貝割菜 の俳句

貝割菜 の俳句

貝割菜 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22895026/

貝割菜 補遺

おそろしきこゑのきこゆる貝割菜 正岡子規 秋興
すぢかひに雨ひかりだす貝割菜 鷲谷七菜子 游影
すれちがふ間も暮れて来し貝割菜 中村汀女
でゞむしの殻ころげをり貝割菜 飴山實 辛酉小雪
ひたひたと水は野に満つ貝割菜 草間時彦 中年
ひら~と月光降りぬ貝割菜 川端茅舎
みすず刈る秋や浅間の貝割菜 石塚友二 曠日
みづうみの凪ぎてたひらに貝割菜 森澄雄
もう種でなくまつさをに貝割菜 永田耕衣
一ト掴み余分となりし貝割菜 桂信子「草影」以後
一握の貝割菜以て汁ぐさに 山口青邨
何僧の産湯の井戸へ貝割菜 森澄雄
修験寺の小さき畑貝割菜 右城暮石 句集外 昭和五十五年
土抱きて起き上がれざる貝割菜 右城暮石 句集外 昭和五十五年
地を離れはじめし影の貝割菜 野見山朱鳥 愁絶
大伽藍裏を拓きし貝割菜 右城暮石 虻峠
少しづゝ洗ひ減すやかいわり菜 正岡子規 貝割菜
山よりも里の露けし貝割菜 鷲谷七菜子 花寂び
故里はとぎれとぎれの貝割菜 細見綾子
旅の者過ぎ去り行くや貝割菜 永田耕衣
日はのぼるはてしなき地の貝割菜 山口青邨
日本海雨に海猫鳴く貝割菜 岡井省二 明野
暁の星渡し尽くしぬ貝割菜 百合山羽公 寒雁
月光の針のむしろの貝割菜 平井照敏 猫町
朝ごとに間引きて減らず貝割菜 鷹羽狩行
朝の日に赤や黄いろや貝割菜 山口青邨
村近し小川流るゝかいわり菜 正岡子規 貝割菜
榎木茸貝割菜わが食細し 右城暮石 散歩圏
樹の雫穴を穿てり貝割菜 右城暮石 句集外 昭和四十八年
沿線の捨て畑にして貝割菜 能村登四郎
爆音の跡絶えぞつくり貝割菜 野澤節子 未明音
白露も土塊もわかず貝割菜 川端茅舎
笊の目をこぼれ流るる貝割菜 福田蓼汀 秋風挽歌
籠の目にからまり残る貝割菜 富安風生
美しき横雲日々に貝割菜 中村汀女
肺腑抉りつ茅舎は「甘ちやん」中村草田男 貝割菜
胸にある妻いつまでも貝割菜 森澄雄
草のごとつかみ集めて貝割菜 山口青邨
貝割菜おぼれんばかり露しげく 山口青邨
貝割菜この頃聞かぬ牛の声 桂信子「草影」以後
貝割菜ずしずし通る蜑の足 百合山羽公 樂土
貝割菜たのみなき日の食べものや 細見綾子 桃は八重
貝割菜ひしめき吾等老いんとす 山口青邨
貝割菜ひしめき濡れて朝の日を 山口青邨
貝割菜人は急げば足る如く 中村汀女
貝割菜塒騒ぎは隙もなし 中村草田男
貝割菜根といふものゝありにけり 細見綾子 桃は八重
貝割菜洗ふ蛇口の水細め 右城暮石 天水
貝割菜湯がかんと白湯たぎらしむ 右城暮石 句集外 昭和五十四年
貝割菜爪立ち朝日雲の中 香西照雄 対話
貝割菜美し伊賀に住む人ら 阿波野青畝
貝割菜脱兎のごとく歳去りし 飯田龍太
貝割菜蜑のかき殻突きさゝる 百合山羽公 寒雁
遠山に雪の噂や貝割菜 石塚友二 磊[カイ]集
遠洋は颱風作る貝割菜 百合山羽公 寒雁
長女先づ多子となりつつ貝割菜 中村草田男
雨あとの声あげてみよ貝割菜 鷹羽狩行
雨そそぎつつ鵙来たり貝割菜 石田波郷
雨は地に沁むほどならず貝割菜 鷹羽狩行
雲低く這ひゆく谷や貝割菜 飴山實 句集外

以上
by 575fudemakase | 2016-09-29 13:11 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26234737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング