三日月 の俳句

三日月 の俳句

三日月 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23191024/

三日月 補遺

うからの辺三日月の辺のにほはしや 中村草田男
うら若き父と呼ばれん春三日月 伊丹三樹彦
かはほりや三日月つゝく竿の先 正岡子規 三日月
かまつかに新月くるるかげさだか 大野林火 海門 昭和十一年
かんにゐて三日月を背に負ひにけり 加藤秋邨
けふの月三日月にして二つ出よ 正岡子規 今日の月
この旅の三日月に逢ふ人人よ 阿波野青畝
とめどなく崩るゝ簗や三日の月 前田普羅 普羅句集
とりし柿机に三日月柿の木に 山口青邨
はたごやの思はぬ窓よ三日の月 正岡子規 三日月
はつとちる千鳥にあとや三日の月 正岡子規 三日月
はつとちる千鳥は見えず三日の月 正岡子規 三日月
はつとちる千鳥は遠し三日の月 正岡子規 三日月
ひと貧し路地の夕三日月金に 下村槐太 光背
ひもらぎの莚の露や三日の月 河東碧梧桐
ふじ一つくれ殘りけり三日の月 正岡子規 三日月
ほそぼそと三日月光る枯野哉 正岡子規 枯野
まず好い三日月と見る蓼料山と見る 荻原井泉水
むさしのや細く涼しき三日の月 正岡子規 三日月
むら千鳥二ツにわれて三日の月 正岡子規 三日月
やさしきはさる娘のなげき三日の月 飯田蛇笏 春蘭
コモリン岬の残照 新月 一番星 伊丹三樹彦
一片の三日月一輪の返り花 山口青邨
三日の月あはれ照りそむ句碑の前 山口青邨
三日の月白魚生るゝ頃ならん 正岡子規 白魚
三日月おちかかる城山の城 種田山頭火 草木塔
三日月がめそめそといる米の飯 金子兜太
三日月が出て居る前の流れなり 尾崎放哉 大正時代
三日月が部屋のぞいたぞ丘もどろ 伊丹三樹彦
三日月が隠れし後の情けなさ 山口誓子
三日月さす女の指のよく反るよ 大野林火 雪華 昭和三十九年
三日月と孤星相寄り年暮るる 山口青邨
三日月にたゝむ日除のほてりかな 渡邊水巴 白日
三日月にちらりと物の落ちにけり 正岡子規 三日月
三日月にとりわすれたる卵かな 飯田蛇笏 春蘭
三日月に余り乳すてる花卉のもと 飯田蛇笏 霊芝
三日月に初蝙蝠の卍澄み 川端茅舎
三日月に女ばかりの端居かな 内藤鳴雪
三日月に媚びて薄星光りけり 日野草城
三日月に川一筋や新墾田 河東碧梧桐
三日月に強く吹くなり神楽笛 阿波野青畝
三日月に星一つそふ菊の下 山口青邨
三日月に柿の梢の醜葉かな 原石鼎 花影
三日月に死の家ありて水を打つ 橋本多佳子
三日月に淋しきものや船よばひ 河東碧梧桐
三日月に清宵の鷺すごもりぬ 飯田蛇笏 春蘭
三日月に清瀬の鷺すごもりぬ 飯田蛇笏 山響集
三日月に牛蛙とは鬱なるかな 金子兜太
三日月に狐出て見よオホーツク 藤田湘子
三日月に花蕎麦の道細まりぬ 橋閒石 雪
三日月に茎石傾ぐ音なりき 加藤秋邨
三日月に草川ふかく幽みけり 飯田蛇笏 心像
三日月に誓ふて交すげんげかな 渡邊水巴 白日
三日月のうするるは霧のためなるや 富安風生
三日月のうつらで寒し濁酒 正岡子規 濁酒
三日月のかげの部分に凭らしめよ 佐藤鬼房
三日月のさまよひいでし青山河 野澤節子 八朶集以後
三日月のしばらく縁にべつとりと 山口誓子
三日月のせた水輪こちらへ来たがるよ 中村草田男
三日月のそれより細し雛の眉 正岡子規 雛
三日月のひかりのほそき祷かな 阿波野青畝
三日月のひくめに椶櫚の咲きにけり 飯田蛇笏 白嶽
三日月のひたとありたる嚏かな 中村草田男
三日月のほのかに白し茅花の穂 正岡子規 茅花
三日月のわづかにかげすうちはの絵 大野林火 海門 昭和七年
三日月の七草爪は刎ねにけり 阿波野青畝
三日月の下をわたるや雁の聲 正岡子規 雁が音
三日月の傾く闇へ水の行方 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
三日月の光とどかず黍畑 村山故郷
三日月の光りそめつ鮎に箸つけぬ 渡邊水巴 富士
三日月の光りほのかに水づく家 村山故郷
三日月の光る鼻梁の凍りけり 野澤節子 未明音
三日月の刃明かりに猫の恋 鷹羽狩行
三日月の右下にある星もおぼろ 篠原梵 年々去来の花 中空
三日月の吹き取られたる野分哉 正岡子規 野分
三日月の娘が慕う父の床 橋閒石 荒栲
三日月の富士より冷ゆる新樹かな 渡邊水巴 富士
三日月の悲しく消る不盡の山 正岡子規 三日月
三日月の沈むに早き峡紅葉 山口青邨
三日月の沈む弥彦の裏は海 高野素十
三日月の重みをしなふすゝきかな 正岡子規 薄
三日月の金無垢を置く茅の輪かな 野見山朱鳥 運命
三日月の鉄牛牽きて戻りけり 齋藤玄 飛雪
三日月の頃より肥ゆる子芋哉 正岡子規 芋
三日月の風の高吹き見て行けり 齋藤玄 飛雪
三日月の飛騨の国びと飛騨へ去る 金子兜太
三日月はたゞ明月のつぼみ哉 正岡子規 三日月
三日月は山も踊も照らさざる 平畑静塔
三日月は照らせど圏谷の雪も闇 福田蓼汀 秋風挽歌
三日月は生木の黴をはやす火か 飯田龍太
三日月は眉より細し女郎花 正岡子規 朝顔
三日月は砂丘にリラの花あかり 飯田蛇笏 白嶽
三日月は見えぬふり也時鳥 正岡子規 時鳥
三日月は鋭しまこと妻子は枷 福田蓼汀 山火
三日月へ乙女の声は落ちず上がる 中村草田男
三日月ほのと名も知らぬ花のゆらぎをる 種田山頭火 自画像 層雲集
三日月もゆるあら波や浦千鳥 正岡子規 千鳥
三日月やしみじみ青き桃一顆 加藤秋邨
三日月やはつれはつれの花芒 正岡子規 薄
三日月やものより逃ぐる祷りならず 中村草田男
三日月や南陽旧居灯のちがふ 阿波野青畝
三日月や枯野を歸る人と犬 正岡子規 枯野
三日月や此頃萩の咲きこぼれ 河東碧梧桐
三日月や水禍の稲はなほ刈らず 福田蓼汀 山火
三日月や父の悲願を山奪ふ 福田蓼汀 秋風挽歌
三日月や甍なみうつ上海市 加藤秋邨
三日月や祷の鐘は天に鳴り 阿波野青畝
三日月や輪講猿蓑を畢る 下村槐太 天涯
三日月よ けむりを吐かぬ煙突(けむりだし) 富澤赤黄男
三日月をいろいろに吹く柳哉 正岡子規 柳
三日月をしぐるゝ雲や沖の隅 正岡子規 時雨
三日月をすくひあげたり鹿の角 正岡子規 鹿
三日月を夢みて鹿の孕むらん 正岡子規 孕鹿
三日月を時雨てゐるや沖の隅 正岡子規 時雨
三日月を相手にあるく枯野哉 正岡子規 枯野
三日月を見て指折らん西行忌 阿波野青畝
三日月を駆りて疾しや橇の馬 橋本多佳子
三日月ヘメスが裂きゆく白い疵 赤尾兜子 蛇
三日月含みけふ四日月枯桜 中村草田男
三日月朽色金銭出納のゆび示され 金子兜太
三日月風色天の誤算の友早逝 中村草田男
丘の上の牛に夜が来る三日の月 村山故郷
乾き眠る青年枯枝を織る三日月 金子兜太
二日月三日月より淋しさよ 高野素十
二日月三日月早苗夜も育つ 百合山羽公 寒雁
二樹深く岐るるところ三日月 中村草田男
人貧し路地の夕三日月金に 下村槐太 天涯
人遠く春三日月と死が近し 西東三鬼
今日も懶し或る白頭に三日月撥ね 中村草田男
伏せ葱に夕三日月の影しけり 臼田亜郎 定本亜浪句集
佐渡の句の三日月の絵にかゝれけり 河東碧梧桐
傘の端に三日月かゝる晴間哉 正岡子規 三日月
八ツ手咲いて金の三日月よく光る 渡邊水巴 白日
冬天に三日月若き色濁さず 野澤節子 未明音
凧一つ二つと 減りて 夕三日月 伊丹三樹彦
凶年の三日月沼の木にかかり 佐藤鬼房
初夏の三日月金や雲の中 原石鼎 花影
初秋の三日月ほのと雲のあひ 西島麦南 人音
初秋を京にて見たり三日の月 正岡子規 初秋
十年前の夏の三日月此夕 正岡子規 夏の月
反吐はいてわらはんとして 鋭き三日月 富澤赤黄男
古沼や鴫立て三日の月低し 正岡子規 鴫
吹き入れて尾花に暗し三日の月 正岡子規 三日月
吾妻かの三日月ほどの吾子胎すか 中村草田男
城ある町春三日月を舟型に 大野林火 青水輪 昭和二十五年
城壁の崩れしところ三日の月 正岡子規 三日月
塔見えて一痕の新月時鳥 正岡子規 時鳥
塔高し桜に落つる三日の月 正岡子規 夜桜
声とほく水のくもれる杜若 桂信子 月光抄
夏三日月井水汲みいる辺はくらし 古沢太穂 三十代
夏三日月遊びの群に子を探す 大野林火 早桃 太白集
夕三日月干物降ろす旧き景 中村草田男
夕三日月氷掻く音絶え間あり 臼田亜郎 定本亜浪句集
夕凪や三日月見ゆる船の窓 正岡子規 三日月
夕栄やきらりきらりと三日の月 正岡子規 三日月
夕焼けて空の三日月鞍馬路 飯田蛇笏 家郷の霧
夕燒やきらりきらりと三日の月 正岡子規 三日月
夕立や簾を捲けば三日の月 正岡子規 夕立
夕虹やきらりきらりと三日の月 正岡子規 三日月
夕顔にまぶれて白し三日の月 正岡子規 夕顔
夕顔や闇吹き入れる三日の月 正岡子規 夕顔
夜ふかく三日月で梳くみどりの髪 金子兜太
夜夜に堕ち積まれゆく三日月の墳墓 金子兜太
夜桜や蒔絵に似たる三日の月 正岡子規 夜桜
大学の空落日に新月得し 中村草田男
大旱の赤三日月の女憂し 西東三鬼
大木の低き枝なし三日の月 正岡子規 三日月
大波を打ちかぶせけり三日の月 正岡子規 三日月
大船の帆を落しけり三日の月 正岡子規 三日月
妙義峨々と聳えて三日の月細し 正岡子規 三日月
嬌羞や団扇を洩れて蛾眉二つ 日野草城
子が去ると九輪のそばに夏三日月 中村草田男
孫と末子や一番星と新月と 中村草田男
寒三日月不敵な翳を抱きすすむ 野澤節子 未明音
寒三日月目もて一抉りして見捨てつ 篠原梵 年々去来の花 皿
小娘の萩に隱れて三日の月 正岡子規 三日月
尺八の指撥ね春の三日月撥ね 西東三鬼
屋根屋根はをとこをみなと棲む三日月 富澤赤黄男
山寺や足下雲晴れて三日の月 正岡子規 三日月
山馴れで母恋しきか三日月 杉田久女
師走三日月家路は誰も靄まとう 古沢太穂 古沢太穂句集
恋猫にひらり三日月落ちかかる 三橋鷹女
愛恋の河鹿を鳴かせ三日月眉 三橋鷹女
所化二人鐘撞きならふ三日の月 正岡子規 三日月
抱く輪に金砂ちりばめ寒三日月 相馬遷子 雪嶺
掌のくぼに新月遊ぶ枯蓮 角川源義
新月、梅の花、もう枯木ではない 荻原井泉水
新月といふほどのもの凧のへん 阿波野青畝
新月とけふほぐれたるすすきの穂 藤田湘子 てんてん
新月に刈萱活けて茶漬かな 渡邊水巴 白日
新月に槻のおもてもまたくらき 飯田蛇笏 春蘭
新月に燈明もして山廬かな 飯田蛇笏 春蘭
新月に牧笛をふくわらべかな 飯田蛇笏 山廬集
新月に牧笛を吹くわらべかな 飯田蛇笏 霊芝
新月に花をひそめしうまごやし 飯田蛇笏 春蘭
新月に詩聖ゆくよりつゆのおと 飯田蛇笏 春蘭
新月に諸神をしのぶ几 飯田蛇笏 春蘭
新月に野狐のつく舎をさす 飯田蛇笏 春蘭
新月に野狐のつく鶏舎をさす 飯田蛇笏 心像
新月のさすより岩魚つり惜しむ 飯田蛇笏 雪峡
新月のはやき光りに添水鳴る 飯田蛇笏 家郷の霧
新月のふくりん債をなやむ眼に 飯田蛇笏 春蘭
新月の仄めく艇庫冬眠す 飯田蛇笏 霊芝
新月の光めく鮎寂びしけれ 渡邊水巴 富士
新月の刄もう寝た無灯部落 伊丹三樹彦
新月の奥の奥まで夏がすみ 飯田龍太
新月の松山めぐる雪解川 角川源義
新月の棗新芽にかゝりたる 細見綾子
新月の環のりんりんとつゆげしき 飯田蛇笏 春蘭
新月の霽れいろしるくたちにけり 飯田蛇笏 春蘭
新月やうすき菫のひとたむろ 角川源義
新月やかくし煙草はしめりがち 角川源義
新月や奈良の泊りの阿修羅恋ひ 佐藤鬼房
新月や掃き忘れたる萩落葉 飯田蛇笏 霊芝
新月や枯木の梢四方より 山口青邨
新月や浦風木の葉ひるがへす 村山故郷
新月や畳替へたる此夕 内藤鳴雪
新月や草の匂ひの水走り 上田五千石 琥珀
新月や草原かこふのみの柵 橋閒石 朱明
新月や蛸壺に目が生える頃 佐藤鬼房
新月や転び寝地蔵に添い寝の人参 永田耕衣
新月や鵜舟は川を荘厳す 飴山實
新月や鵜舟は川を荘巌す 飴山實 次の花
新月をかかぐ*さがたる枯牡丹 山口青邨
新月をかかげ初場所打出しし 上村占魚
新月をかどわかしをり鰯雲 阿波野青畝
新月をかゝげし空に旅終る 高野素十
新月を揺る波に泣く牡蠣割女 飯田蛇笏 霊芝
新月一ついのちあまたの雁の列 中村草田男
日蝕の三日月程に殘りけり 正岡子規 三日月
昆布屋にて臘月の眉富んでをり 岡井省二 鯨と犀
春三日月かすかにひかる鳩の巣に 大野林火 冬雁 昭和二十一年
春三日月才ありて才枯れしまま 飯田龍太
春三日月癌の死ばかりなんぞ多き 草間時彦 中年
春三日月詠みて人死す吾は生きねば 相馬遷子 雪嶺
春淡き月像(つきがた)乗せて金三日月 中村草田男
春蝉にひる三日月のたしかさよ 石橋秀野
昼三日月深山杉立つ空の死者 赤尾兜子 歳華集
昼三日月胸を反らせど一病身 香西照雄 素心
昼三日月蜥蜴もんどり打つて無し 西東三鬼
暁のかなかな三日月われを覗き落つ 臼田亜郎 定本亜浪句集
月山の声なり春の三日月は 飴山實 立志
朧三日月妻の恙を見舞はなむ 小林康治 四季貧窮
木犀に三日月の金見失ひ 中村汀女
本末長き友情一匕(いっぴ)夏三日月 中村草田男
東風つよし三日月の弧のやや歪み 大野林火 早桃 太白集
松の下は浪ひびき来ず夏三日月 村山故郷
枯色の薬湯飲むや新月に 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
柚子の間に三日月一箇秘めにけり 加藤秋邨
栄螺の荷三日月すでに朧なる 大野林火 飛花集 昭和四十四年
梅に新月舌にもたつく金太郎飴 三橋鷹女
梅林に三日月と星光度同じ 右城暮石 声と声
梅白く三日月は白き衣懸けむ 山口青邨
梅白く三日月は輿す梅の精 山口青邨
棕櫚の掌に新月暑き歓語かな 角川源義
水草生ふ夜は三日月も暈を被て 山口青邨
波のほの三日月消ゆる嵐かな 正岡子規 三日月
海に足浸る三日月に首吊らば 西東三鬼
淀川の大三日月や時鳥 正岡子規 時鳥
湯屋出づや街の三日月に年暮るゝ 村山故郷
湯豆腐や新月落ちて我が燈ある 渡邊水巴 富士
湾口の春三日月へ撥ねる炭 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
滝津瀬に三日月の金さしにけり 飯田蛇笏 春蘭
潮干舟新月は帆にほのめきぬ 飯田蛇笏 霊芝
瀧津瀬に三日月の金さしにけり 飯田蛇笏 心像
火盗りとてかぐはしき蛾眉もたらせり 上田五千石 琥珀
灯籠の三日月窓の淑気かな 鷹羽狩行
烏寐て木の間に細し三日の月 正岡子規 三日月
燈台や三日月こそは陸の奥 中村草田男
牛蛙タイの三日月燃えんばかり 加藤秋邨
犬つるみ放れず昼三日月止る 西東三鬼
猪牙舟の忽ち遠し三日の月 正岡子規 三日月
琴の湖春三日月は声あげて 有馬朗人 天為
病みの身に夏三日月の光りなし 村山故郷
病む母に三日月聡き春の山 飯田龍太
百姓よ汝が影淡きは三日月ゆゑ 香西照雄 対話
砂山に浪長うひびき三日の月 村山故郷
砂踏むや蹠崩るる寒三日月 加藤秋邨
秋冷の新月の那須今宵かな 及川貞 夕焼
稻妻にうち消されけり三日の月 正岡子規 稲妻
空あひのはつきり暮れて三日の月 正岡子規 三日月
空手涼し三日月よりの風ひらひら 西東三鬼
空晴れて三日月寒し樫の上 正岡子規 三日月
竝松はまばらまばらや三日の月 正岡子規 三日月
端居してはるばる旅の三日月を 阿波野青畝
竹藪の上に新月年暮るる 山口青邨
簗崩す夜々の水勢に三日の月 前田普羅 飛騨紬
籔にいちにちの風がをさまると三日月 種田山頭火 草木塔
粥炊くや新月すでに光りそむ 飯田蛇笏 山廬集
糧を載せてひそかなる舟や三日の月 河東碧梧桐
紅梅の上の三日月は怨の眼か 飯田龍太
紅梅の辺の三日月は怨の眼か 飯田龍太
紅萩の濃き日なりしが三日月 細見綾子
素裸はなみのこに息合はすため 佐藤鬼房
繊しとも細き寒三日月なりけり 安住敦
義歯のさみしき三日月も寒に入る 飯田龍太
老人の小走り春の三日月へ 西東三鬼
老年の口笛涼し青三日月 西東三鬼
脂三日月吾子の夜髪ぞ潤へる 中村草田男
芙蓉咲き見えぬ月見えぬ蛾眉山 金子兜太
花合歓に蛾眉なが~し午後三時 川端茅舎
花温室の新月くらみ年うつる 飯田蛇笏 春蘭
葉柳やもつれてのこる三日の月 正岡子規 葉柳
薯買に梅雨の三日月走りをり 加藤秋邨
藁しきて三日月仄かいちご咲く 飯田蛇笏 心像
藻を掻いて暮るゝ蜑あり三日の月 河東碧梧桐
蜩の梢や三日月の逍遥遊 中村草田男
蜩の聲の尻より三日の月 正岡子規 蜩
蝙蝠や翅がくれに三日の月 正岡子規 蝙蝠
蝙蝠をうちそこなひぬ三日の月 正岡子規 蝙蝠
蟷螂の斧ほのほのと三日の月 正岡子規 蟷螂
行燈のとゞかぬ松や三日の月 正岡子規 三日月
襟もとに白い三日月をさしてゆく 富澤赤黄男
西方に新月生き残りしは汗す 大野林火 雪華 昭和三十五年
見あげたる蝙蝠消て三日の月 正岡子規 三日月
見まゐらす寝釈迦あはれ蛾眉御若き
観音を買う三日月の邂逅に 橋閒石 荒栲
角巻を著たる女と三日の月 高野素十
谿開けて梅雨三日月をほのと出す 上田五千石『風景』補遺
象潟や山低うして三日の月 正岡子規 三日月
貝掘りの戻る濡身や三日の月 河東碧梧桐
貸車長し春の三日月光り出す 石田波郷
路地の画家新月点じ売り渡す 有馬朗人 母国拾遺
踊の灯なくば三日月のみの谷 鷹羽狩行
迎へ火に三日月くらく拝まれぬ 大野林火 早桃 太白集
野を走り跳び三日月を馴らす男 金子兜太
金鈍る三日月は霜かゝるらし 渡邊水巴 富士
金銭(かね)貸してくれない三日月をみてもどる 富澤赤黄男
門閉ぢて新月楡に魂まつり 飯田蛇笏 霊芝
雁行く方宵の新月来つつあり 中村草田男
雪の屋根三日月は疎に星親し 野澤節子 未明音
雪原に没る三日月を木星追ひ 橋本多佳子
雪嶺に三日月の匕首(ひしゅ)飛べりけり 松本たかし
雪後三日月観念のいろに冴え 飯田龍太
雲いらつ三日月に道氷るべし 大野林火 冬雁 昭和二十一年
雲台に三日月地上に何置かるる 中村草田男
靄がかり三日月五日月もまた 佐藤鬼房
韃靼の三日月幽き大地かな 加藤秋邨
顕微鏡見し眼に冬の三日月を 山口青邨
風の中の新月九月はじまれり 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
風吹けば三日の月あり夏柳 正岡子規 夏柳
鳴神の去る噴煙に三日の月 飯田蛇笏 雪峡
鵙は田を越え三日月も消えさうに 廣瀬直人
鹿苑の新月を追ひ水にそひ 飯田蛇笏 春蘭

三日月 続補遺

あそこには誰が捨置て三日の月 支考
あはれとも見るにたえたり三日の月 樗良
ありとだに形ばかりなる三日の月 加藤曉台
いつくれて花にはざかる三日の月 紫白女
さめ~としぐれふくめり月の眉 長翠
しら桃や梢にのこる三日の月 芦角
すゞしさは蜘三日月をいらひけり 李東
そこに馬刀爰は三日月潟帆浪 支考
たが子ぞや三日月あふぐ白団扇 乙訓
たま~に三日月拝む五月哉 去来
はしり穂を分て出けり三日の月 李由
はつ秋の初ものなれや三日の月 紫貞女
はな散りて三日月高し嵐山 松岡青蘿
ほとゝぎすさす手引手や三日の月 野坡
まだ咲かぬ梅の梢や三日の月 諷竹
もろこしや葉をもり兼て三日の月 宗波
やた船に盃ながせ三日の月 除風
三日の月今や出羽の一の宮 呂丸
三日の月秋の風情を初けり 三宅嘯山
三日月にありのまゝ也ほとゝぎす 桃妖
三日月にいそげぼたんの花のつや 良品
三日月にうまみのつくや梅の花 蘆本
三日月にかいわるきくの莟哉 松岡青蘿
三日月にかけてあそぶや蜘のいと 路青
三日月にかならず近き星ひとつ 素堂
三日月にそむいて飛や礒千鳥 風国
三日月にふすりのかゝる蚊遣哉 野紅
三日月によく似たものよ二日月 井上士朗
三日月に交りて散るや川柳 除風
三日月に内証すかされ雲のみね 紫白女
三日月に木間出はらふ茶つみ哉 炭太祇
三日月に火も焚きかねぬ兎かな 巣兆 発句題叢
三日月に行先暮るゝ枯野哉 松岡青蘿
三日月のいつか出て居る桜麻 嵐竹
三日月のおぼろや花のあいしらひ 十丈
三日月のかけて飛日や晩の鐘 支考
三日月のしたしや稲にいねの影 桜井梅室
三日月のそつと障らば萩もさけ 車庸
三日月のたひらな上に春の雲 寥松
三日月のちよつとはさゆる新樹哉 成田蒼虬
三日月の一点寒し厳島 支考
三日月の仕舞は早き師走哉 朱拙
三日月の光さしけり精米 加藤曉台
三日月の光や浮てもゝのはな 句空
三日月の入さの松や扇をく 鈴木道彦
三日月の入もたしなき師走哉 浪化
三日月の割付合たり桃の花 凉菟
三日月の命あやなし闇の梅 去来
三日月の座ははつきりと梅花 浪化
三日月の影にて涼む哀れかな 素堂
三日月の影取出すや草のうヘ 助然
三日月の影蹈濁すかはづ哉 高井几董
三日月の木ずゑに近し鍋牛 高井几董
三日月の木の間明りや春の風 長翠
三日月の木伝ふ風の林かな 三宅嘯山
三日月の眉ほそめたり峯の雪 露川
三日月の秋を運ぶや草の上 風国
三日月の空にさいたは何の花 支考
三日月の船行かたや西の海 炭太祇
三日月はかつらの園の実生哉 支考
三日月は夜るを見せたることし哉 野坡
三日月もあるやまことの初時雨 桜井梅室
三日月もさはらば落ちん熟柿かな 素丸 素丸発句集
三日月も似合に凄し冬の雲 支考
三日月も御慶なりけり墨田河 蕉雨 俳諧道中双六
三日月も見る間あるもの隅田川 鈴木道彦
三日月やさよは水鶏の闇ながら 支考
三日月やはや手にさはる草の露 桃隣
三日月やまだ稲の穂の出そろはず 十丈
三日月や世捨人らが立さわぐ 松窓乙二
三日月や二つ鵆を六日の夜 野坡
三日月や今化粧ふたる鏡山 蘆文
三日月や名は有明の草のかげ 支考
三日月や土なぶりせし手のかわき 成田蒼虬
三日月や愛宕を下る鈴の音 卓池
三日月や松にむすべる初木の実 野坡
三日月や梅の木蔭の鬼子母神 長翠
三日月や灸のふたにうすおもひ 許六
三日月や窓の障子の蚊の歩み 子珊
三日月や箸ではさまば落ぬべし 支考
三日月や素を後にむめもみぢ 野坡
三日月や織屋の内儀客をもつ 鈴木道彦
三日月や落ちて芭蕉の破れ口 一成 新類題発句集
三日月や蚊の散曇るといふ間 一笑(金沢)
三日月や袖より鴫の立闇さ 傘下
三日月や跡月は門の松に見し 馬場存義
三日月や闇に上たる鹿の角 野坡
三日月や風にふかるゝ尾長鳥 松窓乙二
三日月をたわめて宿す薄かな 素堂
三日月をつきぬく梅の匂ひかな 支考
三日月を二尺よせたし雲の峰 柳居 柳居発句集
三日月を出て見るあとは嫁が君 松窓乙二
三日月を撫落したる薄哉 三宅嘯山
三日月を箔と置ばや峯の松 支考
三日月を見にこそ来たれ芒ふく 松窓乙二
三日月を見添ては聞鴨の声 野坡
中椀の黒いも御意に三日の月 其角
二月のあれ三日月が~ 松窓乙二
似合しき木の間尋ねて三日の月 卓池
元日も二日になりつ三日の月 五明
出てゐるや梅のつぼみに三日の月 浪化
初秋や三日月物を思はする 楚水 新類題発句集
夕めしに三日月を見る端居哉 一笑(金沢)
夜寒さや風囲とれ三日の月 舟泉
寒くとも三日月見よと落葉かな 素堂
岩角も居直る海や三日の月 野坡
影ちるや葛の葉裏の三日の月 杉風
影にして涼むもあはれ三日の月 素堂
御*篝や唐土までも三日の月 馬場存義
新月に蕎麦うつ草の庵かな 高井几董
新月の心ばえ也唐煙筒 嵐雪
新月やいつを昔の男山 去来
新月やくもるものには人ごゝろ 馬場存義
新月やことしのけふの隅田川 蓼太 蓼太句集三編
新月やそゞろにむかふ心ばえ 舎羅
新月やまだほや~と雪の峰 百里
新月やまづ宮古まで十八里 許六
新月や一枚鋪のかたさがり 野径
新月や人のこゝろにひとつづゝ 完来 空華集
新月や住も黒めず庵柱 野坡
新月や内侍所の棟のくさ 嵐雪
新月や友に柳の稲むしろ 百里
新月や峯のしら雲それながら 完来
新月や正面の其角四方椽 東皐
新月や水におどろく十寸鏡 舎羅
新月や海をはなるゝ一雫 琴風
新月や芝にも迷ふ居り所 野坡
新月や藤太がまとは柳の葉 洒堂
新月や貝屋が欲のいそ伝ひ 馬場存義
日を松によけて見たれば三日の月 卓池
昼中に捨も捨たり三日の月 三宅嘯山
晴るゝ夜の三日月くだく柳哉 木因
暁の三日月みたる途すがら 千子
有明を一ヘぎ涼し三日の月 支考
木つゝきや三日月かけて松の露 朱拙
木啄や三日月かけてひと雫 朱拙
梅にさへこゝろ細さを三日の月 園女
植つけし夜は三日月の門田かな 松岡青蘿
植ゑつけし夜は三日月の門田かな 松岡青蘿
植木屋の木の間覗くや三日の月 成田蒼虬
椽先のぬれたやうなり三日の月 成田蒼虬
此心おもへ小春の三日の月 万子
此景色誰三日月のはつざくら 松岡青蘿
水やそら一葉浮びて三日の月 吾仲
浅草やすゑは稲葉に三日の月 夏目成美
淡路潟汐干はくれて三日の月 許六
牡丹花は牛にのりてや三日の月 許六
石山は見ずと入けり三日の月 許六
秋もまた豆腐の味に三日の月 除風
稲妻や三日月ゆるぐ茶の木原 野紅
素湯あまし末の三日月見るやどり 松窓乙二
花と実と松は二ッを三日の月 野坡
若草に入も中よし三日の月 中川乙由
茶の花の夜は三日月のにほひかな 井上士朗
蔦の葉にとぼし付たり三日の月 支考
蚊ばしらの際ほの~と三日の月 牧童
蜀黍の穂首になびけ三日の月 加藤曉台
野ゝみやのむかしを照や月の眉 中川乙由
院宣や今に二夜の月の眉 三宅嘯山
雛仕まふ跡のかざりや三日の月 荊口
雪や来む三日月さへる山の上 井上士朗
電の切れて残るか三日の月 文鳥
須磨の秋三日月からは来ぬ人ぞ 池西言水
飛のりて行雲安し三日の月 野紅
飲程に三日月懸し桜哉 万子

以上
by 575fudemakase | 2016-09-29 17:47 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26235349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング