蜉蝣 の俳句

蜉蝣 の俳句

蜉蝣 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22842370/

蜉蝣 補遺

あたらしき夜はなしうすばかげろふ来る 藤田湘子
いのち透けうすばかげろふ透けにけり 後藤比奈夫
うすはかげろふ産みゆくその身切に曲げ 加藤秋邨
うすばかげろふむかし女は泣いて耐へし 鈴木真砂女 夕螢
うすばかげろふ灯をはなれゆく紋白く 山口青邨
かげろふがかたまつてをるだるま歌 岡井省二 鯛の鯛
かげろふと字にかくやうにかげろへる 富安風生
かげろふにあぐる手の色あやしみぬ 飯島晴子
かげろふにありて家鴨の曲り処 斎藤玄 雁道
かげろふにうかび地平を縦隊が 長谷川素逝 砲車
かげろふにそそぐ御神酒や地鎮祭 鷹羽狩行
かげろふにたちまつろはれゐたること 岡井省二 夏炉
かげろふにほとけの形みてゐたり 上田五千石『琥珀』補遺
かげろふに仙紙三反抱へゆく 岡井省二 猩々
かげろふに平手打してまはりけり 飯島晴子
かげろふに房総行の長電車 山田みづえ まるめろ
かげろふに砂浜揺るる生きたけれ 山口誓子
かげろふに糞ころがしのオブジエかな 岡井省二 鯛の鯛
かげろふに足とられてや野にころぶ 石川桂郎 四温
かげろふに辿りつくことなかるべし 山田みづえ まるめろ
かげろふに遠巻かれつつ磯づたふ 篠原梵 年々去来の花 雨
かげろふに顔色ひくを覚えけり 飯島晴子
かげろふのちる茶問屋をきりまはす 飯島晴子
かげろふのはや立ちそめて沖の石 佐藤鬼房
かげろふのひもすがら炎ゆ独鈷の湯 阿波野青畝
かげろふのゆれうつりつつ麦熟れぬ 飯田蛇笏 春蘭
かげろふの中に来りて遊びけり 山口誓子
かげろふの中やこれより衣川 佐藤鬼房
かげろふの古び百歩にかへりみる 上田五千石『琥珀』補遺
かげろふの坂下りて来る大あたま 飯島晴子
かげろふの後生車となりにけり 佐藤鬼房
かげろふの激しさ砂洲をなさしめず 山口誓子
かげろふの濃くからみたる眼玉なり 飯島晴子
かげろふの独り舞台の石舞台 山田みづえ 手甲
かげろふの甲斐はなつかし発句の大人 石橋秀野
かげろふの身を玉章(たまづさ)と矯はめ矯はみ 中村草田男
かげろふの音かと見れば芦燃す 下村槐太 天涯
かげろふは焦土ばかりや西行忌 岸田稚魚 雁渡し
かげろふやわが足踏んで子の歩み 岡本眸
かげろふやペンを持たざる小半日 鷹羽狩行
かげろふや上古の瓮の音をきけば 飯田蛇笏 春蘭
かげろふや刻かけて来る乳母車 鷹羽狩行
かげろふや彼方へ行かむと上眼する 中村草田男
かげろふや掬ひ起せば皆死ぬる 三橋敏雄
かげろふや歩き出すとき軽く咳 岡本眸
かげろふや水うすければ風の意に 岡本眸
かげろふや禁酒地蔵の笠は猪口 鷹羽狩行
かげろふや舟継ぎて航く小舟越 角川源義
かげろふや頭に乗せ運ぶ板硝子 岡本眸
かげろふや魚屋の水花舗の水 岡本眸
かげろふをはらひかねゐる身空かな 上田五千石『風景』補遺
かげろふをまたしても消す犬ふぐり 下村槐太 天涯
かげろふを海女の太脚ふみしづめ 橋本多佳子
かげろふを石より立たす石で打ち 鷹羽狩行
かげろふを舐めゆく牛の影法師 阿波野青畝
かげろふを見て風邪の身のなぐさまず 山口誓子
かげろふを踏むよヨットの帆布踏み 鷹羽狩行
かげろふ崖枯蔓の実の殻亙る 下村槐太 天涯
かげろふ浜愛することを隠すなし 山口誓子
かげろふ疎林屈葬の穴掘られたる 鷲谷七菜子 銃身
かげろふ童女一人消え狐面 佐藤鬼房
かげろふ背戸はねつるべはねゐる先も 松崎鉄之介
さしぐむや水かげろふに茜さし 中村苑子
すじかひにかげろふ門の蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
はらはらと薄翅蜉蝣飛び移る 右城暮石 句集外 昭和五十二年
ひとところかげろふ絶壁下の渚 佐藤鬼房
みどりごをつつみに来るよかげろふは 斎藤玄 雁道
ゆくところかげろふ立てり袖光る 大野林火 青水輪 昭和二十三年
ゆく先の水かげろふに桃の花 森澄雄
一丈のかげろふ塩田に働きて 橋本多佳子
一夜羽音のくさかげろふと雨男 佐藤鬼房
人去りてしばしかげろふめをと神 鷲谷七菜子 花寂び
倉壁高しかげろふ届かずあららかに 中村草田男
僧行きて草かげろふをたたしめぬ 星野麥丘人
優曇華はくさかげろふの卵に過ぎず 日野草城
刻もかげろふ太陽ひとつ海わたり 鷲谷七菜子 銃身
厨辺の冬かげろふや妻の前 小林康治 四季貧窮
吹き払ふうすばかげろふ聖書読む 阿波野青畝
命短かき蜉蝣の翅脈透く 津田清子 礼拝
塩田のかげろふ黒し蝶いそぐ 西東三鬼
墓山のかげろふ中に詣でけり 飯田蛇笏 霊芝
夜の腕にかげろふ触れし梅雨入かな 石田波郷
夜気重しうすばかげろふさすらふか 藤田湘子 てんてん
大寒のかげろふレール少女跳ね 佐藤鬼房
失語いくたびかかげろふ牆見つつ 下村槐太 天涯
妹ふたりある術なさをかげろふか 下村槐太 天涯
小葭切まれに聞えて砂防壁 佐藤鬼房
屋根石にかげろふ立つも詩貧し 佐藤鬼房
山小屋に覚めてくさかげろふをりぬ 雨滴集 星野麥丘人
幹のぼる水かげろふや榛の花 山田みづえ 木語
幻の縁に蜉蝣とまりをり 斎藤玄 狩眼
待つまでもなくかげろふの水面来る 石川桂郎 高蘆
捨て水も容れてかげろふ日本海 能村登四郎
新しき枕木置場かげろふたつ 佐藤鬼房
新刊の書に草蜉蝣の影淡し 橋閒石 雪
日和得て秋をかげろふ三輪の宮 上田五千石『琥珀』補遺
春の雪消えたるにすぐ蜉蝣飛ぶ 右城暮石 句集外 昭和十八年
春障子水かげろふのはたと消え 飯島晴子
昼の指一節にとまり草かげろふ 中村草田男
曉鵯に波かげろふの堂廂 角川源義
月に飛び月の色なり草かげろふ 中村草田男
柱廊に草蜉蝣の吹かれおり 橋閒石 卯
毒ありてうすばかげろふ透きとほる 山口誓子
泉川うすばかげろふ交み飛び 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
泳ぎ子の衣にかげろふのきてとまる 大野林火 冬雁 昭和二十二年
浜砂を盗むかげろふはげしきとき 山口誓子
海女あがり来るかげろふがとびつけり 橋本多佳子
漂流の地図をたどれば草蜉蝣 佐藤鬼房
火の山のかげろふをとぶこだまかな 野見山朱鳥 荊冠
火を焚けばすぐかげろふに立ちまじる 山口誓子
煮えきらぬことかげろふの如くをり 上田五千石『琥珀』補遺
父よ父よとうすばかげろふ来て激つ 中村苑子
物干にかげろふ秋の夕日哉 正岡子規 秋の夕日
生れたるかげろふの身の置きどころ 後藤比奈夫
産みし乳産まざる乳海女かげろふ 橋本多佳子
病後虚しかげろふ埠頭倉庫裏 佐藤鬼房
病快しかげろふ砂を手に握る 山口誓子
目のうらに雪かげろふの径曲る 角川源義
目覚めをり草蜉蝣とひとつ灯に 鷲谷七菜子 黄炎
相聞の標たどり来し蜉蝣か 飯島晴子
睡蓮の葉裏かげろふ鳥翔たす 角川源義
種蒔いて水かげろふの中にをり 森澄雄
稲刈や秋のかげろふ笠の端に 飯田蛇笏 山廬集
緑蔭やうすはかげろふ漣を追ふ 飯田蛇笏 霊芝
罰の如ストマイつんぼ草蜉蝣 石田波郷
船歌や水かげろふの岩の洞 角川源義
船霊の在りしあたりの水かげろふ 佐藤鬼房
艀若く水かげろふにあやつられ 能村登四郎
花摘めばかげろふ袖の念珠かな 西島麦南 人音
草かげろふのごとく居て良夜かな 飯田龍太
草かげろふ動かぬ竹の窓にこそ 石川桂郎 四温
草かげろふ吹かれ曲りし翅のまま 中村草田男
草木瓜にかげろふたつや埴輪より 飯田蛇笏 春蘭
草蜉蝣影しつかりと生れけり 有馬朗人 立志
草蜉蝣開拓農の燈に緑 大野林火 雪華 昭和三十四年
荒金(あらがね)の煖炉かげろふ茂吉の死 平畑静塔
薄羽かげろふ翅も乱さず死せるかな 石田波郷
藺を刈るやうすはかげろふ笠につく 飯田蛇笏 山廬集
蜉蝣な捕りそはかなきものと人の子に 石塚友二 方寸虚実
蜉蝣にかこつけて野にこもるなり 飯島晴子
蜉蝣に灯のいろはなほ暑くるし 下村槐太 光背
蜉蝣に燈のいろはなほ暑くるし 下村槐太 天涯
蜉蝣のやさしさこころときめきて 山口誓子
蜉蝣は日かげりの影湯坪跡 佐藤鬼房
蜉蝣むらがる橋燈に来て影を得る 金子兜太
蜉蝣や人のみを楽の縛むる 中村草田男
蜉蝣や鵜の瀬に深きひとところ 石川桂郎 高蘆
蜉蝣死す長肢いかなる役をせし 津田清子 礼拝
行くほどにかげろふ深き山路かな 飯田蛇笏 霊芝
衣にまとふ秋のかげろふ尼の耕 飯田蛇笏 家郷の霧
見過すほかなし蜉蝣の愛しさは 岡本眸
触るるまで薄翅蜉蝣飛び立たず 右城暮石 天水
謡きこえかげろふ来る夜決意成る 中村草田男
足もとのかげろふの上歩きゆく 岡井省二 猩々
跳ぶ幼女水かげろふの向岸 佐藤鬼房
遠くても長身かげろふの道を来る 篠原梵 年々去来の花 中空
野祠やかげろふ上る二三尺 飯田蛇笏 霊芝
鏡の面蜉蝣の居て落着かず 岡本眸
鏡面に薄羽かげろふ垂れとまり 中村草田男
鶯のあと雉子が来て日の閑か 佐藤鬼房

蜉蝣 続補遺

かくばかりかげろふも胸をさすもの歟 加藤曉台
かげろふと頻にくるふ心哉 其角
かげろふにたが起ふしや耳の鳴 乙訓
かげろふにほの有明の月高し 加藤曉台
かげろふにゆらるゝけしのひとへかな 加藤曉台
かげろふに中さしもなしふだん鶴 紫道
かげろふに壁ひるがたのにほひかな 介我
かげろふに寐ても動クや虎の耳 其角
かげろふに小首かたむく烏哉 三宅嘯山
かげろふに打ひらきたる鳰の海 壺中
かげろふに虚空のうごく朝日哉 桃妖
かげろふに長活したる野猫哉 呂風
かげろふに隣の茶さへ澄に鳧 丈草
かげろふのたつや手まりの土ぼこり 許六
かげろふのまだしたゝるしけしの花 蘆文
かげろふのみだれや酒の二日酔 魯九
かげろふの中来てくらむ戸口かな 加藤曉台
かげろふの反魂香や鸚鵡石 露川
かげろふの夕日にいたきつぶり哉 舟泉
かげろふの巻よみかゝる夜寒かな 田川鳳朗
かげろふの蜉蝣を育る晴間かな 加藤曉台
かげろふの身に付添ふや不動坂 玄梅
かげろふの風無心なぞ梢ども 惟然
かげろふは眠る狐の魂なる歟 高桑闌更
かげろふやいせの御祓捨てある 夏目成美
かげろふやつぶりと落しかたつぶり 井上士朗
かげろふやほろ~落つる岸の砂 服部土芳
かげろふやほろ~落る岸の砂 土芳
かげろふや一掴づゝすさだはら 加舎白雄
かげろふや今も思ひのよめが畑 四睡
かげろふや今を出がけの茶弁当 許六
かげろふや卵の虫の巣を出る 加藤曉台
かげろふや古田をあまる水の上 蓼太 蓼太句集二編
かげろふや土もこなさぬあらおこし 百歳
かげろふや夜べの網干す川の岸 炭太祇
かげろふや小磯の貝も吹たてず 其角
かげろふや巖に腰の掛ぢから 配力
かげろふや巣立雀の具足羽 車庸
かげろふや己がつばさを池の水 園女
かげろふや我より先に我の影 許六
かげろふや昼より前はあくのかず 基継
かげろふや月にあつむるゆふあらし 寥松
かげろふや松は煙の縁も有リ 桃先
かげろふや泥脚かはくくわい堀 高井几董
かげろふや消へてはもゆる波の隙 高桑闌更
かげろふや燃てはしさる物のひま 黒柳召波
かげろふや王城の塵一つゝみ 尚白
かげろふや石の野面に文字の箔 路通
かげろふや破風の瓦の如意宝珠 許六
かげろふや糟に酔たる人の振 野坡
かげろふや苔につきそふ墓めぐり 浪化
かげろふや誰鼻血たる石の上 洒堂
かげろふや身をなたぐるゝ海の上 野紅
かげろふや遠目はなせば帆掛ぶね 十丈
かげろふや障子かげろふ金屏風 介我
かげろふや馬の眼のとろ~と 傘下
かげろふや鳥の出入竹の筒 野紅
かげろふをたよりに上る雲雀哉 許六
かげろふを子守にしたる戸口哉 魯九
かげろふを手に取ほどや柴の庵 松岡青蘿
かげろふを掻出す鶏の距かな 黒柳召波
中将のをもかげろふや松の鷺 露川
宮の嗅(かざ)秋立森のかげろふや 鬼貫
手折置し紅葉かげろふ障子哉 高井几董
李夫人■かげろふの抱つけばわがころも哉 越人
照りつゞく日やかげろふの芝移 史邦
痩皃の夜のかげろふときへにけり 樗良
白壁や浪にかげろふ数十丁 露川
秋の日や障子かげろふうろこがた 許六
秬の葉や檐にかげろふ玉祭 洒堂
笠のはやかげろふ加賀の女市 正秀
西東どのかげろふに法の糸 許六
鼻の先目にかげろふや小六月 使帆

以上
by 575fudemakase | 2016-09-30 03:53 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26236443
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング