生姜 の俳句

生姜 の俳句

生姜 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23206129/

生姜 補遺

いくさよりながらへたりし筆生姜 森澄雄
この国の馬刺の生姜きびしけれ 阿波野青畝
じだらくに命惜しまむ新生姜 森澄雄
つぎは甥の声秋雨の生姜叢 飯島晴子
なべ炭の燃る霜夜や生姜酒 正秀
なま鮭や擦生姜の匂ひ菊に似たり 渡邊水巴 富士
ぬかみそヘ漬けし生姜や秋涼し 鈴木真砂女
はじかみを切りし刃物も厨の夜 山口誓子
はじかみを噛むと世外に在るごとし 上田五千石『風景』補遺
ひとりふたりと死ぬ間や生姜きざまるる 中村苑子
ふるづけに刻む生姜や朝ぐもり 鈴木真砂女 卯浪
わが一生畢にかかりしひね生姜 石塚友二 磊[カイ]集
一束の葉生姜ひたす野川哉 正岡子規 生姜
一杯屋下物莫迦貝と新生姜 石塚友二 方寸虚実
一良書得し夜の生姜みじん切り 岡本眸
今日生きて明日は明日紅生姜 岡本眸
先生と食べしことあり生姜飯 雨滴集 星野麥丘人
八方に不実責められ生姜酒 上田五千石『琥珀』補遺
割箸に紅生姜あと生身魂 鷹羽狩行
包みたる神明生姜よく匂ひ 深見けん二
名月や酒にかをれる新生姜 森澄雄
命惜しむ如葉生姜を買ひて提ぐ 石田波郷
夕立の風や生姜の喰あはせ 素覧
小世帯相手店明し目刺・紅生姜 中村草田男
帷子や口にひびきし盆生姜 森澄雄
数ならぬ燈の宵あはれ生姜市 上田五千石『天路』補遺
数へ日や磨れば香だちて陳(ひね)生姜 飯田龍太
新涼や生姜すり込む濃甘酒 日野草城
新生姜山の丹波の入道雪 森澄雄
星にかさふ色あり菴の酢はじかみ 鈴木道彦
春寒や生姜湯かぶる風邪籠 臼田亜郎 定本亜浪句集
曳八百屋新生姜匂はせ来たる 石塚友二 曠日
朝川の薑を洗ふ匂かな 正岡子規 生姜
梅の句を作れり生姜糖噛みて 細見綾子
梅雨深し煮返すものに生姜の香 草間時彦
極月や紅き生姜の水の中 平井照敏 天上大風
武田菱畑の生姜と変りけり 百合山羽公 寒雁
煤いまだ葉生姜とりて青むしろ 鈴木道彦
熱飯に紅生姜夏百日来 森澄雄
牛車生姜車耳押遣礼 安士 江戸名物鹿子
独酌のうちに夜が来て新生姜 森澄雄
猫舌を困じゐるなり生姜湯 阿波野青畝
甘酒の生姜粗らしや二分の梅 飴山實 少長集
生姜匂へり年の瀬の晴れわたり 廣瀬直人
生姜噛み噛んでは若き河に入る 赤尾兜子 蛇
生姜提げゆきし病廊アパートめき 楠本憲吉 孤客
生姜湯に薄汗をして更けしかな 大野林火 飛花集 昭和四十七年
生姜湯やひとり身を気遣はすまぎ 岡本眸
生姜湯や炬燵の上の卸し金 草間時彦
生姜湯や生きて五十の咽喉佛 石塚友二 光塵
生姜畑秋新しき花真白 中村汀女
秋たつやはじかみ漬もすみきつて 小西来山
秋立ちぬ酒の肴の薑(はじかみ)も 森澄雄
秋風の葉つき生姜をもたらせし 細見綾子
糟糠の妻を叱咤す新生姜 上田五千石『琥珀』補遺
紅生姜紅が飯染む朝ぐもり 能村登四郎
肴には生姜を少し月見酒 森澄雄
茗荷だけは生姜の上にたゝん事を 杉風
葉生姜に酢の利過し雨夜哉 鈴木道彦
葉生姜のはかなかをりを盆肴 森澄雄
葉生姜やかりゝかりゝと露の玉 川端茅舎
葉生姜やその香のありし耶蘇の父 森澄雄
葉生姜や手にとるからに酒の事 加舎白雄
葉蔭濃き生姜一束持たされし 飯島晴子
貧しさや葉生姜多き夜の市 正岡子規 葉生姜
赤き青き生姜菓子売る秋の暮 西東三鬼
道化師とはじかみ齧る嗚咽おさヘ 橋閒石
遠く眺めて酢生姜に六腑覚め 飯田龍太
酢につけて生姜紅さす夕時雨 鈴木真砂女 夕螢
雪掃て埋み生姜もなくしけり 桜井梅室
霜がれや生姜も植てある小庭 鈴木道彦
霜朝の嵐やつゝむ生姜味噌 嵐雪
霜朝の嵐や包む生姜味噌 嵐雪 玄峰集
鮮明に朝がはじまる新生姜 上田五千石『琥珀』補遺

以上
by 575fudemakase | 2016-09-29 13:08 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26234732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング