夜学 の俳句

夜学 の俳句

夜学 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22842375/

夜学 補遺

うばたまの夜学の窓をあけしまま 飯田蛇笏 山廬集
おるがんの鳴らぬ鍵ある夜学かな 木村蕪城 一位
かへりみる褥の更けし夜学かな 日野草城
きりぎりす夜学教師に捕へられ 大野林火 早桃 太白集
くらがりへ教師消え去る夜学かな 木村蕪城 一位
ひいやりと坐を移しゐる夜学かな 右城暮石 句集外 昭和十一年
ふるさとの神田さびれぬ夜学生よ 松本たかし
わが夜学米人天に飛行しつつ 平畑静塔
ナイターの光彩の裡夜学了ふ 能村登四郎
ナイター映ゆ夜学子充つる一電車 能村登四郎
ニコライの月と夜学生と旧神田区 松本たかし
ボール黒々 とびかう 夜学校の宙 伊丹三樹彦
仕事とも夜学ともただ更けてをり 稲畑汀子
円木の月にあそべり夜学生 三橋鷹女
冷やかに坐を移し居る夜学かな 右城暮石 声と声
出藍の弟子見当らず夜学の師 後藤比奈夫
半島人(こりやん)の夜学を罷る京訛 石橋秀野
呼び合ひて一人は影絵夜学生 中村草田男
夜学して蚊にくはれけり試験前 正岡子規 蚊
夜学すや机の面ひろやかに 日野草城
夜学にて得し金銭妻に汗ぬぐふ 大野林火 早桃 太白集
夜学の子倦んじて猫をなかしむる 日野草城
夜学の師一語吃りて又一語 阿波野青畝
夜学の師花鳥諷詠しか知らず 後藤比奈夫
夜学の灯仙台堀に落しけり 藤田湘子
夜学の灯影詩を恥ぢそとは亡父の戒 中村草田男
夜学の灯深枕として見えにけり 日野草城
夜学の鐘やさし寒の月と雲に 古沢太穂 古沢太穂句集
夜学まぶし道より低き赤子の声 香西照雄 対話
夜学初めに借りて読みけり方丈記 右城暮石 句集外 大正十五年
夜学子に会ふ月の街ひそけしや 大野林火 冬青集 雨夜抄
夜学子のいはけなかりし耳の裏 能村登四郎
夜学子の刈り来し髪の匂ひ寄る 能村登四郎
夜学子の夏帽遅き灯に戻る 石塚友二 光塵
夜学教ゆ望なることをおもひつつ 木村蕪城 一位
夜学教師に青葉ひしめくコップの水 細見綾子
夜学教師の髪の漆黒走り梅雨 細見綾子
夜学教師の黒く大きな梅雨の傘 細見綾子 和語
夜学果てて黒板に書きのこすこと 木村蕪城 一位
夜学生乗り込み冬の匂ひせり 青水輪 昭和二十五年
夜学生家郷の藪のくらさ言ふ 藤田湘子
夜学生戻り来し戸を軽打する 中村草田男
夜学生次々煙霧に没す眠るべく 伊丹三樹彦
夜学生灯影乗る肩手を掛け合ひ 中村草田男
夜学生網棚に鞄あげつらね 山田みづえ 木語
夜学生青葡萄山まはりくる 飴山實 少長集
大峰の月に帰るや夜学人 飯田蛇笏 霊芝
天体は言葉降らさず夜学生 藤田湘子 てんてん
女子夜学生闇へ振り出す靴の沙 中村草田男
山がつに雲水まじる夜学かな 飯田蛇笏 霊芝
山の子に夜学教へて住みつきぬ 木村蕪城 一位
山風の障子にあたる夜学かな 日野草城
師に近き思ひの句座の夜学めく 岡本眸
広場の沙山砂利山越えて夜学生 中村草田男
御本尊の聴かす御堂の夜学かな 松本たかし
木魚居る畳に坐り夜学かな 松本たかし
杉の秀に星無し聖夜の夜学なる 香西照雄 対話
水打ちしごとき静けさ夜学の灯 清崎敏郎
火事の焔あがる夜学の窓ちかく 臼田亜浪 旅人 抄
煖房車夜学生乗る短区間 伊丹三樹彦
独り居て独り慎む夜学かな 日野草城
白息 彼我 夜学生らにぶつかる坂 伊丹三樹彦
相似の顔ふくらむ緑の夜学校 赤尾兜子 蛇
眼頭押さへ首ふり夜学受けつづく 中村草田男
糖菓に淫す夜学の童女かな 日野草城
老いにきとルーペの重き夜学かな 阿波野青畝
蚊を叩く音も更けたる夜学哉 正岡子規 蚊
蚊帳つりて夜学の人のともし哉 正岡子規 蚊帳
蝋涙堆し夜学の子の脹眼 日野草城
蝙蝠や貧乏町の夜学校 正岡子規 蝙蝠
裸婦像の影うき立たす夜学の灯 松崎鉄之介
襟のホック寛ろげ帰路や夜学生 中村草田男
親子ほどに自転車高低夜学生 中村草田男
遠空を基地が焦がせり夜学校 伊丹三樹彦
酢のわらび夜学教師のひとりの酒 細見綾子
闇にして唱へり夜学終へぬらし 林翔 和紙
雨月にて雨冒し来る夜学生 水原秋櫻子 蘆雁
音読にせゝらぎ添へる夜学塾 上田五千石『田園』補遺
頬杖ならで掌につつむ頬夜学生 中村草田男
頼もしき六尺の孤の夜学かな 日野草城
顧みて菊花の白き夜学かな 日野草城

以上
by 575fudemakase | 2016-09-29 17:26 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26235302
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング