夕月夜 の俳句

夕月夜 の俳句

夕月夜 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22894687/

夕月夜 補遺

あるきたいだけあるいて頭陀袋ふくれた夕月 種田山頭火 自画像 落穂集
いつのびし茗荷の花や夕月夜 中村苑子
いとまありかつことばあり夕月よ 岡井省二 五劫集
きさらぎの夕月映る水ひゞく 桂信子 月光抄
つめてゐし息を吸ひたる夕月に 岡井省二 有時
なぐさみに蚊やりす須磨の夕月夜 正岡子規 蚊遣
はぢらひ顔の花の宵月人得つつ 中村草田男
ふるさとはよし夕月と鮎の香と 桂信子 月光抄
ほのめくや墨染桜夕月夜 正岡子規 夕桜
サーカスの天幕の上の冬夕月 山口青邨
サーカスの象ステップ踏む冬夕月 山口青邨
チェロを擁き夏夕月の黄をめづる 飯田蛇笏 山響集
一八の花に夕月金流す 山口青邨
仔猫の斑夕月の班とにほやかに 中村草田男
初冬や夕月かかる御霊屋に 川端茅舎
初汐や磯のすゝきの宵月夜 村上鬼城
初蜩夕月はまだひからずに 大野林火 月魄集 距和五十七年
向かい射す夕月我執のわが速歩 金子兜太
土手の長さ夕月を背に連るゝ二人 種田山頭火 自画像 層雲集
夕日より夕月高し花醍醐 森澄雄
夕月が幟をとほきものにする 大野林火 海門 昭和十年
夕月にざんぼあの種埋めてみる 星野麥丘人 2003年
夕月に七月の蝶のぼりけり 原石鼎 花影以後
夕月に大根洗ふ流れかな 正岡子規 大根
夕月に山百合は香を争はず 飯田龍太
夕月に抱いて出し子と妻にほふ 伊丹三樹彦
夕月に日はにぎはしやつくづくし 岸田稚魚 負け犬
夕月に深田の蛙聲悲し 正岡子規 夕月
夕月に湯屋開くなり近松忌 石田波郷
夕月に甚だ長し馭者の鞭 高野素十
夕月に白歯見せあい山の人 金子兜太
夕月に花咲き満ちぬ林檎園 相馬遷子 山国
夕月に萩ある門を叩きけり 正岡子規 夕月
夕月に謝し青柚子を一つ*もぐ 藤田湘子 神楽
夕月に逢瀬葦折り折りゆける 伊丹三樹彦
夕月に露ふりかける尾花哉 正岡子規 薄
夕月のありしあやめの返り花 高野素十
夕月のいろの香を出す青胡瓜 飯田龍太
夕月のおもて過行しくれ哉 正岡子規 時雨
夕月のかそけさ人の子を抱くも 桂信子 月光抄
夕月のきらめきのぼる雪解山 飯田龍太
夕月のくさびら二三摘みにけり 岡井省二 五劫集
夕月のすこしいびつや牡丹も 山口青邨
夕月のそれも満月遠野郷 岸田稚魚
夕月のたのしく照りて五月かな 日野草城
夕月のたへにも繊き案山子かな 水原秋櫻子 葛飾
夕月のはやばや出づる雲雀かな 日野草城
夕月のまだ光らざり菜種畑 上村占魚 鮎
夕月のやや色に出し近松忌 森澄雄
夕月のやゝふくれけり七八日 正岡子規 夕月
夕月の光を加ふ松納 深見けん二
夕月の切れ端おぼろ冬の家 金子兜太
夕月の呼ぶに応へて夕桜 相生垣瓜人 負暄
夕月の地にひつゝいてほとゝきす 正岡子規 時鳥
夕月の影さす春の閼伽井かな 西島麦南 人音
夕月の既に朧や藪の空 松本たかし
夕月の疾うに高しや郁子の花 飯島晴子
夕月の砂山に呼び出されたる 佐藤鬼房
夕月の荒涼の野へ得し舟歌 金子兜太
夕月の落ちて灯を吹く夜寒かな 正岡子規 夜寒
夕月の裾の光りや雪のこる 原石鼎 花影
夕月の銀のさばしる鳥総松 飯田龍太
夕月は木の間に青しかつこ鳥 正岡子規 閑古鳥
夕月は水色なせり黐の花 草間時彦
夕月は落ちて灯を吹く夜風哉 正岡子規 夕月
夕月は餘りに長し瀬田の橋 正岡子規 夕月
夕月も白く白鳥なほ白く 林翔
夕月やあぎと連ねて鯉幟 三橋鷹女
夕月やあしもとさむき葱坊主 大野林火 海門 昭和七年以前
夕月やうしろに匂ふ梅の花 正岡子規 夜の梅
夕月やうちかぶり剪る萩白し 日野草城
夕月やけふる港のかゝり船 正岡子規 夕月
夕月やこゆるぎ戻る春の人 内藤鳴雪
夕月やたゝかば散らん萩の門 正岡子規 萩
夕月やひそかに咲ける寒椿 日野草城
夕月やふくべの尻の花乍ら 正岡子規 瓢
夕月やほのほの白き蚕棚 正岡子規 蚕飼
夕月や一かたまりに散る桜 正岡子規 散桜
夕月や上に城ある崖の下 正岡子規 夕月
夕月や京のはづれの辻角力 正岡子規 相撲
夕月や何やら跳る海の面 正岡子規 夕月
夕月や内陣に人の籠る音 正岡子規 夕月
夕月や又此宿も酒わろし 正岡子規 夕月
夕月や山の裏行く鹿の聲 正岡子規 鹿
夕月や島をはなれぬ凧 飴山實 花浴び
夕月や怒濤岩をうつて女立つ 正岡子規 夕月
夕月や早乙女うたひつゝかへる 正岡子規 早乙女
夕月や曳売花屋灯をもたず 岡本眸
夕月や東籬の菊に靄流れ 山口青邨
夕月や松影落つる坐禪堂 正岡子規 夕月
夕月や柱に添うて眉涼し 桂信子 花影
夕月や桜流るゝ橋の下 正岡子規 散桜
夕月や梅ちりかゝる琴の上 正岡子規 梅散る
夕月や田舟めぐって鳴く蛙 正岡子規 蛙
夕月や砧聞ゆる城の内 正岡子規 砧
夕月や笠きて歸る渡し守 正岡子規 夕月
夕月や簾に動く花の影 正岡子規 簾
夕月や納屋も厩も梅の影 内藤鳴雪
夕月や芒吹かるゝ塀の外 正岡子規 薄
夕月や草むらさきに上り鮭 古舘曹人 砂の音
夕月や薔薇のかをりのそことなく 日野草城
夕月や藻に腹かへす桶の鮒 正岡子規 夕月
夕月や蚊帳の浪よる妹が顔 内藤鳴雪
夕月や蜈蚣這ひ出る庵の壁 正岡子規 夕月
夕月や蜈蚣這ひ居る庵の壁 正岡子規 夕月
夕月や車のりこむ大曲り 正岡子規 夕月
夕月や雄鹿群れ行く東大寺 正岡子規 鹿
夕月や雪あかりして雑木山 藤田湘子 途上
夕月や風吹き入るゝ山さくら 正岡子規 山桜
夕月や鹿のふしどは松のかげ 正岡子規 鹿
夕月より微か耕す音木の実も 金子兜太
夕月をあげ逆髪の誰ならん 佐藤鬼房
夕月をうしろに入れて杉の森 正岡子規 夕月
夕月夜人は家路に吾は旅に 星野立子
夕月夜佛壇買はんかと思ふ 佐藤鬼房
夕月夜島山葛をうち纒ひ 松本たかし
夕月夜早少女うたひつゝ帰る 正岡子規 早乙女
夕月夜萩ある門を叩きけり 正岡子規 夕月
大和路や春日も見えて宵月夜 正岡子規 春日
大根引く音聞きに出ん夕月夜 正岡子規 大根引
宵月のかかりてをりし簾かな 木村蕪城 一位
宵月のたしかに暮るゝ黒牡丹 正岡子規 牡丹
宵月のやがて大根の葉に照りぬ 中村草田男
宵月の出汐の踊はずみ来し 臼田亜郎 定本亜浪句集
宵月の夜盗蛾厠にて死ねり 佐藤鬼房
宵月は縦割り半月くつわ虫 百合山羽公 寒雁
宵月やふすまにならぶ影法師 正岡子規 夕月
宵月や丁子かつらのこぼれ花 臼田亜郎 定本亜浪句集
宵月や牛くひ残す花茨 正岡子規 茨の花
宵月や蝙蝠つかむ豆狸 正岡子規 蝙蝠
宵月や霜ほど降りて春の雪 日野草城
宵月や黍の葉かくれ行水す 正岡子規 行水
宵月を蛍袋の花で指す 中村草田男
宵月夜狐は化る支度哉 夕正岡子規 月
寒月とならむ夕月白く淡し 林翔
小障子に菖蒲の影や夕月夜 正岡子規 菖蒲
居酒屋の窓に梨さく夕月夜 正岡子規 梨の花
思はざる夕月一葉地にけぶる 大野林火 冬雁 昭和二十一年
手鏡に夕月がふと涼しけれ 日野草城
時鳥千本卒塔婆宵月夜 正岡子規 時鳥
月山に身軽夕月のぼりだす 平畑静塔
月見草夕月よりも濃くひらき 安住敦
朴の花菩薩の如く宵月夜 阿波野青畝
枯蘆やこえ船歸る夕月夜 正岡子規 枯芦
栗の穂に夕月金の輪をひろげ 飯田龍太
桐落花掃く夕月の草廬かな 西島麦南 人音
水仙に 二日の入日と 夕月と 伊丹三樹彦
淋しさや雁も渡らぬ夕月夜 正岡子規 夕月
湯の山や炭賣歸る宵月夜 正岡子規 炭売
照射する山のあなたや宵月夜 正岡子規 照射
犬も跼むや夕月の坂見下しに 大野林火 冬雁 昭和二十一年
猟夫過ぎ夕月の冷えまさりけり 松崎鉄之介
琵琶やめて真桑をむかん宵月夜 正岡子規 甜瓜
瓜刻む妻夕月に見惚れたり 大野林火 早桃 太白集
畑の梅白からんとして夕月に 山口青邨
病む母を騒がしておく夕月夜 佐藤鬼房
神馬なかず宵月杉にひくかりき 飯田蛇笏 心像
秋風や夕月色をもちそむる 日野草城
窓推すや時雨ながらの夕月夜 正岡子規 時雨
竜の玉宵月の辺は縹色 中村草田男
竹椽にこほろぎ飛ぶや夕月夜 正岡子規 夕月こほろぎ<虫+車>
紅き蟹まだ夕月に染まずして 百合山羽公 故園
紅葉から二町はなれて夕月夜 正岡子規 夕月
花樗見えず散りゐる夕月夜 松本たかし
茴香の夕月青し百花園 川端茅舎
草枯れや夕月ながら道くらき 大野林火 海門 昭和十年
菊や鍬や買ひけり市の夕月夜 正岡子規 菊
落葉松をいでて枯野の夕月夜 水原秋櫻子 殉教
葉牡丹に宵月祝ぎの膳運ぶ 木村蕪城 寒泉
逐はれ越ゆる夕月の山の草の実 中川一碧樓
道の辺に影をつれ出す夕月夜 上田五千石『琥珀』補遺
野を焼いて夕月のあるゆかりかな 岡井省二 有時
釣人に鼠あらはれ夕月夜 川端茅舎
雨晴れて夕月の欠を鳴く田螺 正岡子規 田螺
鞍馬夕月花著莪に佇つつらき人 赤尾兜子 歳華集
風鶴山房年終る日の夕月澄む 村山故郷
飼屋に置く鏡ひかれば夕月あり 金子兜太
馬子遲し兒待つ門の夕月夜 正岡子規 夕月
鳴らすことなき篠の笛夕月夜 佐藤鬼房
鶴消えた空 夕月の独り占め 伊丹三樹彦
鷺落ちて夕月細し蘆の花 正岡子規 芦の花

夕月夜 続補遺

しら萩やなを夕月にうつり際 杉風
しら萩やなを夕月のうつりぎは 杉風
とんぼうや羽に夕月の透る迄 三宅嘯山
七夕の夕月や鈍に暮かぬる 凡兆
入ル跡の光りや雪の宵月夜 浪化
名月にそろ~似るや宵月夜 木因
夏めくや夕月かゝる鼻のさき 長翠
夕月におもしろ過よ梅の花 風国
夕月に重着したる隠者達 嵐青
夕月のさしかけ傘や女七夕 素丸 素丸発句集
夕月のないかたがよききくの花 成田蒼虬
夕月の焼野の灰に曇りけり 三宅嘯山
夕月や女中に薄き川屋敷 百里
夕月や杖に水なぶる角田川 越人
夕月や流れ残りのきり~す 小林一茶
夕月や莚をうつす檐の牙 浪化
夕月や驢鞍過ゆく驢鞍橋 黒柳召波
夕月夜畦に身を干す蝦哉 琴風
宵月に影ははづれぬ熟柿哉 路健
宵月のしか~とてるさむさ哉 臥高
宵月の雲にかれ行く寒さかな 鬼貫
宵月や寺はちどりの巣のあたり 支考
宵月や長刀鉾のはやし物 泥足
待宵はひとつ徳あり夕月夜 野坡
我宿とおもへば涼し夕月夜 早野巴人
春もまだ寒し柳の宵月夜 諷竹
梅がゝやかたじけなくも宵月夜 井上士朗
梅折ば先夕月のうごく也 黒柳召波
棣棠の影さす扨は夕月夜 高井几董
槇の葉にかゝる埃や夕月夜 三宅嘯山
渡るほど田の水越や宵月夜 土芳
牛房引都女や夕月夜 望月宋屋
瓜の葉に蚊のほそり出る夕月よ 野径
箸持て鵜籠を覗く宵月夜 朱廸
苗札や笠縫をきの宵月夜 此筋
菊もありて人なし夏の宵月夜 支考
薄刃目にうどの曇りや夕月夜 三宅嘯山
隣同士白魚買ん夕月夜 建部巣兆
鹿ずれの松の光りや夕月夜 丈草

以上
by 575fudemakase | 2016-09-29 17:56 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26235370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング