初潮 の俳句

初潮 の俳句

初潮 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22894741/

初潮 補遺

ひたひたと初汐よする戸口哉 正岡子規 初潮
人形と黒子等身葉月潮 岡井省二 鯛の鯛
充つるときむしろ声なき葉月潮 能村登四郎
初汐にうらうつ貝や鶴のあし りん女
初汐にすれてとびけり鶴一羽 正岡子規 初潮
初汐につれていでけり鶴一羽 正岡子規 初潮
初汐に掌ほどの舟も帆あげたり 福田蓼汀 山火
初汐に松四五本の小島かな 正岡子規 初潮
初汐に飯くふ船や窓の前 正岡子規 初潮
初汐のうらうづがひや鶴のはき りん女
初汐の上に灯ともす小島かな 正岡子規 初潮
初汐の下を流るゝ角田川 正岡子規 初潮
初汐の伊根は舟小屋ばかりかな 阿波野青畝
初汐の打ちかぶせたる浜火かな 護物 発句題叢
初汐の海にあふるゝばかりかな 正岡子規 初潮
初汐の渺々として入日哉 正岡子規 初潮
初汐の空にたゞよふきほい哉 正岡子規 初潮
初汐の空にひろがるきほい哉 正岡子規 初潮
初汐の跡これならし大鳥居 正岡子規 初潮
初汐の鯨うくべきけしきかな 正岡子規 初潮
初汐の鰡を追はへる小海老哉 正岡子規 初潮
初汐やからくも橋をくゞる船 正岡子規 初潮
初汐やつなぐ處に迷ふ舟 正岡子規 初潮
初汐やどつくにはいる軍船 正岡子規 初潮
初汐やはかなきものはうつせ貝 正岡子規 初潮
初汐やひそかに鰡の刎ねし音 鈴木真砂女 卯浪
初汐や千石積の船おろし 正岡子規 初潮
初汐や千石船の船よそひ 正岡子規 初潮
初汐や埠頭の内なる蒸氣船 正岡子規 初潮
初汐や夜な~つのる山颪 北枝
初汐や太平洋を檐の下 正岡子規 初潮
初汐や川に漾ふ薦包 正岡子規 初潮
初汐や帆柱ならぶ垣の外 正岡子規 初潮
初汐や御茶の水橋あたりまで 正岡子規 初潮
初汐や松に浪こす四十島 正岡子規 初潮
初汐や松の下なる後架みち 道彦 蔦本集
初汐や横須賀浮ぶ家の影 正岡子規 初潮
初汐や河豚遊び居る阜頭の内 正岡子規 初潮
初汐や海ゆりこして草の上 正岡子規 初潮
初汐や渚をたどる鶴の足 正岡子規 初潮
初汐や磯のすゝきの宵月夜 村上鬼城
初汐や空舟月に浮かびけり 尾崎放哉 大学時代
初汐や竹の裏行人の声 蓼太 蓼太句集初編
初汐や篝火こゆるみやこ鳥 完車 新類題発句集
初汐や背戸に漾ふ薦包 正岡子規 初潮
初汐や船に飯くふ窓の前 正岡子規 初潮
初汐や草から出てわすれ水 宗宇 新雑談集
初汐や藻草にからむ古足駄 正岡子規 初潮
初汐ヘガードレールや経ケ崎 阿波野青畝
初潮に物を棄てたる娼家かな 日野草城
初潮の墻なす濤に地鎮祭 木村蕪城 寒泉
初潮の磯を摶ち摶ち寄せ寄せつ 阿波野青畝
初潮や大魚のごとくいささうを 山口青邨
初潮や岬を越ゆる葛の道 水原秋櫻子 磐梯
初潮や旭の中に伊豆相模 与謝蕪村
初潮や水輪の中の魚の口 石田勝彦 秋興
初潮や海ことごとく動きゐて 山口青邨
初潮や港にのこる煉瓦館 燕雀 星野麥丘人
初潮や細いところに帆かけ舟 嵐蘭 類題発句集
初潮や鳴門の浪の飛脚舟 野沢凡兆
初潮を汲む青楼の釣瓶かな 内藤鳴雪
吾に寄る太平洋の初潮が 山口誓子
夕焼けてのちも初潮早湍なす 下村槐太 天涯
孔雀尊翅をかけたる葉月潮 岡井省二 鯨と犀
引際の白を尽くして葉月潮 岡本眸
思はざるくらき帆に逢ふ葉月潮 能村登四郎
方位盤かつ葉月潮顔真卿 岡井省二 鯛の鯛
暮れきらぬ灯台の灯や葉月汐 日野草城
望の汐耳だたしさよ親不知 阿波野青畝
江の宿や蘇鉄の窓の葉月汐 飯田蛇笏 霊芝
浅く浮いて沈みし魚や葉月汐 日野草城
浮島は忘れてゐたり葉月潮 岡井省二 大日
漁り火となるべく航くや葉月潮 岡本眸
灌木の中にわれをり葉月潮 岡井省二 有時
牡蠣棚に小鯛寄り来る葉月潮 安住敦
白馬めく遠初汐や経ケ崎 阿波野青畝
碁布の島初汐浪を上ぐるかな 河東碧梧桐
粘菌はムラサキホコリ葉月潮 岡井省二 鯨と犀
船津屋の粗朶垣の下葉月汐 松本たかし
葉月汐海は千筋の紺に澄み 中村草田男
葉月汐鴎の袂長きかな 川端茅舎
葉月潮よごるるなかれ須磨明石 赤尾兜子 玄玄
葉月潮伊雑の宮をさしてゆく 山口誓子
葉月潮振り返らずに蹤きゐたり 平井照敏
葉月潮海神まつる水門の岩 角川源義
葉月潮澄み泳ぎ子の声も澄む 松本たかし
葉月潮男の欲のうねりもて 能村登四郎
葉月潮秀先きを白く辺戸岬(沢木欣一句碑、沖縄辺戸岬に建つ) 細見綾子
西東より葉月潮迫り合へる 山口誓子
金剛合掌葉月潮の上 岡井省二 鯛の鯛

以上
by 575fudemakase | 2016-09-29 18:23 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26235461
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング