柿 補遺 その1

柿 補遺 その1

*喜々として呑門(のみと)を下る熟柿かも 相生垣瓜人 明治草
「また越ゆべし」山柿熟れる知己らの丘 金子兜太
「吉野葛」熟柿の條を貪読す 相生垣瓜人 明治草
あかあかと柿万燈や神の留守 石塚友二 磊[カイ]集
あしたはおちよう柿が手のとどく柿 荻原井泉水
あとはからすに残しておく柿の十ばかり 荻原井泉水
ある家のある柿の木を今思ふ 高野素十
あんぽん柿井上靖水洟すする 角川源義
いかるがに柿食ことも旅の情 佐藤鬼房
いかるがに柿食ふことも旅の情 佐藤鬼房
いちまいの皮の包める熟柿かな 野見山朱鳥 曼珠沙華
いまにして母の死想ふ木守柿 佐藤鬼房
うちの柿ふところにしたような山のふところ 荻原井泉水
うまし柿編集は半ば終りたり 村山故郷
おけさ柿はた次郎柿いつくしむ 山田みづえ 手甲
おけさ柿枯枝はみな乱舞せり 山口誓子
おちるばかりの落ちない柿の日日好日 荻原井泉水
おもへらく天平の柿にあらずやも 斎藤玄 雁道
おんうるはし換へたまはずや宝珠と柿 山口青邨
お会式や柿売る店へ圧され立つ 山口青邨
お十夜の柿みな尖る盆の上 波多野爽波
お手玉も屋根より高く路地の柿 香西照雄 対話
かすかにも枝揺れてゐる熟柿かな 清崎敏郎
くちづけとおもひ吸はるる熟柿かな 阿波野青畝
くちばしにひげある烏柿に飽く 阿波野青畝
くひさしの柿捨てゝある繩手道 正岡子規 柿
けふの日の柿くふことに終るかな 加藤秋邨
この國の信玄快川百匁柿 百合山羽公 樂土
この山家鎧ふ干柿五百貫 百合山羽公 樂土
この柿よそにはやらじと言う君と柿をむく 荻原井泉水
この柿を先生は描きたまひける 山口青邨
こりこりと柿食む音のはや夜更け 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
これや十三仏、柿の一木の柿たわわなり 荻原井泉水
これよりの海の匂はぬ吊し柿 岡本眸
これを見て美濃の豊かさ富有柿 山口誓子
ころ柿の粉の峭絶の雪嶺か 大野林火 雪華 昭和三十九年
ころ柿も一年ぶりや淡路島 正岡子規 柿
しぐれて柿の葉のいよいようつくしく 種田山頭火
しぐれ来し尼やかりかり柿を食ふ 加藤秋邨
しつかりと生きてわづかな柿を干す 岡本眸
しみ~と日を吸ふ柿の静かな 前田普羅 普羅句集
しんめうに熟柿をすすりゐてくれよ 飯島晴子
すさまじき夕日なりけり柿を食ふ 加藤秋邨
すずなりに生らして奈良の柿渋し 阿波野青畝
すだれ柿不作の年と言ひながら 阿波野青畝
すでにすつ裸の柿の木に物干す 尾崎放哉 須磨寺時代
ずいき干し柿干し阿佐緒生家なる 山田みづえ 草譜
せせらぎの上枝に柿右衛門の柿 佐藤鬼房
そのことのありたるよりの柿不作 高野素十
その枝の重鎮として柿熟す 上田五千石『琥珀』補遺
たそがれの視野すぼまりて柿一つ 加藤秋邨
たていしといふ渋柿の名を聞きし 高野素十
たよりあり波郷忌のこと柿のこと 雨滴集 星野麥丘人
ちよんちよんと柿一つづつ九体仏 山口青邨
つくづくと頼山陽の柿の下 後藤比奈夫
つつましく柿食ふ対座暮れゆく谿 佐藤鬼房
つまらなく夫婦の膝の柿二つ 石川桂郎 含羞
つり鐘の蔕のところが澁かりき 正岡子規 柿
てのひらに重み湧くまで柿を持つ 加藤秋邨
とがりたるここらの柿は良寛の柿 山口青邨
とりし柿机に三日月柿の木に 山口青邨
どこからも富士見ゆ街の柿の枝 村山故郷
どの家も不在柿剥く婆のほか 鷹羽狩行
なすすべもなくたそがれて山の柿 飯田龍太
にぎやかに渋柿揺れて峡の奥飯田龍太
にぶき刃も鶴の子柿は剥き易し 阿波野青畝
はしご晴れたる柿の実赤し 尾崎放哉 大正時代
はらからは今日をかぎりの柿ちぎる 角川源義
ばか生りの柿の下にて亡国論 飯島晴子
ひたひた秋落柿をはきよせもせず(義弟細見修三逝く) 細見綾子
ひとつ食うてすべての柿を食い終わる 橋閒石 和栲
ひびく音なき尼寺に柿熟す 津田清子
ひるがへりくる柿の葉は唐錦 阿波野青畝
ふき出るはふき出尽せし枯露柿ぞ 飯島晴子
ふで柿や遺句集にみる娶りの句 岡本眸
ふるさとにあり柿廿き夜を共に 中村汀女
ふるさとのころ柿食うべ年迎ふ 臼田亜郎 定本亜浪句集
ふるさとや柿は戦火のいろに熟れ 楠本憲吉 方壺集
へぐろ柿中の真黒なるをとる 高野素十
へた張りて病餌に初の次郎柿 百合山羽公 樂土以後
ぽきぽきと柿の剪定午后もつづく 山口青邨
ぽたぽたと透くやうな柿誰に似し 加藤秋邨
まなじりをゆるめて啜る熟柿かな 草間時彦 櫻山
みぞ柿の火の束なして地になだる 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
みつむれば声が出さうに夜の柿 加藤秋邨
みんないつしよに柿をもぎつつ柿をたべつつ 種田山頭火
むかし妻と牧谿の柿のごとをりし 森澄雄
むささびがつくと小国の吊し柿 高野素十
もぎたてのあたたかくして柿剥かず 鷹羽狩行
やぶさめの馬宿柿のとり残し(埼玉県毛呂町、流鏑馬) 細見綾子
よべの風に柿の安否や家人来ず 杉田久女
わが友に唐紅の熟柿あり 相生垣瓜人 負暄
わが柿や惨たらしくは責めざらむ 相生垣瓜人 明治草
わが柿をなほ呑み足らぬ鵯の如 相生垣瓜人 明治草
わが柿を信ずればなり責めざるは 相生垣瓜人 負暄
わが焚いておのれ来りて柿榾火 岡井省二 五劫集
わが胃にも熟柿こなさむ責あらむ 相生垣瓜人 負暄
わが闇は柿の匂ひの夜の灘 加藤秋邨
われよりも実の多き柿の木と思ふ 平井照敏
カブリツク熟柿ヤ髯ヲ汚シケリ 正岡子規 熟柿
ビルの前空は負はねど柿のつや 中村草田男
ヘヤピンを突き刺割つて柿食へり 右城暮石 句集外 昭和三十五年
一つづつ柿かがやいて盆の上山口青邨
一つ枝にしつかりと抱きあうて柿二つなり 荻原井泉水
一の字に白き串柿鏡餅 山口誓子
一事賭く柿の面目転りて 古舘曹人 能登の蛙
一呑にすべき熟柿を前にせり 相生垣瓜人 負暄
一峯を成す柿山の急斜面 右城暮石 句集外 昭和五十八年
一日の机定まり柿の秋 大野林火 月魄集 昭和五十六年
一日の油断や柿を盗られたる 高浜年尾
一日を着物にしたる柿の秋 森澄雄
一本も二本もこれは千子柿 高野素十
一枝の柿瓶に挿しおき生きたしや 角川源義
一枝呉れし清瀬の柿は禅子丸 石田波郷
一点の斑あり全き熟柿にて 右城暮石 句集外 昭和二十三年
一熟柿我が身中に消え失せし 相生垣瓜人 負暄
一片の柿に舌冷え誕生日 上田五千石 琥珀
一病息災、うちの柿ことしも赤くなる 荻原井泉水
一遍の声のなむなむ柿の空 平井照敏
一雷後干柿の肉緊りたる 岡本眸
一飯の出来るを待ちぬ柿の縁 松本たかし
丈草の柿と思へば恭し 燕雀 星野麥丘人
三千の俳句を閲し柿二つ 正岡子規 柿
三社柿若宮柿といふ名聞く 高野素十
下館の柿やや赤しやや小粒 燕雀 星野麥丘人
不勝簪杜甫より老いて柿啜る 大野林火 月魄集 距和五十七年
世の中からすも少なくなることか柿のあるじ 荻原井泉水
丸きもの細長きもの寺の柿 高野素十
乃木さんの柿は渋がきくもり空 亭午 星野麥丘人
九体仏中尊は丈六柿一つ 山口青邨
九体寺の道に入るより柿を売る 山口青邨
事実といふ事話しあつてる柿がころがつてゐる 尾崎放哉 須磨寺時代
五燭光ほどのこの家の木守柿 鷹羽狩行
交はりの柿を以てす菜を以てす 高野素十
京紅の妓も侍りをり柿膾 森澄雄
人間も鳥も食はずに柿残る 右城暮石 一芸
今ごろは奈良に柿食ふ津田清子 藤田湘子 てんてん
今は無き柿を偲びて鵯鳴けり 相生垣瓜人 負暄
今もある美濃派俳諧柿自慢 阿波野青畝
仏壇の絢爛を閉ぢ柿日和 鷹羽狩行
会津柿美濃柿伊予の柿もかな 石塚友二 磊[カイ]集
佐渡の旅籠に柿食ふひとり黙し食ふ 村山故郷
何柿ときく豆柿と一人云ふ 高野素十
佛壇に熟しきつたる柿佛 森澄雄
供へある柿の大きな子規忌かな 深見けん二
信夫の郷身知らず柿のなりにけり 角川源義
信楽の月のあまねき柿一顆 加藤秋邨
信濃柿亜浪生地の裏飾る 松崎鉄之介
信濃柿赭し敗兵の日を思ふ 角川源義
停車場に柿賣る柿の名所かな 正岡子規 柿
健気なり稚木の柿も実をかかげ 日野草城
側に柿くふ人を恨みけり 正岡子規 柿
傅説や黄金の空の木守柿 森澄雄
傾いて粋な菩薩も柿日和 橋閒石 微光以後
僧といて柿の実と白鳥の話 金子兜太
光り競ひ朝日躍らす柿と流れ 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
八ヶ岳八つ晴れ出でぬ柿の枝 村山故郷
六月や柿の座しかと座を占めて 石塚友二 曠日
共に噛む柿の冷たさを訣れとす 加藤秋邨
共撰とある干柿の美しき 後藤比奈夫
円柱より顔現れて柿食へり 加藤秋邨
円熟の柿のせて笊盲ひしよ 秋元不死男
冷えてきぬ夜の小几に柿一つ 星野麥丘人
出雲の神が夜遊びすなる柿の枝 村山故郷
切株において全き熟柿かな 飯田蛇笏 霊芝
初なりの柿を佛にそなへけり 正岡子規 柿
初空やしなびぬれども木守柿 渡邊水巴 富士
初飛行柿の木に子の足袋赤し 渡邊水巴 富士
剥きためて豆柿ばかり宗鑑忌 雨滴集 星野麥丘人
劉海(りうはい)を振りて柿食ふあはれなり 加藤秋邨
十の字を描き帯となる美濃の柿 阿波野青畝
十一面観音に柿どの顔が食ふ 森澄雄
十連寺柿の二本はよく生りし 高野素十
十連寺柿一本は衰へし 高野素十
卓の柿沼の残照より赤し 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
危ぶみし後潔く熟柿食ふ 相生垣瓜人 負暄
去来先生神忌の白旗柿実る 大野林火 月魄集 昭和五十四年
去来忌のはしり甘柿小さけれ 星野麥丘人
双柿舎の竹の裏木戸小六月 飯田龍太
口に手を上げて柿食ふ暗がりに 右城暮石 句集外 昭和二十二年
古跡見んと車してよぎる柿の村 正岡子規 柿
句を閲すラムプの下や柿二つ 正岡子規 柿
叱られし円通寺さま柿をもぐ 高野素十
吊し柿までも物腰やはらかげ 後藤比奈夫
吊し柿わがいくこゑの梨礫 石塚友二 方寸虚実
吊し柿嘘偽りも甘くなる 津田清子
吊柿の二筋三筋しぐれけり 正岡子規 時雨
吊柿揺るるも各も各もかな 飯島晴子
吊柿鳥に顎なき夕べかな 飯島晴子
吊鐘のなかの月日も柿の秋 飯田龍太
向ひ山炭焼く煙り柿の秋 大野林火 月魄集 昭和五十五年
君が食ひわが食ひ柿の音つゞく 山口誓子
吝き人の善き柿得たる接木哉 正岡子規 接木
和尚病んで柿猶澁き恨哉 正岡子規 柿
和尚病んで禪寺の柿猶澁し 正岡子規 柿
嘴のあと残るが甘し百匁柿 水原秋櫻子 餘生
四本ある柿の木といふ一木見る 高野素十
四馬路に柿を見てをり人の中 加藤秋邨
図体の太き烏奴柿落す 阿波野青畝
国つづきなる美濃よりぞ柿来る 山口誓子
地に渦を巻きつつ柿のむかれけり 上野泰 佐介
地下の街誰かの老婆熟柿売る 西東三鬼
垣ごしに澁柿垂るゝ隣かな 正岡子規 柿
城垣の照りのさみしく柿を食ふ 大野林火 海門 昭和十二年
塩害の山柿は疾く伐られたり 佐藤鬼房
墓へ来て多少は軽い柿となれり 飯島晴子
壕の中柿の彩葉の舞ひ入るを 臼田亜郎 定本亜浪句集
夕映のさしゐたりけり柿むけば 加藤秋邨
夕焼の坂の下なる店に柿 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
夜は夜の甘さを加へ吊し柿 鷹羽狩行
夜をこめて柿のそら価や本門寺 内藤鳴雪
大いなる熟柿二つを余に贈る 高野素十
大きくて七ツの柿の籠に餘る 高野素十
大き柿色づくやなほ葉ごもりに 山口青邨
大なるやはらかき柿を好みけり 正岡子規 柿
大凧を揚ぐる形に柿屋組む 右城暮石 一芸
大和国原遠つ祖先ゆ柿赤し 松崎鉄之介
大方は渋柿ばかり柿の村 高野素十
大水車柿屋根より澄みにけり阿波野青畝
大熟の柿を迎へむ用意かな 相生垣瓜人 負暄
大熟柿吸ひひやくひろを冷やしけり 阿波野青畝
大風呂敷男帰りぬ柿置いて 能村登四郎
天つ日のうつらうつらに柿熟す 上田五千石『天路』補遺
天に甘え吾にも狎れて柿熟す 百合山羽公 寒雁
天より朱落せし如く柿赤し 上野泰 佐介
奈良の宿夜は柿剥くことをして 亭午 星野麥丘人
奈良の宿御所柿くへば鹿が鳴く 正岡子規 柿
奈良の柿豊かさのまま腐り初む 細見綾子
奥山や柿に鳴きよる鳥の声 右城暮石 句集外 昭和二年
女すさまじひとりの顔が柿を食ふ 加藤秋邨
女親し背負籠の柿赤きゆゑ 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
妊りて手にす嵐の跡の柿 石川桂郎 含羞
妻の顔その下にまた柿の秋 森澄雄
嫁がものに凡そ五町の柿畠 正岡子規 柿
嫁がものに凡そ五町歩の柿畠 正岡子規 柿
子規ひとり柿の眼利や手にナイフ 正岡子規 柿
子規よりも多くの柿を食ひ得しか 相生垣瓜人 負暄
子規居士に倣ひて柿を重んぜり 相生垣瓜人 負暄
子連猪来てゆさぶるに柿手頃 平畑静塔
存念のいろ定まれる山の柿 飯田龍太
孫にも言える数の一つ二つ三つだけの柿 荻原井泉水
完熟を果たしし柿を祝福す 相生垣瓜人 負暄
客あればすなはち*もぐや庵の柿 日野草城
家に坐れば文債積る柿盗り見えて 金子兜太
家まばらに澁柿熟す西の京 正岡子規 熟柿
家並み混むばかりに木守柿の空 佐藤鬼房
宿取りて淋しき宵や柿を喰ふ 正岡子規 柿
寄墓の常盤御前や柿の秋 阿波野青畝
富士見ゆる村の寧しや木守柿 角川源義
富有柿貧乏柿と人せはし 後藤比奈夫
寺社柿といふ渋強き柿といふ 高野素十
小佛壇置く部屋したし柿の宿 松本たかし
小包を解くやころころころと柿 日野草城
小祭や柿賣る店の柿の皮 正岡子規 柿
少しづつ真面目になりて柿を食ふ 山田みづえ 木語
就中川底柿は渋つよし 高野素十
就中献上柿は大不作 高野素十
居酒屋の火床にありけり十夜柿 古舘曹人 樹下石上
山がつの枝柿結ぶかづらかな 飯田蛇笏 山廬集
山ざとは人ごゑうれし木守柿 上田五千石『天路』補遺
山の柿遠く実れば六腑冴え 飯田龍太
山の霧罩めたる柿の雫かな 飯田蛇笏 山廬集
山の餓鬼月夜の柿にぶらさがり 臼田亜浪 旅人 抄
山囲む帰臥の天地や柿の秋 河東碧梧桐
山国に柿食ふや夜こりこりと 森澄雄
山国に火色の赤さ富有柿 森澄雄
山妻のわがもぐ柿を胸にうけ 山口青邨
山岨をうつろふ雲に柿熟す 飯田蛇笏 白嶽
山本にかたよる柿の小村哉 正岡子規 柿
山柿におのおのが目を戻しゐる 飯田龍太
山柿に時雨通りし日当れり 右城暮石 句集外 昭和五十八年
山柿のひと葉もとめず雲の中 飯田蛇笏 雪峡
山柿の算をなすなり石舞台 石田勝彦 雙杵
山柿の雨に雲濃くなるばかり 飯田蛇笏 心像
山柿や五六顆おもき枝の先 飯田蛇笏 霊芝
山畑の空(から)になりたる柿一本 松本たかし
山踏の倒れ木もなき柿の秋 河東碧梧桐
山門の熟柿の銭は喜捨に似る 古舘曹人 砂の音
山鳩も来てをり柿に意のあるか 相生垣瓜人 負暄
岡寺の大きな柿を買ひにけり 日野草城
峡の子よ赤くちひさく柿たわゝ 及川貞 榧の實
島国や柿干しつらね旅籠店 村山故郷
峻烈に柿の実叩き落すかな 金子兜太
巻柿の新藁をざく~と切る 高野素十
帝釈へ詣でたち寄る柿の家 松本たかし
師走曇りに柿の木の小さくなる 松村蒼石 雪
干しもせぬ柿の小家や不破の関 阿波野青畝
干し柿の渋みの中の齢かな 能村登四郎
干柿が好き太陽が好きなりし 後藤比奈夫
干柿と馬の鼻辺の肌ざはり 中村草田男
干柿にする柿干してよき日和 高野素十
干柿に泊る熟柿の寝息して 百合山羽公 樂土
干柿に蜻蛉飛行く西日かな 正岡子規 蜻蛉
干柿の一縄たるむ高麗の寺 石田勝彦 雙杵
干柿の二筋三筋しくれけり 正岡子規 時雨
干柿の八ツ岳新雪のかがやきに 山口青邨
干柿の噛み口ねつとり吾子等の眼 中村草田男
干柿の煖簾が黒く甘くなる 山口誓子
干柿の緞帳山に対しけり 百合山羽公 樂土
干柿の縄に老婆の血が通ふ 鷹羽狩行
干柿の蠅またふえぬ上天気 松本たかし
干柿の金殿玉楼といふべけれ 山口青邨
干柿やあまたの恵み受けて生く 角川源義
干柿や湯殿のうしろ納屋の前 正岡子規 柿
干柿や田楽を守る戸々の柿 百合山羽公 寒雁
干柿をねちねちと噛みたのしめる 日野草城
干柿を作り稚拙を喜べり 後藤比奈夫
干柿を手探りに取る琴に触れ 右城暮石 句集外 昭和二十三年
幹に倚り仰ぐや柿の実曼陀羅 鷹羽狩行
庄内柿*もぎつくされてよりの景 鈴木真砂女 都鳥
店さきの柿の實つゝく烏かな 正岡子規 柿
店の柿減らず老母へ買ひたるに 永田耕衣
廃屋になだれて柿の黄金なす 林翔
弟妹逝きぬ木守柿の辺蔕の数 中村草田男
当麻寺の塔の見えゐし柿を食む 細見綾子
彼の死よりわが生へ熟柿突き出でし 斎藤玄 狩眼
徐かに食へり安静あけの柿一つ 石田波郷
御佛に供へあまりの柿十五 正岡子規 柿
御園生の枯木は富有柿の木ぞ 山口誓子
御墓に俳諧の柿供へけり 山田みづえ まるめろ
御所柿と体温計と並べあり 橋閒石微光
御所柿にいそぐ祭の用意哉 正岡子規 柿
御所柿に小栗祭の用意哉 正岡子規 柿
御所柿に雄群祭の用意哉 正岡子規 柿
忘れ得ぬ柿の名なれや猿泣かせ 相生垣瓜人 明治草
念腹の見捨ててゆきし柿の村 高野素十
思はぬ訃聞く柿の渋舌の根に 日野草城
思ひ出は悲しい熟柿おちてつぶれた 種田山頭火
恥重く眩しき柿を剥きにけり 小林康治 玄霜
悪き鵯善き柿主を難じけり 相生垣瓜人 負暄
悶々と九月を了る柿の色 飯島晴子
慕ふ日の柿を裸にしたりけり 秋元不死男
懐旧や土塀の長き吊柿 古舘曹人 能登の蛙
戀しげく柿の裏葉の夜をかよふ 三橋敏雄
成り年の結びとしての木守柿 阿波野青畝
成年の柿見惚る師の生家なり 大野林火 雪華 昭和三十六年
我好の柿をくはれぬ病哉 正岡子規 柿
我老いて柿の葉鮓の物語 阿波野青畝
手にとりし一つ~よモジの柿 高野素十
手にのせて柿のすがたのほれぼれ赤く 種田山頭火
手のとどくところに柿をいつくしむ 山口青邨
手のとどく柿や柘榴や庭たのし 後藤比奈夫
手をのべて柿もぐ盗むにはあらず 山口青邨
指冷えて柿のかたへにペンを擱く 加藤秋邨
掃きよせに柿の妻木の交りゐる 右城暮石 句集外 昭和十年
掌あつき夕の柿愛し 石橋秀野
掌にのせし重みも富有柿 清崎敏郎
掌に持ちし柿の冷たさ口あきをり 加藤秋邨
掌に賞でしおべんといふ熟柿 清崎敏郎
提げ来るは柿にはあらず烏瓜 富安風生
故郷の柿どれも烏のつつきし痕 細見綾子
故郷や祭も過ぎて柿の味 正岡子規 柿
教訓抜きの童話や柿の丘幾重 中村草田男
文机のまことに小さき柿日和 鷹羽狩行
文賣らん柿買ふ錢の足らぬ勝 正岡子規 柿
新涼やほの明るみし柿の数 杉田久女
新茶干し柿の木の根を水走る 右城暮石 句集外 大正十五年
旅ながら干柿むすぶ膝がしら 石橋秀野
旅の荷の一つふえしは柿の籠 星野立子
日々落ちてかつらぎ庵の柿は駄目 阿波野青畝
日だまりに一期を恃む柿みのる 角川源義
日の出叫ぶ鳥や柿の葉びしよぬれて 渡邊水巴 白日
日もさして雨の小村の熟柿哉 正岡子規 熟柿
日中の騒然として熟柿食ふ 相生垣瓜人 負暄
日本を裏にまはりて柿にいろ 森澄雄
日溜りに食ひ収めたり柿一つ 石塚友二 磯風
早口の姪が呉れたる柿あまし 日野草城
昆布干柿陀羅尼助みな黒し 山口誓子
明屋敷凡を百本の柿熟す 正岡子規 熟柿
昨日より今日むさぼりぬ次郎柿 石田波郷
昼寝より呀(あつ)と覚むれば柿の核(さね) 佐藤鬼房
時さだめなき山を出て柿の秋 飯田龍太
時を経て皺生れたる熟柿かな 草間時彦
晩夏はことに蝉好き柿の幼な木ぞ 金子兜太
晩鐘や寺の熟柿の落つる音 正岡子規 熟柿
智慧の輪の上やたわわに柿ぐもり 秋元不死男
曲馬かなしをんなと固き柿を啖ふ 安住敦
更けしといふ柿食うてまた更けしといふ 大野林火 方円集 昭和五十一年
書に倦みて燈下に柿をむく半夜 正岡子規 柿
書庫の屋根雑草園主人柿をもぐ 山口青邨
月明の橋桁に柿置かれあり 加藤秋邨
月白く柿赤き夜や猿の夢 正岡子規 柿
朝の柿潮のごとく朱が満ち来 加藤秋邨
朝光よ雪の柿の木嘆かしめ 金子兜太
朝市の泥つき牛蒡・葉つき柿 鷹羽狩行
朝長の位牌に美濃の柿まつ赤 阿波野青畝
朝風のまたしぐれゐて吊し柿 村山故郷
木々芽吹く中にも柿の枝踊り 石川桂郎 含羞
木にある柿にからすも鳴かずいかにも山の中 荻原井泉水
木の中に重き身を入れ熟柿食ふ 右城暮石 句集外 昭和二十三年
木を守るに多すぎる柿峡の村 鷹羽狩行
木守柿たるべく怺へあふ二つ 鷹羽狩行
木守柿ひとりとなりし今を見る 能村登四郎
木守柿わが馬鹿を世にさらしゐて 松崎鉄之介
木守柿山の彼方に年越さむ 角川源義
木守柿星明暗の左右かな 加藤秋邨
木守柿落ち村ぢゆうが暗くなる 鷹羽狩行
木守熟柿は赤彦のふぐりかな 平畑静塔
木曾谷や柿の漂ふ日の出前 加藤秋邨
木練柿滴滴たり矣われも亦 三橋敏雄
本臥せていつも眼とあふ木守柿 福田蓼汀 山火
村一つ澁柿勝に見ゆるかな 正岡子規 柿
村人に倣ひ暮しぬ吊し柿 松本たかし
村見尽して夕晴れの木守柿 廣瀬直人
東はいまだきまらぬ柿の色 飯島晴子
東京に住む日のありや木守柿 石川桂郎 含羞
松山平らか歩きつつ食ふ柿いちじく 西東三鬼
林檎食ひ柿食ひ節操なきごとく 山口青邨
枝たゆめゐし渋柿を糸に吊る 百合山羽公 故園
枝柿を提げて汽車待つ田夫哉 正岡子規 柿
枝柿を貰ふふはふはと蚊のたてり 大野林火 方円集 昭和五十二年
枯露柿にうやむやになるこころかな 飯島晴子
染の野は枯に朱をうつ木守柿 森澄雄
柘植の寺病み柿のいま落ちし音 佐藤鬼房
柘榴・柿その他灯の輪に骨還る 加藤秋邨
柚子梯子より柿梯子やや長き 亭午 星野麥丘人
柿*もいで子の手も足も天に伸ぶ 下村槐太 天涯
柿*もぐや鵯の目を盗みつつ 相生垣瓜人 明治草
柿あかき野に生ひ立てよまた会はむ 水原秋櫻子 重陽
柿あまたくひけるよりの病哉 正岡子規 柿
柿あまた籠に盛りたるかがやきに 山口青邨
柿ある卓眼鏡置く音ひびきけり 野澤節子 未明音
柿あれば柿うごきそむ大旦 斎藤玄 雁道
柿かじりかじり曳きずる競りの魚 右城暮石 句集外 昭和三十九年
柿かぞふ韓の数字のあなおもしろ 山口誓子
柿かぢられてその木の下にすててあり 渡邊白泉
柿が光輪生みて入りゆく夜の刻 森澄雄
柿くはぬ病に柿をもらひけり 正岡子規 柿
柿くはぬ腹にまぐろのうまさ哉 正岡子規 柿
柿くはゞや鬼の泣く詩を作らばや 正岡子規 柿
柿くふて文學論を草しけり 正岡子規 柿
柿くふて腹痛み出す旅籠哉 正岡子規 柿
柿くふて鬼の泣く詩を作らばや 正岡子規 柿
柿くふと両手したたる没日のいろ 加藤秋邨
柿くふも今年ばかりと思ひけり 正岡子規 柿
柿くふや東京の子の疎開ツ子 石川桂郎 含羞
柿くふや生きて還りし目のひかり 加藤秋邨
柿くふや道灌山の婆が茶屋 正岡子規 柿
柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規 柿
柿くれぬ献上柿というて三つ 星野立子
柿さげて水間観音拝まばや 高野素十
柿すだれ二階の雨戸締め切りに 右城暮石 句集外 昭和五十六年
柿たわわ亡き子を腕に提げしこと 香西照雄 素心
柿たわわ烏見おろし人見あげ 山口青邨
柿たわわ荷を提げ慣れて撫肩ぞ 香西照雄 対話
柿といふ温かきもの冷たきもの 石田勝彦 雙杵
柿と合ふ言葉ひとつも持たざりき 加藤秋邨
柿なます義理と善意の引つつめ髪 草間時彦 中年
柿にぎり行く軍港のあらぬ方 秋元不死男
柿につく貂板橋を通ひ道 右城暮石 一芸
柿に來る烏逐ふなるお僧哉 正岡子規 柿
柿に来し小げら木ばかりせせり飛ぶ 右城暮石 句集外 昭和六十年
柿に来る鵯の歓喜の虚空より 山口青邨
柿に照り蕎麥に雨ふる畑哉 正岡子規 柿
柿に耀る陽はかげりきて海に耀る 桂信子 月光抄
柿ぬしとして鵯に臨みけり 相生垣瓜人 明治草
柿のいろ中途半端や秀吉忌 雨滴集 星野麥丘人
柿のおちばは絵としておくる葉書一枚 荻原井泉水
柿のせてわが手御仏の手のごとく 山口青邨
柿のへた霜月神楽すみにけり 百合山羽公 樂土




柿の傷黒みちぢまり遺子の黒子 香西照雄 対話
柿の味一片も歯に固きのみ 臼田亜郎 定本亜浪句集
柿の実の渡しつづけし夕日消えて 中村草田男
柿の実を*もぐより風の風梯子 中村苑子
柿の実を夕焼雲にかざしみる中村苑子
柿の實の火ともえいでて寒さ哉 正岡子規 寒さ
柿の實やうれしさうにもなく烏 正岡子規 柿
柿の實や口ばし赤き鳥が來る 正岡子規 柿
柿の幹しづかやかかる負荷に堪へ 山口誓子
柿の木といふ柿の木に晴間あり 古舘曹人 能登の蛙
柿の木と放つたらかしの苗代と 波多野爽波
柿の木にとりまかれたる温泉哉 正岡子規 柿
柿の木に小弓をかけて晴れにけり 村上鬼城
柿の木に柿の実ばかり美作は 山口誓子
柿の木に柿干しつらね大地主 鷹羽狩行
柿の木に梯子をかける接木かな 村上鬼城
柿の木に烏のおどし反古なり 正岡子規 柿
柿の木のいつまで滴らす喜雨しづく 波多野爽波
柿の木のもとに梅雨降る茗荷の葉 長谷川素逝 村
柿の木の一本あればそれを見る 高野素十
柿の木の今日は高みにかたつむり 飴山實
柿の木の俄に増えて熟るゝ実よ 相馬遷子 山河
柿の木の天までのぼれ津田清子 平畑静塔
柿の木の無き都辺の秋幾度 中村草田男
柿の木の芽ぶくともなく日あたれる 長谷川素逝 暦日
柿の木の蔕落す鳥や霜日和 渡邊水巴 白日
柿の木の裸の幹や蜆汁 石田勝彦 雙杵
柿の木はみがかれすぎて山の国 赤尾兜子 玄玄
柿の木や宮司が宿の門搆 正岡子規 柿
柿の木を売つた銭を陽なたで勘定してる 尾崎放哉 須磨寺時代
柿の朱さふたたび逢はぬ人の前 加藤秋邨
柿の朱にかへりつきたるひとりかな 加藤秋邨
柿の朱にもう言はぬ口置きにけり 加藤秋邨
柿の朱に亡びざるもの何々ぞ 加藤秋邨
柿の朱に天降りくる歓喜天 平井照敏 猫町
柿の朱もおもひつづけてねむりたし 加藤秋邨
柿の朱を点じたる空こはれずに 細見綾子 和語
柿の朱を置けば陶の朱よろこべり 加藤秋邨

以上
by 575fudemakase | 2016-10-17 21:40 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26284648
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

奉灯会 の俳句
at 2017-08-22 17:14
後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37

外部リンク

記事ランキング