胡麻 の俳句

胡麻 の俳句

胡麻 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23206329/

胡麻 補遺

「胡麻撒(ふ)り煎餅」落ちて平らに暮の土 中村草田男
ころりんと胡麻斑海豹氷上に 松崎鉄之介
すり胡麻の香りのなかや初蝶来 桂信子 花影
ひつぱつて出し胡麻筵よく叩き 森澄雄
二た莚胡麻を干したる余呉の家 高野素十
人遠く胡麻にかけたる野良着かな 飯田蛇笏 山廬集
冷たうてあなたよたよの胡麻豆腐 山田みづえ 草譜
土近き夕顔蟻を胡麻のやうに 松村蒼石 雁
寒餅やことに胡麻餅豆の餅 草間時彦 櫻山
屠所ちかき秋暑の蠅や胡麻畠 西島麥南 金剛纂
御飯の白さ胡麻塩ふりかけていただく 種田山頭火 草木塔
新牛蒡あぶらは胡麻の匂ひけり 草間時彦 櫻山
昼も鳴く梅雨ひぐらしや胡麻豆腐 水原秋櫻子 餘生
昼酒に出されしこごみ胡麻よごし(北上川川畔、枕流亭) 細見綾子
本陣もありし町にて胡麻を干す 百合山羽公 樂土
油しぼる胡麻の香島に梅雨晴間 松崎鉄之介
海女老いて今日胡麻刈らん日和かな 飴山實 句集外
烏蝶胡麻刈る額をあふちけり 西島麦南 人音
秋深く紙漉工場胡麻を干す 山口青邨
竹酔日胡麻を煎る香の中にあり 能村登四郎
簷下にすわりて胡麻を打つ日なた 長谷川素逝 村
緋毛せんの端しの秋日の胡麻豆腐(鎌倉瑞泉寺) 細見綾子
胡麻がらの寝たり起たり秋の雨 野径
胡麻をはたくは微妙ならずや町なかに 楠本憲吉 隠花植物
胡麻刈つて干して生涯子なきひと(伯母八十二にて逝く) 細見綾子
胡麻刈るやしばらく土の朝日影 飯田蛇笏 春蘭
胡麻刈るや日輪淡き暈を生む 橋閒石 雪
胡麻干して山の子パンの餡こぼす 細見綾子
胡麻干して札所寺にはあらざりし 富安風生
胡麻干して隣に留守居たのみおき 上村占魚 球磨
胡麻干すや津久井の尾根を河越しに 石塚友二 光塵
胡麻振つてしぐれにすする朝の粥 大野林火 月魄集 昭和五十五年
胡麻振る指 節高 いわし干して老いる 伊丹三樹彦
胡麻炒つて青水無月の忌ごもり 岡本眸
胡麻炒りて八十八夜何始まる 能村登四郎
胡麻畑の草抜きもして出征す 細見綾子
胡麻筵またぎて芋銭旧居かな 能村登四郎
胡麻粒の黒さにて蝌蚪生れたり 右城暮石 句集外 昭和五十年
胡麻粒大となる少年期 砂丘で散り 伊丹三樹彦
胡麻袋なれば胡麻入れ落着きぬ 藤田湘子 てんてん
行商の眼に泳ぐ子の胡麻粒大 伊丹三樹彦
豆干し海道 胡麻爆ぜ横丁 老婆の島 伊丹三樹彦
軒下の胡麻も十日ン夜すぎの月の明るく 荻原井泉水
青青と干し今日からの胡麻筵 阿波野青畝
頬をつつみ胡麻を刈る日のややきびし 長谷川素逝 村
黒胡麻でこゝをあへぬかつく~し 其角

以上
by 575fudemakase | 2016-09-29 17:21 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26235290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング