萩 補遺2

萩 補遺2

白萩の露ふき落す薄哉 正岡子規 萩
白萩の風にかくるる花すくな 山口青邨
白萩の風を誘ひて咲きそめし 鷹羽狩行
白萩ははね紅萩はうづくまり 星野立子
白萩も宮城野萩もといふ嵐 飴山實 次の花
白萩やかきあげて何さがしをる 飴山實 句集外
白萩や以ての外に露もなし 正岡子規 萩
白萩や夜のあけぎはをりんと澄む 正岡子規 萩
白萩や星一つ消え二つ消え 正岡子規 萩
白萩や極楽さげて茂吉来る 角川源義
白萩や水にちぎれし枝の尖 正岡子規 萩
白萩や紅濃きは野にあるを見む 及川貞 榧の實
白萩より雨の紅萩さみしいよ 三橋鷹女
白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子
白萩を遠目にひさぐ指物師 飴山實 句集外
白萩二株の、古株を分かちし咲き競う 荻原井泉水
白萩白露にして台風遠く去る 荻原井泉水
白萩白髪、老醜むしろ伐る 荻原井泉水
白雲や萩の若葉の上を飛ぶ 正岡子規 若葉
白露にぬれて重たし萩の蝶 正岡子規 萩
白露のちるやたまるや萩すすき 正岡子規 萩
白露や大たわみせし萩の枝 星野立子
百花園の萩咲くころと思ひをり 安住敦
盆燈籠の絵の七草の萩は赤くて 荻原井泉水
盗人萩流人送りし岸に枯れ 松崎鉄之介
盗人萩花咲きて実となり急ぐ 右城暮石 天水
目にぬすむ萩壺の萩刈られてなし 加藤秋邨
目をやりし遺愛の萩も花を終ふ 大野林火 方円集 昭和五十二年
目顔して遠くものいふ萩の秋 上田五千石 風景
相似たる月日に庭の萩と椅子 桂信子 花影
真白毛の猫かがやけり萩の風 水原秋櫻子 緑雲
碑にあづけし鋏萩を刈る 後藤比奈夫
神事すみぬすびと萩の道帰る(埼玉県毛呂町、流鏑馬) 細見綾子
神輿の声おこるや萩の走り咲 大野林火 月魄集 昭和五十四年
禅寺の萩を見て来て戯画の萩 後藤比奈夫
秋の指ひたひた造る萩の餅 中村草田男
秋の蜂萩の土塀を西東 飴山實 花浴び
秋もはや墓門の萩の敷りがてに 臼田亜郎 定本亜浪句集
秋声碑一本萩の冬姿(金沢にて) 細見綾子
秋晴るるごとくに座右の萩の筆 後藤比奈夫
秋立つや隣の絲瓜庵の萩 正岡子規 立秋
秋蝶といふ秋蝶が萩好む 安住敦
秘苑はやくれなゐの萩こぼれたり 山口青邨
窓あけてホ句細心や萩晴るる 飯田蛇笏 山廬集
窓の繪や月の画がいたる萩すゝき 正岡子規 月
窯のひび細かきを撫で山の萩 細見綾子
立待の夜を降りいでて萩しろし 水原秋櫻子 重陽
童らは声を惜まず萩すすき 岡本眸
端近の吾をすさめて萩の蝶 阿波野青畝
笠賣の笠ぬらしけり萩の露 正岡子規 萩
筆と墨贈りて萩を焚きにけり 岡井省二 山色
筧からこぼれた水を萩の露 正岡子規 萩
箔燒けて萩の模樣や古色紙 正岡子規 萩
箸使う一家の若さ こぼれ萩 伊丹三樹彦
簾外の萩秋暑く雨の蠅 西島麦南 人音
粉食の身の すたすたと こぼれ萩 伊丹三樹彦
糸萩に斧たはぶれて蟷螂かな 高野素十
糸萩の立ちて木萩の肩博てり 阿波野青畝
糸萩や古代紫世に埋もれ 三橋鷹女
紅の咲き重りして萩の園 鷹羽狩行
紅の花びら立てゝ萩の花 高野素十
紅白の萩伯仲と見えにけり 阿波野青畝
紅萩の濃き日なりしが三日月 細見綾子
紅萩の石道寺みち霽れにけり 鷲谷七菜子 天鼓
紅萩はもの言ふたびに昏れゆくよ 岡本眸
絲萩の露こぼしけり青蛙 正岡子規 萩
綿虫の為にも萩を刈り残す 相生垣瓜人 明治草
総彦忌萩寺はもの枯れそむる 石川桂郎 高蘆
縁に立つわれにもふれて萩ゆるる 山口青邨
縁談や夜の廁を萩打ちて 石田波郷
群萩に泊り隣りは美濃の国 能村登四郎
羽の国に日は落ちてゆく萩の花 山口青邨
翁堂の池に枝垂れて萩の花 森澄雄
老萩の花かりそめに走り梅雨 後藤夜半 底紅
肌荒れのやうにさびしき終り萩 細見綾子 桃は八重
胎蔵界曼陀羅萩の庭つづき 津田清子
胸までも濡らして萩の花屑を 山口青邨
膝抱いて古典は知らず萩の雨 高田風人子
色に出でざりける萩も法の露 阿波野青畝
艸の奥に萩は小花をつけてゐし 右城暮石 句集外 昭和六年
芒伏し萩折れ野分晴れにけり 正岡子規 野分
芒切り芒のために萩を切る 後藤比奈夫
芝ありてこれに萩咲く生駒山 川端茅舎
花かくすことなき萩のしだれかな 鷹羽狩行
花つけてゐしやうに枯れ萩の枝 細見綾子
花と葉と掃きまろばすや萩の寺 鷹羽狩行
花の紅明かしはじめし雨の萩 稲畑汀子
花わづか咲かせし萩を刈りにけり 安住敦
花少し殘れる萩を刈にけり 正岡子規 萩
若萩のそよぎそよぎて十年経ぬ 山口青邨
茘枝熟れ萩咲き時は過ぎゆくも 加藤秋邨
茲十日萩大名と謂ひつべし 阿波野青畝
草や木やわきてぞ雨の萩薄 石塚友二 光塵
草刈るや萩に沈める紺法被 杉田久女
草庵に千句の會や萩の花 正岡子規 正岡子規 萩
草庵に萩咲きしこと散りしこと 安住敦
荒降りに萩若き枝地にはづむ(鎌倉瑞泉寺) 細見綾子
荒鵜の屎水のごとくに萩けがる 飯田蛇笏 春蘭
菊に早き萩にはおそき忌に参ず 鈴木真砂女 夕螢
菊はいまだ萩と尾花の忌日かな 草間時彦
菊焚けば日射し萩刈れば時雨過ぐ 安住敦
萩、土用なかばの風にまずさく 荻原井泉水
萩あかく王子は寝ずに歩くなり 飯島晴子
萩あかり芒あかりの夜の庭 鷹羽狩行
萩いろいろ日いろいろな中にゐる 岡井省二 夏炉
萩か根や露にぬれたる土の色 正岡子規 露
萩がすすきがけふのみち 種田山頭火 草木塔
萩がもと掃かれてありし嫁が来て 能村登四郎
萩が咲いてなるほどそこにかまきりがをる 種田山頭火 草木塔
萩が径へまでたまたま人の来る 種田山頭火 草木塔
萩が枝に蟲籠吊つて聞きにけり 正岡子規 虫の声
萩が根も芒かもとも虫の聲 正岡子規 虫の声
萩が目にあふれて乳を与ふるや(中山純子さんに) 細見綾子
萩ことし観月の日を走り咲 大野林火 方円集 昭和五十年
萩こほす留守の伏處や鹿の妻 正岡子規 鹿
萩こぼす袂のゆきき 今日「在釜」 伊丹三樹彦
萩こぼれこの地下をゆく天竜か 林翔 和紙
萩こぼれ一日の業をわが終へぬ 三橋鷹女
萩こぼれ生計のそとに今ぞ佇てり 三橋鷹女
萩さくや百萬石の大城下 正岡子規 萩
萩さやぐ火の山の裾の鶴溜 小林康治 玄霜
萩すすきもうその頃となりにけり 鷹羽狩行
萩すすき生れし家の位置はかる 角川源義
萩すゝき追分いよゝすさまじく 齋藤玄 飛雪
萩ちりぬ西行も來よ宿かさん 正岡子規 萩
萩ちるは青大将の鼾かな 橋閒石 微光以後
萩ちるや檐に掛けたる青燈籠 正岡子規 萩
萩で無い塵の袋や萩に住む 阿波野青畝
萩と菊あはれ一炬の灰と消え 阿波野青畝
萩なびきなびきとどかず人遠く 山口青邨
萩にしばしわれら身を沈めてあらむ 中川一碧樓
萩にふる雨瀟々と狐舎に降る 水原秋櫻子 岩礁
萩にふれ芒にふるゝ袂かな 鈴木真砂女 卯浪
萩にふれ芒にふれて御用聞 山口青邨
萩によらで蝶の過行く恨哉 正岡子規 萩
萩にゐて巣にも帰らず秋の蜂 村上鬼城
萩に來てはねかへさるゝ雀かな 正岡子規 萩
萩に垣芒ばかりに垣をして 後藤夜半 底紅
萩に寐て月見あげたる男鹿哉 正岡子規 鹿
萩に手をふれて昔の如く訪ふ 深見けん二
萩に立て萩の句記す手帳哉 正岡子規 萩
萩に訪へば飛鳥の御代の仏の座 上村占魚 鮎
萩に風すでに過ぎゐしわが而立 原裕 葦牙
萩に風鳴りこの溜息は気どられず 鈴木真砂女 夕螢
萩のこと訊かれ萩の句こたへけり 雨滴集 星野麥丘人
萩のつゆ歌人国守のたたずまひ 角川源義
萩のつゆ詰うけたまはり蹲跼へば 及川貞 榧の實
萩のへり淡海のへりの観世音 飴山實 花浴び
萩の上に寐ころびうつや鹿の腹 正岡子規 鹿
萩の下掃かれて残る暑さかな 右城暮石 句集外 昭和九年
萩の下砂が境をつくりゐる 右城暮石 句集外 昭和十一年
萩の下葉の汚れたるに蟇の這出でつ 河東碧梧桐
萩の中に猶の白萩あはれなり 正岡子規 萩
萩の中に猶白萩のあはれなり 正岡子規 萩
萩の中わが医師ゆけり点頭す 石田波郷
萩の前真水飲みたる息づかひ 赤尾兜子 玄玄
萩の声中洲の鷺のおちつかず 燕雀 星野麥丘人
萩の夜や高原の秋にあるこゝろ 原石鼎 花影
萩の実に人寄り添へば日が残り 右城暮石 句集外 昭和十四年
萩の実の手にちりぢりとなれば捨つ 山田みづえ 手甲
萩の実をしごきて古刹めぐりかな 飴山實 句集外
萩の寺水引草は継子めき 鈴木真砂女 都鳥
萩の屑ついつい流れてはとまり 上野泰 佐介
萩の嵩落ちこみ灰として果てぬ 阿波野青畝
萩の径ゆき虎杖の径かへす 山口青邨
萩の戸を閉ぢてひとりの閨とせり 能村登四郎
萩の月きりきりすやがて鳴出ぬ 正岡子規 蟋蟀
萩の枝まつすぐにのび花咲きぬ 高野素十
萩の枝花咲かうとてその小葉よ 細見綾子 桃は八重
萩の根を移しつ菊の根を分けつ 正岡子規 摘草
萩の燈の一つ消えたるところかな 原石鼎 花影
萩の画も月の句も一つ袋かな 正岡子規 萩
萩の畫月の句も一つ袋かな 正岡子規 萩
萩の盛りに週末のざんざ降り 廣瀬直人
萩の花あたりに家のなき山辺 右城暮石 句集外 昭和八年
萩の花くねるとなくてうねりけり 正岡子規 萩
萩の花こぼれつぎつゝや修羅落し 渡邊白泉
萩の花しづかなためにふれてみる 篠原梵 年々去来の花 中空
萩の花のこぼれ盡さぬ程に來よ 正岡子規 萩
萩の花らしう女の寄つて見る 右城暮石 句集外 昭和十二年
萩の花二百十日を氣遣ひぬ 正岡子規 萩
萩の花垣と申さば垣ながら 正岡子規 萩
萩の花夜目のほのかにこぼれけり 日野草城
萩の花寐て見るやうなたわみ哉 正岡子規 萩
萩の花心にありで書に対す 高野素十
萩の花思ひ通りにたわみけり 正岡子規 萩
萩の花思ふ通りにたわみけり 正岡子規 萩
萩の花枝をそろへて紫に 高野素十
萩の花枝先きへ風流れ止まぬ 細見綾子 桃は八重
萩の花燉台泥の色となる 加藤秋邨
萩の花紫に又紅に 高野素十
萩の花雀の背にこほれけり 正岡子規 萩
萩の花馬も暮れたり千曲川 森澄雄
萩の葉のこまかきにわが脛入るる 桂信子 月光抄
萩の葉のこま~と雨冷えにけり 日野草城
萩の葉は眠り涼しくなりにけり 細見綾子 桃は八重
萩の葉を一つまとひて小蓑虫 細見綾子
萩の虫蓑を備へて皆あそび 阿波野青畝
萩の蝶とび立ち己レ知らしむる 右城暮石 句集外 昭和十六年
萩の路薄の路と分れけり 正岡子規 萩
萩の辺りまできて光る貝釦 桂信子 初夏
萩の野に風狂の眉しぐれをり 原裕 葦牙
萩の闇花みつるけはひ露のけはひ 日野草城
萩の雨したしげに寄る一つ歌碑 角川源義
萩の雨嬬恋口の見あたらず 石川桂郎 四温
萩の雨狐面出せりその面を 水原秋櫻子 岩礁
萩の雨疲れは熱を呼びにけり 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
萩の露あつめて耳を洗うべし 橋閒石 卯
萩の露ふかくてことば交されず 三橋鷹女
萩の露払ひ払ひて括るなり 安住敦
萩の露疊の上にこぼしけり 正岡子規 萩
萩の風さぞや都は砂ほこり 正岡子規 萩
萩の風ゆたかに刻を過ごしをり 村山故郷
萩の風何か急かるる何ならむ 水原秋櫻子 残鐘
萩の風吹き重なるも萩の寺 岸田稚魚 紅葉山
萩の風女来て舟を洗ひをり 村山故郷
萩の風旅のこころに昼を摂り 上田五千石『天路』補遺
萩の風書燈消えんとしてあかる 正岡子規 萩
萩は刈り水引は刈るこころなし 後藤比奈夫
萩は実にそぞろ二尊院灯をともす 山口青邨
萩は実に山川は色ふかみつゝ 飴山實 花浴び
萩は実に智恵子展望台に立つ 山口青邨
萩は月に芒は風になる夕 正岡子規 萩
萩は白し嵐のあとのこの夕焼 荻原井泉水
萩は骨に薄白髪にならんとす 正岡子規 萩
萩ほつほつ 浅間の煙のちぎれ具合 伊丹三樹彦
萩までの往還にして花野かな 飴山實 句集外
萩むらの孔雀のごとく裾ひいて 山口青邨
萩もまた人やさしやと思ふらん 後藤夜半 底紅
萩もみぢしみを置きそめ冬近し 富安風生
萩も伏し虎杖も伏し雨の中 山口青邨
萩も刈らず鶏頭の骨五六本 山口青邨
萩ゆられ葛ひるかへる夕かな 正岡子規 萩
萩よりも盗人萩を高く活け 稲畑汀子
萩をくる跫音妻と知りゐたり 大野林火 早桃 太白集
萩を刈りはじめ石には替の鎌 波多野爽波
萩を刈ることは手馴れておはしけり 後藤夜半 底紅
萩を刈る一個の固き頭なり 飯島晴子
萩を刈る神将やをら堂下りて 安住敦
萩を刈る風雅といふは悲しかり 後藤比奈夫
萩を吹きあまりし風や豆腐まで 飴山實 辛酉小雪
萩を手に兒山下る一人かな 正岡子規 萩
萩を焚くついで芙蓉も鶏頭も 星野立子
萩を見に行くや彼岸の渡し舟 正岡子規 萩
萩を見る頬杖ついて文机に 山口青邨
萩を題に歌つくらしむ萩の宿 正岡子規 萩
萩一枝石に乗りゐてすがれけり 松本たかし
萩乱れ今朝秋の風渡るなり 石塚友二 磊[カイ]集
萩伏してしろがねの雨流れたり(山梨、恵林寺) 細見綾子
萩伐られ菊枯れ鶏頭倒れけり 正岡子規 枯菊
萩低く薄の風をかぶりけり 正岡子規 萩
萩供養終ひの空の泣きにけり 岸田稚魚
萩刈つていよいよ天を深くせり 安住敦
萩刈つてからりと冴えぬ夕明り 渡邊水巴 白日
萩刈つてやさしき棘を貰ひたり 山田みづえ 木語
萩刈つてゐる狐あめふつてゐる 星野麥丘人
萩刈つて急くべき稿もなかりけり 安住敦
萩刈つて焚くべかりしをよべの雨 石塚友二 磊[カイ]集
萩刈つて身のことごとく吹かれ佇つ 岡本眸
萩刈つて身の衰へは口にせず 安住敦
萩刈つて身辺増やす萩の塵 安住敦
萩刈て百日草のあらは也 正岡子規 萩
萩刈て鷄頭の庭となりにけり 正岡子規 鶏頭
萩刈にをんなも一人加はりぬ 星野麥丘人
萩刈の憩ひをりけり子規の句碑 山口青邨
萩刈られ庭の隅々までも雨 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
萩刈られ掃き寄せられてまだ黄色 細見綾子
萩刈られ雀が遊びゐたりけり 細見綾子
萩刈りしあと惨として雨が降る 山口青邨
萩刈りしこの日指輪を娘に譲り 鈴木真砂女 紫木蓮
萩刈りしばかりに雲のはらはらと 波多野爽波
萩刈りし庭のかなたや枯芒 正岡子規 枯薄
萩刈りし悔などあらばあるべかり 相生垣瓜人 明治草
萩刈りてあたりにふゆる蜆蝶 細見綾子
萩刈りてすこしづつ消す萩明り 後藤比奈夫
萩刈りて夕焼にじむ土となす 大野林火 月魄集 昭和五十六年
萩刈りて好き日なりしと思ひけり 後藤夜半 底紅
萩刈りて焚火にかぶす長々と 細見綾子伎藝天
萩刈りて綿虫隠れなかりけり 相生垣瓜人 明治草
萩刈りて老の手力餘らざる 相生垣瓜人 明治草
萩刈りて芒に秋の夕哉 正岡子規 秋の夕
萩刈りて芒淋しき小庭哉 正岡子規 薄
萩刈りぬ菊に朝日を受くるべく 正岡子規 菊
萩刈ると言ひて手荒き事をせし 相生垣瓜人 明治草
萩刈れば昴俄に近づきし 阿波野青畝
萩剪つて花こぼしたる夕餉前 佐藤鬼房
萩取りし乱れに雨の露を置く 右城暮石 句集外 昭和十二年
萩叢と睦み合ひつつ蓼は蓼 岡本眸
萩叢の中まで月のさしわたり 福田蓼汀 秋風挽歌




萩叢の女も術後肩曲げゆく 石田波郷
萩叢や今し方なる雨の露 山口青邨
萩叢や酒あり合はす夜の雨 石田波郷
萩叢や隣は子供多くして 石田波郷
萩叢を抱き起したるまま眠る 永田耕衣
萩咲いて一日長く思はれし 細見綾子
萩咲いて俗に墮つ松の小庭哉 正岡子規 萩
萩咲いて地上こまやか吉祥天(東京国立博物館にて) 細見綾子
萩咲いて小原村字永太郎 燕雀 星野麥丘人
萩咲いて腐朽いよ~甚し 高野素十
萩咲きてちら~とする日のこほし 細見綾子 桃は八重
萩咲きてより小きざみの蝶の羽 後藤夜半 底紅
萩咲きて古き着物の糸ほどく 細見綾子
萩咲きて愚かに昼を眠りたる 細見綾子 伎藝天
萩咲き垂れ流れ流るる千曲川 村山故郷
萩咲くと正受老人石の上 角川源義
萩咲くに鴬鳴けることも興 山口青邨
萩咲くやみちのくへ入る関のあと 水原秋櫻子 新樹
萩咲くや主従の鐙いづれとも 石橋秀野
萩咲くや堰に近づく水の上 水原秋櫻子 重陽
萩咲くや母読む千家七事式 岡井省二 鹿野
萩咲くや生きて今年の望足る 正岡子規 萩
萩咲くや縁繕へば軒破れ 松本たかし
萩咲くや財人遷元す風雅人 水原秋櫻子 帰心
萩咲けばわれの呼吸も易くなりぬ 石田波郷
萩咲けり浅間をのぼる雲みだれ 水原秋櫻子 残鐘
萩咲けり癒えてすぐする拭き掃除 及川貞 榧の實
萩咲て家賃五円の家に住む 正岡子規 萩
萩咲て抱一の画を掛にけり 正岡子規 萩
萩坪は刈株ばかり白毫寺 石田勝彦 雙杵
萩垂るる涙のごとく雨のごとく 山口青邨
萩垣や萩の葉隱れ釣燈籠 正岡子規 燈籠
萩夕日病母の口に飴が鳴る 能村登四郎
萩多し芒多しと思ふ旅 高野素十
萩寧し妻の人形作りなど 石田波郷
萩寺さま手づから萩を刈り給ふ 石田波郷
萩寺に女男の松侍す海の紺 角川源義
萩寺の切株ばかり寒日和 山口青邨
萩寺の夜雨の萩に濡れしのみ 石田波郷
萩寺の屏風に萩の發句哉 正岡子規 萩
萩寺の萩大粒や月祀る 山田みづえ 木語
萩寺の門宵闇となりにけり 水原秋櫻子 葛飾
萩寺は萩刈りしやと橋を越ゆ 石田波郷
萩寺より根分の知らせ電話にて 能村登四郎
萩少しこぼし隠れぬ吾子の毬 楠本憲吉 孤客
萩山の紫ならんとす花たわわ 山口青邨
萩山吹萩山吹と枯れならび 富安風生
萩年々今年子の親にしあれど 福田蓼汀 山火
萩恍と吹かれてしるき道標 原裕 青垣
萩或日心よりなだれゐたりけり 細見綾子 桃は八重
萩打つてあきらめられずきのふけふ 三橋鷹女
萩扱いて行く旅人の後をゆく 山口青邨
萩折て戻れは肩の月夜かな 正岡子規 萩
萩括りたる日曜の板マンダラ 岡井省二 鯨と犀
萩括るとて萩の露総身に 安住敦
萩括るに力は要らずくくりけり 安住敦
萩括るひかりは束となり難し 藤田湘子 てんてん
萩括る罪ある者を括るごと 鈴木真砂女 居待月
萩挿してくれなゐさやに律の墓 深見けん二
萩挿すや項に凝るは有情の眼 「方寸虚実」石塚友二
萩散ちるや女机の愚案抄 正岡子規 萩
萩散つて地は暮れ急ぐものばかり 岡本眸
萩散つて浮く濁り池粘土質 佐藤鬼房
萩散らぬ寺の小道もなかりけり 正岡子規 萩
萩散るは祷のかたち黄金沢 佐藤鬼房
萩散るや昼の憂ひの夜も去らず 中村苑子
萩散るや筧の下の水溜り 正岡子規 萩
萩散るや萩にかかはりなき魚文 佐藤鬼房
萩散るや踏み崩さるる水たまり 岡本眸
萩明り師のふところにゐるごとし 大野林火 月魄集 距和五十七年
萩暮れぬ湯浴み疲れにい溶けゐぬ 石塚友二 光塵
萩根分方丈さまは本山に 雨滴集 星野麥丘人
萩桔梗されど花野の女郎花 細見綾子
萩桔梗またまぼろしの行方かな 赤尾兜子 稚年記
萩桔梗撫子なんど萌えにけり 正岡子規 草萌
萩桔梗草山赤き陽をよべば 三橋鷹女
萩植て家賃五圓の家に住む 正岡子規 萩
萩植ゑてふとしもひとを恋ふるかな 安住敦
萩流れ手毬の糸を解く如く 上野泰 佐介
萩澄むや湖国といへど山の中 鷲谷七菜子 天鼓
萩焚くときぞの雨空なかりけり 岸田稚魚
萩焚くを空とこころの澄む日とす 及川貞 夕焼
萩焚くを空とこゝろの澄む日とす 及川貞 榧の實
萩燃えて菊燃ゆるとき匂ひそむ 阿波野青畝
萩白しえんまこほろぎ鳴きひろごり 三橋鷹女
萩白しまひるは堪ふるさびしさに 三橋鷹女
萩白しチアンカリウムは萩より白し 三橋鷹女
萩白し夜をねむらうとする努力 三橋鷹女
萩盛り佛足石のつややかに 佐藤鬼房
萩筆の遠江よりしぐれ文 上田五千石『琥珀』補遺
萩紅し人を戀ひては蹴もぞする 渡邊白泉
萩紫苑とゝのひぬ月そだちつゝ 及川貞 榧の實
萩紫苑寄り添ふ石田姉妹かな 山田みづえ まるめろ
萩紫苑瑠璃空遠く離れけり 飯田蛇笏 霊芝
萩芒われに落馬の心あり 正岡子規 萩
萩芒ハイビスカスがうちまじり 阿波野青畝
萩芒互に枯れて乱れたる 高浜年尾
萩芒京へ一里の筧かな 内藤鳴雪
萩芒今年は見たり來年は 正岡子規 萩
萩芒來年逢んさりながら 正岡子規 萩
萩芒夜明けても耳鳴りやまぬ 佐藤鬼房
萩芒妻は氏子の子なりけり 佐藤鬼房
萩芒水汲みに行く道一つ 正岡子規 萩
萩芒番傘の柄のなつかしし 石川桂郎 四温
萩芒終戦の日の風遊ぶ 村山故郷
萩芒萩は芒に押されけり 正岡子規 萩
萩芒風絶ゆることもなかりけり 正岡子規 萩
萩芙蓉一日の妻を見棄てけり 齋藤玄 飛雪
萩芙蓉馬場移公子来て雨鮮し 星野麥丘人
萩若し白土の句碑に酒呉れむ 燕雀 星野麥丘人
萩荒れて鵙鳴く松の梢哉 正岡子規 萩
萩薄一ツになりて花火散る 正岡子規 萩
萩薄中に水汲む小道かな 正岡子規 萩
萩薄小町が笠は破れけり 正岡子規 萩
萩薄小町が笠は破れたり 正岡子規 萩
萩薄思ひ思ひの野分哉 正岡子規 野分
萩薄撫子なんど萌えにけり 正岡子規 草萌
萩薄月に重なる夕かな 正岡子規 萩
萩薄秋を行脚のいのちにて 正岡子規 萩
萩見ながら病母に墓の話など 能村登四郎
萩訪いの小蝶 雨足つのるなよ 伊丹三樹彦
萩起す人の来てゐる子規忌哉 右城暮石 句集外 昭和八年
萩近き神楽の翁嫗かな 廣瀬直人
萩遅し病み臥す人に早く咲け 松本たかし
萩青き四谷見附に何故か佇つ 石田波郷
萩青し悼みごころの怒りとも 岡本眸
萬葉の輪講會や萩の花 正岡子規 萩
葛と萩並みて姉妹花葉裏白し 香西照雄 素心
葛野萩薬餌提げ来て通ひ妻 石川桂郎 含羞
蓑虫の此奴は萩の花衣 阿波野青畝
薄情に荘を閉ぢ去る萩紅し 富安風生
薔薇散て萩の葉青き小庭哉 正岡子規 薔薇
薪村露けき萩となりにけり 石田勝彦 百千
虚子堂と名づけしことよ萩芒 星野立子
虚子来ると萩の主のまめ~し 高野素十
虫の住む蓑頑丈に萩さわぐ 阿波野青畝
蚊帳干せば萩はこぼるゝ日をわかつ 高屋窓秋
蟲籠をしめし歩みぬ萩の露 杉田久女
蟷螂の吹かれしがみや萩の上 阿波野青畝
蟷螂はなびける萩の落し物 阿波野青畝
蟷螂やゆらぎながらも萩の上 高野素十
行きくれてふりむくかほや萩芒 正岡子規 萩
行き行きて山野に萩の咲くらんか 三橋鷹女
衰へしさまに萩咲き萩の寺 高野素十
袖口かどこかさや~萩の花 細見綾子 桃は八重
袱子垂れて野菊山萩顔に散る 正岡子規 野菊
裳懸座の薬師に咲いて 地擦り萩 伊丹三樹彦
裾山や萩吹く中の尼一人 正岡子規 萩
裾山や萩咲く中の尼一人 正岡子規 萩
襤にして野うさぎまろし萩の月 水原秋櫻子 緑雲
見めぐりし萩昏れ人目なくなんぬ 上村占魚
詩人訪ふ門内も萩の径なり 大野林火 早桃 太白集
読経はも少し低めに萩供養 岸田稚魚 紅葉山
誰が家ぞ霜に折れたる萩芒 正岡子規 霜
誰そ西へ師をみちびくや萩嵐 松崎鉄之介
誰やらの忌めきて萩の風さわぎ 能村登四郎
誰を待つとてゆふべは萩のしきりにこぼれ 種田山頭火 草木塔
諸手にかい擁きて萩括りけり 安住敦
貝ボタン一つつけたり萩の縁 細見綾子
貞操や咲く日の近き萩桔梗 三橋鷹女
赤土の崩るる萩の花盛り 廣瀬直人
走り咲く萩も唐招提寺道 清崎敏郎
起きぬけの声嗄れ萩も終りけり 岡本眸
起ち上らざるもの胸に萩起す 石田波郷
足触れて夜萩は濡れてありしかな 三橋鷹女
足音もなく庭歩き萩を愛で 山口青邨
路傍の萩に祭の行燈かな 尾崎放哉 大学時代
踏みわける萩よすすきよ 種田山頭火 草木塔
踏み出ては月に鳴く也萩の鹿 正岡子規 月
身容るるに足る白萩のひろさかな 岡井省二 明野
車椅子いま押されをり萩の中 石田波郷
軍鶏の胸のほむらや萩が下 村上鬼城
輪講の又ひとり欠け萩夕日 能村登四郎
辞するとき二階をあけし灯が萩に 右城暮石 句集外 昭和九年
近道と知つて沾れけり萩の花 飴山實 花浴び
退きそこねたる台風が萩叢に 能村登四郎
道慾な坊主錢取る寺の萩 正岡子規 萩
道端の萩赤し足袋はたきけり 尾崎放哉 大正時代
遠く来て留守の萩より征きたりき 加藤秋邨
遠萩に眼のおよぶとき妻とゐて 木村蕪城 寒泉
遣戸あけて彳めば萩の亂れ哉 正岡子規 萩
郵便車ゆさゆさ萩をこぼしけり 飴山實
郵便車ゆさ~萩をこぼしけり 飴山實 次の花
酒のむときめて押したり萩の門 上村占魚 鮎
醤油豆を筵に萩が地にとゞく 細見綾子 桃は八重
里人によき名知られず萩の寺 後藤比奈夫
野の萩の伏し重なりて路もなし 正岡子規 萩
野の風に妻恋ひゆくや萩撓む 小林康治 四季貧窮
野分して傷みし萩の盛りかな 上野泰 佐介
野分して萩をあはれむ泥まみれ 正岡子規 野分
野分にもめて萩の咲き出でし 河東碧梧桐
野分やんて萩をあはれむ泥まみれ 正岡子規 野分
野分待つ萩のけしきや花遲き 正岡子規 野分
野分後の萩の葉淡くなるばかり 岡本眸
野萩うつ驟雨のひまを見て帰る 水原秋櫻子 霜林
野萩咲き林道直ぐに遙かなり 水原秋櫻子 蓬壺
野萩咲く上に折れつつ狐舎の影 水原秋櫻子 残鐘
鋪道ゆくふと萩の枝さしいでて 波多野爽波 鋪道の花
門とざしてあさる佛書や萩の雨 杉田久女
門の辺にみだるる萩をくくりけり 安住敦
門入りて萩十四五株今ぞ散る 細見綾子
門前の萩刈る媼も仏さび 高野素十
門萩の括りもあへず花こぼす 安住敦
門萩の散りにぞ散りし石の上 安住敦
開けてある木戸に惹かるる萩小径 中村苑子
開拓地石磊々と萩乱る 林翔 和紙
閑ぢがちとなりし障子やこぼれ萩 松本たかし
閻王が一族萩を刈りにけり 安住敦
閻魔司録萩刈つて筆造りけり 安住敦
閼井嶽薬師道また萩のみち 石塚友二 玉縄抄
降りつのりきて白萩のこぼれそめ 清崎敏郎
隠亡の巨漢となりて萩に立つ 古舘曹人 砂の音
雨のみの旅の七日や萩すすき 石田波郷
雨の萩摺伏しをる芝の上 上野泰
雨の萩避け行く憲吉記念館 右城暮石 散歩圏
雨粒のひとつひとつが萩こぼす 山口青邨
雨萩に降りて流れ 尾崎放哉 小豆島時代
雪国の萩は紅濃し土濡れて 松村蒼石 雁
雪洞のこゝに尽きたり園の萩 日野草城
雪洞をはり替へてゐる萩紅し 清崎敏郎
零れ萩掃くほどもなく掃かれけり 橋閒石 和栲
霜がるる萩のうら花とどまれり 飯田蛇笏 春蘭
霧降れり夕べは白き萩の上に 三橋鷹女
露の萩はらりはらりとはね返る 正岡子規 萩
露の萩家庭やぶらず恋なさず 草間時彦 中年
露の萩魚鱗の如く沈みけり 川端茅舎
露多き萩の小家や町はづれ 尾崎放哉 中学時代
露打つて匂ひたつ萩癒えたまへ 石川桂郎 四温
青天に縁濃ゆき月萩も白し 香西照雄 素心
青苔に萩の花屑落ち留まる(尾山神社、鶏頭句碑) 細見綾子
靜かさや少しこぼるゝ萩の花 正岡子規 萩
面伏に猟人過ぎぬ乱れ萩 橋閒石 卯
音たててなほ濡れてゐず雨の萩 鷹羽狩行
響なし音無し既に枝垂萩 三橋鷹女
額にして萩にふれたる夕日かな 岡井省二 五劫集
顔よせて散らす白萩科あらば 飯島晴子
風が割る萩叢に暗ありにけり 鷲谷七菜子 游影
風と紅萩の戯れつづきをり 上野泰
風の意のかたちにうねり萩の花 鷹羽狩行
風の日をいやがる萩を括るなり 安住敦
風の萩喰むまもはねて仔馬かな 飯田蛇笏 山廬集
風の萩月に起き臥す夕哉 正岡子規 萩
風まぎる萩ほつほつと御母衣村 能村登四郎
風をいたみ萩の上枝の花もなし 正岡子規 萩
風伯に悍馬のごとき萩もあり 阿波野青畝
風出て晴萩寺様の萩焚く日 岸田稚魚
風禍なくかへつて萩のよごれをり 及川貞 榧の實
風立ちて修羅と化しけり萩の寺 鈴木真砂女 都鳥
風立ちて萩の座とてもしどけなし 鈴木真砂女 夕螢
風立つや風にうなづく萩その他 楠本憲吉 楠本憲吉集
風萩と蝶の戯れつづきをり 上野泰
颱風の萩へ飛んだる新聞紙 原石鼎 花影
餅ノ名ヤ秋ノ彼岸ハ萩ニコソ 正岡子規 萩
首あげて折々見るや庭の萩 正岡子規 萩
馬に敷く褥草にも萩桔梗 富安風生
馬の目のこんなやさしさ萩の花 後藤比奈夫
馬ノ歯ニヤハラカキ萩ノ若葉カナ 正岡子規 若葉
馬牽くや松の下道乱れ萩 正岡子規 萩
馬追の死にてまじれる萩の塵 右城暮石 天水
馬追の緑逆立つ萩の上 高野素十
馬追や月をよこぎる萩一枝 水原秋櫻子 餘生
駐車場より萩寺でありしかな 稲畑汀子
高原の萩低ければ跼み見る 高野素十
高潮のたかきに萩の走り咲き 右城暮石 句集外 昭和十六年
鬼萩の萩をのこして鬼はらへ 森澄雄
魂棚や月を呼びゐる萩真菰 大野林火 潺潺集 昭和四十年
魚ノ歯ニ萩ノ若葉ノヤハラカキ 正岡子規 若葉
鰯雲天にひろこごり萩咲けり 水原秋櫻子 新樹
鶏の餌に萩の簑蟲とりに来し 高浜年尾
鹿のゐて露けき萩と見たりけり 原石鼎 花影
鹿の目のむらさきのとき萩の花 森澄雄
麓から寺まで萩の花五町 正岡子規 萩
黒き灰二度に燃えては萩果てぬ 阿波野青畝

以上
by 575fudemakase | 2016-09-30 05:35 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26236477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング