稗 の俳句

稗 の俳句

稗 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23206141/

稗 補遺

ぬきんでて稲よりも濃く稗熟れぬ 篠原梵 年々去来の花 雨
ハツ~と啼かぬ虫とぶ薙の稗 前田普羅 飛騨紬
人さやぎ飛騨の山稗熟るゝとふ 前田普羅 飛騨紬
山畑の稗にまぎるゝ草を引く 清崎敏郎
干さるるは黍よ稗よとかしましく 飯島晴子
戦歿多き大正生れ稗の花 三橋敏雄
抜き取りし稗の茎穂を揃へ捨つ 右城暮石 天水
日照雨来や峡田は稗を躍らしめ 石田波郷
日盛や雨を思はぬ稗畑 河東碧梧桐
月てるや薙の稗畑まさやけく 前田普羅 飛騨紬
炎天の稗をぬく 種田山頭火 草木塔
犬稗や陸奥の小童(こわっぱ)ここに老ゆ 佐藤鬼房
田遊の唄の稗酒飲みたけれ 百合山羽公 樂土
畦にゐて抜くべき稗を確める 廣瀬直人
稗ぬきのきのふをはりし田のひまに 長谷川素逝 村
稗の月母児の寝屋はとざさるゝ 前田普羅 飛騨紬
稗もつて粟もつてみな叱りあふ 飯島晴子
稗を抜く西日の男面輪なし 石田波郷
稗刈らな股稗刈らな飛騨山に 前田普羅 飛騨紬
稗刈れば霜はさやかに降りにけり 前田普羅 飛騨紬
稗多き稲田月夜ぞ酒汲まむ 石田波郷
稗抜きのこごめば鼻もかなしげに 細谷源二 砂金帯
稗枯れて月にも折るゝ響きせり 前田普羅 飛騨紬
稗殻の垣結ふ里の温泉かな 河東碧梧桐
稗穂抜く人に夕鷺わたりけり 木村蕪城 寒泉
稗草の穂に蜻蛉や霧の中 原石鼎 花影
稗草は飽かぬ草にてコップに挿す 山口誓子
稗黒く実り道の辺新山立つ 松崎鉄之介
粟穂稗穂寒星りんと鳴りにけり 山田みづえ 手甲
縄文の遺蹟をおほふ野稗かな 松崎鉄之介
股稗のその身重たく飛騨に伏す 前田普羅 飛騨紬
草薙の稗の一穂を咥へゆく 佐藤鬼房
行く馬のあとにうなづく粟か稗か 正岡子規 粟
貯炭場の犬稗その他厚埃 佐藤鬼房
道の辺に野稗みのれり開拓地 大野林火 雪華 昭和三十四年
道草の稗も垂れたり汝が裾に 石田波郷
遠不二に稗の抜穂をかかへ佇つ 木村蕪城 一位
野稗の穂盾に雲の下りにけり 下村槐太 光背
雨がちに海女の遅れ田稗多し 石田波郷
飛騨人や刈りこそいそげ股稗を 前田普羅 飛騨紬
飛騨人や股稗かしぐかんばの火 前田普羅 飛騨紬
鬼稗に最も豊の色集ふ 百合山羽公 樂土
黒き穂の稗畑かなし山深く 山口青邨

稗 続補遺

あらましのすゞみ草なり粟と稗 井上士朗
八さくや犬稗尽て小田の花 尚白
実ルまで何せん稗の遊ビ蒔 挙白
我が師走稗くふ鳥のやすげ也 荷兮
新田に稗殻煙るしぐれ哉 昌房
正月のはてや東の稗だんご 尚白
相伴の早稲に苅るゝ稗田かな 浪化
秋の田やはかり尽して稗二俵 尚白
稗の穂の馬迯したる気色哉 越人
稗の穂や塀掛渡す岨畑 野径
稗もげに世の中よかれ最がみ川 惟然
稗刈し跡のみ見居る山の冬 鈴木道彦
稗刈の暮てきつねに喰れけり 長翠
稗貫の神は何神野分ふく 松窓乙二
粟稗と目出度なりぬはつ月よ 半残
粟稗に此世の風や玉祭 千川
粟稗のうつぶくはよしけふの月 中川乙由
粟稗の弓ため直す日和かな 正秀
粟稗の粥喰尽す月見かな 諷竹
粟稗の間にならべし手向酒 暁雨 解夏草
粟稗は苅られて古きかゞし哉 桃隣
粟稗を夜永に焼ん秋三月 野径
黍稗のからもくさるやむしの声 壺中

以上
by 575fudemakase | 2016-09-29 14:48 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26234921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング