粟 の俳句

粟 の俳句

粟 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22905704/

粟 補遺

いわし雲粟の垂穂の影し合ふ 藤田湘子 途上
だゞつぴろき粟の畑にいでにけり 岡井省二 猩々
ちよろちよろと粟の穂がくれ行く鶉 正岡子規 鶉
とん~と家にひゞきて粟を打つ 高野素十
ばゞの帯解けて粟打つ杵を置く 高野素十
ひそかな野の家居なり粟みのる 村山故郷
ゆく秋の粟食むすずめ羽を拡ぐ 飯田蛇笏 山廬集
よこたはる礎石の月日粟熟れて 長谷川素逝 暦日
一粒の粟の芽立ちと血の鶏と 佐藤鬼房
主言ふ昼飯もまた粟飯か 高野素十
何とたくさんな雀と庭の粟の穂のあるじ 荻原井泉水
初冬の粟殻積むや櫨のもと 西島麦南 人音
向う嶺の霧よりさびし山の粟 古沢太穂 古沢太穂句集
呼び馴れて声を互みや粟の晴 岡井省二 山色
品書になくて粟飯二百円 亭午 星野麥丘人
夕顔に何懺悔せん粟の飯 正岡子規 夕顔
大水や屋根に粟干す野の小家 正岡子規 粟
小山田や箕に干す粟の二三升 正岡子規 粟
山粟のどの香も高しほとゝぎす 鈴木真砂女
山茶花の散るに 粟立つ 雨後の土 伊丹三樹彦
山里や箕に干す粟の二三升 正岡子規 粟
川音にある十六夜の粟畑 岡井省二 山色
憩うと粟の穂遠くで川音のような 荻原井泉水
手握りし粟の垂穂のあたゝかく 高野素十
擬装装甲列車に逢へり粟の中 加藤秋邨
故郷や道狹うして粟垂るゝ 正岡子規 粟
故郷や道狹くして粟垂るゝ 正岡子規 粟
故里の粟餅を焼き老いんとす 細見綾子
旅人の荷にかけし粟の一穗哉 正岡子規 粟
日西にいづれかみのる黍と粟 河東碧梧桐
朝のまだ残れる午や粟の空 岡井省二 山色
朝墓に火色を欲りて粟を*つく 飯島晴子
朝寒くなりしよ粟を刈りに行く 細見綾子 桃は八重
栗の花より粟の実がうまれけり 平井照敏 猫町
母が遺愛の三毛の手ざはり粟熟れぬ 中村草田男
毎年もらう粟餅の君の粟ばたけかこれ 荻原井泉水
氾濫の黄河の民の粟しづむ 長谷川素逝 砲車
炉を塞ぐ濡れ手で粟の銭は持たず 鈴木真砂女 夏帯
熱き飯そして粟漬小鰭(こはだ)かな 能村登四郎
片鶉粟穗もくはで鳴きにけり 正岡子規 粟
牛の頸打ちし弾力粟は穂に 松崎鉄之介
稗もつて粟もつてみな叱りあふ 飯島晴子
立ち入りし我が身傾く粟畑 右城暮石 天水
管粥のみやげは尺の粟おこし 百合山羽公 樂土以後
籠の中に粟くひこぼし鳴く雲雀 河東碧梧桐
粟くふて妻を思ふか飼鶉 正岡子規 粟
粟の伸び二寸ばかりやしかとせぬ 細見綾子 桃は八重
粟の垂穂子の固肉に触りて鳴り 大野林火 早桃 太白集
粟の穂にふじはかくれて鶉啼く 正岡子規 鶉
粟の穂にもたれかゝりし鳴子哉 正岡子規 鳴子
粟の穂に丹波日焼けの色を見し 右城暮石 句集外 昭和十三年
粟の穂に倒れかゝりし鳴子哉 正岡子規 鳴子
粟の穂に村はかくれて鶉啼く 正岡子規 鶉
粟の穂に韓紅の葉先かな 川端茅舎
粟の穂に風低く来し岬かな 山田みづえ 手甲
粟の穂に鶉かくれて見えずなりぬ 正岡子規 鶉
粟の穂のおのおの垂れて月明り 長谷川素逝 暦日
粟の穂のさきの三つに割れたるも 高野素十
粟の穂のみなゆつたりと動きをり 松本たかし
粟の穂の毛立ち何やらよそ~し 細見綾子 桃は八重
粟の穂の紅葉ぞしたる面白き 阿波野青畝
粟の穂や一友富みて遠ざかる 能村登四郎
粟の穂や懐ろ秋を感じつつ 右城暮石 句集外 昭和十三年
粟の穂を摘みおくれたる野分かな 河東碧梧桐
粟の穗に鷄飼ふや一構 正岡子規 粟
粟の穗のくたびれもせぬ野分哉 正岡子規 野分
粟の穗のこゝを叩くな父の墓 正岡子規 粟
粟の穗の折れも盡さす初嵐 正岡子規 初嵐
粟の花匂ふお山もありにけり 山口青邨
粟の茎立ちて雲なす蝗かな 加藤秋邨
粟はまだ草にまぎれてありにけり 細見綾子 桃は八重
粟や菜や裾山畠四角なり 正岡子規 粟
粟刈りて黍にむらかる雀哉 正岡子規 粟
粟垂るる修学院の径かな 富安風生
粟垂れて一途に旅を急ぎをり 村山故郷
粟塚に遇うてや鳶のすこやかに 岡井省二 山色
粟干して一戸一基の崖の墓 右城暮石 句集外 昭和五十五年
粟干すや飢餓の昔のごとく黄に 百合山羽公 寒雁
粟枯れて隣る耕土の日影かな 飯田蛇笏 山廬集
粟熟れて羊は痩せぬ人も痩せぬ 加藤秋邨
粟畑のあたり明るし山の裾 松本たかし
粟畑の出来よし一穂ぬきんでゝ 高野素十
粟畑や家遠くして小鳥網 正岡子規 粟
粟畑をつつ切る道の天気かな 松本たかし
粟畑を前に網張る男哉 正岡子規 粟
粟穂稗穂寒星りんと鳴りにけり 山田みづえ 手甲
粟花といふ月明のをみなへし 森澄雄
粟花とみちのくびとは女郎花 山口青邨
粟飯といふものよ~ 高野素十
粟餅も搗き海苔餅も搗きにけり 正岡子規 餅搗
粟餅や韋駄天が負ふ力瘤 加藤秋邨
粟餅を売りたる春の城下町(愛知県犬山) 細見綾子
紅き穂の粟はるかにも能登に来し 山口誓子
繭玉の金は粟団子鉄は蕎麦団子 山口青邨
老にまだのこる力や粟叩く 上野泰 春潮
草鞋の緒結び居れば粟穗笠を打 正岡子規 粟
菊さくや米飯麥飯粟の飯 正岡子規 菊
落し水して来し足で粟刈りに 長谷川素逝 村
行く馬のあとにうなづく粟か稗か 正岡子規 粟
行水や肌に粟立つ黍の風 杉田久女
通夜堂の前に粟干す日向かな 正岡子規 粟
遠くから粟播くといふ手のしぐさ 加藤秋邨
酒拭くに*ひしこの粟のこぼれかな 河東碧梧桐
鈍き鎌ぼそぼそ振るや粟畑 阿波野青畝
阿蘇を出て粟畑広く走る汽車 高浜年尾
降るやうに蜩が鳴く粟畠 細見綾子 桃は八重
雌はむせて粟はみたてる軍鶏の雄 飯田蛇笏 山響集
雨ふるや粟の穂ぬくく黍さむく 下村槐太 天涯
雨降るや粟の穂ぬくく黍寒く 下村槐太 光背
雲ぬくし粟刈人もかすみつつ 下村槐太 光背
霧さがる谷間に粟を摘み暮らす 臼田亜郎 定本亜浪句集
鳴子きれて粟の穗垂るゝみのり哉 正岡子規 粟
鳴子引く家陰の粟や三坪程 正岡子規 鳴子

粟 続補遺

あらましのすゞみ草なり粟と稗 井上士朗
その年もけふも跨がせ粟莚 琴風
はづれ~粟にも似ざる薄哉 園女
はづれ~粟にも似する薄かな 園女 たつのうら
ふら~と粟におもみや村すゞめ 錦江女
ふる事を根にして粟の戦ぎかな 土芳
をみなへし粟とや野辺に鳴鶉 蘆文
七月やまづ粟の穂に秋の風 許六
名月や粟に肥たる鶴の友 洒堂
壁に立し粟がら倒る夜寒かな 東皐
奇楠留た鶉に粟のおかしけれ 三宅嘯山
寐所に日のさす粟の鶉哉 浪化
山吹や粟餅ちぎる軒廻り 風国
山猿の尾につかせたき粟穂かな 白雪
川風に粟簸背戸や飛こてふ 完来
搗たてし粟の月夜も神無月 成田蒼虬
日のすじや石龍はしる粟の殻 東皐
爼いたにきらるゝ粟の芽立哉 朱拙
猪の山をうごかす粟畠 林紅
猪の静な年や粟ばたけ 丈草
秋風に折るちからや粟と稈 土芳
穂粟搗杵力なく見へにけり 東皐
笹そよと粟吹わたす空悲し 朱拙
粟がらの小家作らむ松の中 凉菟
粟ちぎる空は蜜柑の曇かな 素行
粟ぬかや庭に片よる今朝の秋 露川
粟の実の有にやまかずえのこ草 乙訓
粟の穂にあそべ小鳥の渡りかけ 北枝
粟の穂にかゝるけぶりのひとつ家 鈴木道彦
粟の穂のおちやこちやと月の皃 土芳
粟の穂のひよろり~と月夜哉 芙雀
粟の穂のびくに入たるうづら哉 惟然
粟の穂のふはり~とあつさかな 野紅
粟の穂のむつかしげ也夕日照 舎羅
粟の穂の枕あはせに暮の秋 路健
粟の穂やひとほしづみて啼鶉 松岡青蘿
粟の穂をうなづかせてや鳴うづら 支考
粟の穂をこぼしてこゝら啼鶉 惟然
粟の穂をのそく通るや白月よ 紫貞女
粟の穂を見あぐる時や啼鶉 支考
粟の葉の幾ッに立て秋は来る 朱拙
粟の葉の雨日や暑き雁の声 野紅
粟も米も蔵にかくさずけふの月 完来
粟刈れば野菊が下に啼鶉 許六
粟少しこれや鳴子の吹あらし 建部巣兆
粟崎や雪と若葉のあはひより 不玉
粟津野に通ひかゝりて百ヶ日 智月尼
粟畑に何をまつやら山の鷺 鈴木道彦
粟畠の跡にのこるやをみなへし 諷竹
粟稈に宿をかりしか餅の花 凉菟
粟稗と目出度なりぬはつ月よ 半残
粟稗に此世の風や玉祭 千川
粟稗のうつぶくはよしけふの月 中川乙由
粟稗の弓ため直す日和かな 正秀
粟稗の粥喰尽す月見かな 諷竹
粟稗の間にならべし手向酒 暁雨 解夏草
粟稗は苅られて古きかゞし哉 桃隣
粟稗を夜永に焼ん秋三月 野径
粟蒔きのあとふみつけに村雀 可南女
粟食を喰せむ馬に女郎花 支考
粟飯の後か若菜の最明寺 木因
粟飯の焦て匂ふや霜の声 其角
粟餅やもらふに付て秋のさび 嵐青
紛れ込粟の一葉や国の風 野坡
脇ざしの柄うたれ行粟穂哉 加藤曉台
芋の葉の反りにたまれり粟の糠 東皐
蚊屋釣リて誰や粟打畠中 嵐雪
都にも雲の粟田やひえの秋 支考
降くらす月や粟手のもりの陰 井上士朗
面扶持をへつるか粟の鼠共 去来
風の名のあるべき物よ粟のうへ 惟然

以上w
by 575fudemakase | 2016-09-29 14:45 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26234916
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング