桃の例句

桃の例句

あかつきや人はしらずも桃の露 加舎白雄
あさましき桃の落葉よ菊畠 蕪村 秋之部 ■ 菊に古笠を覆たる畫に
あたゝかや荼毘堂灯る桃の昼 飯田蛇笏 霊芝
あまえたきこころしみみに桃の雨 日野草城
ある冥き物にて白桃司る 攝津幸彦 鹿々集
いくへにも水蜜桃にくる薄暮 柚木紀子
いつの世もまひなひの桃美きかな 筑紫磐井 婆伽梵
いぶかしき日没ぞ桃とどきけり 清水径子
うしろ澄む仏心の桃雨くさし 栗林千津
うたた寝のあとずぶずぶと桃の肉 柿本多映
うちあけて恋の白桃わかつべし 清水基吉 寒蕭々
おどろきの桃の木黄泉の木にまじる 攝津幸彦
おのおのの桃の席(莚)や等持院 服部嵐雪
おのおのの桃の席や等持院 服部嵐雪
おの~の桃のむしろや等持院 嵐雪
かつぎゆく受粉の棒や桃の里 日原傳
かといつて固き桃でも完れまい 朱間繭生
かのつぼみゐし白桃の今日如何に 下村槐太 天涯
かの世から桃を欲しがる供物とす 中原道夫
きちきちに茄子の馬やら桃の皮 佐々木六戈
くちふれて肉ゆたかなる桃果かな 飯田蛇笏 春蘭
くひながら夏桃売のいそぎけり 正岡子規
くれなゐの桃齧らむに何処ありや 下村槐太 天涯
けふの日も終りの色や冷し桃 角川春樹
ここからが闇白桃を置きにけり 吉野裕之
こちら向く掛けし袋に桃のぞき 大橋敦子
ことごとく桃は袋被ぬ母癒えむ 石田波郷
この家にゆふべふたつの胃袋は白桃の香を満たして座る 竹山広
この水気(みずけ)頬っぺた落っこちさうな桃 高澤良一 燕音
これ以上いただけませぬ桃の夜 小林富美
さえざえと水蜜桃の夜明けかな 加藤楸邨
さえ~と水蜜桃の夜明かな 楸邨
さくらより桃にしたしき小家哉 蕪村 春之部 ■ 上巳
さにつらふ妹を百済の桃と讃ふ 筑紫磐井 婆伽梵
されど生きん桃に灯影の一つ一つ 川口重美
しばらくは桃のさかりを春の暮 道芝 久保田万太郎
しろがねの水蜜桃や水の中 日野草城(1901-56)
しんかんと雲照る桃を採りはじむ 細川加賀 『傷痕』
たちよりて白桃しづかなる曇り 石原舟月
たなごころ桃のかたちに桃洗ふ 櫨木優子
たましひの白桃に似し打身かな 眞鍋呉夫
たゞならぬ桃のみどり芽春雷す 右城暮石 声と声
つぎつぎと張板かへす桃日和 阿部みどり女 『笹鳴』
つぎ~と張板かへす桃日和 阿部みどり女 笹鳴
てのひらを灯して桃を売つてをり 大木あまり 火球
とりと桃の奥には桃の種 吉田汀史
と見かう見白桃薄紙出てあそぶ 赤尾兜子
どつこい生きてゐて桃したたらす 神保百合一
ない事よ桃のけふ程よい天気 広瀬惟然
はつなつの吐息が溜まり桃の浦 高野ムツオ 鳥柱
はらからと赤き桃食べ送り盆 渡辺みかげ
はるかなるもの白桃に子の泪 岸田稚魚 『萩供養』
ばんねんや喩ふれば桃しやがむなり 中尾寿美子
ひたすらに桃たべてゐる巫女と稚児 飯田龍太
ひとたびの桃の縁といふべかり 長谷川櫂 蓬莱
ふたつは桃くりやの水に浮かせてある 橋本夢道 無禮なる妻抄
ふるさとの手首足首桃雫 攝津幸彦 鹿々集
ふるさと近し堅そな桃の並べられ 林原耒井 蜩
ふる雨に桃の葉並び美しき 高澤良一 ももすずめ
ほうと氷りぬ白桃も肉体も 柿木 多映
まだ誰のものでもあらぬ箱の桃 大木あまり 雲の塔
まぬかれし夫の入院桃を剥く 石田あき子 見舞籠
みづからの重みに桃の傷みゆく 石川千里
むきくるる白桃に海鳴りつづけ 清水寥人
むく桃のしたたり闇の海鳴れる 鷲谷七菜子 雨 月
もぎたての白桃全面にて息す 綾子
やはらかき光の降りぬ桃接木 根岸善雄
やはらかな闇の手前に白桃置く 山田暢子
やぶ入りや桃の小みちの雨に逢ふ 白雄
ややくぼむ桃のうすべにさすところ 野澤節子 『駿河蘭』
やや甘き土になるべく落つる桃 正木ゆう子 静かな水
ゆつくりと引けばめくるる桃の皮 岩田由美 夏安
ゆつたりと桃吹く日なり根本寺 小枝秀穂女
ゆるぎなく妻は肥りぬ桃の下 石田波郷(1913-69)
ゆるびたる指輪に桃のしづくかな 桐山陶子
よくしやべり水蜜桃のごと若く 河野扶美
わが衣に伏見の桃の雫せよ 芭蕉
わらわらと影踏む童子桃岬 中村苑子
ウインドの新角帽や桃の春 河野静雲 閻魔
バス停は水蜜桃までジャンプ 坂上智哉
ピアノに載す白桃一顆吉男の忌 伊東宏晃
ベルリンの地図につつみし桃二つ 皆吉司
ペンを持ち寝るまで眠むし壺の桃 殿村莵絲子
一とかぶり噛み桃呉れし父なつかし 成田千空 地霊
一剥きに今生の香や大白桃 鷲谷七菜子 游影
一壺酒と桃の二タ枝提げてきぬ 小林篤子
一指づつ拭ふ白桃食べし指 長田等
一株の桃に知りけり羅漢道 内田百間
一点の紅もささざる奈良白桃 細見綾子 黄 炎
一葉が桃水訪へり春の雪 鈴木榮子
七夕竹流すや桃も流れ来る 太田土男
三日月やしみじみ青き桃一顆 加藤秋邨 沙漠の鶴
下闇の密度極まる桃熟す 渋谷道
丘の桃ふくらみそめし雨が降る 岸風三楼 往来
中年や遠くみのれる夜の桃 西東三鬼(1900-62)
乳房ある故のさびしさ桃すすり 菖蒲あや
乳飲児の握りしめたる桃の枝 川崎展宏
予感とは桃の産毛のそよぐとき 赤田まどか
二句宛の二枝の桃わらひ鳧 内田百間
人にわかぬさびしさもちて描きゐる水蜜桃も饐えはじめたり 築地正子
人や住む桃のはやしの小夜ぎぬた 白雄
人や住桃のはやしの小夜ぎぬた 加舎白雄
人体に袋もろもろ桃の夜 芝崎梓
人妻や白桃に刃をためらはぬ 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
今日勝気明日も勝気の白桃剥く 三好潤子
仏だんに供ふ路上で買ひし桃 細見綾子 黄 瀬
仏前のころがりさうな桃ひとつ 向笠千鶴子
仏壇に供へておのが桃確保 中田みなみ
仏壇に据ゑられ桃の尻潰ゆ 品川鈴子
仏壇の桃を拝んでいるような 池田澄子
仏見て失はぬ間に桃喰めり 細見綾子 黄 炎
伏竜に見つかりそうな桃の種 五島高資
佐保姫や青柳の眉桃の頬 伊藤松宇
何ごともなき桃の夜の子守唄 赤尾恵以
何をいつ満ち来るを待つ白桃に 齋藤玄 『雁道』
何処までも一本道や桃の中 松本たかし
供へたる白桃の香の厨まで 川元安子
俺たちに乳房はなくて桃のはな 山下正雄
働きて足る夕べなり皿に桃 後藤一朗 『雪間』
六道絵見て来て夜の桃すする 内山芳子
出水引き蛇垂る桃樹月さしぬ 宮武寒々 朱卓
刀を容るるまで白桃のしづかなり 藤岡筑邨
刃物あて桃の形にまわしけり 新田ハナ
切口をひとりいたむか夜の桃 服部嵐雪
切株はかつて桃の木春は逝き 林朋子
初生りの五つの桃の一つもぐ 神原 かづ子
剛き殻刻満ちて割れ桃吹けり 安田春峰
劉生が描きし童女とこれの桃 内藤吐天 鳴海抄
勝ちて獲し少年の桃腐りやすき 寺山修司
包みたる桃の匂ひの古新聞 細見綾子 黄 炎
北東(うしとら)へ枝さしかわす桃杏 宇多喜代子
十戒のひとつふたつは桃のこと 久保純夫
去勢後の司馬遷のゐる桃林 能村登四郎 菊塵
口にして梅桃の甘き滝見かな 松村蒼石 寒鶯抄
右の手を馴事としたる白桃よ 久保純夫 熊野集 以後
同じ値の白桃同じ形なし 品川鈴子
向桃や彼方の雲も右に影 中村草田男
君死後のあかき時間を桃の前 桜井博道 海上
吾が啖ひたる白桃の失せにけり 永田耕衣(1900-97)
吾が青春水蜜桃の薄皮むき 三好潤子
吾子ふたり桃の無傷の二三日 橋本榮治 逆旅
吾子二人桃の無傷の二三日 橋本 榮治
和尚 桃の一枝うちの子にわたして後ろ姿かえる 荻原井泉水
唇を吸ふごと白桃の蜜すする 上村占魚
唐めかし桃に来て居る鵯一羽 尾崎紅葉
唱ふ子のこゑこぼしゆく桃の里 加藤耕子
喪の家の水槽に桃ひとつ浮く 辻田克巳
喪の百日わが体内に桃の水 柿木 多映
四月馬鹿桃流れくる筈はなし 星野麥丘人
土曜日の妻の手に桃滴れり 肥田埜勝美
土龍よ桃よ/小学生の/月日は/穂絮 林桂 黄昏の薔薇 抄
地の水は桃にならむと桃の木に 柿本多映
坐りなほして白桃に刃を当つる 遠藤央子
塩もどす鯖に桃ちる流れかな 紫暁
境川村小黒坂桃のころ 大井戸千代
壺の桃もつとも心見せたげに 後藤比奈夫 めんない千鳥
壺の肩にちりし桃かな見て病める 大橋櫻坡子 雨月
夏に入る潮涸瓊を桃ほどと 譜久原京子
夏桃のひそかに紅きところ吸ふ 吉田汀史「四睡」
夏桃や一構つくにがこ(苦子)竹 空芽 俳諧撰集「有磯海」
夏桃や次の匙待つ離乳の児 小川ユキ子
夏謝すや桃載せし皿水に返し 村越化石 山國抄
夕べ見をり一つは亡母袋の桃 村越化石 山國抄
夕月や脈うつ桃をてのひらに 伊藤通明
多作多捨多作多捨とて桃吹けり 佐々木六戈
夜すずみに白桃の香を愛すかな 飯田蛇笏 春蘭
夜の桃あたたかなれば哀なり 素檗
夜は海の霧がたち込め桃熟るる 中本 柑風
夜桃林を出てあかつき嵯峩の櫻人 蕪村 春之部 ■ 曉臺が伏水嵯峩に遊べるに伴ひて
夜桃林を出でてあかつき嵯峨の桜人 蕪村
夢の世やとりあへず桃一個置く 中尾寿美子
大なる桃や千里の波を行く 尾崎紅葉
大名の字(あざな)を桃のはたけかな 水田正秀
大声で桃の里行く伊勢詣 松瀬青々
大白桃をとこをんなの老いにけり 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
大白桃一休をまだ滴れり 永田耕衣 冷位
大白桃妄想森の如くなり 永田耕衣 葱室
大聲で桃の里行く伊勢參 松瀬青々
天元に白桃ひとつ泛びゐる 中尾寿美子
天日に脈あるごとし桃赤らむ 櫛原希伊子
太陽は毛深いものか桃熟るる 松林尚志
奇なるかな郵便箱に桃の種 攝津幸彦
妻の唄袋被て桃透きとほり 細川加賀 『傷痕』
妻告ぐる胎児は白桃ほどの重さ 有馬朗人
妻告ぐる胎児は白桃程の重さ 有馬朗人 母国
妻留守の白桃一つ冷し置く 肥田埜勝美
姉様に参らす桃の押絵かな 夏目漱石 明治三十年
嬰児眠る桃の雫の泪溜め 上野さち子
子の頬と同じ産毛の冷し桃 都筑智子
子へ太る桃よ袋はシャツに似て 香西照雄「対話」
子を産んで水蜜桃の脇通る 桑原まさ子
学校へしづかなる坂桃熟れぬ 佐野まもる 海郷
実桃秘め朝の緑蔭端揺るよ 香西照雄 対話
家ありて桃の仄めく山路かな 宇佐美魚目 秋収冬蔵
家あるまで桃の中みちふみいりぬ 加舎白雄
寄港して水蜜桃売が船に来る 清崎敏郎
寒屋に提げきて解く桃の苗 百合山羽公 寒雁
対岸の桃に色来る栄山寺 山本洋子
小一日風ことことと桃の節ち 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
小暗しや桃売覗く簷の端 小林康治 玄霜
少年を左手に誘い桃採りに 出口 善子
尼寺の桃も桜も濃かりけり 市野沢弘子
屋を出る鼠に夜の桃あかり 鈴木鷹夫 春の門
山なして貝殻哀し桃の雨 松村蒼石 寒鶯抄
山の子は桃にほはせて食ひけり 高橋馬相 秋山越
山の家の一樹の桃に毛虫かな 尾崎迷堂 孤輪
山下りて水蜜桃の匂ひせり 仙田洋子 橋のあなたに
山国の桃の紅らむ力かな 櫛原希伊子
山川を仮に哀しみ桃剥くか 和田悟朗
山彦は山に捨て置く夜の桃 鈴木湖愁
山蟻や割れて真赤な桃の幹 長谷川櫂 天球
山間の雨の長さや赤き桃 宇佐美魚目 秋収冬蔵
岡山の桃をむさぼる夕立かな 角川春樹
岡山や駅舎の前の桃も実に 小泉節子
川上や桃煙り居る草の村 芥川龍之介
川底に盆供の桃のとどまれり 福田甲子雄
巻向の鳴る瀬の桃の裾めぐり 茂里正治 『春日』
師よりの文桃のほぐるる日に着きぬ 松村多美
幸綱にながき歌かな桃啜る 宇多喜代子
幼なくて毛桃するどく尖りけり 松村蒼石 雪
幼児はいたく笑ひね夜の淵にありて白桃食べをへしとき 佐藤通雅
広島市街図白桃しんとあり 保坂敏子
庭桃に語を溜むるごと袋被す 八木林之助
庭見世の衣裳・柿・栗・桃饅頭 下村ひろし 西陲集
弱者死んで桃の袋が野に光る 飴山實 『おりいぶ』
弾丸の穴より眺む桃の國 宇多喜代子
彼桃が流れ来よ~春がすみ 一茶 ■文化八年辛未(四十九歳)
後朝のごとく離るる桃と種 鈴木鷹夫 千年
後頭に涼溜む白桃三つ食べ 村越化石 山國抄
後頭を鈍器のように雨の桃 増田まさみ
御所跡を訪ねあぐねし桃日和 植木 弘
心にも正面ありぬ夜の桃 上田日差子
恩讐の彼方に火桃と灰神楽 攝津幸彦 未刊句集
息の代となりても桃をくださるる 本井英
息の根をつかひ白桃すするなり 齋藤玄 『雁道』
悉く桃は袋被ぬ母癒えむ 石田波郷
意に満たぬときの頬杖桃ふとる 田中裕明 櫻姫譚
憚らず食ひ水蜜桃甘し 樋笠文
我が家の桃一本に袋掛 右城暮石 上下
我が衣に伏見の桃の雫せよ 松尾芭蕉
或る僧の風邪ひく桃の夕かな 大峯あきら
戦後をまッ二つ 俺にある水蜜桃 星永文夫
戸に海貼す画鶏の傍の桃符かな 岩谷山梔子
戸をたてて白桃にほふ小望月 柴田白葉女
扉に彫む一顆の桃や隠元忌 後藤夜半
手のひらの重みを移す朝の桃 布川武男
打身ある白桃味に変りなし 高澤良一 素抱
抱けば熟れいて夭夭(ようよう)の桃肩に昴 金子兜太 詩經國風
指ふれしところ見えねど桃腐る 津田清子
指をさす嬰の笑窪や桃熟るる 箱守きよ子
振り分けて雲と桃とにしてしまふ 攝津幸彦 鹿々集
掌に桃の詩意か量感離れざる 河野多希女 こころの鷹
掌に香りて重し夜の桃 山田尚子
掌上に白桃涼をあつめけり 久保田万太郎 流寓抄
掌中の桃はにほへり安吾の碑 黒田杏子
採らで置く色桃二つすこやかに 三橋敏雄 長濤
撒水の桃の葉を打ちつづけたる 岸本尚毅 鶏頭
播州の夕凪桃を見て来たり 魚目
放蕩や剪りかためたる桃の枝 宮坂静生 山開
故郷やいたはりて剥く桃の肌 佐野美智
新藁を焼く桃の木のくろき瘤 中拓夫
旅のことなど白桃の辺に腕を置き 桜井博道 海上
日にやけし子守いとほし桃をやる 長谷川かな女 雨 月
日に焦げて産毛が痒し桃と腕 宮津昭彦
日本の乾酪の溶ける桃の夜 桑原三郎 龍集
日照雨して桃が艶めく武家屋敷 梶山千鶴子
日除すだれの縞目の影の白桃よ 細見綾子 黄 炎
明易き桃の葉なりし須磨泊り 宇佐美魚目 天地存問
星々の雫を享けて熟れてゆく白桃ありき人に知らゆな 前登志夫
星祭嬉しや桃の苦からず 美濃-木因 元禄百人一句
春光や瑪瑙いろなる桃のやに 久保より江
春寒き桃の切枝や二三日 楠目橙黄子 橙圃
昼の僧白桃を抱き飛騨川上 金子兜太 狡童
時間まだある痩姿桃の木と僕に 鈴木 明
暑き日や桃の葉蝕はる枝ながら 室生犀星 魚眠洞發句集
暗夜桃枝わが脊髄として眠る 高野ムツオ 陽炎の家
暗黒の先へさきへと転ぶ白桃 攝津幸彦
曉闇の桃を白しと淡路越す 高井北杜
曳売の白桃すでに一患者 角川源義 『西行の日』
月光はずうつとむかしから不吉 桃の細葉に刃が添ひてきぬ 黒木三千代
月欠けてゆくよ袋の中に桃 富田敏子
有明や喜寿も仮の世桃の影 松根東洋城
望の夜のめくれて薄き桃の皮 眞鍋呉夫
朝の来て桃売の来て旅の宿 石井とし夫
朝市の雨沛然と桃匂ふ 中島斌雄
木に凭ればたゆたひはじむ桃林 柿本多映
未亡人の桃の吸ひ方見てをりぬ 櫂未知子 貴族
未生の空桃の残像流れゆく 柿本多映
未知の人と一箱を分け桃を買ふ 毛利友美
李賀ならずとも早熟の桃剥けよ 中原道夫
板の間にゆうべはありし桃一個 津沢マサ子(1927-)
桃*もぐや白雲まとひ越後富士 宇野慂子
桃あからむ夕かげ牧にゆたかなり 小池文子 巴里蕭条
桃うかぶ暗き桶水父は亡し 寺山修司(1935-83)
桃が歯に沁みて河口のひろびろと 岸本尚毅 鶏頭
桃が白けた古風俚謡を鈔して 北原白秋
桃さくら股間にあそぶ煙かな あざ蓉子
桃すすり掌を柔らかく老いにけり 井出寒子
桃すする双手みずみずしくなりぬ 木之下みゆき
桃すする多かれ少なかれ不幸 岬雪夫
桃すでに遠目にもいろ須磨明石 宇佐美魚目 天地存問
桃といふ三尺の棒植ゑ終はる 田島和生
桃として倉庫出て行く唸りつつ 西川徹郎 町は白緑
桃と栗屋敷のうちに盛夏かな 宇佐美魚目 秋収冬蔵
桃どちのけふは節句と云ひ交し 高澤良一 素抱
桃にともせよ歳々の人形をやらん 内田百間
桃に来て昼湯は母と乳児ばかり 小池文子
桃に色来そめし美濃の奥にあり 大峯あきら 宇宙塵
桃に風長き眠りを果しゐき 原裕 葦牙
桃のなか別の昔が夕焼けて 中村苑子(1913-2001)
桃の世へ一歩それより薄瞼 鈴木鷹夫 渚通り
桃の世へ洞窟(ほこら)を出でて水奔る 中村苑子(1913-2001)
桃の世へ洞窟を出でて水奔る 苑子
桃の世やねむりて殖ゆるかたつむり 大屋達治 繍鸞
桃の前母の子はみな皺やどす 赤城さかえ
桃の奥古利根川の流れけり 小澤碧童 碧童句集
桃の如く肥えて可愛や目口鼻 正岡子規
桃の宙とぎれとぎれに山浮かみ 正木ゆう子
桃の実にまぶたを合はす痛みかな 栗林千津
桃の実にやすらふ蟻を見つけたり 中田剛 珠樹以後
桃の実に目鼻かきたる如きかな 正岡子規
桃の実のほのぼのと子を生まざりし きくちつねこ
桃の実の昏くて四十までの空 宮坂静生 山開
桃の実の瞬くたびに古びけり 竹本健司
桃の実の誰かに見られたる汚れ 荒井良子
桃の実や十年ぶりの絵筆もつ 西脇みん
桃の実よ両手ぬらして啜りけり 寺田浩子
桃の実を思へばいまはのごと匂ふ 斎藤玄 雁道
桃の昼納戸マリアの眉みゆる 宇多喜代子
桃の暮いつも気楽な二番星 辻田克巳
桃の木で首を支えし中年よ 宇多喜代子
桃の木にかたつむりまた霞む島 宇佐美魚目 秋収冬蔵
桃の木にたつぷりと水夕涼み 宇佐美魚目 天地存問
桃の木に一光年のはじまりぬ 松澤昭 面白
桃の木に十一月の日ざしかな 篠崎圭介
桃の木に桃の実のなる朝かな 柿本多映
桃の木に桃生り近江うすぐもり 宇佐美魚目 秋収冬蔵
桃の木に紙屑の穢や寒の雨 西山泊雲 泊雲句集
桃の木に隠れる妻子金盥 桑原三郎 春亂
桃の木のうすき夕日や彼岸過 大獄青児
桃の木の指すきとほる帰省かな 山西雅子
桃の木の桃を百年孕みおり 久保純夫 水渉記
桃の木の脂すきとほる帰省かな 山西雅子(俳句研究年鑑)
桃の木は袋掛せしまま残す 高野素十
桃の木へ雀吐出す鬼瓦 鬼貫
桃の木もあんなそんなで夕暮れる 野口朱美
桃の木や童子童女が鈴生りに 苑子
桃の木を蟻おりて来る日暮かな 大串章 百鳥
桃の木川の観音橋や秋の暮 林桂 ことのはひらひら 抄
桃の木平字鳩打の川普請 中戸川朝人 星辰
桃の束解きふる里の香に浸る 荒原節子
桃の枝かざしあそべる白髪かな 吉田汀史
桃の枝に触れて女の髪ひかる 館岡沙緻
桃の枝の青空指して長短 高澤良一 随笑
桃の枝爪先立ちて剪り落とす 西村和子 夏帽子
桃の枝相合傘をはみ出して 石田郷子
桃の核(さね)囲める蟻の真っ黒け 高澤良一 暮津
桃の根に藁敷きつめて霜を待つ 廣瀬直人
桃の水甘し酸つぱし石河原 柿本多映
桃の浦月の浦蚕の眠るごと 高野ムツオ 鳥柱
桃の湯の溢るゝを児に浴せけり 篠原温亭
桃の灯にめまぐるしきはこの子也 内田百間
桃の灯に今年の人形を加へたり 内田百間
桃の畑を大廻りして午の水 林桂 ことのはひらひら 抄
桃の皮張り強うして水弾く 高澤良一 暮津
桃の盆地一日雨を流しけり 松村蒼石 雪
桃の種子出土の丘の昼がすみ 田中英子
桃の種桃に隠れむまあだだよ 中原道夫
桃の箱桃の畑の匂ひあり 長谷川櫂 蓬莱
桃の節ち汝にして朝の居眠りや 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
桃の籠終車はくらき疾風なす 友岡子郷 遠方
桃の紅すももの紅や幸多し 佐藤美恵子
桃の翁桃の媼と盆用意 伊丹さち子
桃の肌傷つき易し愛でて病む 早崎 明
桃の色目におさまりて富士見かな 千代尼
桃の葉のくたぶれゐるや桃実る 小澤實 砧
桃の葉のちぢれてゐたる迎鐘 岡本高明
桃の葉の吸ひ込まれゆく山羊の口 沢木欣一 塩田
桃の葉の湯より抱き上ぐ汗疹の児 赤澤新子
桃の葉の濃し天理より誘状 宮坂静生 山開
桃の葉やちちはは見むと湖に出て 関戸靖子
桃の葉や父にとどきし泳ぎの手 宇佐美魚目 天地存問
桃の葉を入れてあさけに風呂を焚く 岸白路
桃の葉を煮るや土用の子の睡り 堀口星眠 営巣期
桃の葉垂れたる夜寒をあるく 滝井折柴(孝作)(1894-1984)
桃の里吠えたき犬を吠えさせて 鍵和田[ゆう]子 浮標
桃の重みを案ずるごと桃の膚に乗す 中村草田男
桃の門種痘と書いて張札す 寺田寅彦
桃の陽にやつと乳歯を見つけたり 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
桃の雨素直に留まる胸釦 上尾ヤス子
桃の香が岐阜提灯にまつはりて 岸本尚毅 舜
桃の香のなかに夜明けの蚤帰る 飯田龍太
桃の香の中に夜明けの蚤帰る 飯田龍太
桃は実に目へ来る蝶を打ちはらひ 石川桂郎 高蘆
桃は實に地軸かたぶく寂しさに 河原枇杷男 訶梨陀夜
桃ひとつ吾が前にある漫かな 中尾寿美子
桃ひとつ母の頭に置いて去る 皆吉司
桃ひとつ沈めて海を知らぬはは 佐藤いく
桃ひとつ甘き匂ひを放ちたる 今井千鶴子
桃ひとつ載せてやさしき手なりけり 三田きえ子
桃ふたつ浪了了とうまるるか 中田剛 珠樹
桃むいてあたりかまはず濡らしたり 石川桂郎 四温
桃むくや争へばただ悲しくて 本間有紀子
桃むけば夜気なめらかに流れそむ 正江
桃むけば燈真白に高原なり 村越化石
桃もいで大サーカスのくる盆地 斉藤夏風
桃や桜頭上に吹かる日蝕裡 原裕 葦牙
桃よ桃遠うおひからは藤かとぞ 広瀬惟然
桃わびし人と交わり物言うに 和田悟朗
桃われの御用始の給仕かな 柏崎夢香
桃を*もぐ桃の形に手を丸め 山本白雲
桃を剥く指先麻痺をのがれしよ 佐藤母杖 『一管の笛』
桃を剥く銀のナイフを曇らせて 岩垣子鹿
桃を受く少年の掌のかたさかな 佐藤美恵子
桃を折る我見てゐしが畑打つ 比叡 野村泊月
桃を煮て幸田文読む真昼かな 谷口桂子
桃を食ふ大したたりにうつぶしぬ 皆吉爽雨
桃トマト小冷蔵庫なれど冷ゆ 日野草城
桃一つながれて来ずや岩の間を 京極杞陽
桃一つ残りて黒き床柱 柿本多映
桃一と口の甘露ベットを止り木に 成田千空 地霊
桃一枝点滴のこの長き空間 藤村多加夫
桃一樹芽ぶく力を得たりけり 池田秀水
桃一片三口に食べて俳諧師 磯貝碧蹄館
桃一顆指ことごとく濡らし食ふ 右城暮石 声と声
桃一顆淵に泛かべて盆ゆけり 黛 執
桃一顆白磁のごとし誕生日 小宅光子 『雲に風に』
桃二つおほいなる御亡骸に 大石悦子 百花
桃二つ一つ爛熟わが選ぶ 吉野義子
桃伐りし夜は切株で梳る 渋谷道
桃兆す天の一枚扉かな 折笠美秋 虎嘯記
桃冷えてます昼餉の卓に添へしメモ 三宅郁子
桃冷す水しろがねにうごきけり 羽公
桃冷やす水しろがねにうごきけり 百合山羽公
桃切つてナイフをたたむ濡れしまま 近藤一鴻
桃剥いて指細くなる思ひかな 舩山東子
桃剥いで情をこめつつ荷風論 鍵和田[ゆう]子 浮標
桃剥くと妻のむっちりせる上肢 高澤良一 暮津
桃剥くや美しき言葉を守るため 山田みづえ
桃割れの母の写真や手毬唄 田中勝子
桃匂ひ朝の食堂車開かれぬ 内藤吐天 鳴海抄
桃印の燃寸とろとろ揚雲雀 坪内稔典
桃印の燐寸とろとろ揚雲雀 坪内稔典
桃史死ぬ勿れ俳句は出来ずともよし 日野草城
桃吸ふやいづれはかへる子の辺なる 犬飼久子 『寧日』
桃吸ふや夜が早く来る母の辺は 田中菅子 『紅梅町』
桃吹くや地の穴穴の淋しけれ 柿本多映
桃吹くや燦々と貧しかりし日 渋谷道
桃啜り覗けたる胸見られしや 石田波郷
桃啜るプールサイドに跼むごと 桜井博道 海上
桃啜る密教の地にしたたらし 恩賀とみ子
桃啜る海へもぐりし昏さ曳き 宮坂静生 春の鹿
桃喰べしあとのナイフをきらめかす 寺田京子
桃喰みて旨しと夫の夜の一語 築城 京
桃喰ベしあとのナイフをきらめかす 寺田京子
桃売の西瓜食ひ居る木陰哉 正岡子規
桃太り角兵衛獅子の祭くる 山田春生
桃妖の墓の裏より三十三才 前田時余
桃山にわざと豆腐を落しけり 攝津幸彦
桃山の屏風めぐらし地虫出づ 山口青邨
桃山や行尽されぬおぼつかな 松岡青蘿
桃山期にひまらや杉のまうしろに 阿部完市 春日朝歌
桃折れば牛の面出す垣根かな 梅本塵山
桃採のすみし梯子をあちこちに 長谷川櫂 天球
桃採の梯子を誰も降りて来ず 三橋敏雄 長濤
桃新鮮水はね返す力あり 小竹由岐子
桃日和白き道くる男かな 北原志満子
桃明り届くところで握り飯 高澤良一 寒暑
桃晃の豆に鬼ども逃げ失せし 阿部みどり女 月下美人
桃曰く憂きものはわが種なりと 河原枇杷男 閻浮提考
桃月夜たてがみあらば北へ発つ 石井和子
桃月夜ははをいづくへ隠さむや 後藤先子
桃李樹下気を失うて山河かな 和田悟朗
桃李相競ふに病めるものばかり 石塚友二 光塵




桃板の門仰ぎ去る童鬼かな 中村烏堂
桃林に柴積んであり腰かけぬ 松本たかし
桃林の湧き水加へ芹の水 中戸川朝人 残心
桃林の雨あし見えて降りにけり 石原舟月 山鵲
桃林はみづえをそろへ麦青む 飯田蛇笏 雪峡
桃林へ已に藁家の桃多し 尾崎迷堂 孤輪
桃果あり卓白昼の翳あはく 飯田蛇笏 春蘭
桃柳かがやく川のながれかな 蝶夢
桃柳かはりありくや女の子 羽紅 俳諧撰集玉藻集
桃柳くばりありくやおんなの子 野澤羽紅女
桃栗は三年なるかならぬかや 名和三幹竹
桃栗三年婆七十歳の柿植うる 菊池志乃
桃植うや晩婚の子の汝が為に 杉山岳陽 晩婚
桃植うる川のひかりを遠く来て 岡庭正
桃水のため寒紅を引きし日も 太田夏子
桃洗ふいとほしきもの洗ふごと きくちつねこ
桃洗ふ双手溺れんばかりなり 石田 波郷
桃洗ふ手のひら丸くあてがつて 小林潔彦
桃浪や酔ひ酔ひ酔ひの烏丸 加藤郁乎
桃滴舎露地の十歩も蓼の秋 中村祐子
桃熟るる夕日の重さ加へつつ 太田 昌子
桃熟るる風にとどめて遠瞬き 松澤昭 安曇
桃熟れてあまりに若き烈女像 林翔 和紙
桃熟れてもうすぐ叫ぶ叫んでしまう 鎌倉佐弓 天窓から
桃熟れて不逞の密議かくも長し 筑紫磐井 婆伽梵
桃熟れて日和くづるる明日香村 坂本杜紀郎
桃狩のくるりと剥けて遠い富士 島田末吉
桃狩の篠つく雨となりにけり 山西雅子
桃生けて女の月の来りけり 後藤比奈夫 祇園守
桃白しまだ訥升といひしころ 久保田万太郎 流寓抄
桃盛りまだ見ぬ隣人の庭に 阿部完市 無帽
桃盛り遺跡は遠くかくれけり 松村蒼石 雪
桃紅くうすむらさきに比叡あり 岸風三楼 往来
桃美(くわ)しかたいしもゝと疎まれて 竹下しづの女句文集 昭和十年
桃美しかたいしもゝと疎まれて 竹下しづの女 [はやて]
桃美なり籠をさしあげて樹より享く 西本一都 景色
桃菜種かりゐも三年流れたり 石塚友二 光塵
桃落ちて木魚の音が軽くなる 穴井太 穴井太句集
桃落つる音して見えぬくらがりや死者涵す水われに充ちくる 伊藤一彦
桃袋風神袋の匂ひかな 大木あまり 火のいろに
桃見せて泣ず尿せず婢子(はふこ)かな 智月 俳諧撰集玉藻集
桃見ゆる暗き厨にものを煮る 桂信子 黄 炎
桃買いに黄泉の比良坂下りいる 吉本和子
桃買ひしえにし信濃の人と語る 村越化石 山國抄
桃買ひて丹波篠山行きの汽車 細見綾子 黄 瀬
桃買ひに黄泉の比良坂下りいる 吉本和子
桃買ふや夕焼けて来し旅の空 藤岡筑邨
桃賜(たば)り斜めならざる御慶(およろこび) 筑紫磐井 婆伽梵
桃霞山にかくるる山を見に 矢島渚男 延年
桃頒つこれより柔かくは持てず 山中蛍火
桃食うてしばらく遊ぶ思ひかな 伊藤通明
桃食うて煙草を喫うて一人旅 星野立子
桃食つて雨美しと出てゆけり 原田喬
桃食ふか食へよ戸隠の鬼の衆 川崎展宏
桃食ふやきらきらきらと休暇果つ 森澄雄
桃食ふや冷たき水を浴びてきて 長谷川櫂 蓬莱
桃食べて体が匂ふ今朝の秋 殿村莵絲子
桃食べて東方朔となるつもり 木村 ふく
桃食べて涼しくなりし寺住ひ 中山純子 沙 羅以後
桃食べて虫めづる姫君となる 如月真菜
桃食べて訃のこと再び口にせず 阿部みどり女 月下美人
桃食みて桃を見てゐるいとまかな 遠野 翠
桃馥郁病む辺も風の通りみち 成田千空 地霊
桑籠も桃とり籠も濡れてゐる 夏井いつき
桜より桃にしたしき小家哉 蕪村
梅桃の接穂ちらばり忘れ霜 堀口星眠 営巣期
棕梠に鳴る陽の向うの桃 北原白秋
森羅/しみじみ/萬象/一個の桃にあり 折笠美秋 火傅書
椎樫も祝福す桃紅らむを 石田波郷
極月の桃のさかりのかげもなし 田中裕明 櫻姫譚
楽しいか蒲桃吸ひゐるおちよぼ口 尾崎紅葉
概念のテーブルに桃腐りつつ 豊口陽子
欠伸して水蜜桃が欲しくなりぬ 金子兜太 少年/生長
死にごろとなり桃の木に桃登る 折笠美秋 虎嘯記
死にごろとも白桃の旨き頃とも思ふ 河原枇杷男 蝶座 以後
死ぬまでは生きてゐし人ひやし桃 八田木枯
死ぬるとき食べたきものや水蜜桃 大高翔
死神はうからまで来し桃啜る 中戸川朝人 尋声
死者が来ている夜の火をもやす 桃泛かぶ 伊丹公子 沿海
毛虫付き驚き桃の木山椒の木 高澤良一 暮津
毛虫多き桃の畠や外厠 山田三子
水づかれの桃よ 桃よと墓が立つ 中島林炎
水に浮く白桃に指ふれかねつ 安東次男 裏山
水はじきつつ白桃の冷えにけり 野村春子
水はじく桃名水に浮かばせり 仲田しげを
水中になお水はじく水蜜桃 桂信子
水中になほ水はじく水蜜桃 桂信子 黄 瀬
水中に桃冷え昼月かすかにす 村越化石 山國抄
水中に桃銀色の夜明けかな 林桂 ことのはひらひら 抄
水中の桃ひかりをり楸邨忌 江中真弓「水中の桃」
水凹む盆供の桃を迎へては 石田勝彦 秋興
水源へ落桃の辺も通りたる 細見綾子 黄 炎
水甕の蓋に桃おく湯治びと つじ加代子
水着にて桃したたるにまかせ啖ふ 内藤吐天 鳴海抄
水蜜桃かたき歯応へ衆也椽 石塚友二
水蜜桃のごとく濡れゐる夜の三時 橋本榮治 越在
水蜜桃の紅透く籠目の切子鉢 石原八束 風霜記
水蜜桃はかげりけりからだを拭く 孝作
水蜜桃や夜気にじみあふ葉を重ね 渡辺水巴 白日
水蜜桃を供ふ震禍の霊なれば 宮武寒々 朱卓
水蜜桃を徒弟が顎にしたゝらす 誓子
水蜜桃剥く手つき見る見るとなく 日野草城
水蜜桃固き歯応へ衆他縁 石塚友二 方寸虚実
水蜜桃種子にぶつかるまですする 藤岡筑邨
水蜜桃食べて五十は嫌ひな歳 鈴木鷹夫 渚通り
水視つつゆつくり此処で熟れる桃 正木ゆう子 悠
汐あびや夕日すゞしき店の桃 松瀬青々
沈む桃に銀膜赤き処は浮べ 香西照雄 素心
沈黙のつづき白桃置かれけり 折井紀衣
沖荒れて海女の厨に桃浮かぶ 森田智子
沙魚を煮る小家や桃のむかし貌 蕪村
泉へと桃李二人を従へて 平野周子 銀化
波は水水は白桃抱きけり 鳥居真里子
泣きにゆく母などなくて桃太る 高木澄子
泣く顔はみられたくなし桃を吸ふ 大橋迪代
津屋崎の土人形や桃の弓 穴井太 原郷樹林
洪水はわが水桃に至らむと 糸大八
洪水はわが白桃に至らむと 糸大八
海の中にも都の在るや桃洗ふ 中村苑子
海女つぐ子独りのときを桃すする 下田稔
海流は夢の白桃のせて去る 桂信子 緑夜
消灯以後水蜜桃の蜜いかに 小寺正三
深川や桃の中より汐干狩 一茶
清風裡水蜜桃の枝撓やか 瀧春一 菜園
渓流に桃を浸して姉妹 風間良子
滅び初む桃より見えし歩兵かな 攝津幸彦
滅罪の国分尼寺跡桃清ら 細見綾子 黄 瀬
滑稽の桃沐浴すひだりかな 攝津幸彦 未刊句集
漁分つ喧嘩のどかや桃日和 大須賀乙字
潮騒のよろこび通る桃林 長谷川双魚 風形
灯のさきの闇豊かなり桃を剥く 池田秀水
灰青色の海へ桃投げては泳ぐ 飴山實 『おりいぶ』
炎天のひと日終へたり皿に桃 川崎展宏
無心なる童女ひそかに息づくごと一顆の桃の山原明かる 大野とくよ
照り降りの荒し桃の実地に触るる 宮坂静生 春の鹿
熟れ桃や左右の大気の息づかひ 草田男
熟桃の古風なる香をめづるかな 飯田蛇笏 春蘭
父恋ふる日が父の忌や桃啜る 折井眞琴
牛を桃林に放ち畑打 岩木木外
犬眠る真つ赤に桃の熟れてをり 岸本尚毅 選集「氷」
狩られて桃の季節をはりぬ操車場(ヤード)の寂 竹中宏 饕餮
生きはぐれ死にはぐれまた桃を見き 折笠美秋 死出の衣は
甲斐の雲たたせたたせて桃ふとる 上田日差子
甲板に桃の荷ひさぐ荒筵 伊藤京子
男は桃女は葡萄えらびけり 大住日呂姿
留守番の桃の間に居て烏賊にする 攝津幸彦
病む妻へ嬰を渡すごと桃渡す 久保龍 『火口の蝶』
病間や桃食ひながら李画く 正岡子規
痣著き桃のしづかに売れ残る 櫂未知子 蒙古斑
登山衆が桃がトマトが濡れて着く 林原耒井 蜩
白桃およぎおよぎ人のことなり 阿部完市 春日朝歌
白桃が三つテーブルにある平和 古田けいじ
白桃が喉過ぐ戦時その奥に 岡崎光魚
白桃すするけふ退院の一少女 石田あき子 見舞籠
白桃にいとど濡れたる姑あはれ 大石悦子 群萌
白桃にくれなゐの種耕衣亡し 大木あまり 火球
白桃にすすり余すといふことなし 鷹羽狩行 八景
白桃にふた夜の皺のありにけり 山尾玉藻
白桃にをさまらぬものしたたりぬ 中村正幸
白桃に一つの疵もなかりけり 武田孝子
白桃に人刺すごとく刃を入れて 鈴木真砂女
白桃に人剌すごとく刃を入れて 鈴木真砂女
白桃に入れし刃先の種を割る 橋本多佳子(1899-1963)
白桃に唇濡れしまゝ笑ふ 莵絲子
白桃に噂の顔をして来たり 小檜山繁子
白桃に夜のおもさが加はりぬ 奥名春江
白桃に奈良の闇より薮蚊来る 沢木欣一(1919-2002)
白桃に奈良の闇より藪蚊来る 沢木欣一 塩田
白桃に寒幾度かあともどり 河野静雲 閻魔
白桃に微細なる虫狂ひけり 小澤實
白桃に昨日の指の痕のこる 小檜山繁子
白桃に淡々として夕日さす 細見綾子
白桃に眠りの紐のゆるびたる 夏井いつき
白桃に笊の魚介やみづ~と 楠目橙黄子 橙圃
白桃に羽が生えたり恋すれば 佐藤成之
白桃に触れたる指を愛しみをり 斎藤空華 空華句集
白桃に触れてはがねの薄曇る 松本秀子
白桃に諸行無常の産毛あり 櫂未知子 蒙古斑以後
白桃に風くる父の詩集かな 大木あまり 火球
白桃に魚潜みおり朝の火事 坪内稔典
白桃のいたみながらのよい匂い 池田澄子 たましいの話
白桃のうす紙の外の街騒音 野澤節子 牡 丹
白桃のかくれし疵の吾にもあり 林翔(1914-)
白桃のかすかな傷に剥きすすむ 鈴木鷹夫 渚通り
白桃のごとくに酔いし人送る 対馬康子 純情
白桃のすべり込んだる喉かな 山上樹実雄
白桃のつかのまの肉をなおすする 北原志満子
白桃のつゆ指つたふ古き友 柴田白葉女 牡 丹
白桃のつるつる剥けて夜も蒸せる 篠田悌二郎 風雪前
白桃のどこ押されてもしずくする 笹田かなえ
白桃のひかりをまとひ沈みあり 戸栗末廣
白桃のひそかに熟るる快楽かな 須賀一恵
白桃のまだかたき肌おそれけり 鷲谷七菜子 天鼓
白桃のみな沈みたるめでたさよ 加藤鎮司
白桃のもたらされたる驟雨かな 山本洋子
白桃の仙ならんとす月五更 尾崎紅葉
白桃の傷めばいたみ夜明来る 猪俣千代子 堆 朱
白桃の傷をゑぐりしこと忘る 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
白桃の冷えゆるやかに刃を入るる 岬雪夫
白桃の冷ゆるを待ちて方丈記 鈴木鷹夫 大津絵
白桃の匂ひがしきり妻の留守 宮脇 龍
白桃の匂ひ亡き児を育てをり 太田保子
白桃の心足らへるひかりかな 久保田万太郎 流寓抄以後
白桃の核の紅濃き術後かな 江口千樹
白桃の水よせつけず洗はるる 柴田佐知子
白桃の汁したたらし生身魂 有山八洲彦
白桃の浮きしが一つづつ沈む 小松一人静
白桃の渓声に冷えまさりけり 石川桂郎 高蘆
白桃の無疵を悼むこころかな 櫛原希伊子
白桃の白きは蒼きほど寂か 石原八束 『幻生花』
白桃の白桃然と剥かれをり 攝津幸彦 未刊句集
白桃の皮引く指にやゝちから 川崎展宏
白桃の種ちかきまで歯を入るゝ 川崎展宏
白桃の種は桃いろ孤を灯す 梶山千鶴子
白桃の箱に貰ひし棘うづく 鈴木鷹夫 渚通り
白桃の紅らむ頃を夜汽車かな 鳴戸奈菜
白桃の純潔水をはね返す 石川正幸
白桃の絵のひび割れてゐたりけり 市川千晶
白桃の肌に入口無く死ねり 永田耕衣 闌位
白桃の芯まで甘し生家に来て 伊藤敬子
白桃の荷を解くまでもなく匂ふ 福永鳴風
白桃の薄紙芳情にも似たる 中原道夫
白桃の静かに熟るる夜の雨 三森裕美
白桃はダリのナイフを欲しがりぬ 各務耐子 銀化
白桃は桃に似ている満月よ 鳴戸奈菜
白桃は闇を貪(むさぼる)るかたちかも 宮坂静生
白桃へみな抜き手切る夜の沖 攝津幸彦 未刊句集
白桃むく古稀ときめきのなほありて 小坂かしを
白桃むく手より老醜はじまるか 樋笠文
白桃も淋漓と秋に入りにけり 相生垣瓜人 明治草抄
白桃やいま豊満の時にをり 能村登四郎
白桃やかりそめならぬ今の幸 岡田和子
白桃やためらはず刃を触れしめよ 康治
白桃やつくづくものを言はぬ夫 石田あき子 見舞籠
白桃や他力の海のひたひたと 橋石 和栲
白桃や力を抜きし手の中に 朝倉和江
白桃や力を抜きし掌の中に 朝倉和江
白桃や夜どおし水を欲しおり 二村典子
白桃や大暑の街を遠くにす 桜井博道
白桃や妻の雀斑をかなしめば 小林康治
白桃や子の耳うちのこそばゆし 千代田葛彦 旅人木
白桃や家の中にも波打際 大坪重治
白桃や家の奥より川の音 長谷川櫂 天球
白桃や弱音を吐かば寧からむ 山田みづえ 忘
白桃や彼方の雲も右に影 中村草田男
白桃や心かたむく夜の方 石田波郷
白桃や愛するという包むこと 折笠美秋 死出の衣は
白桃や昼の静脈北を指す 坪内稔典
白桃や死に損ひし妻が笑む 鈴木鷹夫 風の祭
白桃や民話のやうな子が生れよ 冨田正吉
白桃や泣く子の熱き後頭部 深谷栄子
白桃や海ある方に海見えず 藤岡筑邨
白桃や満月はやや曇りをり 森澄雄(1919-)
白桃や満月はやゝ曇りをり 森澄雄
白桃や火種は胸の奥の奥 小檜山繁子
白桃や父のふるさと青山路 中西碧秋
白桃や盗まれさうな児に育つ 吉田紫乃
白桃や耕衣と共にせし時間 永島靖子
白桃や遠き燈下に濤あがり 岡本眸
白桃や釘うたれたる箱をでて 百合山羽公 故園
白桃や青天へ皆のびし枝 野村喜舟 小石川
白桃を*もぎてしばらく男面 宮坂静生 山開
白桃をいだきし乳房濡れゐたり 仙田洋子 雲は王冠
白桃をおもひて眠る砂の街に 小檜山繁子
白桃をくも這ひたればくもの糸 長谷川櫂 天球
白桃をくらへばあきの風くづる 日夏耿之介 婆羅門俳諧
白桃をすするや時も豊満に 能村登四郎
白桃をひとりがむきてひとり哭く 黒田杏子 一木一草
白桃をむきてたしかに麦粒腫 和田耕三郎
白桃をもいで葉叢の下に置く 廣瀬直人
白桃をよよとすすれば山青き 富安風生
白桃をよよとすゝれば山青き 風生
白桃を今虚無が泣き滴れり 永田耕衣(1900-97)
白桃を剥くうしろより日暮れきぬ 野澤節子 黄 瀬
白桃を剥くねむごろに今日終る 角川源義
白桃を剥くやこころの水位増し 中尾杏子
白桃を剥くや膜なす光りの蜜 真鍋呉夫
白桃を剥けばひらひら夜の来る 松下千代
白桃を剥けば夜が来て孤独が来 鈴木真砂女 夕螢
白桃を吸い山国の空濡らす 酒井弘司
白桃を啜ふや海女の四肢ゆるび 高橋伸張子
白桃を啜らむと世に生れきし 吉田汀史
白桃を啜るに夜風立ちにけり 冨田みのる
白桃を啜る間何も考へず 細川加賀 『傷痕』
白桃を喰ふと重き戸開け閉てす 細見 綾子
白桃を女は睫毛伏せて剥く 石田あき子 見舞籠
白桃を投げれば鬼が口ぬぐふ 仙田洋子 橋のあなたに
白桃を摂りたる夜の鼻痒く 宮武寒々 朱卓
白桃を攀ぢつつ蟻の幸福に 本下夕爾
白桃を洗ふ誕生の子のごとく 林火
白桃を浮かべてぐんと桶古ぶ 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
白桃を滴らし微熱期を脱す 石川桂郎 含羞
白桃を産み落したる地球蒼し 安斎郁子
白桃を登山ナイフで削ぎて食ぶ 栗田やすし
白桃を睨み幼子ひとり立つ 原田喬
白桃を自転車泥と思ひ込む 攝津幸彦 未刊句集
白桃を見て白桃の居泣くなり 永田耕衣 闌位
白桃を触らば道のうごめきぬ 永田耕衣 冷位
白桃を購い風を食むゆうべ 津沢マサ子
白桃を載せて弾みし水の面 石田あき子
白桃を電話のあとに食べておりゆうぐれ少し泣いた ほんとだ 吉川宏志
白桃を食ひ大いなる虚にありぬ 藤田湘子 てんてん
白桃を食ふほの紅きところより 佐藤鬼房
白桃を食ぶみづうみになるために 東川治美
白桃を魂のごと手に翳す 井上千代美
白桃を齢頽れて啜りけり 草間時彦 櫻山
白桃一個一雷は檄のごと 友岡子郷 風日
白桃抱く心はさらに危ふきを 林翔 和紙
白桃来飛鳥の土にまぶれつつ 攝津幸彦 鹿々集
白桃身嘴のごときを秘めている 永田耕衣 闌位
白桃食ふ宵過ぎの月あるきをり 中拓夫 愛鷹
白驟雨桃消えしより核(さね)は冴ゆ 赤尾兜子
百の幼女ほしがる桃とそして銀 阿部完市 春日朝歌
百燭に犇く桃の柔毛かな 宇多喜代子
皆尖る桃の頭や籠の中 安達赤土
盗つて喰ふとは桃の木の桃のこと 鳥居真里子
目に流す人の恋かな夜の桃 小林康治 四季貧窮
相触れてより白桃の腐りそむ 中田剛 珠樹以後
真暗な壺中の歓喜桃を挿す 小檜山繁子
短夜や茶碗の中の桃の核 会津八一
石をきる山の梺や桃のはな 湖柳 五車反古
石塀は桃水生家蔦紅葉 文挾夫佐恵
石桃の茂り没して忘られし 百合山羽公 寒雁
硝子の側にても脂肪のなき桃よ 赤尾兜子
磧にて白桃むけば水過ぎゆく 澄雄
神の筆ためらひ刷きし桃の紅 篠田悌二郎
神仏のあはひで白桃熟れゆけり 小泉八重子
神殿のうしろ桃の実落ちにけり ふけとしこ 鎌の刃
福島の桃の夕焼けどき長き 高澤良一 随笑
福島や夜々白桃の栄ゆる店 鳥居おさむ
秋めきて白桃を喰ふ横臥せに 森 澄雄
秋めきて白桃を食ふ横臥せに 森澄雄
空梅雨や土器より出でし桃の核 宮津昭彦
空海と水蜜桃の天気かな あざ蓉子
童女地に描く曲線桃ふふむ 軽部烏頭子
童顔の桃むきて指うつくしき 及川貞 夕焼
筏師に村あればある桃櫻 原石鼎
筵敷いて這ふ児立つ児や桃の下 比叡 野村泊月
筵織る灯の圏内の桶に桃 池田蝶子 『草絵』
紅三頃桃の畑を鴎どり 三好達治 路上百句
紅霞たつ彼方山背に桃やある 高田蝶衣
紐いろいろ身ほとりにあり桃月夜 鈴木世記
紙飛行機ひらきしうへで桃を剥く 大石雄鬼
絵解き僧桃のことなど話しをり 武藤紀子
絶望の代はりに桃をたなごころ 櫂未知子 蒙古斑
缶切るやいずれが脆き桃・家族 渋谷道
缶詰の桃冷ゆるまで待てぬとは 池田澄子
翁かの桃の遊びをせむと言ふ 中村苑子(1913-2001)
耐へ来し歳月桃紅らむと指さすや 小林康治 玄霜
聖書伏せて娘は白桃に爪立つる 渡辺桂子
聲もせぬ車宿りや桃の晝 筑紫磐井 野干
肉維核ほのほのごとし大白桃 石鼎
肖像の桃を挿しても似合はるゝ 河野静雲 閻魔
肘まで走る白桃の汁終戦日 中拓夫
能く笑ふ桃には輪郭線の無く 高澤良一 素抱
脣を吸ふごと白桃の蜜すする 占魚
脱ぎすてて小さき桃となりおらむ 和田悟朗
腐(いた)みつつ桃のかたちをしていたり 池田澄子
腐みつつ桃のかたちをしていたり 池田澄子
自らの重みかかりて桃腐る 橋本美代子
自転車のかごの一番上が桃 藤本幸江
舌といふ肉白桃の肉を捲き 熊谷愛子
舶来の桃に左右のありにけり あざ蓉子
船中に桃のみめぐる二三日 横光利一
船燃えるスペインに着く水蜜桃 坪内稔典
船足も休む時あり浜の桃 松尾芭蕉
船足も軽くデッキに桃の籠 川崎展宏
苗床の障子燦たり桃の影 小林広子
若桃に恋せじものと思ひける 高浜虚子
苦しめるごとくに熱をもてり桃 長谷川櫂 天球
茫々と山原かすみ目の前の桃の一樹は空を押しあぐ 大野とくよ
茶摘唄桃の桃山女かな 菅原師竹
草山の麓燃ゆるや桃ならん 尾崎迷堂 孤輪
莱に隠れ築地の裡に桃太る 欣一
菜畠や境照りあふ桃のはな 浪化 俳諧撰集「有磯海」
落ちさうな月の昇りぬ桃熟るる 島田弘子
葉がくれに水蜜桃の臙脂かな 飯田蛇笏 霊芝
葉の深さ頭にふれし桃をとる 太田鴻村 穂国
葉陰の紅羞背中合せの雀斑桃 香西照雄 対話
葉隠りの桃に紅さす耐へよと言ふ 小林康治 玄霜
葉隠りの桃をさがせる妥女ゐて 筑紫磐井 野干
葛飾や桃の籬も水田べり 秋櫻子
薄紙を剥ぐ白桃はけぶりをり 星野昌彦
藪入や桃の径の雨にあふ 加舎白雄
虫喰いの桃すすり食う青山河 穴井太 天籟雑唱
虹たちて白桃の芽の萌えにけり 飯田蛇笏 霊芝
蚊の声の空をめぐれり桃すする 太田鴻村 穂国
蝉の声油彩の桃を浸しをり 野澤節子 牡 丹
蟠桃に豊頬載せて商へり 中戸川朝人
蟻集ふ桃の種日に晒されて 津田清子
行き行くに李や桃や壬生念仏 森澄雄
行く水の平らかに桃流れ来ず 耕衣
街なかの桃ヶ丘町夕焼けて 鈴木六林男 *か賊
袋掛け桃はいよいよ無防備に 田邊香代子
袋掛したる袋の中の桃 高野素十
袋掛葉三十枚に桃一つ 西本一都 景色
裏富士を仰ぎて桃の袋掛け 大橋和子
裏山を僧急ぎつつ桃の種 西川徹郎 町は白緑
見た目より重たき桃でありにけり 高澤良一 暮津
見つからぬ桃の種なり夜も更けて 中原道夫
讃美歌やうしろにて桃熟れて落つ 岸田稚魚
赤らめる桃の*しもとを初景色 宮坂静生
赤子立つ立つと褒めれば桃の笑み 高澤良一 宿好
走馬燈虚子桃邑と廻るなり 深見けん二
起き上ることを許され桃喰ぶ 西村和子 夏帽子
跳び箱に桃も李も脚ひらく あざ 蓉子
身のうちに白桃を抱き会ひに行く 辻美奈子
身の内を白桃埋め尽くしけり 対馬康子 吾亦紅
身の奥の桃の形にこもりけり 平井照敏
軍艦を桃と思ひて沈めたり あざ蓉子
退屈が大きな桃となっている 永末恵子 留守
逃水や桃の向うに桃うかび 柿畑文生
連山の夜気の冷せし桃を食ぶ 関森勝夫
遊べとや灯しの色の桃を食べ 寺井谷子
過ぎて行く月日の中の冷し桃 村越化石
道端に売る白桃も百済かな 有馬朗人 耳順
遥かなる襲ねの色目靄の桃 林翔
醴(アマザケ)に桃裏の詩人髭白し 其角
野の家の桃に垣して隣同志 河東碧梧桐
金箔押桃形兜月出づる 中戸川朝人 尋声
長命を約す蟠桃さはやかに 田中英子 『浪花津』
長城より帰りきて白桃を賜う 金子皆子
長城より還りきて白桃を賜う 金子皆子
長子かえらず水の暗きに桃うかぶ 寺山修司(1935-83)
長島は濯ぐ遊女に桃にほふ 鈴鹿野風呂 浜木綿
門川や桃紅ィを映す頃 尾崎迷堂 孤輪
間断の間ひとひらの桃に充つ 加藤郁乎
閨鏡桃湯の肌を匂はせて 尾崎三翠
降り足りし空の紺青桃熟るる 堀 佐夜子
陸橋に汽車にくゞられ桃投げたし 川口重美
雨の日の厨子は厳封桃あかし 宇佐美魚目 天地存問
雪解やぷりぷりとして桃の幹 川崎展宏
雲 桜 螢 白桃 汝が乳房 真鍋呉夫
露天の桃買へり大阪のかはたれ時 細見綾子 黄 炎
青北風ならい桃の実に桃の種子 早乙女 健
青桃の無傷の前に目をつむる 中嶋秀子
青桃の落つる山畑風かたし 沖田佐久子
青桃や夜は海からかえつてくる 折笠美秋 虎嘯記
青桃や水張りの闇目もとまで 小檜山繁子
青空を配し斜面(なぞえ)の桃描く 高澤良一 随笑
音たてて白桃の闇すするなり 岸本マチ子
頬の辺がふと明るくて忙裡の桃 香西照雄 対話
頬桁の桃割りかねしいきり哉 尾崎紅葉
顎下より胸へ濃きかげ白桃売り 友岡子郷 遠方
顔拭いて桃の見頃と思ひけり 岸本尚毅 舜
風呂敷がゆるみて桃の匂ひせり 清水径子
食ふべう紫匂ふ蒲桃かな 尾崎紅葉
食べごろの桃に冷蔵庫が唸る 鈴木鷹夫 千年
飯噴いて桃の大粒山育ち 和知喜八 同齢
香煙の立ちのぼる中匂ふ桃 高澤良一 暮津
馬車道や白桃に雨うちそそぐ 松村蒼石 寒鶯抄
駻馬ゐて袋掛けある桃林 北野民夫
骨格の正しき桃の種の位置 中原道夫
髭武者が嬰児(やや)抱く桃の如きとや 筑紫磐井 婆伽梵
鬼哭この夜の桃の木揺すぶる風は 折笠美秋 君なら蝶に
鬼木偶の寄り目にとほき桃霞 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
鬼百合に/桃の/名残や/國文字 林桂 黄昏の薔薇 抄
鮎食うて桃食うていま楽しけれ 長谷川櫂 天球
鮑貝砺としたり桃の家 阿波野青畝
鯉の田へ引く谷水で桃冷やす 木村里風子
鳥ほどにあり白桃のやわらかさ 対馬康子 吾亦紅
鳥毛立屏風の女に桃供ふ 伊丹さち子
鳥禽囃しおかしくなりし毛桃かな 古川克巳
鴎乗る水のさし来つ背戸の桃 高田蝶衣
麗かや桃に似し枝を雑木持ち 右城暮石 声と声
黄桃の癖ある凹み持ち歩く 星永文夫
齢かな白桃といふ靄を手に 澁谷道
by 575fudemakase | 2016-10-08 11:11 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26258924
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

奉灯会 の俳句
at 2017-08-22 17:14
後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37

外部リンク

記事ランキング