轡虫 の俳句

轡虫 の俳句

轡虫 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23238998/

轡虫 補遺

がちゃがちゃことに避けどころなし草の宿 及川貞 夕焼
がちやがちやがちやがちや鳴くよりほかない 種田山頭火 草木塔
がちやがちやに何弔ふや鉦叩 森澄雄
がちやがちやの森の一舘勅使館 高野素十
がちやがちやの見えて鳴きゐる荷を下す 後藤夜半 翠黛
がちやがちやの鳴きさざめかす葎かな 阿波野青畝
がちやがちやも南無妙法蓮華経かな 阿波野青畝
がちやがちやや壺より黒き八重葎 川端茅舎
がちやがちやを黙らす水枕の水で 鷹羽狩行
くつわ虫のメカニズムの辺を行き過ぎぬ 中村草田男
くつわ虫の激ち一夜に一生懸け 橋本多佳子
くつわ虫歴(くき)とわが影燈を負ひて 橋本多佳子
くつわ虫油の切れし日に死ねり 鷹羽狩行
くつわ虫洩れ燈の幅で土工の宴 香西照雄 対話
けふの足裏を拭へば轡虫 鷹羽狩行
てにをはを舌頭千転くつわ虫 鷹羽狩行
ドライブすがちやがちやに停め月に停め 右城暮石 一芸
一夜一夜がちやがちや近くやかましく 正岡子規 轡虫
城跡の一角の闇くつわ虫 百合山羽公 樂土
夕蝉の終るを待たで轡虫 相生垣瓜人 明治草
夜の海を見に行く跣足くつわ蟲 山田みづえ 草譜
夜天に虹を見得るは不幸くつわ虫 中村草田男
大雨に水漬きし藪や轡虫 福田蓼汀 山火
宵月は縦割り半月くつわ虫 百合山羽公 寒雁
小粒てふ十団子いまも轡虫 古舘曹人 能登の蛙
山寺や伽陀のごとくに轡虫 阿波野青畝
山彦の乱れんばかり轡虫 阿波野青畝
山荘消せば遠ちのひとつ灯くつわ蟲 及川貞 夕焼
慟哭とたまたま聞けり轡虫 相生垣瓜人 負暄
方言は仕事の言葉くつわ虫 香西照雄 素心
木木深し昼もがちやがちや折折は 高野素十
松虫を聴きさぐりしが轡虫 加藤秋邨
歓声と云ふものならむ轡虫 相生垣瓜人 明治草抄
歡声と云ふものならむ轡虫 相生垣瓜人 明治草
死は涼し昼くつわ蟲葦中に 三橋鷹女
死神の使者の轣轆轡虫 森澄雄
海鳴を一轡虫圧しけり 相生垣瓜人 明治草抄
火祭を熱や熱やと轡蟲 富安風生
立ちよるや鳴音かへたる轡虫 高野素十
絢爛を独り極むる轡虫 相生垣瓜人 明治草
落ち方のけはしき月に轡虫 福田蓼汀 山火
虚無明らか歯科がちやがちやに光崩し 金子兜太
足助塩の名に古りし町轡虫 木村蕪城 寒泉
轡虫ナイターもつれ果て知らず 水原秋櫻子 餘生
轡虫夜討よすると覺えたり 正岡子規 轡虫
轡虫海は全く暗くなりぬ 村山故郷
轡虫矯激にてはあらざるか 相生垣瓜人 明治草
轡虫籠ふるはして鳴きにけり 尾崎放哉 大学時代
轡虫蕩々たりと又言はむ 相生垣瓜人 負暄
轡虫雨の宵寝の耳はなれ 水原秋櫻子 残鐘
轡蟲かすかに遠き寝の安く 富安風生
轡蟲夜討も來べき夜なる哉 正岡子規 轡虫
返す歩にすがりつき来しくつわ虫 稲畑汀子
電器屋の金具がちやがちや水すまし 飯田龍太
露萩もおるゝ斗に轡虫 越人
青芝へ夜もあけはなつ轡虫 水原秋櫻子 玄魚
鮎の川夜はがちやがちやの闇となる 右城暮石 句集外 昭和四十九年

以上
by 575fudemakase | 2016-09-29 18:07 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26235417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング