曼珠沙華 の俳句

曼珠沙華 の俳句

曼珠沙華 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23216777/



曼珠沙華 補遺

*ひつじ田の畦の景色の彼岸花 日野草城
あかつきは白露づくし 彼岸花 伊丹三樹彦
あち向いてどの子も帰る曼珠沙華 中村汀女
あはれ来て野には咏へり曼珠沙華 三橋鷹女
あまつさえ威銃 火の彼岸花 伊丹三樹彦
ありふれし明日来るならひ曼珠沙華 斎藤玄 雁道
いつせいに散るときなきか曼珠沙華 斎藤玄 雁道
いつぽんのまんじゆしやげ見ししあはせに 山口誓子
いつまで生きる曼珠沙華咲きだした 種田山頭火 草木塔
いとしみ綴る日本の言葉曼珠沙華 中村草田男
いとどしき朱や折れたる曼珠沙華 中村草田男
うつりきてお彼岸花の花ざかり 種田山頭火 草木塔
おづおづと出て曼珠沙華野を走る 原裕 青垣
おのおのの紅つらならず曼珠沙華 斎藤玄 雁道
おのれにこもればまへもうしろもまんじゆさげ 種田山頭火 自画像 落穂集
お前さん どこへ行くんじや 彼岸花 伊丹三樹彦
お彼岸のお彼岸花をみほとけに 種田山頭火 草木塔
お針子を姉と慕いし 彼岸花 伊丹三樹彦
かたかたは花そば白し曼珠沙花 正岡子規 曼珠沙華
かなしくてからまる蘂の曼珠沙華 鷹羽狩行
かなしとや見猿のためにまんじゆさげ 其角
かへり観れば行けよ行けよと曼珠沙華 中村草田男
きざみ藁飛び来て曼珠沙華疲れ 能村登四郎
くれなゐの冠いただき曼珠沙華 鷹羽狩行
けふの野にはじめて鵙と曼珠沙華 山口誓子
けぶらしめ消えしめ今日の曼珠沙華 加藤秋邨
ここを墓場とし曼珠沙華燃ゆる 種田山頭火 草木塔
こと欠かぬ鬼火 大江の彼岸花 伊丹三樹彦
この世ともあの世とも曼珠沙華の中 中村苑子
この畦のここを繁華に曼珠沙華 上田五千石『森林』補遺
この道や中将姫の彼岸花 阿波野青畝
これとても盛ありけりまんじゆさげ 松窓乙二
こんこんと水も土より曼珠沙華 百合山羽公 故園
こんもりと家が隠れて曼珠沙華 廣瀬直人
さきがけをゆるさぬ畦の曼珠沙華 鷹羽狩行
さきほどの陽が総退場 彼岸花 伊丹三樹彦
さみどりの直き茎よし曼珠沙華 石田波郷
さる寺の煤け杉戸の曼珠沙華 能村登四郎
じゅずだまの小道盡きたり曼珠沙華 正岡子規 曼珠沙華じゅずだま(漢字二文字:草冠+意
すがれたる曼珠沙華など見て行きしか 山口誓子
すれちがふ顔昏れてをり曼珠沙華 岡本眸
そのあたり似た草もなし曼珠沙花 正岡子規 曼珠沙華
たがへずに曼珠沙華咲き草の庵 後藤夜半 底紅
たたずめばわがかげに燃え曼珠沙華 冬青集 海門以後
たちまちに鎌のとばせる曼珠沙華 石田勝彦 秋興以後
たはやすく世の終りいふ曼珠沙華 林翔 和紙
ためらはでゆくさきざきの曼珠沙華 松村蒼石 雁
だしぬけに咲かねばならぬ曼珠沙華 後藤夜半 底紅
ちゝはゝの俄かに恋し曼珠沙華 川端茅舎
つきぬけて天上の紺曼珠沙華 山口誓子
つはものの命は消ぬる曼珠沙華 三橋鷹女
どこもかも衝突ばかり曼珠沙華 阿波野青畝
どつと咲き而して褪せ曼珠沙華 清崎敏郎
どの道も墓地へあつまる 彼岸花 伊丹三樹彦
なかなか死ねない彼岸花さく 種田山頭火 草木塔
はやすがれゐて貧農の曼珠沙華 山口誓子
ひしひしと立つや墓場のまん珠さけ 正岡子規 曼珠沙華
ひよつと葉は牛が喰ふたか曼珠沙花 正岡子規 曼珠沙華
ひらがなの蘂ちらし書き曼珠沙華 鷹羽狩行
ふるさとの曼珠沙華今も同じ道 細見綾子
まことお彼岸入の彼岸花 種田山頭火 草木塔
また来れば画家亡くまんじゆさげも失す 潺潺集 昭和四十二年
まつさをな曼珠沙華見し真夜の底 平井照敏
まどはしの日が雨にさす曼珠沙華 山口誓子
まなうらに薄明の渦曼珠沙華 佐藤鬼房
まんじゅしゃげ 墓地にて開ける法衣函 伊丹三樹彦
まんじゆさげうすきねむりをもてあそぶ 藤田湘子
まんじゆさげばかりの旅の落つかず 青水輪 昭和二十四年
まんじゆさげ一茎一花夜が離れ 野澤節子 鳳蝶
まんじゆさげ夕べのひかりとなりて失す 岸田稚魚 筍流し
まんじゆさげ夕日長者の沼炎ゆる 角川源義
まんじゆさげ失せて行方もしれぬかな 鷲谷七菜子 花寂び
まんじゆさげ安静あけて余生感 角川源義
まんじゆさげ暮れてそのさきもう見えぬ 白幡南町 昭和三十年
まんじゆさげ月なき夜も蘂ひろぐ 桂信子 女身
まんじゆさげ波郷の南療図書館に 角川源義
まんじゆさげ白はままつこ一つ咲き 草間時彦
まんじゆさげ釈放人を待てる群 早桃 太白集
まんじゆさげ雲の間より日の柱 冬雁 昭和二十一年
まんじゆしやげこの一群は倒れたり 山口青邨
まんじゆしやげ亡びのこゑをつらねたる 上田五千石『琥珀』補遺
まんじゆしやげ仮名にて書けばはかなさよ 山口誓子
まんじゆしやげ刈られて蟇が手をつけり 平畑静塔
まんじゆしやげ希臘の聖火道それず 平畑静塔
まんじゆしやげ揚羽が翅をたたみかけ 平畑静塔
まんじゆしやげ盗むを許せ八重葎 平畑静塔
まんじゆしやげ花を了れる旗竿を 山口青邨
まんじゆしやげ鴉つぎつぎ腹かすめて 金子兜太
みだれては蘂ねぶりあひ曼珠沙華 能村登四郎
むらがりて一つのこゑの曼珠沙華 森澄雄
もはや手が付けられぬ火の 彼岸花 伊丹三樹彦
ゆき過ぎて振向く花や曼珠沙華 石川桂郎 含羞
ゆく水に映え曼珠沙華日々腐つ 伊丹三樹彦
わが室に相應はば相應へ曼珠沙華 相生垣瓜人 明治草
わが家の白曼珠沙華遂に絶ゆ 右城暮石 散歩圏
われにつきゐしサタン離れぬ曼珠沙華 杉田久女
われも亦掻き消えたしや彼岸花 林翔
コンと咳 コンコンと咳 彼岸花 伊丹三樹彦
トンネルの口や孤独の曼珠沙華 渡邊白泉
一と群の死活まざまざ 彼岸花 伊丹三樹彦
一夜にて 火の手のあがる 彼岸花 伊丹三樹彦
一徹に並びて咲ける曼珠沙華 山口誓子
一抹の澄気が通る曼珠沙華 能村登四郎
一本の火の畦となる曼珠沙華 鷹羽狩行
一茎の紅露につづく曼珠沙華 百合山羽公 寒雁
七草を見は見たれども 彼岸花 伊丹三樹彦
万屋の電池買占め 彼岸花 伊丹三樹彦
三日はや一尺五寸曼珠沙華 川端茅舎
三鬼亡し川にたむろす曼珠沙華 角川源義
上堤裏に墓四五そして曼珠沙華 山口誓子
不意といふこと怖しく曼珠沙華 岡本眸
九十九里の一天曇り曼珠沙華 加藤秋邨
乱費にも似るお灯明 彼岸花 伊丹三樹彦
亀石に踏まれて曼珠沙華の反り 佐藤鬼房
二も三も素木の鳥居 彼岸花 伊丹三樹彦
二列の曼珠沙華路行方知らず 中村草田男
二十歳の日と同じ紅曼珠沙華 津田清子
二里足らぬ道に飽きけり曼珠沙華 正岡子規 曼珠沙華
五慾とも五衰とも見え曼珠沙華 鷹羽狩行
人を泣かせ己も泣いて曼珠沙華 鈴木真砂女 紫木蓮
人来ては去り来ては去り曼珠沙華 鈴木真砂女 都鳥
人混みを手に燃やし過ぐ曼珠沙華 山口誓子
今年も豊年の花曼珠沙華 右城暮石 句集外 昭和四十二年
今朝すべて踏まれてありぬ曼珠沙華 渡邊白泉
今生の闇凛々と曼珠沙華 飯島晴子
仮の世に生き白曼珠沙華に遇ふ 上田五千石『琥珀』補遺
何よりも曼珠沙華咲く頃待たる 山口誓子
何故にあるのか白の曼珠沙華  細見綾子
何故に在るのか白の曼珠沙華 細見綾子 牡丹
佛足に一本の曼珠沙華を横たふ 橋本多佳子
供へまつるお彼岸のお彼岸花のよろしさ 種田山頭火 草木塔
偶像の裏そっけなく曼珠沙華 橋閒石
偶像の裏そつけなく曼珠沙華 橋閒石 朱明
傘さげて使ひあるきや曼珠沙華 石橋秀野
僧房へ少し山路や曼珠沙華 松本たかし
僻地教師に 褪せて完璧 彼岸花 伊丹三樹彦
入鹿首塚蘂ゆすりゐる曼珠沙華 松崎鉄之介
共に立つ朱塗鉄筋曼珠沙華 山口誓子
凝燃と曼珠沙華群雨に堪ふ 山田みづえ 忘
処得て 賽の川原の 彼岸花 伊丹三樹彦
刈られたる試歩のしるべの曼珠沙華 能村登四郎
初鵙の一と鳴きに群れ曼珠沙華 原裕 青垣
刻を逸せず流れ去る水曼珠沙華 中村草田男
前の世に来りし家か曼珠沙華 平井照敏 天上大風
勧請の女縄(めなは)を宙に曼珠沙華 佐藤鬼房
包帯を干す眩しさの 彼岸花 伊丹三樹彦
北鎌倉駅今朝よりの曼珠沙華 草間時彦
十二橋の一橋くぐりまんじゆさげ 桂信子 晩春
十団子の珠のくもりや曼珠沙華 上田五千石『田園』補遺
十字架祭まんじゆしやげまだ咲ききらず 星野麥丘人
十茎の一茎横斜曼珠沙華 山口青邨
千手ことごとくくれなゐ曼珠沙華 鷹羽狩行
半鐘を誰も鳴らさず 彼岸花 伊丹三樹彦
卒然と想起して野の曼珠沙華 富安風生
南無大師白に変化し彼岸花 百合山羽公 樂土
南面のやや西よりに曼珠沙華 中村草田男
取巻かれ取巻き竹と曼珠沙華 藤田湘子 てんてん
叢やきよろりとしたる曼珠沙花 正岡子規 曼珠沙華
古塚や誰が細工の曼珠沙花 正岡子規 曼珠沙華
古戦場昼の篝と曼珠沙華 福田蓼汀 秋風挽歌
吉備の国空寂とあり曼珠沙華 森澄雄
吉野の冬著莪の崖曼珠沙華の崖 右城暮石 上下
名月や蕾あげたる曼珠沙華 野見山朱鳥 愁絶
吹上の茶屋はとざせり曼珠沙華 山口青邨
吾が影に容れて四五本彼岸花 星野麥丘人
吾なしに夫ゐる曼珠沙華を流す 橋本多佳子
命とは蘂噴き上げし曼珠沙華 能村登四郎
和服著てこたびは曼珠沙華の旅 星野立子
咲いてより広き空享く曼珠沙華 能村登四郎
咲き縺れあふ曼珠沙華世阿弥の地 飯島晴子
咲く前はかならず雨や彼岸花 星野麥丘人
咳けば目に曼珠沙華来てそこに燃え 加藤秋邨
噴出の曼珠沙華より庭の秋 上田五千石『風景』補遺
四十路さながら雲多き午後曼珠沙華 中村草田男
四方へ地がひろい曼珠沙華咲いたひとむら 中川一碧樓
四方より馳せくる畦の曼珠沙華 中村汀女
四本五本はてはものうし曼珠沙華 正岡子規 曼珠沙華
回想がちにまんじゆさげまた群がるよ 雪華 昭和三十九年
国守に 赤を乱費の 彼岸花 伊丹三樹彦
土をでて茎透とほる曼珠沙華 百合山羽公 寒雁
土をぬくとき薄紅のまんじゆしやげ 松村蒼石 雪
土を出て恋の無念を曼珠沙華 加藤秋邨
土佐はいま曼珠沙華國遍路行く 森澄雄
土堤刈つてより二日目の曼珠沙華 飴山實 少長集
土着してしまふはかなし曼珠沙華 百合山羽公 故園
地の神の挿してまはりし曼珠沙華 平井照敏
地球儀の 日本の赤の 彼岸花 伊丹三樹彦
地雷死のキャパを偲べと 彼岸花 伊丹三樹彦
坂東の先はえみしや曼珠沙華 藤田湘子 てんてん
堰の水けさしろがねに曼珠沙華 百合山羽公 樂土
境内の植込にあな曼珠沙華 清崎敏郎
墓となりぬはしやぎだす曼珠沙華 三橋鷹女
墓原の曼珠沙華そこへ行かむとす 山口誓子
墓山に汝も累代曼珠沙華 鷹羽狩行
声をはばかる人ありて曼珠沙華 廣瀬直人
夕びとのかげの去りゆく曼珠沙華 松村蒼石 寒鶯抄
夕方は遠くの曼珠沙華が見ゆ 細見綾子 冬薔薇
夜の底に虫の生れつぐ曼珠沙華 角川源義
夜へつづく雲の量感曼珠沙華 能村登四郎
大多摩のひとゝこ遅き曼珠沙華 飯田龍太
大日仏(だいにち)を硝子籠めにし 彼岸花 伊丹三樹彦
大木にはじめての斧曼珠沙華 飯田龍太
大足を老いても頼む 彼岸花 伊丹三樹彦
天つ日や臥牛に炎ゆる曼珠沙華 渡邊水巴 富士
天の紅うつろひやすし曼珠沙華 山口誓子
天も待つ初の一茎曼珠沙華 百合山羽公 樂土
天上へ赤消え去りし曼珠沙華 右城暮石 上下
天国(ハライソ)は知る人ばかり曼珠沙華 角川源義
天道のあと 月道の 彼岸花 伊丹三樹彦
天龍の分水を研ぐ曼珠沙華 百合山羽公 樂土
太股に肉戻りたる曼珠沙華 飯島晴子
奈良に見てけふは伊勢路に曼珠沙華 鷹羽狩行
女の眼拗ねて見ざりし曼珠沙華 右城暮石 上下
女三人の無言の昏み曼珠沙華 野澤節子 花季
女子大は白曼珠沙華紅曼珠沙華 山口青邨
女立ち曼珠沙華立ちけぶりたつ 加藤秋邨
妻のゐる彼岸も近し曼珠沙華 森澄雄
妻の流せし血ほどに曼珠沙華咲かず 能村登四郎
妻子ある故に狂わず 彼岸花 伊丹三樹彦
妻帰りつつあらむ雨天の曼珠沙華 山口誓子
妻病める家や遽かに曼珠沙華 草間時彦 中年
威し銃鳴るたび紅し曼珠沙華 森澄雄
子供等の声も赤らむ曼珠沙華 右城暮石 上下
安房は山の砂無蓋車に彼岸花 古沢太穂 捲かるる鴎
寂光といふあらば見せよ曼珠沙華(法隆寺二句) 細見綾子
寺坂に海が夕づく曼珠沙華 松村蒼石 雁
寺道の凹んでをりし彼岸花 石田勝彦 雙杵
対岸の火として眺む曼珠沙華 能村登四郎
対岸は今燃えどきの曼珠沙華 能村登四郎
居ながらに曼珠沙華咲く崖見ゆる 右城暮石 散歩圏
屠牛場へ道曲りをり彼岸花 阿波野青畝
山へ行く道をふさぎて曼珠沙華 細見綾子
山墓にあたらしき露曼珠沙華 森澄雄
山墓に午後もうるほふ曼珠沙華 飯田蛇笏 白嶽
山道を降り来て曼珠沙華の道 右城暮石 虻峠
山雀のこゑの真近き曼珠沙華 飯田龍太
山麓声なくて初曼珠沙華 岡井省二 山色
岩戸から 今しもの日矢 彼岸花 伊丹三樹彦
島中を随いてまはれる曼珠沙華 岸田稚魚
崖一面曼珠沙華の葉梅咲けり 右城暮石 句集外 昭和五十一年
嶺かけてひかり満つ野の曼珠沙華 野見山朱鳥 愁絶
川沿や芒が中の曼珠沙華 河東碧梧桐
川波の高ければこそ曼珠沙華 飯島晴子
巨石一つ据ゑて離宮の曼珠沙華 鈴木真砂女 都鳥
市終るすこしも売れぬ曼珠沙華 金子兜太
師より享く曼珠沙華の句夢さめぬ 星野麥丘人
幻の柩野をゆく曼珠沙華 角川源義
幻の町に入つても曼珠沙華 山口誓子
幻花とは今日かげもなき曼珠沙華 能村登四郎
幼なにも秘めごとあそび 彼岸花 伊丹三樹彦
幾年も見しかど今の曼珠沙華 能村登四郎
広島へ帰る児のあり彼岸花 星野麥丘人
座席得て手に取る如く曼珠沙華 右城暮石 声と声
庭にすがれ野にすがれゆく曼珠沙華 山口誓子
庭古くおのづから藪曼珠沙華 山口青邨
廃坑直前の殉職曼珠沙華 鷹羽狩行
弁当に酢の香立ちたる曼珠沙華 森澄雄
張る蕋に 日がな機音 彼岸花 伊丹三樹彦
彼岸入り四国の白い曼珠沙華 細見綾子
彼岸花 このまま往けば 黄泉の国 伊丹三樹彦
彼岸花 城壁に隙あらばこそ 伊丹三樹彦
彼岸花 帰山仁王は白布ぐるみ 伊丹三樹彦
彼岸花 平成元年 初点火 伊丹三樹彦
彼岸花 彼岸花 番水時計ないがしろ 伊丹三樹彦
彼岸花 性別ありて世は面白 伊丹三樹彦
彼岸花 撮るも 詠うも 夢うつつ 伊丹三樹彦
彼岸花 父母への仏事怠るとは 伊丹三樹彦
彼岸花 牛も好奇の顔寄せ来る 伊丹三樹彦
彼岸花 蕾残すは一茎のみ 伊丹三樹彦
彼岸花 蝶あたふたと あたふたと 伊丹三樹彦
彼岸花 迷い鴎に火の海ぞ 伊丹三樹彦
彼岸花かざす韋駄天 鬼の山 伊丹三樹彦
彼岸花さくふるさとはお墓のあるばかり 種田山頭火 草木塔
彼岸花つんつん咲くも島育ち 鈴木真砂女 居待月
彼岸花ばかりを撮って 百歩ほど 伊丹三樹彦
彼岸花もつて乗りけり稲舟に 高野素十
彼岸花彼の岸よりぞ飛来せし 相生垣瓜人 負暄
彼岸花心中などとは 絵空ごと 伊丹三樹彦
彼岸花数珠玉はまだ青くして 森澄雄
彼岸花父の病を母嗣ぎき 石田波郷
径まがりまがりて曼珠沙華に厭く 橋閒石 朱明
忽焉と父になりけり曼珠沙華 上田五千石『田園』補遺
思ひ合すものゝ少き曼珠沙華 右城暮石 句集外 昭和十年
性こりもなく今年また曼珠沙華 鷹羽狩行
恋の夢獏に食はさじ曼珠沙華 鈴木真砂女 紫木蓮
恍惚は不安のごとく曼珠沙華 平井照敏 天上大風
悉く鎬削る火 彼岸花 伊丹三樹彦
悔いるこころの曼珠沙華燃ゆる 種田山頭火 草木塔
愁ひつゝ旅の日数や曼珠沙華 河東碧梧桐
我を愛せとバラ我を殺せとまんじゅしゃげ 楠本憲吉 方壺集
我在る限り故友が咲かす彼岸花 中村草田男
戦友の碑へ 火線成す 彼岸花 伊丹三樹彦
戦無派の 黒髪の丈 彼岸花 伊丹三樹彦
手のとどくむなしさありぬ曼珠沙華 斎藤玄 雁道
折る前に 折る音のして 彼岸花 伊丹三樹彦
抜きん出るとは汝のこと 彼岸花 伊丹三樹彦
抱かるべき茎柔軟に曼珠沙華 岡本眸
捨てきれぬものにふるさと曼珠沙華 鈴木真砂女 紫木蓮
捨子花顔仰向くるあはれなり 岡本眸
故里のどの畦行かむ曼珠沙華 細見綾子
旅の日のいつまで暑き彼岸花 臼田亜郎 定本亜浪句集
日が没りて道のせかるゝ曼珠沙華 山口誓子
日の落る野中の丘や曼珠沙華 正岡子規 曼珠沙華
日は天心花冠おごそか曼珠沙華 山口青邨
日向路の咲けば列なす曼珠沙華 鷹羽狩行
日当れば磧さみしき曼珠沙華 鷲谷七菜子 花寂び
日日海を見つつ眼に欲る曼珠沙華 山口誓子
日輪の寂と渡りぬ曼珠沙華 川端茅舎
昇天の讃美歌うたふ曼珠沙華 細見綾子
昇天の鳶に真冬の曼珠沙華 飯田龍太
明らかに泣く背の女 彼岸花 伊丹三樹彦
明るさも暗さ人待つ曼珠沙華 斎藤玄 狩眼
明界のあと 幽界の 彼岸花 伊丹三樹彦
昏くして雨ふりかかる曼珠沙華 橋本多佳子
昨日蘇州 今日摂州の 彼岸花 伊丹三樹彦
昨日見てけふ曼珠沙華みあたらず 加藤秋邨
昼の夢あかきはまんじゆさげなりし 海門 昭和九年
昼酒の鬼の踊りし曼珠沙華 森澄雄
昼間から酔うたり雨の曼珠沙華 橋閒石 和栲
晩年や小脱に憑かる曼珠沙華 角川源義
普門品一夜に曼珠沙華が咲き 森澄雄
暦日に違約はなくて 彼岸花 伊丹三樹彦
暮色濃い不動に 火支度まんじゅしゃげ 伊丹三樹彦
曇り日は眼しづかに曼珠沙華 山口誓子
曼珠沙花郷居の叔父を訪ふ道に 正岡子規 曼珠沙華
曼珠沙花野暮な親父の墓の前 正岡子規 曼珠沙華
曼珠沙華 けふも脈(なみ)うつ山河や 富澤赤黄男
曼珠沙華「末期の眼」こそ燃ゆる筈を 中村草田男
曼珠沙華あしたは白き露が凝る 橋本多佳子
曼珠沙華あたりに他の花寄せず 月魄集 昭和五十六年
曼珠沙華あまた見て又血を減らす 能村登四郎
曼珠沙華いづこも川の波いそぐ 山口誓子
曼珠沙華うしろ向いても曼珠沙華 三橋鷹女
曼珠沙華うせてより野は臥しやすき 能村登四郎
曼珠沙華うち折るらしきうしろかげ 加藤秋邨
曼珠沙華おくれたる一本も咲く 細見綾子
曼珠沙華かかる憶ひ出兵にみな 伊丹三樹彦
曼珠沙華かくかたまれば地の劫火 山口青邨
曼珠沙華かたまり咲くや北国路 村山故郷
曼珠沙華かたみに朱を奪ひあひ 能村登四郎
曼珠沙華かなしきさまも京の郊 石塚友二 方寸虚実
曼珠沙華かな女の手なるかさねの碑 能村登四郎
曼珠沙華からむ蘂より指をぬく 橋本多佳子
曼珠沙華きのふの赤を忘れたる 後藤比奈夫
曼珠沙華くもりたる日はつつましく 山口青邨
曼珠沙華けふは旅なる吾にもゆ 橋本多佳子
曼珠沙華けふ衰へぬ花をこぞり 橋本多佳子
曼珠沙華ここにもありぬありそめて 山口青邨
曼珠沙華ここにも咲ける古刹かな 清崎敏郎
曼珠沙華ここ夕映えの日が見たし(法隆寺二句) 細見綾子
曼珠沙華この世の出水絶ゆるなき 松村蒼石 寒鶯抄
曼珠沙華この群れたがるものの朱 佐藤鬼房
曼珠沙華しどろに春の闌けてゆく 相生垣瓜人 負暄
曼珠沙華じっとりと垂れ少女の掌 伊丹三樹彦
曼珠沙華すがれて夕日さそひけり 冬青集 海門以後
曼珠沙華すがれて花の老舗たり 山口誓子
曼珠沙華すつくと系譜絶ゆるべし 鷲谷七菜子 花寂び
曼珠沙華その呱々の声聞きたしや 林翔
曼珠沙華そろひ傾く水の上 山口青邨
曼珠沙華たじろぎて茎のぼりけり 松村蒼石 雁
曼珠沙華つき挿す水の少なし 中川一碧樓
曼珠沙華つつがなかりし門を出づ 松本たかし
曼珠沙華つなぎ合せてレイとせる 右城暮石 上下
曼珠沙華どれも腹出し秩父の子 金子兜太
曼珠沙華にあやされ幼な仏かな 林翔
曼珠沙華にも背高の名を付ける 山口誓子
曼珠沙華にも陣備ありにけり 能村登四郎
曼珠沙華に彳つわびしさを娘も持ち初め 楠本憲吉 孤客
曼珠沙華に鞭うたれたり夢さむる 松本たかし
曼珠沙華のこして陸が海に入る 西東三鬼
曼珠沙華の一茎枯れしよりの冷 安住敦
曼珠沙華の炎へ蝶が死にに来る 林翔
曼珠沙華の葉をぬらしたる粉雪かな 細見綾子
曼珠沙華の隙なき構へ根より抜く 桂信子 女身
曼珠沙華はふりのけぶり地よりたつ 橋本多佳子
曼珠沙華ひそかに死者のはなしごゑ 野見山朱鳥 運命
曼珠沙華ひとむら炎えて落人村 楠本憲吉 方壺集
曼珠沙華ひとりが踏んで径なす 石川桂郎 高蘆
曼珠沙華ふれあふ蘂と蘂の惨 鷹羽狩行
曼珠沙華ほつりと赤し道の辺に 日野草城
曼珠沙華ほろび我立つ崖の上 三橋敏雄
曼珠沙華ぽつぽと咲いて寺幟 石田勝彦 雙杵
曼珠沙華まだ咲かぬかと見に出でし 下村槐太 天涯
曼珠沙華まつ赤にくらし海のほとり 鷲谷七菜子 黄炎
曼珠沙華までの空気の冷えてゐし 後藤比奈夫
曼珠沙華みとりの妻として生きる 橋本多佳子
曼珠沙華みな山に消え夜の雨 森澄雄
曼珠沙華むざと折らねばならぬかに 細見綾子 桃は八重
曼珠沙華もう数へねば花消えよ 加藤秋邨
曼珠沙華もつれる蘂の中けむる 上田五千石『森林』補遺
曼珠沙華もろ手をあげて故郷なり 鈴木真砂女 紫木蓮
曼珠沙華やうやく枯れて夏立てり 相生垣瓜人 明治草
曼珠沙華より沖までの浪激し 西東三鬼
曼珠沙華わが去りしあと消ゆるべし 野澤節子 花季
曼珠沙華わが庭に咲く人が見る 山口青邨
曼珠沙華わなわな蘂をほどきけり 上田五千石 田園
曼珠沙華カメラ放列宥しけり 鈴木真砂女 都鳥
曼珠沙華レンブラント呆け生魚喰ふや 角川源義
曼珠沙華一ひらの雲魔のごとし 村山故郷
曼珠沙華一枚の藪枯れつくす 松村蒼石 雪
曼珠沙華一火が飛んで萱原に 能村登四郎
曼珠沙華一茎の蕊照る翳る 山口誓子
曼珠沙華三界火宅美しき 川端茅舎
曼珠沙華並列し又割拠して 山口誓子
曼珠沙華乙字門葉今いづこ 村山故郷
曼珠沙華人ごゑに影なかりけり 廣瀬直人
曼珠沙華人来て晩年と言へり 細見綾子
曼珠沙華今年の秋も曲りなし 百合山羽公 樂土
曼珠沙華今朝出頭す二寸かな 川端茅舎
曼珠沙華仏は首失はれ 阿波野青畝
曼珠沙華伽藍の階に咲きくだつ 伊丹三樹彦
曼珠沙華何本消えてしまひしや 三橋敏雄
曼珠沙華俄かに畦の高くなり 石田勝彦 雙杵
曼珠沙華入日の中に燠となり 鷹羽狩行
曼珠沙華冬葉あをあを法隆寺 細見綾子
曼珠沙華十四五本も生けたらむ 相生垣瓜人 明治草
曼珠沙華十字架を斬るキリスト像 角川源義
曼珠沙華卍の旗をいまはおろす 山口青邨
曼珠沙華南国の出に田が親し 中村草田男
曼珠沙華南面十日王者待つ 中村草田男
曼珠沙華印結ぶ指ほどきけり 川端茅舎
曼珠沙華名もなき野川海に入る 山口誓子
曼珠沙華周りの空気いつも透く 桂信子 草影
曼珠沙華咲いてまつくれなゐの秋 三橋鷹女




曼珠沙華咲きしも見しも束の間や 右城暮石 一芸
曼珠沙華咲きそめし紅ほのかにて 飯田蛇笏 家郷の霧
曼珠沙華咲きて口上ありさうな 後藤夜半 底紅
曼珠沙華咲きて日記をまた書き出す 細見綾子
曼珠沙華咲きて金魚の褪せにけり 相生垣瓜人 明治草抄
曼珠沙華咲き絶ぬなり旱雲 河東碧梧桐
曼珠沙華咲き親不知歯痛み出す 岡本眸
曼珠沙華咲くとつぶやきひとり堪ゆ 橋本多佳子
曼珠沙華咲くとも病躯身動がず 山口誓子
曼珠沙華咲くほか何も無きところ 右城暮石 上下
曼珠沙華咲く方へ~行く 高野素十
曼珠沙華咲く水湖へ流れ込む 右城暮石 上下
曼珠沙華咲けば悲願の如く折る 橋本多佳子
曼珠沙華咲けりいくさの場を思ふ 三橋鷹女
曼珠沙華咲けり農薬にも減らず 右城暮石 句集外 昭和四十四年
曼珠沙華咲けるわが家に旅終る 西東三鬼
曼珠沙華咲ける泉も雲の中 野見山朱鳥 荊冠
曼珠沙華噴き出で逃げ場なき齢 佐藤鬼房
曼珠沙華地下に束ね持つ手あるかに 福田蓼汀 秋風挽歌
曼珠沙華地下に血脈あるごとし 福田蓼汀 秋風挽歌
曼珠沙華地主の竈燃えゐたり 山口誓子
曼珠沙華地獄の道の軟らかに 山口誓子
曼珠沙華地蔵は影の人にも似 上村占魚
曼珠沙華多しこの寺絵巻めく 松本たかし
曼珠沙華大学生を学に誘ひ 山口青邨
曼珠沙華大川に橋突と見ゆ 松村蒼石 雪
曼珠沙華大路の際にあはれなり 相馬遷子 山国
曼珠沙華天のかぎりを青充たす 能村登四郎
曼珠沙華天のよろこび地に降れば 藤田湘子 てんてん
曼珠沙華天を望まず地に触れず 藤田湘子 てんてん
曼珠沙華天皇誕生の歌忘る 角川源義
曼珠沙華天降り来りし黒揚羽 細見綾子
曼珠沙華子のかどはかしなどなくなれ 山口誓子
曼珠沙華季節は深く照りとほる 山口誓子
曼珠沙華安心の葉の出でにけり 岡本眸
曼珠沙華尽の白を鵙囃す 森澄雄
曼珠沙華山塊ひとつづつ目覚め 廣瀬直人
曼珠沙華山家は馬のかがやけり 水原秋櫻子 帰心
曼珠沙華山脈青く泛かびけり 中村苑子
曼珠沙華峯にかたまり曇り濃し 金子兜太
曼珠沙華川の激する岩もなく 山口誓子
曼珠沙華幼き頃の畷の木 廣瀬直人 帰路
曼珠沙華庭に咲かせて南無阿禰陀 山口青邨
曼珠沙華忌日の入日とどまらず 橋本多佳子
曼珠沙華忘れし頃に後の月 百合山羽公 故園
曼珠沙華忘れゐるとも野に赤し 野澤節子 未明音
曼珠沙華恙なく紅褪せつつあり 富安風生
曼珠沙華折れ易し子の声変り 細見綾子 和語
曼珠沙華抱くほどとれど母恋し 中村汀女
曼珠沙華捨犬の脚休まずに 原裕 葦牙
曼珠沙華描かばや金泥もて繊く 長谷川素逝 暦日
曼珠沙華故人も木がくれ草がくれ 中村草田男
曼珠沙華故里の野へ愛の鐘 中村草田男
曼珠沙華散るや赤きに耐へかねて 野見山朱鳥 曼珠沙華
曼珠沙華旅に果てたる馬の墓 角川源義
曼珠沙華旗竿ばかり青く立つ 山口青邨
曼珠沙華日はじりじりと襟を灼く 橋本多佳子
曼珠沙華日本武の征きし国 阿波野青畝
曼珠沙華日焼けて網を肩にせる 水原秋櫻子 残鐘
曼珠沙華日輪すこし海に寄る 百合山羽公 故園
曼珠沙華昏れて波音残しけり 鈴木真砂女 紫木蓮
曼珠沙華映せり最上川の情 鷹羽狩行
曼珠沙華昼見て夜のけものたち 森澄雄
曼珠沙華智慧の泉の澄むところ 飯田龍太
曼珠沙華暮れていつまで青堤 山口誓子
曼珠沙華曼珠沙華とはなりきれず 加藤秋邨
曼珠沙華最も赤し陸の果 西東三鬼
曼珠沙華最も遠く思ひ出す 加藤秋邨
曼珠沙華最も青く年立ちぬ 相生垣瓜人 明治草抄
曼珠沙華月光のほか纒ふなし 三橋敏雄
曼珠沙華朝戸くる妻衰へり 角川源義
曼珠沙華木椅子は雨に濡れはやし 古舘曹人 能登の蛙
曼珠沙華朽ち果てし溝存在す 金子兜太
曼珠沙華松の林を笑ひ出て 岡井省二 明野
曼珠沙華構も墓も崖に拠る 木村蕪城 寒泉
曼珠沙華武器のごとくに倒れ腐ちて 金子兜太
曼珠沙華汝の好きな土堤に咲く 山口誓子
曼珠沙華汝れが才華もうとましや 上田五千石『田園』補遺
曼珠沙華池中の魚藍観音に 山口誓子
曼珠沙華河口にちかき川流る 山口誓子
曼珠沙華波海上に飜るなし 山口誓子
曼珠沙華波郷に遣らむ友二にも 亭午 星野麥丘人
曼珠沙華泣かぬ少女の嫌はるる 加藤秋邨
曼珠沙華泣きたい人を泣かせ置く 中村苑子
曼珠沙華泣き出でし子を負ひすかし 加藤秋邨
曼珠沙華洗ひざらしの空にして 石田勝彦 秋興
曼珠沙華海が聞えずなりゆけり 山口誓子
曼珠沙華海なき国をいでず住む 橋本多佳子
曼珠沙華海は怒濤となりて寄る 西東三鬼
曼珠沙華消えたる茎のならびけり 後藤夜半 翠黛
曼珠沙華消えてしまひし野面かな 石橋秀野
曼珠沙華消えゆくものの如く消ゆ 山口青邨
曼珠沙華消え果てて墓寧からむ 鷲谷七菜子 花寂び
曼珠沙華淡路一芸興すべし 阿波野青畝
曼珠沙華漁夫過ぎてより昏れ果てぬ 中村汀女
曼珠沙華漆黒の蝶つゆ吸へり 松村蒼石 寒鶯抄
曼珠沙華濡るれば濡るる野の烏 三橋鷹女
曼珠沙華火宅めがけて消防車 中村草田男
曼珠沙華灯消えゆく避暑の家 角川源義
曼珠沙華炎のすがれゆく青衣囚 角川源義
曼珠沙華烏瓜また猫の話(丹波にて二句) 細見綾子
曼珠沙華無月の客に踏れけり 前田普羅 普羅句集
曼珠沙華燃えはてし野の水澄めり 西島麦南 人音
曼珠沙華猫みつめ犬素通りす 星野麥丘人
曼珠沙華獣骨舎利を置く磧 石橋秀野
曼珠沙華現れてもの遠くなる 鷲谷七菜子 花寂び
曼珠沙華田を驚かす音もなく 山口誓子
曼珠沙華男根担ぎ来て祀る 能村登四郎
曼珠沙華町へと畷塗りつぶし 阿波野青畝
曼珠沙華畦を衂りて古蹟たり 富安風生
曼珠沙華発するまへの土の声 百合山羽公 寒雁
曼珠沙華白雲とほり易くせり 鷹羽狩行
曼珠沙華盛りをすぎて雨ざんざ 山口青邨
曼珠沙華目的地まで暮るるなかれ 津田清子 礼拝
曼珠沙華相聞歌人老いし後 角川源義
曼珠沙華真赤で稲荷鮨食べる 川端茅舎
曼珠沙華真赤な嘘の形して 津田清子
曼珠沙華瞳のならぶ川向う 飯島晴子
曼珠沙華砂利すぐ乾き大地湿る 野澤節子 未明音
曼珠沙華稲架木を負ひてよろめき来 石田波郷
曼珠沙華童子童女と連れとほる 三橋敏雄
曼珠沙華競馬の馬をあゆまする 水原秋櫻子 重陽
曼珠沙華竹林に燃え移りをり 野見山朱鳥 曼珠沙華
曼珠沙華紅を失ふ海は何を 山口誓子
曼珠沙華絶叫しては遠ざかる 岸田稚魚
曼珠沙華罪の意識にすがらるる 角川源義
曼珠沙華群がり途切れまたつゞく 右城暮石 句集外 昭和三十八年
曼珠沙華職なきごとく街行けば 角川源義
曼珠沙華胸間くらく抱きをり 能村登四郎
曼珠沙華腐つと咲くとひとところ 伊丹三樹彦
曼珠沙華茎の脆さよ折り散らす 日野草城
曼珠沙華茎見えそろふ盛りかな 飯田蛇笏 山廬集
曼珠沙華草薙いで雨あがつたり 石橋秀野
曼珠沙華落暉も蘂をひろげけり 中村草田男
曼珠沙華蕊のもつれをほぐし終ふ 山口誓子
曼珠沙華蘂の崩れの破滅型 佐藤鬼房
曼珠沙華蘂毛のごとし鋼のごとし 津田清子 礼拝
曼珠沙華蛇の口して莟上ぐ 山口青邨
曼珠沙華行き交ふ人の「ごめんやす」村山故郷
曼珠沙華西より褪せのひろがりて 能村登四郎
曼珠沙華見れば見ざれば安からず 加藤秋邨
曼珠沙華記憶のいまも蕊を張る 山口誓子
曼珠沙華誓ひ一言にて足れり 上田五千石『風景』補遺
曼珠沙華誰にも媚びる大学生にも 山口青邨
曼珠沙華赤し船より上り来て 右城暮石 上下
曼珠沙華赤衣の僧のすくと佇つ 角川源義
曼珠沙華越し一枚の日向灘 鷹羽狩行
曼珠沙華跨いてふぐり赫とせり 能村登四郎
曼珠沙華身ぢかきものを焼くけぶり 橋本多佳子
曼珠沙華身体髪膚仮のもの 佐藤鬼房
曼珠沙華軌条がこゝに断ち切れて 山口誓子
曼珠沙華逃るるごとく野の列車 角川源義
曼珠沙華遊ぶ鳥さへもたぬ也 松窓乙二
曼珠沙華過ぎゐてまぶし一悪路 加藤秋邨
曼珠沙華遠い処を逍遥す 百合山羽公 寒雁
曼珠沙華遠き世のこゑ漂ふか 加藤秋邨
曼珠沙華野川に映りゐるもあり 細見綾子
曼珠沙華鏡のかけも芥にて 山口誓子
曼珠沙華長き貨車ゆき眠くなる 森澄雄
曼珠沙華陵と知らず過ぎてけり 村山故郷
曼珠沙華障子はる妻独言 角川源義
曼珠沙華雨のつづきの晴れた日に 細見綾子
曼珠沙華雨粒落す夕日中 細見綾子
曼珠沙華雲はしづかに徘徊す 山口誓子
曼珠沙華雲より鴉下りにけり 相生垣瓜人 微茫集
曼珠沙華霧に鮮烈飛騨に入る 野見山朱鳥 荊冠
曼珠沙華静かに静かに風渡る 鈴木真砂女 紫木蓮
曼珠沙華革命の文字遠くしぬ 角川源義
曼珠沙華頭上ヘリコプターが飛び 鈴木真砂女 都鳥
曼珠沙華願ひを蘂に拡げたる 山口誓子
曼珠沙華風すぎこころふと危し 加藤秋邨
曼珠沙華飛火の如くここにまた 上村占魚
曼珠沙華飯粒こぼし銭落し 中村草田男
曼珠沙華首級はいまも生きをるか 佐藤鬼房
曼珠沙華馬が首ふり首ふり行く 村山故郷
曼珠沙華駅に煙の直上す 山口誓子
曼珠沙華髪のほつれに西日ざし 山口誓子
曼珠沙華鶏鳴声を八裂に 中村草田男
曼珠沙華鼎のごとし札所寺 石田勝彦 雙杵
月も老い黒きばかりに曼珠沙華 百合山羽公 故園
月代や蘂うかべたる曼珠沙華 石田波郷
月余師を看護り野に出づ曼珠沙華 松崎鉄之介
月山遥か岩の裂け目の曼珠沙華 佐藤鬼房
月読の夜ごとに濡れて彼岸花 松村蒼石 寒鶯抄
朝の食卓よりわが庭の曼珠沙華 細見綾子
朝夕に曼珠沙華のぞみ込みにけり 細見綾子
朝暁の田水流るゝ曼珠沙華 飯田龍太
木曾を出て伊吹日和や曼珠沙華 河東碧梧桐
朱唇仏さながらに暮れ曼珠沙華 鷹羽狩行
村中に藁殖ゆるころ曼珠沙華 能村登四郎
杣が子の摘みあつめゐる曼珠沙華 原石鼎 花影
林出ればチヤタレーの森曼珠沙華 石田波郷
森に入らむとして径細し曼珠沙華 楠本憲吉 孤客
棲む鬼へ火攻め 裾田の彼岸花 伊丹三樹彦
棺に入るる曼珠沙華高捧げ行く 細見綾子
橋立は 常緑にて 彼岸花 伊丹三樹彦
機関車の火屑散る闇曼珠沙華 伊丹三樹彦
機音に 蕋うちふるう曼珠沙華 伊丹三樹彦
欝々と蔭のところの曼珠沙華 山口誓子
歌に知る東の国の曼珠沙華 阿波野青畝
歩きつつ百姓の礼曼珠沙華 森澄雄
歩哨小屋 いまも孤立し 曼珠沙華 伊丹三樹彦
死人花どの兵が弱虫か 乙訓
死屍ふみし如し夜道の曼珠沙華 松崎鉄之介
死顔はよくてありたき彼岸花 能村登四郎
殉教の血の今に燃え曼珠沙華 能村登四郎
残蝉の喘鳴おこる 彼岸花 伊丹三樹彦
母泊めてのこらず咲きぬ彼岸花 星野麥丘人
気が付けば 仲間みな失せ 彼岸花 伊丹三樹彦
水分けして 日本の背の 彼岸花 伊丹三樹彦
水勢に水勢搦む曼珠沙華 飯島晴子
水攻めは 由良の逆波 彼岸花 伊丹三樹彦
水音の還らぬ日々の曼珠沙華 中村苑子
汀女亡し今年乏しき曼珠沙華 松崎鉄之介
汽罐車のすぐそこへ来る曼珠沙華 山口誓子
沈痛の紅曼珠沙華暮れんとす 山口誓子
河二月曼珠沙華葉をびつしりと 松村蒼石 雪
沼尻の畦の十字に曼珠沙華 佐藤鬼房
法窟の大破に泣くや曼珠沙華 河東碧梧桐
波が来て紅噴きこぼす曼珠沙華 鷹羽狩行
波ゆけばひかりを放つ曼珠沙華 山口誓子
泣きながら過ぎてふりむく曼珠沙華 加藤秋邨
洲も末のここにさかりて彼岸花 松村蒼石 雪
流れ急どかつと曼珠沙華捨つる 橋本多佳子
流水の疲れゐる辺の曼珠沙華 能村登四郎
浄土をば偲ぶべしとや曼珠沙華 相生垣瓜人 負暄
海上に星らんらんと曼珠沙華 山口誓子
海陸の間の鉄路の曼珠沙華 山口誓子
海鳥の影過ぎしあと曼珠沙華 西東三鬼
消え残る一本立の曼珠沙華 右城暮石 句集外 昭和五十五年
涙出る手紙読みたり曼珠沙華 細見綾子
淡彩の聖観世音曼珠沙華 阿波野青畝
深山田は雲の通ひ路曼珠沙華 野見山朱鳥 愁絶
清涼のきのふともなし曼珠沙華 百合山羽公 故園
溜息を もはや惜しまず 彼岸花 伊丹三樹彦
潮騒に紐ほどきたる曼珠沙華 野澤節子 八朶集
濁流にうすら日射し来曼珠沙華 細見綾子
濁流を越え曼珠沙華後にせり 細見綾子
瀬をくぐりふたたび曼珠沙華が浮く 橋本多佳子
瀬戸際の 男の業の 曼珠沙華 伊丹三樹彦
火の島の火色惜しまず曼珠沙華 鷹羽狩行
火の段をなせる棚田の曼珠沙華 鷹羽狩行
火事見舞御礼の貼札 彼岸花 伊丹三樹彦
火授けは神か 悪魔か 彼岸花 伊丹三樹彦
火鎮めの祠かたむき 彼岸花 伊丹三樹彦
炭住の崖いち早き曼珠沙華(福岡県田川郡) 細見綾子
炭焼きが行くだけの道曼珠沙華 細見綾子
燃え殻の夕雲を置く曼珠沙華 原裕 青垣
燃るかと立寄る塚のまんじゆしやげ 凉菟
燕みな海に送りぬ曼珠沙華 森澄雄
父と兄癌もて呼ぶか彼岸花 西東三鬼
父に似し乞食の眼ぞ曼珠沙華 川端茅舎
父母よりも他人恋うた日 まんじゅしゃげ 伊丹三樹彦
父母を知る者らも減りて 彼岸花 伊丹三樹彦
父若く我いとけなく曼珠沙華 中村汀女
狂えずに 一世過ぎゆく 彼岸花 伊丹三樹彦
狂ひたきほどの日曼珠沙華を見に 林翔
狂女のみに媚態ありし代曼珠沙華 香西照雄 対話
狂死てふ死に方もあり曼珠沙華 能村登四郎
狭軌道両側に咲く曼珠沙華 山口誓子
猪垣のブリキに並ぶ曼珠沙華 山口誓子
瑞の茎いつもそろヘり曼珠沙華 山口青邨
生き面の下は死に面 彼岸花 伊丹三樹彦
生ひたちと老耄一如曼珠沙華 松村蒼石 雁
田の中の墓原いくつ曼珠沙華 正岡子規 曼珠沙華
田の畦に朱の鋼材と曼珠沙華 山口誓子
町中に草場ありその曼珠沙華 山口誓子
畦行けばやいのやいのと曼珠沙華 藤田湘子 てんてん
白曼珠沙華薬用に阿波人は 細見綾子
百姓の出歩く曼珠沙華の道 廣瀬直人
皇居横目に黒人沈思 彼岸花 伊丹三樹彦
目にためてたまりてけふの曼珠沙華 森澄雄
真盛りの首切られたる 彼岸花 伊丹三樹彦
眼前の水に父澄む曼珠沙華 飯田龍太
眼帯の内なる眼にも曼珠沙華 西東三鬼
知らぬ顔ふりかへり笑ふ曼珠沙華 加藤秋邨
石敢当畦にとんだる曼珠沙華 燕雀 星野麥丘人
石見れば 墓と合点し 彼岸花 伊丹三樹彦
砂に陽のしみ入る音ぞ曼珠沙華 佐藤鬼房
砂地にて援軍見えぬ 彼岸花 伊丹三樹彦
磯道を越ゆる怒濤や曼珠沙華 水原秋櫻子 蘆雁
禁煙の三日坊主や曼珠沙華 佐藤鬼房
秀野忌の淵に火かざす曼珠沙華 上田五千石『田園』補遺
私は好きあなたは嫌ふ彼岸花 鈴木真砂女 紫木蓮
秋燕の目に恐ろしき曼珠沙華 原石鼎 花影
秋風に枝も葉もなし曼珠沙花 正岡子規 曼珠沙華
秣にもならぬあはれや曼珠沙花 正岡子規 曼珠沙華
空事の紅もまじりて曼珠沙華 斎藤玄 雁道
空港に曼珠沙華みて阿波に入る 能村登四郎
空澄めば飛んで来て咲くよ曼珠沙華 及川貞 榧の實
突出の鬼色曼珠沙華朽ちて 金子兜太
立仏 座仏 寝仏 彼岸花 伊丹三樹彦
童らの鞄がさはぐ曼珠沙華 津田清子 礼拝
端の茎より曼珠沙華噴かんとす 上田五千石 森林
筑波遠く旅の日暮れぬ曼珠沙華 村山故郷
筬の音が丘に織り出す曼珠沙華 中村草田男
箱根下りてまだ暮れきらず曼珠沙華 村山故郷
築山の一つの峯の曼珠沙華 山口青邨
築山の裾曲々々の曼珠沙華 山口青邨
篠原を風吹き分くる曼珠沙華 山口誓子
紅々と吾照る曼珠沙華の中 山口誓子
紅さして筆鋒ほぐる曼珠沙華 上田五千石 森林
紅をもて子規忌供養す曼珠沙華 右城暮石 句集外 昭和四十七年
紅を眼にとめて曼珠沙華ぞと思ふ 山口誓子
紅蕊に日は当り散る曼珠沙華 山口誓子
紺青の 天が下なる 彼岸花 伊丹三樹彦
繚乱す炎となれぬ曼珠沙華 斎藤玄 狩眼
考へても疲るゝばかり曼珠沙華 星野立子
聖域を 蝶には許し 彼岸花 伊丹三樹彦
背なの子に飴しやぶらする曼珠沙華 細見綾子
花さかる径のうすいろ曼珠沙華 飯田蛇笏 雪峡
花とびし花びらとびし曼珠沙華 高野素十
花の上に捨てありし花曼珠沙華 高野素十
花の巻くみどりの露や曼珠沙華 野見山朱鳥 曼珠沙華
花失せて醜の男の曼珠沙華 佐藤鬼房
花散りしあとに虚空や曼珠沙華 野見山朱鳥 曼珠沙華
花火師が村中を馳せ 彼岸花 伊丹三樹彦
花火師の旅してゐたり曼珠沙華 加藤秋邨
花野川流れて褪せぬまんじゆしやげ 平畑静塔
若き日は死も栄えなりき曼珠沙華 加藤秋邨
草に曼珠沙華咲き夜夜枕にねむり 中川一碧樓
草は冷め巌なほ温く曼珠沙華 飯田蛇笏 山響集
草むらや土手ある限り曼珠沙花 正岡子規 曼珠沙華
草川のそよりともせぬ曼珠沙華 飯田蛇笏 春蘭
草隠れ咲く曼珠沙華幾許ぞ 山口誓子
荒降りの赤土流れ曼珠沙華 細見綾子
落城の絵説き看板 彼岸花 伊丹三樹彦
落日の燃えて移りぬ曼珠沙華 稲畑汀子
落窪を真紅にしたり曼珠沙華 山口誓子
葉もなしに何をあわてゝ曼珠沙花 正岡子規 曼珠沙華
葉も花にさいてや赤し曼珠沙花 正岡子規 曼珠沙華
葉も花になつてしまうか曼珠沙花 正岡子規 曼珠沙華
葬人の歯あらはに哭くや曼珠沙華 飯田蛇笏 霊芝
葬人歯あらはに泣くや曼珠沙華 飯田蛇笏 山廬集
蒼を巻き浪は倒るる曼珠沙華 山口誓子
蒼穹の渦巻きはじむ曼珠沙華 上田五千石『風景』補遺
蒼穹を鵙ほしいまゝ曼珠沙華 川端茅舎
蕊張つて飛び立つかまへ曼珠沙華 鷹羽狩行
蕊張るは物を云ふなり曼珠沙華 山口誓子
蕊張れる曼珠沙華掌を合せたく 山口誓子
蕋ひくき彼岸花雨渡岸寺 古沢太穂 捲かるる鴎
蕋張れば 風の治まる 彼岸花 伊丹三樹彦
蕾なす喜びは曼珠沙華も持つ 岡本眸
薪割る背今年曼珠沙華見しや否や 森澄雄
薬干す家に摘み来ぬ曼珠沙華 河東碧梧桐
藪おもて花簪や曼珠沙華 山口青邨
藪に集り畦々に散り曼珠沙華 月魄集 昭和五十四年
蘂が蘂舐めて雨中の曼珠沙華 能村登四郎
蘂の針かくもそろへり曼珠沙華 山口青邨
蘂搦みあひて滅びの曼珠沙華 能村登四郎
虚子ここにあり曼珠沙華畦にあり 高野素十
蛙とんで水濁らざり曼珠沙華 岡井省二 明野
蜜教の山へ導くまんじゆしやげ 鷹羽狩行
血がすこし古びし頃の曼珠沙華 能村登四郎
血圧がすこし高くて曼珠沙華 草間時彦
行き過ぎてうしろからこゑ曼珠沙華 森澄雄
行く人の途中で消えし曼珠沙華 森澄雄
褪せたるも褪せかかれるも曼珠沙華 清崎敏郎
西国の畦曼珠沙華曼珠沙華 森澄雄
見えてゐて彼岸花誰も採りにゆかず 伊丹三樹彦
親しまぬ土よりいでゝ曼珠沙華 百合山羽公 故園
訃へそこも岬入日の曼珠沙華 古沢太穂 火雲
讃岐の川石一つなし曼珠沙華 右城暮石 句集外 昭和三十五年
貧血をいちにち忘れ 彼岸花 伊丹三樹彦
赤に少し離れて白い曼珠沙華 細見綾子
赤シャツの甲斐なき男 彼岸花 伊丹三樹彦
赤旗で覆う死もある 彼岸花 伊丹三樹彦
赤髭のあるじ顔なり曼珠沙華 角川源義
足元に寄つて集つて曼珠沙華 藤田湘子 てんてん
跪坐永し吾も一本の曼珠沙華 山田みづえ 木語
踏み込んで血がせめぎあふ曼珠沙華 能村登四郎
身のなかの一隅昏らし曼珠沙華 中村苑子
身を捨てし旅曼珠沙華曼珠沙華 鈴木真砂女 紫木蓮
転移てふかなしき語あり曼珠沙華 石田波郷
輓馬にも力与へし曼珠沙華 山口誓子
轆轤蹴る 彼岸花もう火を消したが 伊丹三樹彦
透明に昼がきて白彼岸花 鷲谷七菜子 花寂び
造成の土盛りが進む曼珠沙華 佐藤鬼房
運ばれゆく死者に帰路なし曼珠沙華 上田五千石『田園』補遺
道ばたに大森彦七曼珠沙華 富安風生
道ばたやきよろりとしたる曼珠沙花 正岡子規 曼珠沙華
道ばたや魂消たやうに曼珠沙花 正岡子規 曼珠沙華
道祖神より秀でよや曼珠沙華 阿波野青畝
道詮忌待たずに曼珠沙華に来し 右城暮石 句集外 昭和五十九年
遠きより見る月明のまんじゆさげ 桂信子 晩春
遠くしてすがれたるかな曼珠沙華 山口誓子
遠くゐて極楽とんぼ曼珠沙華 松崎鉄之介
遠の赤かならずや曼珠沙華と思ふ 篠原梵 年々去来の花 中空
遥けくて眼路暗くなる曼珠沙華 山口誓子
酒のんだ僧の後生やまんじゆ沙花 正岡子規 曼珠沙華
野ぜんちをさゝへて咲くや曼珠さけ  正岡子規 曼珠沙華
野にて裂く封書一片曼珠沙華 鷲谷七菜子 黄炎
野の池に仏微笑す曼珠沙華 角川源義
野路ゆきて華鬘つくらな曼珠沙華 橋本多佳子
釘づけに船は艇庫に曼珠沙華 中村汀女
釣篝へと 投げ込まん 彼岸花 伊丹三樹彦
開くまで 青い炎の彼岸花 伊丹三樹彦
間合大事の師弟の交わり 彼岸花 伊丹三樹彦
限りなくゼロがつづきて曼珠沙華 橋閒石 微光以後
陵と離れ離れに曼珠沙華 赤尾兜子 玄玄
陵や何と思ふて曼珠沙花 正岡子規 曼珠沙華
集まって 分れて 彼岸花の畦 伊丹三樹彦
離れ咲きて吾を呼び止む曼珠沙華 山田みづえ 木語
離れ咲くは秘仏めくなり曼珠沙華 鷹羽狩行
離郷の目に畦あり曼珠沙華が咲き 加藤秋邨
雨あしのつばらに見えて曼珠沙華 飯田蛇笏 椿花集
雨の日も茎並みそろふ曼珠沙華 飯田蛇笏 白嶽
雨傘の荷とはなりにし曼珠沙華 石塚友二 光塵
雨粒は宙にあらそひ曼珠沙華 藤田湘子 てんてん
雨音の一揆のごとし曼珠沙華 岡本眸
雲ながれ野は曼珠沙華咲く頃か 加藤秋邨
雲下りてゐる峡道の曼珠沙華 村山故郷
雲天や盛り過ぎたる曼珠沙華 松村蒼石 寒鶯抄
霜降に瑞々しきは曼珠沙華 相生垣瓜人 負暄
露の村いきてかがやく曼珠沙華 飯田龍太
露の香にしんじつ赤き曼珠沙華 飯田蛇笏 春蘭
露むすぶ處さへなし曼珠沙花 正岡子規 曼珠沙華
露明き小野の饗宴曼珠沙華 飯田蛇笏 家郷の霧
青柿は後れをとりて 彼岸花 伊丹三樹彦
青空は山国にのみ曼珠沙華 鷹羽狩行
青茎に 発火用意の 彼岸花 伊丹三樹彦
須磨寺や松が根に咲く曼珠沙華 河東碧梧桐
頬削げの写俳亭来る 彼岸花 伊丹三樹彦
風と遊べる曼珠沙華皇女の陵 松村蒼石 雁
風の日の野面きらめく曼珠沙華(丹波にて二句) 細見綾子
飛火してことし洲に咲く曼珠沙華 鷹羽狩行
餘の草にはなれて赤しまんじゆさけ 正岡子規 曼珠沙華
香薬師もとに還らず曼珠沙華 阿波野青畝
駅長の指呼確認に 彼岸花 伊丹三樹彦
鯖道は淡海へいづる曼珠沙華 飴山實 花浴び
鳥はもとより虫の羽音す曼珠沙華 中村草田男
黒蝶の何と移り気 曼珠沙華 伊丹三樹彦

以上
by 575fudemakase | 2016-09-16 08:43 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26197730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

軍艦 の俳句
at 2017-11-22 08:20
那智の滝 の俳句
at 2017-11-22 08:16
後評(2017・9)
at 2017-11-22 06:00
後評(2017・11)
at 2017-11-22 05:52
火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26

外部リンク

記事ランキング