水澄む の俳句

水澄む の俳句

水澄む の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23216892/

水澄む 補遺

あかつきの鍋に水澄み閑古鳥 飯田龍太
あはれなる洲や片寄りに水澄めり 水原秋櫻子 残鐘
いのち澄む水に色あり枯世界 鷲谷七菜子 黄炎
うら枯や隈々の水澄みかへり 素丸 素丸発句集
おのづから人澄む水の澄める里 後藤比奈夫
かぐろさを底に水澄む老境か 大野林火 潺潺集 昭和四十年
かなしきまでに水澄みをりぬ早寝せむ 岡本眸
ここにして永き誼みの水澄めり 松村蒼石 雪
これ以上澄みなば水の傷つかむ 上田五千石 風景
つばくろの別るる水の澄みゆけり 廣瀬直人
ともに妻伴れて水澄む辺を歩く 大野林火 飛花集 昭和四十五年
どこ行くも早苗根付きて水澄めり 右城暮石 散歩圏
ぬるむ水添水にいたり澄みにけり 下村槐太 天涯
はじめより水澄んでゐし葬りかな 波多野爽波
はるかまで夜をゆく水は澄みしまま 飯田龍太
まいにち水を飲み水ばかりの身ぬち澄みわたる 種田山頭火 自画像 落穂集
わが顔に美醜なし池の水澄める 山口青邨
アイヌ絶えんかニペッシ晒す水澄みて 林翔 和紙
下野の野を行く水の澄みまさり 阿波野青畝
井戸何の水に油火澄めりけり 阿波野青畝
人拒むほどにも水の澄んでゐし 後藤比奈夫
人捨つるもの汚くて水澄めり 右城暮石 散歩圏
伏水の地に現れて澄み奔りけり 石塚友二 磊[カイ]集
光る湖なりしが水の澄める湖 稲畑汀子
凍鶴の嘴さし入れて水澄めり 右城暮石 上下
出湯の香を微かに混へ水澄めり 林翔
初猟や一水芦に澄みわたり 高野素十
初風の海や棕櫚ある泉澄む 中村草田男
動くもの何も居らざる水澄めり 右城暮石 天水
卯のはなや一ト先澄で小田の水 野坡
友信ぜん渓から引く水なほも澄む 香西照雄 素心
古草履寒水に澄み聖農奴 香西照雄 対話
合流の澄みをひとつに水の幸 上田五千石『風景』補遺
吹き降りの花藻ながるる水澄みぬ 飯田蛇笏 心像
地に平和敗荷の水は澄みとほる 日野草城
夕かげるときをもつとも水澄めり 上田五千石 琥珀
大脳めく鉄滓(かなくそ)沈み水澄めり 松崎鉄之介
大鯉の錦しづめて水澄めり 鷹羽狩行
天の青水澄むといふ潮もまた 森澄雄
子と帰る暮をすゝきの水澄めり 山口誓子
子等去りて澄む水戻ること早し 稲畑汀子
孑孑やなまなか澄るくされ水 炭太祇
寒の水もろもろのもの制し澄む 右城暮石 上下
山には枯畑谷には思惟なくただ澄む水 金子兜太
山湖澄む風にゆかりのなき葉月 中村草田男
峡の冬橡の実樽の水が澄み 森澄雄
嶽は燃え枯木の鷹に水澄めり 飯田蛇笏 山響集
川せみや水澄んで遊ぶ魚涼し 正岡子規 翡翠
川澄みて安達太良の裾及ぶかな 松崎鉄之介
川澄や落葉の上の水五寸 炭太祇
川澄んで後ろさがりに鮎落つる 村上鬼城
川蝉や水澄んで遊ぶ魚深し 正岡子規 翡翠
巵(し)に澄む水音読つづくツアラツストラ 中村草田男
干潟に澄み溜る真水か潮水か 右城暮石 上下
幾度も曲り母なる川澄むや 有馬朗人 知命
廃運河水澄む秋をやや澄めり 水原秋櫻子 残鐘
強燭に倚りて書を読む水澄む夜 岡本眸
手水舎の素朴さに水澄めりけり 阿波野青畝
放生にも釣るにも水輪水澄むのみ 香西照雄 素心
故山いよよ日強くいよよ水澄めり 中村草田男
斉川原砂利ゑぐられて水澄むも 佐藤鬼房
方円に従ひ水の澄んでをり 上野泰 佐介
旅人の一掬の水澄みに澄み 山口青邨
映し得ぬ身の内側や水澄みても 鷲谷七菜子 黄炎
時々にしわみて水の澄みにけり 阿波野青畝
時雨してあとは水澄むばかりなる 右城暮石 句集外 昭和十八年
晩稲田や畦間の水の澄みきりて 飯田蛇笏 山廬集
晴れてゆく雲の明るさ水澄める 稲畑汀子
曲の出の沈みて深し水澄むや 加藤秋邨
曼珠沙華燃えはてし野の水澄めり 西島麦南 人音
月澄や音なき水に浮寐鳥 高桑闌更
期すものに老後も初心水澄めり 大野林火 雪華 昭和三十九年
本流に入りて水澄むこころ捨つ 上田五千石『風景』補遺
松蝉や幅いつぱいに川澄めり 橋閒石 朱明
植田早や荒地野菊に水澄める 右城暮石 句集外 昭和十六年
水といふ水澄むいまをもの狂ひ 上田五千石 田園
水の澄み全くて鯉魚色々し 上田五千石『琥珀』補遺
水の精みじろがぬまで澄めりけり 上田五千石『琥珀』補遺
水も澄みをらず柳も散りをらず 後藤比奈夫
水底をよぎる水翳水澄めり 上野泰
水澄て籾の芽青し苗代田 支考
水澄みていまも中洲の萱深し 廣瀬直人
水澄みて九つの弥陀現れたまふ 阿波野青畝
水澄みて亡き諸人の小声かな 秋元不死男
水澄みて人間界に白き鯉 森澄雄
水澄みて君戻り岩日ざしけり 松崎鉄之介
水澄みて四方に関ある甲斐の国 飯田龍太
水澄みて大緋鯉口封じづめ 平畑静塔
水澄みて富士踏むに似し忍野かな 阿波野青畝
水澄みて底くれなゐに地獄谷 鷹羽狩行
水澄みて慈姑一茎を残したる 山口青邨
水澄みて緑の葛を垂らすなり 廣瀬直人
水澄みて金閣の金さしにけり 阿波野青畝
水澄みて雫石てふ名にし負ふ 富安風生
水澄みて~人新たなり 星野立子
水澄みに澄みて地の闇空の闇 飯田龍太
水澄みに澄む源流のさびしさは 上田五千石 風景
水澄むといふは石ころまでも澄む 後藤比奈夫
水澄むといへどもぬくし金鱗湖 阿波野青畝
水澄むといへども濁す魚鼈あり 阿波野青畝
水澄むといへど上澄み眼鏡橋 鷹羽狩行
水澄むとくびすを停む汀かな 阿波野青畝
水澄むと丸太はりはり背引せり 岡井省二 明野
水澄むと靴を休むる杭がしら 富安風生
水澄むにうつりて過ぎて旅の身ぞ 大野林火 方円集 昭和五十二年
水澄むやひとりを希ふこと多く 下村槐太 天涯
水澄むや俄にはしる鰡の波 水原秋櫻子 殉教
水澄むや岐れて浅き一瀬より 水原秋櫻子 殉教
水澄むや強燭橋下をどり抜け 岡本眸
水澄むや水底はしる去年の畦 水原秋櫻子 殉教
水澄むや空に聳ゆるものばかり 橋閒石 朱明
水澄むや舟の上より網入るゝ 上村占魚 鮎
水澄むや赤子の眸笑顔また 森澄雄
水澄むや近江の山をみな映し 百合山羽公 樂土
水澄むをのぞくがごとく銀閣寺 鷹羽狩行
水澄む冬河童の色の靡き藻よ 上田五千石 琥珀
水澄めば太占の*いもり底を這ふ 山口青邨
水澄めば鯉も金魚も陶となる 山口青邨
水澄めりけはひのごとき魚の影 鷹羽狩行
水澄めり人に別れのある限り 岡本眸
水澄めり太陽澄めり寒晒 右城暮石 句集外 昭和四十六年
水澄めり明治の時計塔うつり 大野林火 月魄集 昭和五十四年
水澄めり暗きより吉野葛煮る香 岡井省二 明野
水澄めり聖ひらきし山の上に 大野林火 雪華 昭和三十八年
水澄めり酔へばかなしき軍歌 岡本眸
水澄めるにうごかぬ鳥の啼くとせず 種田山頭火 自画像 層雲集
水澄める化粧の井あり手を触れず 阿波野青畝
水澄める日向に京の女達 飯田龍太
水澄んで木の葉一枚流れ来る 深見けん二
水澄んで鬼のゐざりし大江山 森澄雄
水飢饉わが井は清く湧き澄めど 杉田久女
汲水場てふ水おのづから澄むところ 後藤比奈夫
沈滞の水ならずひた澄めるなり 上田五千石『天路』補遺
沈潜といふべく水の澄みゆるむ 上田五千石『琥珀』補遺
沼尻の落葉くぐりて水澄めり 松村蒼石 雁
泉澄みて水働きの底を見す 上田五千石『琥珀』補遺
洗ひたる硯に水の澄んでをり 上野泰 佐介
洞窟に湛へ忘却の水澄めり 西東三鬼
流るるを忘るるまでに水澄めり 鷹羽狩行
流れ出てしわしわと水澄みにけり 深見けん二
浮き波止場つなぐ鉄鎖に水澄めり 松崎鉄之介
浮御堂浚渫されて水澄まず 阿波野青畝
浮雲無影微水も澄みて雪解跡 香西照雄 素心
涸れかかりたる八海の水澄めり 清崎敏郎
涸れてくる水の澄みやう 種田山頭火 草木塔
深山木の底に水澄む五月かな 田川鳳朗
深山木の底に水澄五月かな 田川鳳朗
渡殿に足音ありて水澄まず 阿波野青畝
湖澄むに地獄より血の流れ来る 山口誓子
湧きては逝くさびしさに水澄みやまず 上田五千石『天路』補遺
湿原を流るる水も澄めりけり 清崎敏郎
溺愛やゆつくりと澄む田植水 鷹羽狩行
澄みきれぬものに湧きつぐ水の芯 上田五千石『天路』補遺
澄みそめて水瀬のしぶく秋日かな 飯田蛇笏 山廬集
澄むことの一流水を剰さざる 岡本眸
澄むといふことをさびしく水澄めり 鷹羽狩行
澄むといふこと水のみにとどまらず 鷹羽狩行
澄むといふ水の粧ふこころかな 後藤比奈夫
澄む水にうはべがありて漣す 岡本眸
澄む水になほ存命のみづすまし 山口誓子
澄む水にほとりし立つも旅のひま 高浜年尾
澄む水にみよしうごきて花吹雪 飯田蛇笏 山廬集
澄む水に任す流れ藻白秋忌 林翔
澄む水に古刀のくもりありにけり 上田五千石 琥珀
澄む水に平といふを得せしめず 上田五千石『琥珀』補遺
澄む水に映る十字架雨が消す 稲畑汀子
澄む水に沈みて人の生活の香 石塚友二 光塵
澄む水に石の流離の見えにけり 稲畑汀子
澄む水のいささか暗くにほひけり 鷲谷七菜子 天鼓
澄む水のいや澄み岩魚ひそむらし 水原秋櫻子 緑雲
澄む水のなほ澄み足らぬ思ひかな 鷹羽狩行
澄む水の上くる風や衣紋竹 波多野爽波
澄む水の平面遠き思いかな 永田耕衣 人生
澄む水も深き色持つオアシスに 稲畑汀子
澄む水や縛られ地蔵縛られて 橋閒石 卯
澄む空に応へて水の澄みゐたり 鷹羽狩行
澄めるだけ水澄んでゐる傷みかな 能村登四郎
澄める水咥へとりては羽づくろひ 後藤比奈夫
澄める水棒もて叩き遊びをり 後藤比奈夫
澄や水月は音せで終の空 正秀
濁り水切りこむ水の澄めるかな 阿波野青畝
濁れる水の流れつつ澄む 種田山頭火 草木塔
火酒は水かと澄めり氷る夜を 山口誓子
灯に水に離れて澄める師走空 飯田龍太
炉火紅く中年水のごとく澄む 三橋鷹女
猟艇の下際やかに水澄めり 山口誓子
生家門川澄めり故人に逢ふごとし 大野林火 飛花集 昭和四十五年
田園のくらし素直に水澄めり 飯田蛇笏 家郷の霧
病院へ植田のすべて水澄めり 右城暮石 句集外 昭和二十七年
痛みある度に澄みゆく秋の水 能村登四郎
白き騏聖ほなり水澄めりけり 阿波野青畝
白粉のとく澄み行くや秋の水 尾崎放哉 大学時代
白雲のゐざりつつ水澄みまさり 阿波野青畝
白鳥と老卒業生水に澄み 大野林火 飛花集 昭和四十八年
目上には道を譲りて水澄めり 波多野爽波
真名井とは澄みきる水を黒く見せ 阿波野青畝
真青澄む水うらゝ照るわが影悲し 種田山頭火 自画像 層雲集
眼前の水に父澄む曼珠沙華 飯田龍太
石がとぶ石がとぶ水すまし澄む 三橋鷹女
石山の水むらさきに澄みにけり 上田五千石『琥珀』補遺
磧湯の湯の澄み水と異ならず 上田五千石『琥珀』補遺
磨ぎ水のまぎるることもなく澄めり 鷹羽狩行
秋の水澄みぬ天狗の影もなし 正岡子規 秋の水
秋水の澄むかと見ればまた豪雨 福田蓼汀 秋風挽歌
秋水の竹林に入りなほ澄めり 福田蓼汀 山火
秋澄みてかの山紫この水明よ 上田五千石『琥珀』補遺
秋澄むはさみしからむを水すまし 岡本眸
竈火に水の寒暖澄みて母 飯田龍太
竹に春萌さむとして川澄めり 石塚友二 光塵
簡潔な文来て水の澄むことを 岡本眸
紫陽花や厨に水の声澄む日 鷲谷七菜子 黄炎
翡翠や水澄んで池の魚深し 正岡子規 翡翠
聴き澄す夜寒の水のひゞきかな 日野草城
芹の水濁らすもの居て澄み来る 尾崎放哉 小浜時代
茶の花の映りて水の澄む日かな 飯田龍太
荼毘の火の黄いろガンガの水澄まず 阿波野青畝
落ち合ひて澄まんとするや秋の水 前田普羅 普羅句集
落葉ふかく水汲めば水の澄みやう 種田山頭火 草木塔
葛水の冷たく澄みてすゞろさみし 村上鬼城
藤紫白澗水澄んで浅からず 日野草城
藪の奥をひやゝかに湧きて澄める水 種田山頭火 自画像 層雲集
蛇笏忌の甲斐出でし水澄みにけり 松崎鉄之介
蝌蚪のこる不思議さに水澄みにけり 水原秋櫻子 蘆雁
蝮の崖水したゝりて澄めりけり 右城暮石 句集外 昭和二十九年
蟹の舎利水澄みきつてゐたりけり 阿波野青畝
行違ふこと多き水澄めりけり 飯島晴子
表面に水底があり水澄める 上野泰 佐介
親鯉の背丈も伸びゐぬ水澄みて 香西照雄 素心
角乗りに揉まれいよいよ水澄めり 鷹羽狩行
誰がために水澄み木の実熟るる日ぞ 中村汀女
諏訪日を目指しつづけて水澄めり 廣瀬直人
谷の水澄みけり冬をながれけり 高屋窓秋
貫きて薬草園の水澄めり 大野林火 月魄集 昭和五十四年
走り井の水美しく澄みに澄み 高野素十
走り去る容の水の澄みにけり 石田勝彦 百千
足撫してはじまる一日水澄めり 岡本眸
迷い来てもっとも澄めり芹の水 橋閒石
迷い来てもつとも澄めり芹の水 橋閒石 荒栲
遠くあるものは遠くに水の澄み 佐藤鬼房
郷土日々水澄むに思慮ふかめつつ 飯田蛇笏 雪峡
金輪際澄まざる水を水すまし 岡本眸
金閣をうつして水の澄みにけり 村山故郷
鏡とはかくまで水の澄むことか 上田五千石『風景』補遺
門川の水澄むはやき城下なり 大野林火 雪華 昭和三十七年
閑古鳥窓に夜明けの鵜川澄み 飯田龍太
雁啼やあやうき水も澄し空 鈴木道彦
雨あとのふたたび澄んで鮠の水 石田勝彦 雙杵
顔ゆれて血よりつめたく泉澄む 鷲谷七菜子 銃身
鱒池の鱒に寒暮の水澄みて 飯田龍太
鳳凰を水鳥となし水澄めり 鷹羽狩行

以上
by 575fudemakase | 2016-09-29 13:27 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26234769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング