玉蜀黍 の俳句

玉蜀黍 の俳句

玉蜀黍 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23206299/

玉蜀黍 補遺

「栗虫あります」玉蜀黍は無し 金子兜太
あつ熱し唐もろこしを鷲掴み 阿波野青畝
こどもらに唐黍の毛は高そよぎ 三橋敏雄
しみこむ影は唐黍の精十勝の家 金子兜太
たうもろこし焼く火の熾り過ぎしかな 安住敦
びつしり唐黍ほしならべゆたかな構へ 種田山頭火 自画像 落穂集
もろこしのあさつゆ滴りて機影みゆ 飯田蛇笏 雪峡
もろこしの一と皮下によきみのり 阿波野青畝
もろこしの天の勾玉かみくだき 上野泰 佐介
もろこしの火の手をかざす旅遠し 阿波野青畝
もろこしの皮引剥いてたれを塗る 阿波野青畝
もろこしの花の月夜に住む家かな 村上鬼城
もろこしの花咲くつひの栖かな 富安風生
もろこしの苗にもつとも風青し 飴山實 花浴び
もろこしの裳に秋風の真狩村 角川源義
もろこしの赤毛恥らひ汽車去らす 角川源義
もろこしや甲州金の夕日して 百合山羽公 樂土以後
もろこしや節々折れて道の端 村上鬼城
もろこしや言葉粗なるは情厚き 富安風生
もろこしをたうべ歌稿に眼はなさず 上村占魚 鮎
もろこしをゆでて客待つ坊の妻 松崎鉄之介
もろこしを噛んで含ます代ありたり 中村草田男
もろこしを折る音にひびく至福かな 飯田龍太
もろこしを抛るつぎつぎ受止める 波多野爽波
もろこしを搗く臼の音の歩危の村 阿波野青畝
もろこしを焼いて女房等おめえ.おら 富安風生
もろこしを焼くひたすらになりてゐし 中村汀女
もろこしを独楽廻しして焼く乙女 阿波野青畝
もろこしを食ふる峠も阿蘇のうち 阿波野青畝
わが畑の収穫のごとく唐黍おく 山口青邨
ナシ族の院子(インズ)にみてり唐黍稲架 松崎鉄之介
バーベキュー玉蜀黍の炭となんぬ 阿波野青畝
井を汲むや唐黍わたる風荒し 桂信子 月光抄
伊吹くつきり唐黍の*ひつじかな 岡井省二 山色
何とさびしい村の唐黍の赤い毛 荻原井泉水
借景ヒマラヤ 唐黍干しの高襖 伊丹三樹彦
兵列のごと並ぶ唐黍うらがなし 森澄雄
十五夜のたうもろこしの影の庭 長谷川素逝 村
十字架高し唐黍にほふ一村に 林翔 和紙
唐もろこしの実の入る頃の秋涼し 杉田久女
唐秬のからでたく湯や山の宿 正岡子規 唐黍
唐秬の上に見えたる小城かな 正岡子規 唐黍
唐黍かじる若き記者らに東方曇る 金子兜太
唐黍にインヂオの夜は星多し 高野素十
唐黍に夕焼空がこぼす雨 清崎敏郎
唐黍に白雲盆も過ぎにけり 大野林火 方円集 昭和五十三年
唐黍に背中うたるゝ湯あみ哉 正岡子規 唐黍
唐黍に遊び女立てる潮来かな 富安風生
唐黍のうしろに低し寺の壁 正岡子規 唐黍
唐黍のなびきて遠し牛久沼 水原秋櫻子 玄魚
唐黍のみどり鮮し雷見舞 石田波郷
唐黍のをちに月照る海平ら 清崎敏郎
唐黍の垂毛や赤しうろこ雲 三橋敏雄
唐黍の実へ手を伸べて今年四つ 古沢太穂 三十代
唐黍の昼をくもれば眠るなり 大野林火 冬青集 雨夜抄
唐黍の甘し岳麓避暑名残 高浜年尾
唐黍の白髪にもならであはれ也 正岡子規 唐黍
唐黍の秩父にありし一日かな 加藤秋邨
唐黍の穂ゆれの上の居庸関 加藤秋邨
唐黍の花粉まみれに山墓は 佐藤鬼房
唐黍の葉も横雲も吹き流れ 富安風生
唐黍の葉陰にかがむ門火かな 村山故郷
唐黍の雷気も絶えず太りけり 百合山羽公 樂土
唐黍の露けさ馬の耳動く 橋閒石 雪
唐黍の青生毛吹く双子山 原裕 青垣
唐黍はたそがれみのり子が食ふ 三橋敏雄
唐黍は花かかげ山門それに聳ゆ 山口青邨
唐黍もらふやよ欧風のポタージユに 山口青邨
唐黍も立枯るゝまゝ裾野枯れ 清崎敏郎
唐黍やふりむくものに人の鼻 古舘曹人 能登の蛙
唐黍や強火にはぜし片一方 前田普羅 春寒浅間山
唐黍や石を戴く墓の群 加藤秋邨
唐黍をささげもて食ふ旅人は 山口青邨
唐黍をつかみてゆるる大鴉 飯田蛇笏 雪峡
唐黍をもぐや漂ふ雲は黄に 清崎敏郎
唐黍を刈つてあしうらまで天地 平井照敏 天上大風
唐黍を噛みかけてもう泣けぬらし 加藤秋邨
唐黍を噛む白日に歯音立て 大野林火 雪華 昭和三十七年
唐黍を四五本植ゑて宿直かな 村上鬼城
唐黍を焼き公園の要所占む 後藤比奈夫
唐黍を焼く子の喧嘩きくもいや 杉田久女
唐黍を焼く火を煽ぐ古ハガキ 前田普羅 春寒浅間山
唐黍を焼く狸小路の三丁目 山口青邨
唐黍を焼く間待つ子等文恋へり 杉田久女
唐黍を焼く香に月のあそびゐる 飯田龍太
唐黍喰い荒して 祭帰漁の彼 伊丹三樹彦
唐黍喰む歯音の澄みの木曾仔馬 鷲谷七菜子 花寂び
唐黍売外道山風に焦がし過ぎ 林翔
唐黍屋高原日傘咲かせけり 百合山羽公 樂土
唐黍焼く母子わが亡き後の如し 石田波郷
唐黍焼く町角を過ぎ旅の夜は 村山故郷
唐黍黄に吊す一戸へ斑雪道 古沢太穂 火雲
好機嫌唐黍と白菜を食べて 金子兜太
妻のいかりの剥く唐黍はきゆきゆきゆきゆと 加藤秋邨
婆のゐるたうもろこしの小家かな 高野素十
子を負ふて唐秬かぢる子守哉 正岡子規 唐黍
家ありて唐もろこしを作るかな 山口青邨
川敷の唐黍を伐り倒しゐる 佐藤鬼房
戸をしめてたうもろこしの雨風に 長谷川素逝 村
昼雨に玉蜀黍畑のきりぎりす 飯田蛇笏 椿花集
時化過ぎぬ玉蜀黍もさも疲れ 富安風生
時化雲のはしる唐黍もぎにけり 富安風生
晩涼の灯や唐黍を籬とす 橋閒石 雪
朝晴れて唐黍積めり野菜市 水原秋櫻子 殉教
朝霧やもろこし船の何さわぐ 正岡子規 霧
松の幹そよぐ唐黍わかわかし 森澄雄
歯をならしもろこし喰うや避暑期去る 金子兜太
母を待つ子に唐黍の月黄なり 橋閒石 雪
毛の国のたうもろこしの花に艶 松崎鉄之介
沼明りもろこしは裳をひるがへし 角川源義
焼玉蜀黍匂ひ一茶の郷に入る 能村登四郎
狼藉と唐黍をもぎ尽したり 富安風生
畑中に唐もろこしと案山子かな 山口青邨
秋暑く曇る玉蜀黍毛を垂れぬ 飯田蛇笏 山響集
紅葉冷てふは唐黍焼く娘にも 後藤比奈夫
草伸びて唐黍の穂に出るなり 河東碧梧桐
蒙塵の道に唐黍簾垂る 松崎鉄之介
行きゆきつ玉蜀黍沼を隠すときも 阿波野青畝
鈍行に一等車あり唐黍を食ふ 山口青邨
門を出てとうもろこしの花を見に 高野素十
門前のたうもろこしの小家かな 高野素十
関東ローム赤毛のたうもろこし育て 平畑静塔
雨のふるたうもろこしの小家かな 高野素十
霊堂を一本に緊め唐黍鳴る 古舘曹人 能登の蛙
青刈用唐黍台地灼けしづまる 佐藤鬼房

玉蜀黍 続補遺

こぬ殿を唐黍高し見おろさん 荷兮
ふらすこやもろこし迄も屠蘇の酒 ト[古支] 江戸広小路
もろこしに不二あらば後の月見せよ 山口素堂
もろこしの吉野の奥の頭巾かな 素堂
もろこしの夢はさめたり簟 黒柳召波
もろこしの書かた寄よ後の月 加舎白雄
もろこしの菊の花さく五里の浜 支考
もろこしもむかひ合せや華の宿 露川
もろこしや葉をもり兼て三日の月 宗波
伏見人唐黍がらを束ねけり 鬼貫
唐黍の力足ふむ相撲哉 牧童
唐黍の垣ゆふ月の砌かな 井上士朗
唐黍の葉にかよひてや市の秋 支考
唐黍の葉末にかゝる雲のみね 成美 はら~傘
唐黍やふり分髪のしらむまで 寂芝
実嵐唐黍の庵たゝきけり 重五
柄鮫の南蛮黍も尾花かな 許六
柴売のみぬもろこしや峰の雪 馬場存義
菊といふ名やもろこしの袖うつし 呂丸
見た迹をもろこし人の月夜哉 西鶴

以上
by 575fudemakase | 2016-09-29 14:59 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26234944
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング