雁 の俳句

雁 の俳句

雁 の例句 その1(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26233047/

雁 の例句 その2(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26233054/

雁 補遺

*ひつじ田に真雁の声の揃ひたる 山田みづえ 草譜
KIOSKの書棚くるくる雁渡し 岡本眸
「渋民村」はかにかく遠し雁鳴けば 飯田龍太
あら波や或は低き雁の列 原石鼎 花影
いましがた人逝きしやも初夜の雁 桂信子 草影
うす月を雁なきたつる霜夜かな 原石鼎 花影
かうかうと雁立つ空となりにけり 山田みづえ 手甲
かざす手に雁の入りくる親しさよ 鷹羽狩行
かなしみぬ伊吹を雁の越ゆるとき 森澄雄
かわかわと鳴けり列外雁の長 山口青邨
きのふ來てけふ來てあすや雁いくつ 正岡子規 雁
くらき野に虹ふつ切れて雁わたる 鷲谷七菜子 銃身
こんにやく畑紗のやうに透け雁渡る 細見綾子
こゝかしこ秋のそら落つ雁のこゑ 高屋窓秋
さびしさを日日のいのちぞ雁わたる 橋本多佳子
さわがしう鳴くや立つ雁下りる雁 正岡子規 雁
しくるゝや腰湯ぬるみて雁の声 正岡子規 時雨
すぐ濁る川の親しさ雁のころ 岡本眸
すこし濡れ山墓が待つ雁のこゑ 鷲谷七菜子 花寂び
するすると除夜になりたる雁もどき 橋閒石
それぞれに邪鬼が目をむき雁渡し 飴山實 少長集
たそがれて高原の雁しづみ去る 飯田蛇笏 椿花集
たそがれの雲のかなしき雁の空 村山故郷
たたかひの袂断つべし雁わたし 三橋鷹女
てのひらのひらひら濡れて雁わたる 橋閒石 和栲
ともしびのひとつは我が家雁わたる 桂信子 月光抄
なかなかに猿聞きなれて雁の聲 正岡子規 雁が音
ねぶりけり雁聴きしかとおもひしが 安住敦
はからずもこの朝焼の雁のこゑ 加藤秋邨
はつ菊や大原女より雁の文 飯田蛇笏 山廬集
はつ雁に几張のかげの色紙かな 飯田蛇笏 山廬集
はつ雁に暮煙を上ぐる瀬田の茶屋 飯田蛇笏 雪峡
ひとり居の身に沁み入らす雁の声 鷹羽狩行
ひとり酌んで酔ひつぶれけり雁渡る 村山故郷
ひややかに目を洗ひをり雁のこゑ 鷲谷七菜子 花寂び
まだ聞えねど後続の雁のこゑ 山口誓子
まぼろしの満州國を立つ雁よ 三橋敏雄
みだるるや箙のそらの雪の雁 飯田蛇笏 山廬集
みづうみのけふ渡らねど雁の空 森澄雄
みづうみの長き夕日に雁きたる 百合山羽公 故園
みどり子もその母も寝て雁の夜 橋本多佳子
みな大き袋を負へり雁渡る 西東三鬼
むらむらと雁かねたまる小池哉 正岡子規 雁が音
むれ來るや小鳥は小鳥雁は雁 正岡子規 渡り鳥
めつぶりて落つるなくゆく雁ならむ 岡井省二 有時
めをとして雁をききたる道祖神 森澄雄
もの煮ゆる上をこゑごゑ雁わたる 山口誓子
やよ雁よどこまで往ても鳰の海 正岡子規 雁
ゆく雁に雲展きゐる北の空 鷲谷七菜子 花寂び
ゆく雁の影の過ぎたる忘れ潮 鷲谷七菜子 銃身
ゆく雁の窓はどこまで飢餓の街 加藤秋邨
ゆく雁やこのさむき国我残り 加藤秋邨
ゆく雁やこよひもよべのごとしづか 山口青邨
ゆく雁や焦土が負へる日本の名 加藤秋邨
ゆく雁よ北の守の人に告げよ 山口青邨
わが一夜ひとの一夜や雁わたる 加藤秋邨
わたる雁河原を天に横切りたり 山口誓子
わらんべの猟矢に雁も名残りかな 飯田蛇笏 山廬集
オベリスク雁わたるべく暮れにけり 阿波野青畝
ガラス戸に藪の影さし初夜の雁 下村槐太 天涯
タクルして転がり合へば雁渡る 渡邊白泉
ワイシャツの胸映る車窓落下の雁 金子兜太
一本の道つけて来し雁のこゑ 鷹羽狩行
一生のこの時のこの雁渡る 上野泰
一神将雁列見むと手を翳す 安住敦
一雁の列をそれたる羽音かな 能村登四郎
一雁の眇がへしにゆきにける 岡井省二 前後
一雁の遺せし羽かただよへり 能村登四郎
一雁を棄てし早さに雁渡る 能村登四郎
一雁を見送りし後の身をゆする 能村登四郎
七つ島は岩礁なれや雁渡し 水原秋櫻子 玄魚
万象の中を正してよぎる雁 阿波野青畝
三十で嫁かず雁ゆくきのふけふ 日野草城
三日月の下をわたるや雁の聲 正岡子規 雁が音
下し來る雁の中也笠いくつ 正岡子規 雁
不二こえたくたびれ顔や隅田の雁 正岡子規 雁
中国の漢字もさびし雁の空 藤田湘子 てんてん
中天に雁生きものの声を出す 桂信子 女身
中空のぬくみづたひに雁渡る 能村登四郎
丸窓を雁渡る間のありしかな 阿波野青畝
久しくて次なる雁の鳴き渡る 中村汀女
二タ腕を机に聞きし夜の雁 森澄雄
二羽の雁雲隠れにしものがたり 水原秋櫻子 蓬壺
二連れの江上の雁とへだたりぬ 中村汀女
五羽は鶴翼しりへに八羽雁渡る 山口青邨
人を送りて歸るはしけや雁の聲 正岡子規 雁が音
人等臥て雁のぬくみが空をゆく 桂信子 晩春
今生と思へぬ声に雁渡る 大野林火 月魄集 昭和五十五年
伊豆の山山雁より黒くわれらわれら 金子兜太
何もなき懐手して雁の列 平井照敏 猫町
内親王墓とぶらはず雁過ぎし 阿波野青畝
冬凪げる湖心に遇ひし雁の列 相馬遷子 山国
凹みたる藁屋の上の雁の空 阿波野青畝
切れし下駄すげゐて雁に啼かれけり 安住敦
初夜の雁四五日の穹澄みにけり 下村槐太 天涯
初夜の雁空は雲ゆくばかりなる 桂信子 草影
初釜に参りて田居の雁をききぬ 水原秋櫻子 雪蘆抄
初雁があれあれ山の向ふから 正岡子規 初雁
初雁に岸辺の燈貧しかり 上田五千石『琥珀』補遺
初雁のわがみちのくの墓の上 山口青邨
初雁の影かみづうみ哀しげに 百合山羽公 故園
初雁の我を見かけていそぐ也 正岡子規 初雁
初雁の盛鹽したる車寄 古舘曹人 砂の音
初雁の空思はざる昏さあり 能村登四郎
初雁や三羽して首伸ばしゆく 渡邊白泉
初雁や餘所の冷みの添て來る 正岡子規 初雁
初雁を蟹舟虫とともに見る 百合山羽公 故園
別れむと酒ためらはぬ夜の雁 鷲谷七菜子 黄炎
北雲も垂直の木も雁の秋 藤田湘子 神楽
午後五時の道玄坂や雁わたる 加藤秋邨
印幡沼の幾重の雲にかへる雁 飯田蛇笏 雪峡
原をゆきわたれる雁をふりあふぐ 長谷川素逝 砲車
友をはふりなみだせし目に雁たかく 長谷川素逝 砲車
古九谷の深むらさきも雁の頃(金沢にて) 細見綾子
吹いて来し雁わたしにはならひあり 岡井省二 有時
吹きとがるその峯寄せよ帰る雁 古舘曹人 砂の音
吾も妻も父母亡き齢真夜の雁 林翔 和紙
吾亦紅夕雁も越え去りゆけり 百合山羽公 故園
味噌汁熱し簷打つて雁翔ちしかな 草間時彦 中年
咳の子守る扁平な家雁渡る 細見綾子
唐津おくんち大汀雁あるく 岡井省二 猩々
園の菊葉広に雁の糞白し 河東碧梧桐
園丁の餌に雁もゐて争へり 右城暮石 句集外 昭和二十七年
城の辺の昏し雁わたる空あらん 大野林火 潺潺集 昭和四十年
城山の高ければ頭上雁近く 山口青邨
堅田なり雁の居ぬ夜のおもしろや 正岡子規 雁
声なき雁転校書類封じをり 能村登四郎
声なくて冬におもむく雁の影 百合山羽公 故園
夕の雁芦火使はれざりしかな 岡井省二 鹿野
夕榮や雁一つらの西の空 正岡子規 雁
夕雁わたる磯好くことに懐ろ手 原石鼎 花影
夕餉さへ終日ひとり雁わたる 及川貞 榧の實
夕餐すむ頃は燈が濃く雁わたる 山口誓子
夜の目となれば胸底の雁のこゑ 加藤秋邨
夜長寝てその後の雁は知らざりき 日野草城
大き雁の鳴き渡る海の夕べかな 村山故郷
大佛の御手を渡るか闇の雁 正岡子規 雁
大煙雨端の方から雁消され 加藤秋邨
天つ雁遠ざかりつゝ鳴きにけり 日野草城
天に雁 地に鴨 時雨推し移る 伊丹三樹彦
天の邪鬼雁がねのこゑ倣ふらし 相生垣瓜人 微茫集
天心の青迅からむ雁渡 平井照敏 天上大風
天空に在りとも見えず雁の道 中村苑子
夫婦雁一羽はぐれし弾き語り 水原秋櫻子 殉教
奥羽路の朝雁渡る高嶺見し 村山故郷
奥能登や雲の穴より雁の空 百合山羽公 樂土
女生徒ら横に連なり雁仰ぐ 津田清子
妙義嶺へ黒き点々日毎の雁 細見綾子
妙高へ晨のこゑの雁がわたる 及川貞 夕焼
妻が夢子が夢雁や渡しつゝ 石塚友二 光塵
妻や子や野營夢さめて雁の聲 正岡子規 雁が音
嫁ぐとは親捨つことか雁渡る 中村汀女
子にかくし読む悲恋の書雁は雲 加藤秋邨
子の手曳く出勤遅々と雁渡し 林翔 和紙
実母とは 臍の別れの はぐれ雁 伊丹三樹彦
宵闇の真つ向にして雁の声 中村汀女
家持の心になれば雁高し 阿波野青畝
家遠く北斎の絵の雁渡る 有馬朗人 母国
家隆塚雁の夕となりにけり 阿波野青畝
寝て仰ぐ星天雁の声過ぐる 相馬遷子 山国
寝ねむとして聴きし雁ゆゑあはれかな 安住敦
寸莎練るや雁の堅田の町のなか 岡井省二 明野
小手のうちへの字現はれ雁の来る 阿波野青畝
小筆の穂なだめてをれば雁の声 鷹羽狩行
少しだにみだれも見せず雁渡る 上村占魚 鮎
屏風立つ旅雁の屏風その一つ 後藤夜半 底紅
山の間を雁の渡りし烏瓜 森澄雄
山人の畑の手立ても雁のころ 飴山實 花浴び
山会に出かけんとして雁仰ぐ 富安風生
山僧の笠から雁の渡りけり 正岡子規 雁
山国の空の端から端へ雁 鷹羽狩行
岩一つ噛みて来る波雁渡し 鈴木真砂女 夏帯
岩山のまた岩山の雁の空 鷲谷七菜子 游影
嶺を越ゆる雁の鳴く音と思ひ寝む 安住敦
庄屋殿の提灯遠し雁の聲 正岡子規 雁が音
廃れ行く港の檐や雨の雁 原石鼎 花影
影のごとく田を越す雁や一羽にて 能村登四郎
心定まらず巷に雁の列見上げ 鈴木真砂女 夏帯
心老ゆ 漂うままの孤雁の音 伊丹三樹彦
憎らしき人も亡き人雁渡し 鈴木真砂女 紫木蓮
戦友の一人づつ減り雁渡る 松崎鉄之介
戸の口にすりつぱ赤し雁の秋 原石鼎 花影
打消えんとすれば雁鳴き雨來る 正岡子規 雁が音
投げ出したやうに山から雁の竿 正岡子規 雁
投函を了へて用なし暮の雁 伊丹三樹彦
掻きむしる雁瘡の空窪みたり 廣瀬直人
教師らに待つものもなし雁来る日 能村登四郎
数へ日の雁の堅田に鴨の数 森澄雄
文楽の嘆きのさまも雁の頃 山田みづえ まるめろ
断崖に一渡舟あり雁の秋 阿波野青畝
新月一ついのちあまたの雁の列 中村草田男
新雪の闇より闇へ雁のこゑ 飯田龍太
旅ゆくや人はいくさに雁は雲 加藤秋邨
旅人の雁をかぞへて日をかぞふ 山口青邨
旅枕雁が鳴いても目がさめる 正岡子規 雁が音
旅烏雁にまじりてあはれなり 正岡子規 雁
旅烏雁にまじるも哀れなり 正岡子規 雁
旅雁いま簷牙の空に現はれ来 阿波野青畝
旅雁日日山下る日を指折る 山口誓子
日の沈む国かや雁をわたしつゝ 飴山實 次の花
日本が見えてやいそぐ雁の聲 正岡子規 雁が音
昨日今日飛騨とぶ鳥は雁ならし 前田普羅 飛騨紬
昼酒につれて一棹海の雁 百合山羽公 樂土
時忠の墓守よ雁わたりしか(平時忠墓所) 細見綾子
暗夜さらに血の熱かれと雁わたる 橋閒石 無刻
暮れゆけば大き磯山雁わたし 鷲谷七菜子 游影
書に倦みて饅頭燒けば雁の聲 正岡子規 雁が音
月の出や皆首立てゝ小田の雁 正岡子規 雁
月の雁をりをりさわぐ田面哉 正岡子規 雁
月の雁蘆ちる中へ下しけり 正岡子規 雁
月よぎるけむりのごとき雁の列 大野林火 早桃 太白集
有明の灘江の月に雁落ちぬ 阿波野青畝
朝いまだ着替へてをらず雁わたる 岡井省二 明野
朝を雁背高き夫が仰ぐなり 及川貞 榧の實
朝網を揚げに出づるや雁の竿 石田勝彦 百千
朝鮮へ渡るや雁と行きちかひ 正岡子規 雁
木喰の一期の秘佛雁渡る 古舘曹人 砂の音
木曾川の波立ちやまぬ雁渡し 鷲谷七菜子 花寂び
木曾谷へ包みひとつや雁渡し 古舘曹人 樹下石上
机より顔あげて夜の雁の声 鷹羽狩行
杓の先糞尿迸しる朝の雁 石田波郷
束ね藻の冬に雁来る磯田かな 河東碧梧桐
来る雁にプールの縁の白さあり 岡本眸
東京の空の上に空雁が行き 加藤秋邨
枯園いま雁足こぞり華道展 山口青邨
栗引くやけふやや強き雁渡し 森澄雄
桑畑の中に家あり雁の声 細見綾子
棉の花雁門の嶮は見ず過ぎぬ 加藤秋邨
棟越ゆるこゑ低くして夜半の雁 山口誓子
椎拾ふ袋たれたり雁のこゑ 石田波郷
櫂の遠音雁かとも蚊帳果てし夜や 河東碧梧桐
歌舞伎座は源氏物語雁わたる 山口青邨
歯を磨く母子の上を初夜の雁 山口誓子
母衣かけて車に雁を聞く夜かな 河東碧梧桐
水や空望楼雁をはるかにす 山口青邨
水上の薙に沈みて雁渡る 前田普羅 飛騨紬
水軍に焼かるる城や雁の秋 飯田蛇笏 山廬集
水飲みに起ち夜の雁の披瀝聞く 伊藤白潮
氷海の涯しらしらと今日の雁 古沢太穂 捲かるる鴎
江船の蘆荻を敷くに雁わたる 山口誓子
池の芦枯れ探幽の雁を呼ぶ 山口青邨
汽車道に低く雁飛ぶ月夜哉 正岡子規 雁
汽車道に雁低く飛ぶ月夜哉 正岡子規 雁
河北潟青さびにける雁の道(金沢) 細見綾子
油井並ぶもとより雁の高くして 山口青邨
沼中に浮寝す雁に近寄れず 右城暮石 天水
泊雲の訃を聞く雁の鳴きわたり 山口青邨
波ぎはや二度來た雁の二ならび 正岡子規 雁
波乗孤雁 越えてもこえても 逆波が 伊丹三樹彦
泣き落しに行かねばならぬ雁渡る 村山故郷
流れ藻の逆汐に乗る雁渡し 鈴木真砂女 居待月
流木の磯に居座る雁渡し 鈴木真砂女 居待月
浜松町に離宮ありけり雁渡る 村山故郷
浦波に月なき宵ぞ初雁忌 水原秋櫻子 殉教
浮碧楼しきりに雁の落つるなり 阿波野青畝
海近く雁の下り居る田の面かな 河東碧梧桐
海道にくらき灯がつく雁の後 能村登四郎
淋しさや木の子にまじる雁もどき 正岡子規 茸
淋しさや雁も渡らぬ夕月夜 正岡子規 夕月
深夜雁過ぐ友も空ゆくいそぐらし 加藤秋邨
渚嗅ぐ犬と逢ひけり雁渡し 飴山實 少長集
渡り過ぐ雁見むと泳ぐ三田の坂 石塚友二 方寸虚実
渡る雁 荒磯の昼を 砂丘の夜を 伊丹三樹彦
渡る雁きらきらと目は瞠りゐむ 加藤秋邨
渡る雁裏門つねにはやく閉む 赤尾兜子 玄玄
満たぬまま保つ平安雁夕ベ 林翔 和紙
潟の上わたつてゆくや雁の声 細見綾子
濁浪の果に消えゆく雁と思ふ 加藤秋邨
濯ぎもの乾けばよき日雁渡る 中村汀女
灘江あり有明の雁二三行 阿波野青畝
灯消えんとすれば雁鳴き雨來る 正岡子規 雁が音
炉を塞ぐほとり野雁の羽を置ける 水原秋櫻子 古鏡
点呼して過ぎし頭上の旅雁かな 阿波野青畝
焼跡の運河蒼々と雁渡る 村山故郷
煤煙の空やたまたま雁かかる 伊丹三樹彦
燕去んで蘆葦雁影に静かなる 河東碧梧桐
父死後の天空無限雁渡る 平井照敏 猫町
物言はぬ王子の旅路や雁わたし 角川源義
玄海の濤のくらさや雁叫ぶ 杉田久女
玻璃戸すこし開きゐるらしや雁のこゑ 山口誓子
現とも夢とも過ぎて初夜の雁 桂信子 草影
生涯の悪筆雁が鳴きわたる 三橋鷹女
田の泥に雁の足跡凍りけり 正岡子規 雁
由比ヶ濱古濤聲に雁わたる 飯田蛇笏 家郷の霧
町に出て袂かるしや暮の雁 伊丹三樹彦
町人は雁渡ること知らざりし 高浜年尾
町空を雁あへて飛ぶ声おとし 山口青邨
畝切つて畝のいくすぢ雁渡し 廣瀬直人
畦あれば畦わたり越え雁遊ぶ 佐藤鬼房
番雁の踏める落葉に朝日かな 原石鼎 花影以後
病む僧に印旛の雁か鳴き渡る 高野素十
病雁の列を離るるこゑなりしや 山口誓子
病雁の湯に入りほとぶ風邪ごころ 角川源義
病雁幾夜落ちて荒れ居る湖上かな 原石鼎 花影
白濁のすばるを雁の掠め掠め 鷹羽狩行
白雁を待つ頽齢の身を起こし 佐藤鬼房
百年の味噌屋や雁の渡る道(妙義山麓) 細見綾子
盃を百個買ひ足す雁の秋 鈴木真砂女 都鳥
目にて言ふ千のことばや雁の声 鷲谷七菜子 黄炎
眉冷えて雁坂あたり明けんとす 加藤秋邨
眼のかぎり海と空あり雁渡し 森澄雄
矢のやうにいつてしまひぬ雁渡し(八月十九日、長女・弓、結婚) 鷹羽狩行
砂丘越え人馬寧しや雁わたし 角川源義
硝子戸に藪の影さし初夜の雁 下村槐太 光背
碇星そこを通れる雁のこゑ 山口誓子
磚塔の窓かぞへむと雁仰ぐ 阿波野青畝
磯ばたに日こぼす雨や雁の声 原石鼎 花影
秋はあはれ冬はかなしき月の雁 原石鼎 花影以後
秋富士へ雁堤つばさ張る 松崎鉄之介
秩父路にきく雁渡し桑の上 能村登四郎
稲村に番雁人を寄せぬなり 河東碧梧桐
稲架けの竹立てて戻る雁夕べ 村山故郷
稿白きままのいちにち雁渡し 鷲谷七菜子 一盞
空谷の上雁の後の空 斎藤玄 狩眼
突堤の端まで押され雁渡し(伊勢志摩・大王崎) 細見綾子
童らは童の声を雁はやす 細見綾子
笛も鈴も身ほとりになし雁わたる 藤田湘子 てんてん
笹山に見えはじめたる雁渡し 岡井省二 山色
籠に盛りし餅の真上を雁のこゑ 飯田龍太
糧得んと地には列なす天の雁 伊丹三樹彦
絣着て日常茶飯雁わたる(日常茶飯) 細見綾子
緋の領布(ひれ)は夕日の涙雁渡る 佐藤鬼房
縫物や灯をかきたつる雁の聲 正岡子規 雁が音
繃帯の血のにじむ夜の雁鳴きわたる 富澤赤黄男
義経木像藤原ミイラ雁鳴けよ 百合山羽公 樂土
羽そろへ雁の家族が湖北より 阿波野青畝
羽づかふ見えて淡海を雁渡る 森澄雄
翁以後脇見の雁を見ずなりぬ 藤田湘子 神楽
翅触るるまで雁のこゑかたまれり 山口誓子
耕人に雁歩むなり禁猟地 杉田久女
聖鐘の鳴りやみて雁わたりけり 水原秋櫻子 殉教
背山より遅れ一羽の雁の声 鷹羽狩行
胎動や随喜の泪みえぬ雁 赤尾兜子 蛇
胸に溢れ七夜の衣を雁の下 古舘曹人 能登の蛙
胸の上に雁ゆきし空残りけり 石田波郷
脳中に鋼の論理雁わたる 加藤秋邨
膝立てゝ大露の雁をゆかせけり 齋藤玄 飛雪
船燒けて夕榮の雁亂れけり 正岡子規 雁
船造る斧を発止と雁来る頃 野見山朱鳥 幻日
芭蕉高し雁列に日のありどころ 原石鼎 花影
花火にて荒れし空雁鳴きわたる 山口誓子
茜空雁列長く伸べて来し 阿波野青畝
菱喰雁一群二群森越ゆる 山田みづえ 草譜
葛飾や一弟子われに雁わたる 藤田湘子 神楽
葦くろき河口やいつも雁のみち 能村登四郎
蒔繪なんぞ小窓の月に雁薄 正岡子規 雁
藍の甕~よと雁わたる 岡井省二 夏炉
蘆の中雁色もなく日かげりぬ 原石鼎 花影
蟄居して幻の雁渡らしむ 佐藤鬼房
行くといふ引くといふ雁のことなれど 上田五千石『琥珀』補遺
行在は雨の漏りけり雁の聲 正岡子規 雁が音
行水の首筋わたる雁の聲 正岡子規 雁が音
衣食足りわらべ唄消え雁の秋 藤田湘子 てんてん
袖かみて怨ず仕種や雁の声 角川源義
装幀にあれこれとごね雁渡し 能村登四郎
襟あはせ着換へゐたれば雁わたる 山口誓子
観音を背負うて渡る雁もあらん 橋閒石 微光
象潟をいま過ぐらしも月の雁 藤田湘子 神楽
買物に折る指足らね雁渡 石川桂郎 四温
足もとに雁聞く雨の峠かな 内藤鳴雪
路水忌の雁渡る見し夕べかな 村山故郷
踊り場に赤い紐落ち雁わたし 岡井省二 鯛の鯛
近々と雁の毳とぶごとし 岡井省二 猩々
追伸のごとくつづきて雁四五羽 鷹羽狩行
通勤の汽車にさきだち朝の雁 百合山羽公 故園
道曲る角に姥堂雁を聴く 阿波野青畝
遠くゆく三羽いづこへ雁と思ふ 山口青邨
遥か来しわれ越えて雁渡るなり 大野林火 飛花集 昭和四十四年
那須の馬雁をあふぎし我を乗せ 阿波野青畝
酪農に雁ゆく夜空曇りけり 西島麦南 人音
野の吾に首をのべのべ雁来たる 阿波野青畝
金払ふ蒼天雁の過ぎてゐて 加藤秋邨
金獲たり本の神田の雁高し 松崎鉄之介
釵で行燈掻き立て雁の聲 正岡子規 雁が音
鉾杉の鉾をそろへて雁を待つ 鷹羽狩行
銭払ふ飲食さみし雁わたし 岡本眸
鋳物の火雁鳴く夜空焦がしたり 大野林火 早桃 太白集
鐘ひとり揺れて湖北の雁わたし 鷲谷七菜子 游影
鐵鉢の中へ落ちけり雁の聲 正岡子規 雁が音
長橋を左に見てや落つる雁 正岡子規 雁
門松のたちそめし町や雁渡る 渡邊水巴 白日
門裸な家となり雁下りる沼 河東碧梧桐
闇の雁手のひら渡る峠かな 正岡子規 雁
陸の上に遅るこゑごゑ雁わたる 山口誓子
陸奥通ふ雨の夜氣車や雁の聲 正岡子規 雁が音
隻眼に雁渡る空ありにけり 安住敦
雁、金魚、瓜など絵天井涼し 岡井省二 夏炉
雁あはれ蝎座の尾はしかと立つ 加藤秋邨
雁いくつ一手は月を渡りけり 正岡子規 雁
雁かねの家鴨にまじるあはれ也 正岡子規 雁が音
雁かねの腹に月さす夕かな 正岡子規 雁が音
雁かねや朝日にすくむ小田の水 正岡子規 雁が音
雁がねに二月とつぐることなかれ 正岡子規 二月
雁がねの我に残しし声と思ふ 相生垣瓜人 微茫集
雁がねも人も昔は乾びけり 橋閒石 卯
雁が音のいろあるべしと雲仰ぐ 藤田湘子 てんてん
雁が音の羯鼓のごとき空に満ち 森澄雄
雁が音や西も東も塔どころ 阿波野青畝
雁ききしことの映画の楽にをれど 大野林火 青水輪 昭和二十三年
雁くるや内海すこし傾けて 百合山羽公 樂土
雁こえた山は月夜と成にけり 正岡子規 雁
雁しきりに来るや江楼書画の会 渡邊水巴 白日
雁たかく空のひかりの中をゆく 長谷川素逝 砲車
雁たかく過ぎてひた照る樒原 能村登四郎
雁たちて暮雪に翅音のこしたる 野澤節子 八朶集
雁とんで鉄路は陸奥の中通り 百合山羽公 樂土
雁と別れ人と別れて残るもの 鈴木真砂女 紫木蓮
雁と名刺一枚仮住ひ 阿波野青畝
雁ないてふとくづをるるこゝろかな 桂信子 月光抄
雁なくやさめたる鍋に箸をとる 鷲谷七菜子 黄炎
雁なくや古りたる椅子にひと日かけ 桂信子 月光抄
雁なくや夜ごとつめたき膝がしら 桂信子 月光抄
雁なくや小暗き部屋の隅の母 桂信子 月光抄
雁なくや小窓にやみの雪明り 正岡子規 雪明




雁なくや巖に白き夜の波 正岡子規 雁
雁なくや昼の憂ひを夜ももてる 桂信子 月光抄
雁のあと連山岩をそばだてゝ 相馬遷子 山国
雁のいくたび硯渡るかな 岡井省二 山色
雁のきのふの夕とわかちなし 石田波郷
雁のくる頃に間のある雁の軸 石田勝彦 百千
雁のこゑすべて月下を過ぎ終る 山口誓子
雁のこゑわが六尺のベッド過ぐ 橋本多佳子
雁のこゑ月の干潟にひびき消ゆ 大野林火 早桃 太白集
雁のこゑ遠ざかる夜の線路越ゆ 桂信子 月光抄
雁のこゑ銀河も家をはすかひに 百合山羽公 故園
雁のこゑ長き行途を思はしむ 山口誓子
雁のつら我家の上へ鳴いて來る 正岡子規 雁
雁のふたたびわたる笑みこぼれ 岡井省二 夏炉
雁のへだてぞ佳けれ筆硯 齋藤玄 飛雪
雁のみちつとに赤松山よけれ 岡井省二 五劫集
雁のわが家わたりぬ熨斗目蘭 岡井省二 山色
雁の下の藁家に国旗立つ 廣瀬直人
雁の下石器は土の穴におく 古舘曹人 能登の蛙
雁の列わが家を鳴いて海に出づ 山口誓子
雁の列短かし葬列かと思ふ 有馬朗人 母国
雁の声ききとめし顔見返され 中村汀女
雁の声のしばらく空に満ち 高野素十
雁の声眼鏡はづしてもの読めば 鈴木真砂女 夕螢
雁の声落ちしところに残されし 中村汀女
雁の声行きし方角大阪空 右城暮石 句集外 昭和三十七年
雁の夜の海にあつまる人おもふ 飯田龍太
雁の夜の食べ残す皿なぞ多き 岡本眸
雁の夜の高きににじみ火の見の灯 鷹羽狩行
雁の夜や高きにかけて翁面 鷹羽狩行
雁の夜や鼻を先立て散歩する 永田耕衣
雁の数渡りて空に水尾もなし 森澄雄
雁の束の間に蕎麦刈られけり 石田波郷
雁の来るけはひを耳朶に磨崖仏 鷹羽狩行
雁の来る頃と紅らむ律義さよ 鷹羽狩行
雁の棹木太刀の野間のあたりより 百合山羽公 樂土
雁の棹枯嶺の尻に日本海 角川源義
雁の棹枯木の上に一文字 高野素十
雁の棹江口の渡し渡りけり 後藤比奈夫
雁の棹見してふ人の息烈し 林翔
雁の棹高圧線にかかはらず 鷹羽狩行
雁の浮く湖畔「紫式部展」 阿波野青畝
雁の空大風ひびきわたりけり 水原秋櫻子 玄魚
雁の聲旅に聞かぬぞくちをしき 正岡子規 雁
雁の聲蓮盡く破れたり 正岡子規 雁が音
雁の茶もまじれる鴨を餌づけして 岡井省二 夏炉
雁の街杖持ち修学旅行団 秋元不死男
雁の道方なる筒としてあるか 岡井省二 夏炉
雁の雨城楼は江をふさぐなり 阿波野青畝
雁は覚め白鳥は首うづめ浮く 佐藤鬼房
雁もなし入江見おろす山の上 正岡子規 雁
雁やけふはなやぎし蕎麦の紅 石田波郷
雁やたれも渡らぬ雪の橋 野澤節子 八朶集
雁やのこりしこゑの水松の実 森澄雄
雁やのこるものみな美しき 石田波郷
雁やひと日漉きたる紙の量 鈴木真砂女 夕螢
雁やわがはらからもみな老いし 森澄雄
雁や伊吹木匂へばそれを刈り 岡井省二 有時
雁や南へ雲とどまらむ山もなし 臼田亜浪 旅人 抄
雁や壁新聞の糊ばなれ 阿波野青畝
雁や夜に入りて増す川の艶 大野林火 飛花集 昭和四十四年
雁や契りて一世短かすぎ 上田五千石『琥珀』補遺
雁や忙中に何失ひし 上田五千石 風景
雁や書くにひもじうしてをりぬ 岡井省二 夏炉
雁や牛ひき出して乗る男 高野素十
雁や胎中といふ山の村 森澄雄
雁や言はねば誰も傷つかず 上田五千石 琥珀
雁や骨壷にある花結 古舘曹人 砂の音
雁ゆきてしばらく山河ただよふも 上田五千石 森林
雁ゆきてとつちりとかほのこりゐる 岡井省二 五劫集
雁ゆきてまた夕空をしたたらす 藤田湘子 途上
雁ゆくやたちまち暮るる貨車の胴 草間時彦 中年
雁ゆくや十年古びて帽 背広 伊丹三樹彦
雁ゆくや古き映画の二本立 安住敦
雁ゆくや直哉旧居の竈冷え 能村登四郎
雁ゆくや静臥のひとに声落し 伊丹三樹彦
雁わたし軒深く積む汐木かな 角川源義
雁わたりくるたびに子を抱きあぐる 飴山實 少長集
雁わたり幽霊の絵をかけながす 下村槐太 光背
雁わたり幽霊の絵を掛けながす 下村槐太 天涯
雁わたり或日思ひしごとくなる 加藤秋邨
雁わたり手足を北にしてねむる 山口誓子
雁わたるきしやごかぞへを忘れゐず 加藤秋邨
雁わたるたび往還へ走り出て 細見綾子
雁わたるわが室窓を二つもち 山口青邨
雁わたるわれ百姓の鍬を振る 山口青邨
雁わたる三田に古りたる庇かな 石田波郷
雁わたる丘のかげより汽車蒸気 加藤秋邨
雁わたる夕飯おそき蚕飼村(群馬県鬼石) 細見綾子
雁わたる天領の酒何々ぞ 藤田湘子 神楽
雁わたる始め終りの声は知らず 鷹羽狩行
雁わたる毎夜わたるといひにけり 細見綾子
雁わたる海なき県を海に出で 山口誓子
雁わたる草根木皮みづみづと 加藤秋邨
雁わたる街でコーヒー豆を買ひ 細見綾子
雁わたる足もとの草赤のまゝ 山口青邨
雁わたる風か畳に輪ゴム踏み 桂信子 新緑
雁わたる龍背山は蒼々と 山口青邨
雁をきく敷布の皺をのばしつつ 桂信子 月光抄
雁を射て湖舟に焼くや蘭の秋 飯田蛇笏 霊芝
雁を待つ心頭に火を鑽らんかな 橋閒石 和栲
雁を数へて人もとどまらず 森澄雄
雁一棹 インコ三鈎 夕日を過ぐ 伊丹三樹彦
雁三羽五羽山の手の夜がすみに 臼田亜浪 旅人 抄
雁仰ぎ政治家のごときもの歩く 加藤秋邨
雁仰ぎ畢竟旅はひとりのもの 岡本眸
雁仰ぐいくばく年を距ててぞ 中村草田男
雁仰ぐなみだごころをたれかしる 飯田蛇笏 雪峡
雁仰ぐのんどの力つひやさず 岡井省二 夏炉
雁仰ぐまぶしき吾子となりにけり 小林康治 玄霜
雁仰ぐ傘傾けて雨もやみ 富安風生
雁仰ぐ像の魯迅を吾が仰ぐ 阿波野青畝
雁仰ぐ灯ともしごろの娼区抜け 伊丹三樹彦
雁仰ぐ着馴れそめたる病衣かな 小林康治 四季貧窮
雁仰ぐ衣嚢の小銭触りゐて 伊丹三樹彦
雁仰ぐ身のたよられてばかりかな 鈴木真砂女 夕螢
雁仰ぐ間無し林檣多ければ 阿波野青畝
雁仰ぐ顔覗かれてゐたりしよ 中村苑子
雁低く薄の上を渡りけり 正岡子規 雁
雁列に入りて羽摶てば月の前 加藤秋邨
雁列の低さや迫門を渦ながれ 水原秋櫻子 殉教
雁列の鉤になりゆく濃くなりゆく 中村草田男
雁列や開拓農と牛乳飲むとき 大野林火 雪華 昭和三十四年
雁北に秩父は雲の中なるや 西島麦南 人音
雁十羽ばかり渡るや棺の空 山口青邨
雁去ぬや女の齢なほ紅絹裏 下村槐太 天涯
雁去るや豆粕ばかり食ひをれば 加藤秋邨
雁名残り文人菊池逝けるよし 飯田蛇笏 雪峡
雁君に墜ちれば遠き大河かな 金子兜太
雁啼いて過ぎて塑像の眼の窪み 飴山實 おりいぶ
雁啼くやひとつ机に兄いもと 安住敦
雁啼くや厚き手紙の届きけり 飴山實 おりいぶ
雁啼くや蘆の茎矢に作るべく 内藤鳴雪
雁啼て船の灯遠き入江哉 正岡子規 雁
雁坂のあたり微塵に鳥渡る 能村登四郎
雁寄らぬつごもりの水のっぺりと 橋閒石
雁寄らぬつもごりの水のつぺりと 橋閒石 無刻
雁暮れて西湖明るし眞帆片帆 正岡子規 雁
雁来つつあらむ微笑の観世音 森澄雄
雁来ると詩人に憑きし一少女 藤田湘子 神楽
雁来るべき茫々の信濃口 上田五千石 森林
雁来るや岩礁ならぶ七つ島 水原秋櫻子 玄魚
雁淡し捨てかねし恋あざやかに 小林康治 玄霜
雁渡きめたる筆のけふ買へず 石川桂郎 四温
雁渡しこころ澄みくるきざしあり 桂信子 花影
雁渡してふ風吹けど雁は来ず 飯田龍太
雁渡しほのぼの消ゆる空の果て 飯田龍太
雁渡し大波小波足早に 鈴木真砂女 都鳥
雁渡し大濤突如育てけり 鈴木真砂女 居待月
雁渡し歳月が研ぐ黒き巌 大野林火 雪華 昭和三十四年
雁渡し泳ぐ日もなく月日過ぐ 赤尾兜子 玄玄
雁渡し津和野の人はみな静か 山田みづえ まるめろ
雁渡し海鼠ほつほつ出はじめぬ 鈴木真砂女 居待月
雁渡し病むもみじかく教師死す 能村登四郎
雁渡し目覚めて夜のおそろしさ 鈴木真砂女
雁渡し転びしままに地に坐り 岡本眸
雁渡し雪渓汚れ見えにけり 及川貞 夕焼
雁渡り来し海風に触れにけり 岡井省二 有時
雁渡るひかり帆綱は鋼綱 原裕 青垣
雁渡るほのぼの青き日曇りに 石塚友二 光塵
雁渡るやる気になつて割烹着 鈴木真砂女 紫木蓮
雁渡るらし水甕の水の張り 鷹羽狩行
雁渡るらし燭の火の揺れつづけ 鷹羽狩行
雁渡るをんなの影を地に残し 三橋鷹女
雁渡る一声づつや身に遠く 中村汀女
雁渡る下赤彦の歌碑に立つ 深見けん二
雁渡る似顔絵かきはビルの底 有馬朗人 母国
雁渡る地球儀に海多かりき 村山故郷
雁渡る来し方あまた窓ひかり 加藤秋邨
雁渡る生きるきびしささびしさに 鈴木真砂女 卯浪
雁渡る空に芭蕉葉斬り結び 野見山朱鳥 曼珠沙華
雁渡る菓子と煙草を買ひに出て 中村草田男
雁渡る藻草の多き浜辺より(塩屋崎燈台) 細見綾子
雁渡る蛇籠のいくつ水底に 廣瀬直人
雁渡る谷底かけて人の家 中村汀女
雁渡る賽の河原に石積まれ 三橋鷹女
雁渡る車上露営の燈あかりに 佐藤鬼房
雁渡二つの灘の濤の声 角川源義
雁渡老いて筆絶つ人のこと 藤田湘子 てんてん
雁瘡の凸子(でこ)に風船押しつけて 伊丹三樹彦
雁立の紅絹の汀となりしなり 岡井省二 夏炉
雁聞きし耳のあたりに風のこる 鷲谷七菜子 花寂び
雁聴くや更けし灯を守りゐて 日野草城
雁越えし山の間空ののこりけり 森澄雄
雁遊ぶ羽づかひ荒く日をめぐり 佐藤鬼房
雁過ぎしあとむらさきの山河かな 草間時彦
雁過ぎしあと全天を見せゐたり 鷹羽狩行
雁過ぎて下駄舟下駄のごとく浮き 能村登四郎
雁過ぎて水仙に水さしにけり 渡邊水巴 白日
雁過ぎぬ宇治の鳳凰身じろがず 阿波野青畝
雁遠し病室の窓跨ぎ出て 石田波郷
雁風呂の焚けさうな木の蒐めあり 後藤比奈夫
雁風呂や笠に衣ぬぐ旅の僧 飯田蛇笏 山廬集
雁飛んで土手に斜めの揚舟よ 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
雁鳴いてひし~夜の心かな 日野草城
雁鳴いて来るよ記憶の方角より 山口誓子
雁鳴かぬ夜もなし船の旅十日 正岡子規 雁
雁鳴くとぴしぴし飛ばす夜の爪 飯田龍太
雁鳴くや友と別るる橋の上 村山故郷
雁鳴くや明治の洋燈磨かれて 水原秋櫻子 殉教
雁鳴くや海見ゆる窓を閉しゐて 河東碧梧桐
雁鳴くや秋ただなかの読書の灯 飯田蛇笏 山廬集
雁鳴く夜卓上の灯影頬にぬくし 村山故郷
雄々しさは裏富士にあり雁渡し 鷹羽狩行
雨となりぬ雁聲昨夜低かりし 正岡子規 雁が音
雨の日も雁渡るなり荘の上 山口青邨
雨の雁ひとり屏風の月を見る 正岡子規 雁
雨をよぶ小田の雁金あはれ也 正岡子規 雁が音
雲の座や雁やわが顔どこに置く 加藤秋邨
露台にて見たる空ゆく雁の腹 岡井省二 山色
頬杖の杖あたたかき雁の夜 鷹羽狩行
顔ひとつすさびてをるや雁渡し 森澄雄
風の香の身につきそめし雁のころ 岸田稚魚
風はるばると初雁の高さかな 鷲谷七菜子 天鼓
風吹てくの字にまがる雁の棹 正岡子規 雁
飯櫃に雁の落ち來る堅田哉 正岡子規 雁
首のべてこゑごゑ雁の渡るなり 森澄雄
首のべて日を見る雁や蘆の中 原石鼎 花影
首ゆりつ運動場を雁わたる 飴山實 少長集
駅弁の黒きこんにやく雁渡し 桂信子 緑夜
駕早し根岸へ落る雁の聲 正岡子規 雁が音
骨上げの一団替り雁渡る 松崎鉄之介
髪禿げて人間臭や雁渡る 松崎鉄之介
鳥雲に古志野の雁も薄れけり 相生垣瓜人 微茫集
鳴き過ぐを雁といひ湯に立ちあがる 大野林火 月魄集 昭和五十五年
鴨の池大きく浮ぶ雁らしき 高野素十
鴨の沼雁の沼大花野 高野素十
鴨の陣から雁の陣 時雨過ぐ 伊丹三樹彦
鵜の飛行雁の如くに棹なさず 平畑静塔
鶏頭を熱く掌にせし雁わたし 岡井省二 明野
黒き羽はうちて雁のきそめけり 百合山羽公 故園
黒き藻を流しめて雁ゆきにけり 藤田湘子 途上
黒枠にはまりし安堵夜半の雁 橋閒石 荒栲

雁 続補遺

*かやの端に雁も白きを后の月 馬場存義
あかつきは夜着に包むや雁の声 支考
あたゝかな雨間を雁の呼夜哉 黒柳召波
あれほどにひとしきもの歟天津雁 高桑闌更
いくつらも雁過る夜となりにけり 松岡青蘿
いざよひや今あそこにて見ゆる雁 千代尼
いつになや起て居るうち渡る雁 田川鳳朗
うどん焚空や雨夜の雁の声 樗良
うら声といふにもあらで雁の声 鬼貫
うれしさの御江戸かせぎや雁の声 貞佐 桑々畔発句集
おもひなくて何やら雁のなつかしき 松岡青蘿
かならずやくれて雁なく門田哉 井上士朗
かへるさの朝へまわりぬ雁の声 曽良
きゝそめし夜より乱れて風の雁 加藤曉台
けさ見れば今朝たちけるよ小田の雁 露印
さくらまで羽虫はいらじ雁の声 梢風尼
さわがねば野になじまぬか渡る雁 桜井梅室
それこれと見らるゝ穴や雁のこゑ 使帆
ついそこで鳴やきのふの天津雁 田川鳳朗
つとめての朝は雁に梅の花 朱拙
どの妻の欠しや雁の七つ飛ぶ 東皐
なき友を算へて立か小田の雁 松岡青蘿
はげみ羽も風もれ安し老の雁 野坡
はつ雁のおのが空問ふ夕ぐれや 井上士朗
はつ雁のよそヘ~とわたりけり 田川鳳朗
はつ雁やこゝろつもりの下リ所 炭太祇
はつ雁や宮鳩をかたりあふ夜比 鈴木道彦
はつ雁や山へ配れば野に足らず 千代尼
はなれじと呼つぐ声歟闇の雁 高桑闌更
はるの夜ぞひとつは雁もかへり来よ 加藤曉台
ぼのくぼに雁落かゝる霜夜かな 路通
ぼのくぼに雁落ちかゝる霜夜かな 斎部路通
まだ声を聞ぬ雁なり田に並ぶ 桜井梅室
やう~と立あがりけり小田の雁 加藤曉台
ゆき果しとおもへば雨夜の雁ひとつ 加藤曉台
ゆく雁にかざしそめたる扇かな 鈴木道彦
一行の雁や端山に月を印す 与謝蕪村
三夜二夜声絶て空に雁一ッ 井上士朗
下り立てまぎれぬ内は雁の客 土芳
下る雁つらなりながら一巡り 桜井梅室
並松やこなたへ出る雁のつら 牧童
乙因を歎くもありや南部雁 建部巣兆
乱雁となるや靭の雲うつり 加藤曉台
今下す雁は小梅か柳しま 抱一 軽拳観句藻
今来たも見わかずなりぬ雁に雁 田川鳳朗
仰向てまつ風情也雁一羽 高桑闌更
伊勢迄のよき道づれよ今朝の雁 千子
伏見田に友や待つらん月の雁 上田無腸
伸あがる名残も雁の立チはかな 嵐青
低く飛雁あり扨は水近し 黒柳召波
先月の三日は夢か雁の声 露川
初雁に文や届きて萩の露 寂芝
初雁に松茸あもふ夏間かな 知足
初雁に驚き顔や蕃椒 朱廸
初雁のどちへも廻る山路かな 呂風
初雁のはづれ~や夜蛤 [セン]喬 園圃録
初雁のひしぎつけたる小鴨哉 野紅
初雁のふりごとしてや伊勢の海 りん女
初雁の一声おとす馬上かな 斜嶺
初雁の乱れて避る花火かな 三宅嘯山
初雁の痩て餌をはむ磯田哉 高桑闌更
初雁やあたまに発句尻に哥 万子
初雁やならべて聞はおしい事 千代尼
初雁やものを尋ぬる小くらがり 路青
初雁や一声届く文字が関 中川乙由
初雁や下り羽も見えず直通り 秋之坊
初雁や千住から来る片便り 甘棠 靫随筆
初雁や地を蹈筈も早稲の株 野坡
初雁や声あるものを見失ひ 千代尼
初雁や帆柱起すかゞりぶね 遅望
初雁や思ふ田へ只一文字 沾徳 五子稿
初雁や我も下り居の布羽織 野坡
初雁や我も若やぐ三つばかり 智月尼
初雁や旅人身を灸くふし三里 三宅嘯山
初雁や海に出向ふ金ケ崎 凉菟
初雁や皃もちあぐる茶湯客 風国
初雁や目に相手なき海の月 黒柳召波
初雁や穿松たけの吸ごゝろ 千那
初雁や西におく日の羽黒山 野坡
初雁や闇の目当の彦の岑 野坡
初雁や雁門のなき国をしれ 三宅嘯山
初雁や鳴かずに過ぐる雲の中 桃牛 新類題発句集
初雁を待や門田の稲莚 沙明
別れとて寝耳に入ぬ雁の声 桜井梅室
北そらや霞て長し雁の道 黒柳召波
十日ほど荻吹しきて雁の声 井上士朗
南むきて雁とかたらむ浜の菊 支考
又来たと鴉おもふや小田の雁 支考
只ひとつ雁は行なり石邯山 成田蒼虬
名も雁の世や暇乞なしに行 支考
吹うらとこゝらはなれず浪の雁 松窓乙二
品川の仕置場ひろし御代の雁 越蘭 正風彦根躰
啼かで来てこゝろにくしや小田の雁 馬場存義
啼こゑの母ありときこゆ雲に雁 加藤曉台
啼せむに門田もほしや雁の声 支考
国ぶりや真砂に遊ぶ雁の腹 鈴木道彦
声見ゆるほどに暮けり小田の雁 成田蒼虬
夕暮や啼過る雁小田の雁 高桑闌更
夕陽に引もどされなあとの雁 成田蒼虬
夢心初雁がねか犬の子か 秋之坊
大宮や南がしらに雁の声 黒柳召波
大竹もなびくや雁のわたりぞめ 夏目成美
大絃はさらすもとひに落る雁 其角
天津雁小田に見る日は乱れけり 高桑闌更
姫川や雁さへつらをみだし行 成田蒼虬
山あひに雁は出合ず汐干かな 配力
幾万里はなや一目に雁のこゑ 梢風尼
庭の池に雁着初て祝ひ哉 三宅嘯山
我きけばをはり田をさす雁ならし 加藤曉台
我ものとさわげや雁の九十月 松窓乙二
我ものと雁がね落る冬田哉 露印
手引子に雁の行義を教けり 三宅嘯山
故郷へ雁に壱歩が銭分ん 洒堂
旅ひとりひはら~と雁がなく 建部巣兆
旅鳥の哀は雁にとゞめけり 三宅嘯山
日のさしてとろりとなりぬ小田の雁 松窓乙二
日の暮や穂にあく雁の友狂ひ 北枝
時雨雁箕手にならぶ時もあり 松窓乙二
暗き夜を日に続雁や郷心 三宅嘯山
暮れ行くや雁とけぶりと膝がしら 小林一茶
月に来て我もひとりの雁の代 土芳
月のある夜を唐めきて雁の行 松窓乙二
月ひら~落来る雁の翅かな 高桑闌更
月更て雁は寐言の相手かな 杉風
月高く雁がね低し淡路島 井上士朗
朝露に雁の目のつく田一反 除風
朝風や大名連てわたる雁 露印
朧夜の底を行くなり雁の声 有井諸九
来る雁にはかなきことを聞夜哉 高井几董
来る雁の力ぞ那須の七構 桃隣
水際の松葉こぼれて天津雁 成田蒼虬
水風呂に雁を弄る二月かな 東皐
汐踏に堅田の雁や二見迄 中川乙由
江の霧や汐のなりに落る雁 卯七
江戸詰やお花畠に残る雁 異風 江戸弁慶
河白屋で膳を出さばや渡る雁 建部巣兆
油なき雁の羽並や旅支度 史邦
湖の音はつ雁とまで成にけり 井上士朗
燭台にあさる雁みゆ月の友 土芳
物ごしにひかへて雁の余波かな 林紅
猟師~他の産なきか堅田雁 角上
田のうへを啼迷ひけり雪の雁 高桑闌更
田の雁や里の人数はけふもへる 小林一茶
畑あらす行儀ではなし雁の列 桜井梅室
番雁の畔もちかねるしぐれかな 鈴木道彦
白雁や野馬ををどす草の露 許六
白雲に鳥の遠さよ数は雁 其角
石摺のうらや斑に夜の雁 露川
破れ戸に釘もきかずや宵の雁 夏目成美
福岡や千賀もあら津も雁 去来
秋の日は雁の羽風に落にけり 夏目成美
秋の賀にゆたかな日なり天津雁 成田蒼虬
稲主に啄をかくすや小田の雁 毛〔ガン〕
空思ふ雁の照に別けり 寂芝
立さはぐ今や紀の雁いせの鴈 沢雉
立雁の負ても行かで浮御堂 松岡青蘿
竿なりも崩さず雁の旅寝かな 桜井梅室
筋連に雁や落来る富士筑波 等躬 伊達衣
粟の葉の雨日や暑き雁の声 野紅
耳よりも袖にこそ入れ雁の声 蓼太 蓼太句集三編
船の灯のちろ~時や雁の声 凉菟
芦の芽に雁の古屎なつかしや 加藤曉台
芦影に友雁やある落る雁 東皐
荒磯や初雁渡るしほけぶり 樗良
菅薦や寝にくい夜さの雁の声 利牛
落馬する人あり空にさわぐ雁 桜井梅室
蓬生に入とまで見る月の雁 成田蒼虬
薺うつさとを見るかに小田の雁 松岡青蘿
藪こゆる時よく見えて雁の腹 成田蒼虬
蚊帳ひとへ仕廻て近し雁の声 中川乙由
行かたにゆけば雁にぞ逢れける 松窓乙二
親しさの古さとぶりや芦に雁 桜井梅室
諸ともに雌もつかれずや雲に雁 介我
跡~は思案もなしに下りる雁 猿雖
軽尻を追こむころやさわぐ雁 桜井梅室
通し駕籠おろすや雁の小浜潟 許六
鉄砲にあれをかけるか雁の声 五明
陣中の飛御もなくや雁の声 其角
雁いづこ隣の家の峯高し 羽笠
雁かものつくや余寒の畠もの 井上士朗
雁がねに烏のまじる堅田哉 井上士朗
雁がねのむすび合すや真野堅田 李由
雁がねの竿になるとき猶さびし 向井去来
雁がねの竿に成時猶さびし 去来
雁がねの跡に飛び行くむら烏 鬼貫
雁がねもしづかに聞けばからびずや 越智越人
雁がねやゑにしもあらば千とせ草 りん女
雁がねや三つ四つ雲の巻余し 土芳
雁がねや星の便りもある日比 鈴木道彦
雁がねや霞が浦を一日路 支考
雁が啼く君が四阿関屋かな 白雄 白雄句集
雁が音もからびはてけり霜七夜 鈴木道彦
雁つらし宵の玉章朝がへり 凉菟
雁なくやちまたの柳けふ老し 成田蒼虬
雁なくや横をりふせる夜の山 成田蒼虬
雁なくや訪かへしても和歌の浦 田川鳳朗
雁などをころす家さへきくの花 松窓乙二
雁に霜一かたならぬ別れ哉 田川鳳朗
雁のこゑ聞ば勝手はなら茶哉 小春
雁の声ふとんの上にこぼれけり 三宅嘯山
雁の声少は風もあるゝかや 如行
雁の来てしまふた空の青さ哉 田川鳳朗
雁の来る草に照られて旅寝哉 朱拙
雁の羽の雫は我がなみだかな 林紅
雁の腹見すかす空や船の上 其角
雁の腹見送るや舟の上 其角 五元集
雁の行くづれかゝるや勢田の橋 北枝
雁はまだ落ちついてゐるに御かへりか 大伴大江丸
雁ひとつさほの雫となりにけり 井上士朗
雁べたへ枕の帋やかんこ鳥 東皐
雁も田に居馴染む頃や十三夜 抱一 屠龍之技
雁並ぶ声に日の出る河原かな 井上士朗
雁啼くや明星しづむ雪の原 常世田長翠
雁啼て雲にしるしの旅寐かな 野坡
雁啼やあやうき水も澄し空 鈴木道彦
雁来べくなるやがさつく手嶋蓙 鈴木道彦
雁渡る夜や善く燃ゆる真柴の火 寥松 発句類聚
雁金のかさなり落る山辺かな 樗良
雁鳴て夜の釣瓶に梅の花 鬼貫
雁鳴て目をあく菊のつぼみ哉 土芳
雁鳴て目を明く菊のつぼみ哉 土芳
雁鴨に鳩の居まじる冬野かな 鈴木道彦
雁鴨の影くみかはす祝ひ哉 田川鳳朗
雁鴨の日さへ短く成にけり 松窓乙二
雁鴨の来ぬ先からの寐覚哉 田川鳳朗
雁鴨を浪に打こむ雪吹かな 素覧
雨風の夜もわりなしや雁の声 高井几董
雪吹ては雁鳴たゆる塚のズン 乙訓
雲に啼声が聞たし小田の雁 秋之坊
雲に見し姿を無下に麦の雁 寥松
雲冷る三更にひくし雁の声 丈草
霄暗や人をとがむる小田の雁 五明
露の戸にあはたゞしさや雁の声 鈴木道彦
音づるゝ雁には江戸も雨夜哉 鈴木道彦
飛ぶ雁や上みへ並びて塔やらん 椎本才麿
鳴すてゝいざよふ月や雁の声 土芳
鵲の橋かけわたせ佐渡の雁 許六
鶏頭のゆるぐや雁のたつ畠 浪化
麦を忘れ花におぼれぬ雁ならし 素堂
麦肥や雁立さはぐ雪の上 支考

以上
by 575fudemakase | 2016-09-28 19:31 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26233072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング