 飯田龍太
憂し長し鰯雲への滑走路 西東三鬼
懸命であること寧し鰯雲 平井照敏
手にしたる紫包いわし雲 松村蒼石 雁
新月をかどわかしをり鰯雲 阿波野青畝
旅をしてみたく膝抱き鰯雲 高田風人子
昏れてゆく空の刻々鰯雲 稲畑汀子
星などの高さに夜の鰯雲 山口誓子
時報もて繋ぐ家々いわし雲 鷹羽狩行
曾我の子はここにねむりて鰯雲 飯田蛇笏 春蘭
會我の子はここにねむりて鰯雲 飯田蛇笏 山響集
月かこみ総銀鱗の鰯雲 林翔
月の辺のうろこを青くうろこ雲 鷹羽狩行
月光菩薩拝み出づれば鰯雲 大野林火 雪華 昭和三十九年
月明の湾に入り来て鰯雲 鷹羽狩行
朝戸繰るこちらのかはも鰯雲 中村草田男
朝空の鰯雲今日幸ありや 村山故郷
木にある薬の香鰯雲 木村蕪城 一位
木階登る化学労働者等いわし雲 金子兜太
末せばまる大路に立つや鰯雲 松崎鉄之介
本買ふは業にも似たり鰯雲 藤田湘子 てんてん
杉山に鱗重ねし鱗雲 原裕 青垣
来信にたまに本名いわし雲 鷹羽狩行
東京に空あり鰯雲御所の上 山口青邨
東支那海領して燃ゆる鰯雲 能村登四郎
枝の蛇そのまた上の鰯雲 西東三鬼
枯るる音葭をはなれず鰯雲 加藤秋邨
梅雨晴の鯖雲をさへうかべたる 富安風生
歓楽にやつれて仰ぐうろこ雲 飯田蛇笏 白嶽
歩きつつおのが肩揉む鰯雲 岡本眸
死顔は人の輪の中鰯雲 古舘曹人 砂の音
殉教の丘が 基点の 鰯雲 伊丹三樹彦
残る生のおほよそ見ゆる鰯雲 斎藤玄 雁道
母の聲背後に若し鰯雲 相馬遷子 雪嶺
水よりもせせらぐ耶馬の鰯雲 能村登四郎
江の中にあゝ深きかな鰯雲 山口誓子
沖からも更に加はり鰯雲 能村登四郎
没りし日が放つ光の鰯雲 山口誓子
河口にて運河は終る鰯雲 佐藤鬼房
泳ぎつつふと溺れたし鰯雲 能村登四郎
流寓のながきに過ぐる鰯雲 上田五千石 田園
海と河噛み合ふ一点鰯雲 石塚友二 方寸虚実
海に出てまだ已然形鰯雲 伊藤白潮
海の上にのこりて暮るる鰯雲 山口誓子
海上に出づ鰯雲ことごとく 大野林火 潺潺集 昭和四十年
海国に光をさめし鰯雲 原裕 青垣
海軍の亡びしあかし鰯雲 鷹羽狩行
深青の天のクレパスうろこ雲 橋本多佳子
渤海を鰯雲見て渡りをり 加藤秋邨
湖さしてみなとなりけり鰯雲 水原秋櫻子 磐梯
溺るる夢このごろは見ず鰯雲 能村登四郎
滝上に来てやや縮むいわし雲 能村登四郎
漁戸にあり原子爐にあり鰯雲 百合山羽公 樂土
漆蔵酒蔵桐蔵いわし雲 百合山羽公 樂土以後
火の見あれば鰯雲弥仰がるる 山口誓子
炭二三俵納屋にあり鰯雲 飯田龍太
焼香といふ別れあり鰯雲 鷲谷七菜子 一盞
煙にも汽車固有の香いわし雲 鷹羽狩行
熱去りし頭をめぐらすや鰯雲 松崎鉄之介
生涯にいくたびか全天鰯雲 森澄雄
産土神は浦島太郎いわし雲 阿波野青畝
田に水が入りゆく鰯雲充ちゆく 鷹羽狩行
申し訳ほど疎なる鰯雲 能村登四郎
登り来て島より低き鰯雲 鷹羽狩行
登り窯と並列山へ鰯雲 松崎鉄之介
白鳳仏おはすむさしのに鰯雲 山口青邨
眼にかけし黒眼鏡調鰯雲 山口誓子
着くは皆銹船ばかり鰯雲 能村登四郎
石垣の穴に蛇の眼鰯雲 飯田龍太
石林の千歯の如し鰯雲 松崎鉄之介
稿終へず曉むらさきの鰯雲 角川源義
穂草窓にとどき金色鰯雲 山口青邨
空湾や夕さりて湧く鰯雲 日野草城
突堤は長きに倦みて鰯雲 鷹羽狩行
窓拭が来てペンを擱く鰯雲 福田蓼汀 山火
笑面の唇と歯や鰯雲 岡井省二 鯛の鯛
筆名のほかは別の世鰯雲 飯田龍太
約すとは欺くに似て鰯雲 岡本眸
紅鱗を末広がりに鰯雲 上田五千石『森林』補遺
緋鯉の死今年鰯雲多し 細見綾子
纜を張るやよろこぶ鰯雲 秋元不死男
老夫人のピンクのパジャマ鰯雲 桂信子 草影
聖堂に木椅子整然いわし雲 上田五千石『田園』補遺
肉親の死に音もなき鰯雲 松村蒼石 雪
船に乗る夢よみがへり鰯雲 鷹羽狩行
船乗込もどる囃子や鰯雲 水原秋櫻子 蘆雁
船窓の少女に高き鰯雲 飯田龍太
船音は遠きにさだか鰯雲 中村汀女
花を摘み磔像を瞥つ鰯雲 飯田蛇笏 白嶽
荒草は土をえらばず鰯雲 藤田湘子
藍に白を点じぬ城ある鰯雲 中村草田男
蛇笏忌のあとに素十忌鰯雲 飯田龍太
蜻蛉はや高きをすすみ鰯雲 阿波野青畝
蟻上下消えてゐたりし鰯雲 中村汀女
見えねどもおし照る鰯雲の月 下村槐太 天涯
見送るや七月すでに鰯雲 相馬遷子 山国
討伐に夏はもゆくか鰯雲 相馬遷子 山国
路地に湧くさまざまの声鰯雲 加藤秋邨
転院の友の友得ぬ鰯雲 松崎鉄之介
軽患とおぼしき少女鰯雲 飯田龍太
轢死現場に嬰児の笑ひ鰯雲 佐藤鬼房
農夫立ちて額を燃やす鰯雲 藤田湘子 途上
郁夫菩薩健吉天女いわし雲 水原秋櫻子 蘆雁以後
野にむれて聾ひたる農夫鰯雲 飯田蛇笏 家郷の霧
銀座にも祭のありて鰯雲 松崎鉄之介
銃眼は街を見尽しいわし雲 廣瀬直人 帰路
閂を外す暁より鰯雲 山口誓子
関ケ原鱗雲にも西東 山口誓子
風紋を見し目に仰ぐ鰯雲 稲畑汀子
飛行雲時経て鱗雲と化す 山口誓子
駱駝より仰ぐやすでに鰯雲 加藤秋邨
高野より雲加はりて鰯雲 山口誓子
魚屋の鰯移して鰯雲 山口青邨
鯖雲がいわし雲たり玄海は 岡井省二 前後
鯖雲と入道雲と日の逢はず 阿波野青畝
鯖雲に入り船を待つ女衆 石川桂郎 四温
鯖雲や久留米絣の久留米駅 百合山羽公 樂土以後
鯖雲や索道一時間休み 鷹羽狩行
鯖雲や草のおどろの波色に 山口青邨
鰯雲いが栗の束手に荒き 渡邊水巴 富士
鰯雲いづこの街角のたそがれにも 有馬朗人 母国拾遺
鰯雲いでて病餌をすすめけり 百合山羽公 樂土以後
鰯雲うつろふ時の地も動く 松崎鉄之介
鰯雲かくまでひろき海や空 山口青邨
鰯雲かの妊婦(はらみめ)が扉に佇てり 渡邊白泉
鰯雲くづれは雲の襤褸なる 上田五千石 森林
鰯雲けふの一日終るべし 高野素十
鰯雲けふの日附の友の文 木村蕪城 一位
鰯雲こころの波の末消えて 水原秋櫻子 残鐘
鰯雲この時空のまろからず 中村草田男
鰯雲これも南蛮渡来のもの 鷹羽狩行
鰯雲すなはち木場の江に映る 山口誓子
鰯雲どの区も午笛鳴りはじめ 鷹羽狩行
鰯雲はつきり峡を抜けし空 稲畑汀子
鰯雲はなやぐ月のあたりかな 高野素十
鰯雲ひろがりそのまま暮れてしまふ 村山故郷
鰯雲ひろがりひろがり創痛む 石田波郷
鰯雲ひろがる転舵また転舵 鷹羽狩行
鰯雲ひろごれり呟きゐたり 藤田湘子 途上
鰯雲まだ咲いてゐる未草 飯田龍太
鰯雲まつたく張りて裾燃やす 能村登四郎
鰯雲むらさき射して鶏早寝 香西照雄 対話
鰯雲より身辺の暮はやし 山口誓子
鰯雲より降りてきし機を降りぬ 阿波野青畝
鰯雲わが人生の椅子狭し 有馬朗人 母国
鰯雲わが青春の万華鏡 鷹羽狩行
鰯雲われにたたむや旅ごろも 山口青邨
鰯雲われらが舗道平らかに 石塚友二 方寸虚実
鰯雲われらが鋪道平らかに「百萬」 「方寸虚実」石塚友二
鰯雲ケルン角ある石積んで 松崎鉄之介
鰯雲バラの花びらもて埋めよ 山口青邨
鰯雲バルーン疲れて黄のゆふべ 西東三鬼
鰯雲ポプラ並木より発せしか 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
鰯雲乳子の口辺ボーロまみれ 伊丹三樹彦
鰯雲二三本歯を抜きにゆく 飯田龍太
鰯雲二人で佇てば別れめく 岡本眸
鰯雲人に告ぐべきことならず 加藤秋邨
鰯雲個々一切事地上にあり 中村草田男
鰯雲充ちて魚臭もすこしあり 能村登四郎
鰯雲出てゐる浜の紙芝居 高田風人子
鰯雲出来かけてゐると思ひしのみ 篠原梵 年々去来の花 中空
鰯雲出来て崩れて一枚に 稲畑汀子
鰯雲反射炉の火を絶ちて久し 上田五千石『田園』補遺
鰯雲叫ぶがごとく薄れけり 平井照敏 猫町
鰯雲后の御輦葉山出し 飯田蛇笏 霊芝
鰯雲吾子に継ぐべきものは何 大野林火 早桃 太白集
鰯雲城門の上も羊飼ふ 大野林火 月魄集 距和五十七年
鰯雲夜となる野外ギリシヤ劇 能村登四郎
鰯雲夜に入る葬火野辺に燃ゆ 西島麦南 人音
鰯雲夜に入る音の珊々と 藤田湘子 てんてん
鰯雲夜より暁へと引継がれ 鷹羽狩行
鰯雲夜天の深さはかられず 加藤秋邨
鰯雲大瀬に仰ぎ鰍獲り 飯田龍太
鰯雲天にひろこごり萩咲けり 水原秋櫻子 新樹
鰯雲天にも潮目ありしかな 百合山羽公 樂土以後
鰯雲子は消ゴムで母を消す 平井照敏 猫町
鰯雲小刻みすぎる「時」の走狗 香西照雄 対話
鰯雲小草が絮をとばすのみ 加藤秋邨
鰯雲岩屏立す彼方かな 中村汀女
鰯雲巣箱に暗き穴ひとつ 飯田龍太
鰯雲我が血の塩は海の塩 有馬朗人 母国拾遺
鰯雲戸隠山はやや鬼相 中村草田男
鰯雲手綱をしぼる楠公像 山口青邨
鰯雲拡がれり墓地も拡がれり 右城暮石 句集外 昭和三十一年
鰯雲攀づべからざる嶽の上 山口誓子
鰯雲故郷の竈火いま燃ゆらん 金子兜太
鰯雲斜塔の壁のはげたれど 阿波野青畝
鰯雲旅は漸く憂かりけり 村山故郷
鰯雲旅を忘れしにはあらず 橋本多佳子
鰯雲日々に見て日々鮮しく 大野林火 月魄集 昭和五十六年
鰯雲日かげは水の音迅く 飯田龍太
鰯雲日本に死すること辞せず 山口誓子
鰯雲景色空から冷えはじむ 後藤比奈夫
鰯雲暁より鳩舎出払へり 鷹羽狩行
鰯雲暮れたれば黒誕生日 鷹羽狩行
鰯雲暮れつつ龍の鱗となる 山口青邨
鰯雲曉より天の粧へり 鷹羽狩行
鰯雲木橋を馳せて視野おどる 飴山實 おりいぶ
鰯雲松の下枝に海見ゆる 上村占魚 鮎
鰯雲松風も海も夜に入りぬ 村山故郷
鰯雲橙青く鬱と成る 石田波郷
鰯雲死児に重みのありしこと 飯田龍太
鰯雲死別その後の十余年 飯田龍太
鰯雲沖の帆影を恋ふ日かな 村山故郷
鰯雲派手に編隊飛行過ぐ 村山故郷
鰯雲流るるよりも静かに征く 加藤秋邨
鰯雲浮子また水をよろこべり 飯田龍太
鰯雲湧き消ゆいとど動かざり 平井照敏 猫町
鰯雲湯を出し顔に見上げゆく 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
鰯雲滝美しき日なりけり 村山故郷
鰯雲漢詩文なる遭難碑 松崎鉄之介
鰯雲甕担がれてうごき出す 石田波郷
鰯雲生れ在所の家の数 飯田龍太
鰯雲画館はほそき窓を閉す 伊丹三樹彦
鰯雲畳が遠くなりにけり 加藤秋邨
鰯雲百姓の背は野に曲る 中村草田男
鰯雲真なき人を電話で逮(お)ふ 中村草田男
鰯雲立塞けんふねの道 三宅嘯山
鰯雲箕を透く秋のはじめかな 飯田蛇笏 霊芝
鰯雲簀を透く秋のはじめかな 飯田蛇笏 山廬集
鰯雲粛々と延ぶいのちなが 大野林火 月魄集 昭和五十四年
鰯雲紅の鱗もうちまじヘ 山口青邨
鰯雲網子の一生はてしらず 阿波野青畝
鰯雲老いを知らざる天の艶 林翔 和紙
鰯雲胸そらしてもうすき身ぞ 木村蕪城 一位
鰯雲船乗り君は船へ帰る 石田波郷
鰯雲荒草脛に触れゐたり 飯田龍太
鰯雲葛西の空に鵜がかへる 水原秋櫻子 重陽
鰯雲読みいて吾子の気遠の目 古沢太穂 古沢太穂句集
鰯雲読みし葉書は手に白し 木村蕪城 一位
鰯雲農婦ら犬を打擲す 飯田龍太
鰯雲遠見る癖の隠岐の子ら 能村登四郎
鰯雲遺言状も書かねばと 鈴木真砂女 紫木蓮
鰯雲野に上棟の酒を酌む 水原秋櫻子 玄魚
鰯雲野に大川ンの曲りをり 松村蒼石 寒鶯抄
鰯雲鋭き胸の尖き憎む 飯田龍太
鰯雲雨飾岳我にうごく 加藤秋邨
鰯雲青年われに歩を合はせ 林翔 和紙
鰯雲高きに群れて羨し 山口誓子
鰯雲鮭の南限ひろげけり 百合山羽公 樂土
鰯雲鯛も蚫も籠りけり 北枝
鰯雲鰯いよいよ旬に入る 鈴木真砂女 都鳥
鰯雲黒き小禽の声ひといろ 飯田龍太
鰯雲鼻の孤独の極まるなり 加藤秋邨
鰻放流沖の鯖雲底光る 百合山羽公 寒雁
鱗雲 流れ弾きて流れたり 富澤赤黄男
鱗雲うろこは西に行きつまる 鷹羽狩行
鱗雲かの澎湃と湧く魚群 富澤赤黄男
鱗雲ことごとく紅どこから暮る 橋本多佳子
鱗雲なぎさは空にまでつづき 鷹羽狩行
鱗雲土に円描く子の遊び 鷹羽狩行
鱗雲繰り出す神の楡見えず 鷹羽狩行
鱗雲鯱のうろこを頒たれて 鷹羽狩行

以上
by 575fudemakase | 2016-09-16 08:34 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26197717
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング