柿 補遺 その2

柿 補遺 その2

柿の村たること著く道路鏡 鷹羽狩行
柿の村ポンプの腕木すこし反り 鷹羽狩行
柿の村城遠巻の藪も見ゆ 河東碧梧桐
柿の村紋付けふは吉のため 鷹羽狩行
柿の村蕪村の母の墓ありと 高野素十
柿の枝の下に渓鳴り千早村 能村登四郎
柿の枝の影につまづく雪の上 石川桂郎 含羞
柿の枝母の歳月杳ろけしや 村山故郷
柿の枝生けて朽葉も眺めらる 日野草城
柿の棹あれにもこつがあるのかも 飯島晴子
柿の歌五首柿もらひたる礼に 高野素十
柿の皮きれぎれに剥く海暗からん 橋閒石 朱明
柿の皮など日本縦走の車中 津田清子 礼拝
柿の皮を掃きつ床几を置かへつ 正岡子規 柿
柿の皮干してくるしき暮らしかと 阿波野青畝
柿の礼お萩の礼を僧に云はん 高野素十
柿の礼二行ほどなることもよし 高野素十
柿の秋なんの人出の九体寺ぞ 藤田湘子
柿の秋蘆薈を咀みて厭きにけり 相生垣瓜人 明治草
柿の色脳裏に荒れし海を見る 桂信子 月光抄
柿の艶蜜柑の艶や家籠 森澄雄
柿の芽のほぐるる転居決めゐたり 山田みづえ 手甲
柿の芽の瞬時を鯉の金鱗 細見綾子
柿の芽を霜が食ひしと山語り 阿波野青畝
柿の荷結ふ今すこしにて縄足らず 能村登四郎
柿の葉の暑さ蓑虫生れをり 右城暮石 句集外 昭和七年
柿の辺のひとりごとさへ今はなし 加藤秋邨
柿の里山塊眉に迫りつつ 中村汀女
柿はちぎり棗は多く拾ひけり 河東碧梧桐
柿ばかり竝べし須磨の茶店哉 正岡子規 柿
柿ひそかに潰え海鳴りはげしき日 桂信子 月光抄
柿むくやよべは茸を選りし灯に 木村蕪城 一位
柿むく手母のごとくに柿をむく 西東三鬼
柿もいで半日を樹にゐたりけり 鷹羽狩行
柿もいで赤さが重み皿に描く 秋元不死男
柿もくはて隨問隨答を草しけり 正岡子規 柿
柿もぐや日のある方の空よごれ 松崎鉄之介
柿もらふお会式柿は早き柿 山口青邨
柿もらふ彼もやまひを養ふと 山口青邨
柿も透きとほり癲癇持ゐたり 大野林火 方円集 昭和五十二年
柿をくれる君も命あればぞもらうわたしも 荻原井泉水
柿をとることに大学生加檐 山口青邨
柿をとるわが痩せ腕の猿臂と言うべし 荻原井泉水
柿をむく刃のすすむ音しぐれけり 大野林火 方円集 昭和五十二年
柿をもらひ柿の一句をむくいけり 正岡子規 柿
柿を入れし帽子小脇にかゝへけり 正岡子規 柿
柿を剥く乳呑子柿の籠に容れ 鷹羽狩行
柿を剥く妻のわれよりふけしかな 草間時彦 櫻山
柿を剥く鈍刀にして大いなり 日野草城
柿を呼ぶうしろの方の列車哉 正岡子規 柿
柿を啖ひ女を誹り去りにける加藤秋邨
柿を啖ふ横顔のまま二十年 加藤秋邨
柿を好き給ふ母ゆゑ慰め得 永田耕衣
柿を干し天童駒の木を挽ける 百合山羽公 樂土以後
柿を得て鵯が凱歌を揚げをれり 相生垣瓜人 負暄
柿を椀ぐ声よ誕生寺に降れり 岡井省二 明野
柿を盗る鵯も鴉も反転す 阿波野青畝
柿を置き日日静物を作す思念 川端茅舎
柿を置き牧渓に神(しん)かよはする 川端茅舎
柿を買ふちひさな幸をよろこびぬ 上村占魚 球磨
柿を過ぎゆく縷のごときもの亡波郷 加藤秋邨
柿を頒てば岳人の直ぐに食ふ 山口誓子
柿を食ひをはるまでわれ幸福に 日野草城
柿を食ふ君の音またこりこりと 山口誓子
柿を食ふ昨年もかくして汝に会ひし 大野林火 方円集 昭和五十二年
柿を食ふ時ぞんざいになる女 右城暮石 句集外 昭和二十三年
柿・栗吾にもたらし食べよ食べよ 橋本多佳子
柿一つかざせば議会かくれけり 加藤秋邨
柿一つ机に置ける無月かな 加藤秋邨
柿一つ残して太き幹下りる 原裕 葦牙
柿一つ辧慶堂の辨慶に 百合山羽公 樂土
柿一枝もち打擲の意をみたす 古舘曹人 能登の蛙
柿一顆眺め飽かざれば癒えにけり 水原秋櫻子 残鐘
柿三つ波郷友二に一つづつ 星野麥丘人 2001年
柿主といふ俳諧の言葉あり 高野素十
柿二つおけば一つに影のなく 山口青邨
柿二つ吾が供へて虚子の像 高野素十
柿二つ暫く吾も据ゑ置けり 相生垣瓜人 明治草
柿二つ皿にいつまでも誰が食ふ 山口青邨
柿二つ皿に子規食ふか虚子食ふか 山口青邨
柿二つ端然とありゑがくべし 山口青邨
柿光る 故郷近づく肱出せば 伊丹三樹彦
柿凍みて物ぐさ太郎をりし村 松崎鉄之介
柿剥きが来てゐる真水のくらがりや 飯島晴子
柿剥くや私はわたし母は母 山田みづえ 木語
柿割つて顔にひび入るごとくなり 平井照敏 猫町
柿十話みな乱世のことなるよ 燕雀 星野麥丘人
柿十顆遠江より来たりける 日野草城
柿去つて橙きたる間かな 百合山羽公 樂土以後
柿取の棹をあつかふ梢かな 松本たかし
柿吊し終り井水があたたかく 波多野爽波
柿吊すとき頬高の骨相に 古舘曹人 能登の蛙
柿吊す湖畔の茶店淵に映え 杉田久女
柿吊つて新雪の神嶺に来ぬ 森澄雄
柿吊つて相かはらざる主かな 松本たかし
柿吊られ酒売る店のはや灯す 角川源義
柿吊るや鳥羽僧正の結界に 飴山實
柿啖ふとほとばしるなり伊賀訛 加藤秋邨
柿啖ふ少女の美貌樹に跨がり 三橋鷹女
柿啖ふ狢は人に育てられ 加藤秋邨
柿啖へばわがをんな少年のごとし 安住敦
柿喰の俳句好みしと傳ふべし 正岡子規 柿
柿喰ふて洪水の詩を草しけり 正岡子規 柿
柿喰ふや鵯の啼く音は寒しとふ 臼田亜郎 定本亜浪句集
柿喰へば吾とへだたる遍路寺 角川源義
柿噛みて冷えし歯外資は甘顔で 香西照雄 対話
柿噛むと冷たき顔をまづつくる 加藤秋邨
柿堆く菊堆く額きし 高野素十
柿売つて何買ふ尼の身そらかな 村上鬼城
柿多き村に出でけり西の京 正岡子規 柿
柿大樹ありて下照る伏屋かな 松本たかし
柿大樹粛然鳳凰山翼の前 山口青邨
柿天に鴉は飛べりなほ高く 山口青邨
柿奪り合ふ遊び仲間の混血児 右城暮石 句集外 昭和三十三年
柿好きの女がをりぬ気になりて 亭午 星野麥丘人
柿実り装ひはみな失せ去りぬ 平井照敏
柿寺に天女とつぎしままの白 平畑静塔
柿山に見えざる柿の方多し 山口誓子
柿山の墓山ここに永眠す 山口誓子
柿山の梯子は味方かも知れぬ 鷹羽狩行
柿山をのぼりて蜜柑山くだる 右城暮石 虻峠
柿干してけふの独り居雲もなし 水原秋櫻子 重陽
柿干してなほ木に余る伊賀の国 森澄雄
柿干して日を峡谷の虜にす 上田五千石『田園』補遺
柿干して紺屋地獄にほとりせり 水原秋櫻子 殉教
柿干せる甍の上の故宮かな 松崎鉄之介
柿店に馬繋ぎたる騎兵哉 正岡子規 柿
柿店の前を過行く夜寒哉 正岡子規 夜寒
柿成りて過疎を守りてゐるごとし 阿波野青畝
柿戴く万愚の中のおろかもの 古舘曹人 能登の蛙
柿採りし竿をそのまま木に凭せ 鷹羽狩行
柿日和なりもの叩く音つづき 清崎敏郎
柿明り裏山はもう夜の風 大野林火 月魄集 昭和五十四年
柿木大夫と読みて露の墓 阿波野青畝
柿朱くなるともわれは梢かな 平井照敏 天上大風
柿林出る舟や水棹よこたへて 飯田蛇笏 山廬集
柿榾の上ぐる焔の光なく 高野素十
柿渋き顔にいつはりなかりけり 加藤秋邨
柿照つて今は見かけぬ子沢山 鷲谷七菜子 天鼓
柿照りて山のこだまを通すなり 大野林火 月魄集 昭和五十四年
柿照るや樹下にすつぽり子の脱衣 岡本眸
柿照るや母系に享けて肥り肉 岡本眸
柿熟す愚庵に猿も弟子もなし 正岡子規 柿
柿熟す虫毬を日々立たせては 大野林火 白幡南町 昭和三十年
柿熟みぬ木に攀ぢ難き柿主に 相生垣瓜人 負暄
柿熟るる肺腑がよごれゐる思ひ 三橋鷹女
柿熟るゝや臥して迎へし神無月 杉田久女
柿熟れてこの世のものと思はれぬ 岡井省二 大日
柿熟れて奈良もこゝらはいや閑か 日野草城
柿狩の座に我が鞄先着す 右城暮石 天水
柿甘さうな蕪村の母の墓へかな 大野林火 月魄集 昭和五十四年
柿生らず木を責めざりし故なるか 相生垣瓜人 負暄
柿畠剪定翁の礼深く 飯島晴子
柿百顆バス満員の顔過ぎて 香西照雄 素心
柿盗む梢に残る柿躍り 伊丹三樹彦
柿盗む鴉の渦の只中に 古舘曹人 能登の蛙
柿盗りの蹠に老の樹のよき瘤 橋本多佳子
柿盗りを全樹の柿がうちかこみ 橋本多佳子
柿盛られ同文同種卓囲む 松崎鉄之介
柿真赤弔者五人の通夜の座に 大野林火 白幡南町 昭和三十年
柿眺めいだく大志を人知るや 水原秋櫻子 蘆雁以後
柿秋や追へどすぐ来る寺烏 村上鬼城
柿羊羹がたがたの風来りけり 飯島晴子
柿羊羹忖度なしの次第かな 飯島晴子
柿耀るや村人声を高めあふ 桂信子 月光抄
柿腐つまで見て雨五日晴十日 石川桂郎 高蘆
柿膾ばかりと言へど古伊萬里に 及川貞 夕焼
柿色に柿の木焚きて雛まつり 平畑静塔
柿色の日本の日暮柿食へば 加藤秋邨
柿芽吹く貧相の木を改めず 百合山羽公 寒雁
柿落ちて日かげじめりの背戸の土 長谷川素逝 暦日
柿落ちて犬吠ゆる奈良の横町かな 正岡子規 柿
柿落つる土の月日の納屋の裏 長谷川素逝 村
柿蜜柑園遊會の用意哉 正岡子規 柿
柿談義麓人京のこと言へり 雨滴集 星野麥丘人
柿貪りこの暗き世とよくもいふ 加藤秋邨
柿買の裏門覗く屋敷かな 正岡子規 柿
柿買ひて雲の行方を思ひ出す 加藤秋邨
柿赤き一村峡の日に澄める 村山故郷
柿赤く松緑なる時雨かな 高野素十
柿赤く稻田みのれり塀の内 正岡子規 柿
柿赤し建長寺道雨の中 村山故郷
柿赤し汽車待つ農夫一家族 草間時彦 中年
柿転ぶコンクリートの中死ぬまで病む 西東三鬼
柿釜といふことをして時雨れけり 後藤比奈夫
柿食うてすぐに日向に出でにけり 星野麥丘人
柿食うて入海の夜のしづかなる 山口誓子
柿食うて客の句稿に評下す 山口誓子
柿食うて暗きもの身にたむるかな 大野林火 方円集 昭和四十八年
柿食うて残る齢は数へざる 大野林火 月魄集 距和五十七年
柿食うて燈下いささか悔に似し 長谷川素逝 暦日
柿食ひし口や呆けし髭の中 石田波郷
柿食ひし唇濡れしまま貧しくゐぬ 大野林火 白幡南町 昭和二十八年
柿食ひつつ埠頭の混凝土を歩む 山口誓子
柿食ひて鵯声を嗄らしけり 相生垣瓜人 負暄
柿食ふも密事めくひとりの日 石塚友二 曠日
柿食ふやかかるかなしき横顔と 加藤秋邨
柿食ふや不精たのしき女の日 山田みづえ 忘
柿食ふや命あまさず生きよの語 石田波郷
柿食ふや山国の朱のみつちりと 森澄雄
柿食ふや日は城壁の裏に落つ 松崎鉄之介
柿食ふや月日おろそかならずして 星野麥丘人
柿食ふや松山人の顔黙り 石田波郷
柿食ふや膝あつきまで南の日 石田波郷
柿食ふや道灌橋のほとりにて 燕雀 星野麥丘人
柿食ふや遠くかなしき母の顔 石田波郷
柿食ふや雪国に雪ふりはじむ 森澄雄
柿食ふや電柱の辺の富士あはれ 石田波郷
柿食ふ夜あたりの犬の吠えやまぬ 大野林火 白幡南町 昭和三十年
柿食ぶやあからさまなる灯のもとに 中村汀女
柿食へば誰もひとりの無言あり 加藤秋邨
柿食へり貪るに似しをゆるめ食ふ 石田波郷
栗三年柿八年いま母に茂る 中村草田男
栗柿たべちらしランプ吊る親しき夜となり 荻原井泉水
梅ほそかげ柿あらかげの明治史庫 古沢太穂 捲かるる鴎以後
棺に入る熟柿一枝わが見舞ひし 松崎鉄之介
横川僧柿色衣薄紅葉 星野立子
樹より投ぐ柿の直球弟へ 津田清子
樽柿のうまさをみなの熟れのごと 日野草城
樽柿の少し澁きをすてかねし 正岡子規 柿
樽柿や少し澁きも喰ふべく 正岡子規 柿
樽柿をふたつ啜りし暮色かな 橋閒石俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
樽柿を握るところを寫生哉 正岡子規 柿
櫟原夕映ゆ柿を食ひをれば 森澄雄
此村に赤痢のはやる熟柿かな 正岡子規 熟柿
歯を入れて齟齬口惜しき柿の皮 石塚友二 磊[カイ]集
歸るさの柿を入れたる袂哉 正岡子規 柿
死後も貧し人なき通夜の柿とがる 西東三鬼
残されて一霜被たる柿の色 石塚友二 磊[カイ]集
残り柿半鐘鳴つてゐたりけり 平井照敏 天上大風
母の忌や干し柿は粉を噴きそめて 鈴木真砂女 居待月
母子艸も枯れし畠を柿もぎに 右城暮石 句集外 昭和十年
比ぶれば林檎は若く柿は老ゆ 相生垣瓜人 微茫集
水に倒れた木の柿たべて家のない子か 荻原井泉水
水車場は屋根が列なり柿の秋 阿波野青畝
沈鬱を深めてをれる熟柿かな 相生垣瓜人 負暄
河の流れ柿を一つ食ひてねむる夜 中川一碧樓
波郷の主治医吾に生きよと柿賜ふ 角川源義
波郷忌のくるまで柿は食はぬこと 星野麥丘人
波郷忌の柿すすりゐてさびしけれ 角川源義
泣くことも柿剥くことも下手なりけり 橋閒石俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
淋しげに柿くふは碁を知らざらん 正岡子規 柿
深山柿やらずの雨となりにけり 秋元不死男
混血の鼻筋曲り柿啖ふ 石塚友二 光塵
渋柿たわわスィツチ一つで楽湧ぐよ 中村草田男
渋柿のわりなき艶をながめけり 日野草城
渋柿の口に今ある阿修羅かな 加藤秋邨
渋柿の滅法生りし愚さよ 松本たかし
渋柿の色艶栄えてあはれなり 日野草城
渋柿の霜経てあかし西の京 石塚友二 磊[カイ]集
渋柿を天にとどける神楽笛 平畑静塔
渋赤柿下に足跡辛くもあり 平畑静塔
温泉の町を取り卷く柿の小山哉 正岡子規 柿
湖の風寒し柿の芽やうやくに 山口青邨
湯主二十代木守柿蔵の前 大野林火 月魄集 昭和五十五年
満紅の柿や遠山にもすがる 百合山羽公 寒雁
満腹と一ト声柿の鴉鳴く 阿波野青畝
潮風に赤らむ柿の漁村かな 尾崎放哉 大学時代
潰ゆるまで柿は机上に置かれけり 川端茅舎
澁柿に菅笠かざす日和哉 正岡子規 柿
澁柿のとり殘されてあはれ也 正岡子規 柿
澁柿の一枝重きわらじ哉 正岡子規 柿
澁柿の實勝になりて肌寒し 正岡子規 柿
澁柿の庄屋と申し人惡き 正岡子規 柿
澁柿の木蔭に遊ぶ童哉 正岡子規 柿
澁柿の澁まだぬけず秋の暮 正岡子規 秋の暮
澁柿の烏もつかずあはれなり 正岡子規 柿
澁柿は澁にとられて秋寒し 正岡子規 秋寒
澁柿もまじりてともに盆の中 正岡子規 柿
澁柿やあら壁つゞく奈良の町 正岡子規 柿
澁柿や古寺多き奈良の町 正岡子規 柿
澁柿や澁に取られて秋寒し 正岡子規 秋寒
澁柿や猪隣村へ來る 正岡子規 柿
澁柿や落ちて踏まるゝ石の上 正岡子規 柿
澁柿や落るはつみを牛の面 正岡子規 柿
澁柿や行來のしげき道の端 正岡子規 柿
澁柿や酒屋の前のから車 正岡子規 柿
火の見櫓柿の木の多き町かな 大野林火 早桃 太白集
炊煙の梢をはなれず柿の秋 鷹羽狩行
烏がつつきし跡より腐る奈良の柿 細見綾子
煖炉燃え鴉片の洋燈柿色に 山口誓子
煮凝やままこの皿も柿右衛門 阿波野青畝
熟みし柿更に寂びむとしてをれり 相生垣瓜人 負暄
熟みし柿自暴の者に亦似たり 相生垣瓜人 負暄
熟みし柿落ちて砕けてとばしれり 相生垣瓜人 負暄
熟み切らぬ柿を食ひけり待ち切れで 相生垣瓜人 負暄
熟れきって柿高きより甘露滴らす 山口誓子
熟れ柿の甘きをすすり血を荒す 伊藤白潮
熟れ柿を剥くたよりなき刃先かな 草間時彦 櫻山
熟柿つつく鴉が腐肉つつくかに 橋本多佳子
熟柿とも年の岸にて訣れけり 相生垣瓜人 負暄
熟柿には鵯に劣らず執しけり 相生垣瓜人 負暄
熟柿のあまさもおばあさんのおもかげ 種田山頭火
熟柿はやいま手を遂に触れ得ざる 川端茅舎
熟柿も重し肌はりつめしまま逝きしよ 香西照雄 対話
熟柿をも爛柿をも亦貪れり 相生垣瓜人 明治草
熟柿一顆無為に天寿を全うす人も 福田蓼汀 秋風挽歌
熟柿亦わが危瞼なる友なるか 相生垣瓜人 明治草
熟柿亦わが危険なる友なるか 相生垣瓜人 明治草抄
熟柿吸ふ幸福さうな頬をもち 山口青邨
熟柿吸ふ音の夜汽車は響きやすし 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
熟柿吸ふ馬鹿が頭の中あるき 秋元不死男
熟柿掌に受く断りきれなくて 桂信子 晩春
熟柿落ち常盤御前にただれけり 阿波野青畝
熟柿落ち飼猫ひそかなる歩み 桂信子 月光抄
熟柿食ふそのよろこびに没入す 森澄雄
熟柿食ふ固より我を忘れつつ 相生垣瓜人 負暄
爛れたる胃のあり熟みし柿のあり 相生垣瓜人 負暄
爪たてて山柿しぶし麓路 飯田蛇笏 山廬集
父の死や柿ほのぼのと母残す 森澄雄
父母妻子串柿のごと竝びけり 正岡子規 串柿
父病むや剥きて刃のあと柿に残す 野澤節子 未明音
父立ちて子の起伏や柿の家 杉田久女
犬と対す日向の椅子に柿食ひて 下村槐太 天涯
甘かりしこの家の雪の富有柿 高野素十
甘き柿遠くよりもらいうちの柿見るにうつくし 荻原井泉水
甘干にしたし浮世の人心 正岡子規 柿
甘干の枝村かけてつゞきけり 正岡子規 柿
生きのこりゐて柿甘き秩父かな 加藤秋邨
町あれて柿の木多し一くるわ 正岡子規 柿
畑の家柿も蜜柑も時雨の木 右城暮石 句集外 昭和二年
病子規の髭汚しけむ熟柿はも 相生垣瓜人 明治草
病室に柿色かたまる柿もらひ 橋本多佳子
病弱婚柿はひつそり木で熟す 佐藤鬼房
痢病ありて會議催す柿の村 正岡子規 柿
癒えんとして柿くはれぬそ小淋しき 正岡子規 柿
白髪の頭上にも垂り吊し柿 山口青邨
百ほどの柿梨をかく大皿に 高野素十
百剥いて百一つめも渋柿ぞ 亭午 星野麥丘人
百姓の厠すさまじ柿の秋 日野草城
盆の上の柿の小枝の空に刎ね 上野泰
盆燈籠一顆もならぬ柿の木に 佐藤鬼房
直哉忌を近しとおもふ柿を剥く 上田五千石 風景
看板で囲ふ物干台柿日和 岡本眸
短篇を読みつつ垂らす柿の皮 鷹羽狩行
石が降る空を麓や木守柿 三橋敏雄
石見の国のべろんべろんの柿を食ふ 山田みづえ 草譜
硬肉を食ふもぎたての富有柿 山口誓子
祖父の世の子の代の土に柿落ちて 長谷川素逝 暦日
神はわが櫓柿の実すべて落つ 平井照敏 天上大風
神迎ふ柿鈴生りの一湖村 村山故郷
禅師丸とは顔中に粉吹く柿 後藤比奈夫
禪寺の澁柿くへば澁かりき 正岡子規 柿
禪寺の澁柿猶澁き恨かな 正岡子規 柿
秋暮るゝ奈良の旅籠や柿の味 正岡子規 柿
秋深く歯にしむ柿と思へども 水原秋櫻子 霜林
秋風の相手に熟柿一ツ哉 正岡子規 秋風
称名や雲ふみ外す柿の色 橋閒石 荒栲
稍澁き佛の柿をもらひけり 正岡子規 柿
稗鳥が老柿主を見下げけり 相生垣瓜人 負暄
稲架の辺に柿燭のごと戻らんか 大野林火 雪華 昭和三十六年
竿の先神経凝らし柿をもぐ 山口誓子
笊の柿むいではそれを炉の客に 高野素十
笠置川いよいよ濁り雨の柿 阿波野青畝
筆柿や面会謝絶いつまでも 石田波郷
筆柿を看護婦も買ふわが後に 石田波郷
筑波見ゆる枝に生りしか大き柿 村山故郷
米櫃や米にたくはふ柿一つ 正岡子規 柿
籾摺機フルに運転柿生年 山口誓子
粒選りて柿買ふこゝろ貧す時 石塚友二 光塵
累々と澁柿たるゝ塀の上 正岡子規 柿
繭ひとやま熟柿ふたやま影の家 金子兜太
老い母は噂の泉柿の秋 草間時彦 中年
老人の柿食ふ口に手をはなさず 右城暮石 句集外 昭和二十六年
老妻のむきし柿食ふ老夫かな 日野草城
老媼は故画伯夫人柿召せと 山口青邨
老木に来よ老梨共老柿共 相生垣瓜人 負暄
聖歌隊解かれて処女柿噛る 津田清子 礼拝
胃の腑をば震はしめつつ熟柿食ふ 相生垣瓜人 負暄
胃の酸のこぞりて柿を拒みけり 相生垣瓜人 微茫集
胃を病んで柿をくはれぬいさめ哉 正岡子規 柿
胡坐居て熟柿を啜る心の喪 西東三鬼
胡露柿に昔のつまみどころあり 岡井省二 猩々
胡露柿の粉を日のへた雪ごもり 森澄雄
胡露柿の臍よいまだに吃りゐる 岡井省二 五劫集
臍寒し柿喰ふ宿の旅枕 正岡子規 柿
舞の手に柿さげておはん何を舞ふ 山口青邨
良寛の汚れ手鞠に柿の照り 松崎鉄之介




色づきし柿や大人の手をのべて 百合山羽公 故園
色里に見て城に見て柿の秋 鷹羽狩行
艶出でて柿色紙子着馴れたる 大野林火 月魄集 距和五十七年
芋銭庵いただき申す大き柿 山口青邨
芭蕉忌に參らずひとり柿を喰ふ 正岡子規 芭蕉忌
苑の柿まだ渋切れぬ会式かな 杉田久女
苗柿の葉ももみぢして実の一つ 飯田蛇笏 心像
茨城の赤き柿賞づ掌 村山故郷
荷抜き柿噛じれり島の桟橋に 右城暮石 句集外 昭和五十二年
菓子共を凌駕したりし熟柿かな 相生垣瓜人 負暄
落ちずして熟みゆく柿や殊勝なる 相生垣瓜人 負暄
落ちているのは双柿舎の椿か、この上の 荻原井泉水
落ちて木端微塵となりし熟柿かな 鷹羽狩行
落ち柿のつぶれし沈黙の部分 平井照敏 猫町
落ち柿を露けしと嗅ぎたりしかな 右城暮石 句集外 昭和十三年
落日と柿の柿いろばかりかな 加藤秋邨
落日を内に沈めて柿の魂 平井照敏 猫町
葉と同じ色の実たわわ柿畑 鷹羽狩行
葉一枚はさまりをるが柿の竿 高野素十
蒼天の柿の激しさ山おろし 飯田龍太
藁屋根のいよよ撫肩柿の秋 鷹羽狩行
虚子よりも子規の親しき柿の秋 鷹羽狩行
虚空にて吾も身知らず柿も身知らず 上田五千石『天路』補遺
虚空蔵さまの瓔珞柿たわわ 右城暮石 句集外 昭和五十九年
蛇笏忌やどすんと落ちて峡の柿 秋元不死男
蜜柑色柿色村を彩どれる 右城暮石 天水
蝗食ひ柿を食ひたる獣の糞 右城暮石 一芸
行楽の眼に柿丸し赤や黄や 川端茅舎
行水の提灯の輪うつれる柿葉うら 杉田久女
衣紋とふ柿名はよし軒端より山口青邨
裏年の柿をば鵯も罵れり 相生垣瓜人 負暄
西へ行く日とは柿山にて別る 山口誓子
西日して日毎赤らむ柿の数 杉田久女
西日の柿先師に甘ゆるごとせびる 大野林火 雪華 昭和三十六年
見て通る道に噛りて柿食ふを 山口誓子
見て過ぎぬ燈火に柿を剥きゐるを 山口誓子
許されてむく嬉しさよ柿一つ 杉田久女
話にもならぬ不作といふ柿を 阿波野青畝
誰のことを淫らに生くと柿主が 中川一碧樓
論議の中につつましく柿をむく君よ 荻原井泉水
講堂や澁柿くふた顔は誰 正岡子規 柿
谷あひや谷は掛稻山は柿 正岡子規 掛稲
谷川にうつろふ薄日吊し柿 松村蒼石 寒鶯抄
谷川のひびきに柿は甘くなる 山口青邨
豆柿につゆじも流れ蕪城住む 山口青邨
豆柿にときをかけたる峠越 古舘曹人 樹下石上
豆柿にまさぐる旅の金米糖 岡井省二 明野
豆柿に寒さ見えきし村の空 森澄雄
豆柿に霜や月光ふりそそぐ 山口青邨
豆柿のこま~熟るゝ天気かな 日野草城
豆柿の湖光をかへす力なく 山口青邨
豆柿の雨滴をとばす夕颪 飯田龍太
豆柿や石ばかりなる山畑 福田蓼汀 山火
豆柿をがつきと折つて瓶にさす 山口青邨
豆柿をもたらしきしはどこの僧 高野素十
豪華船みつつ柿食ふ誕生日 上田五千石『田園』補遺
財宝の如し大柿十七顆 日野草城
貰ひたる柿を累々と積みにけり 日野草城
賢人も童の如く柿てのひらに 山口青邨
贄墓に船音聚む木守柿 角川源義
赤い柿抱へて吸へる黒揚羽 上野泰 佐介
赤き柿経し名曲でラジオ充たす 大野林火 雪華 昭和三十六年
越冬の柿を鴉のついばまず 阿波野青畝
身に入れて柿の冷えより湖の冷え 森澄雄
身のうちの精悍起す熟柿食ひ 能村登四郎
身のほどを知らず実をつけ柿日和 鷹羽狩行
身みづから潰えんとして柿は凝り 川端茅舎
軍帽を目深に遺影柿の家 鷹羽狩行
農となつて郷国ひろし柿の秋 飯田蛇笏 霊芝
追分や鷄飼ふ茶屋の柿石榴 正岡子規 柿
通る人吠えて番犬柿屋守る 右城暮石 句集外 昭和六十三年
通夜の座の端に柿剥くひとありぬ 星野麥丘人
道端にかがむ老婆と木守柿 大野林火 方円集 昭和四十九年
達磨忌や更けて熟柿の落つる音 正岡子規 達磨忌
遠きものは広し練馬に柿垂れて 古舘曹人 能登の蛙
遠くから全く柿となりて見ゆ 加藤秋邨
醉さめや戸棚を探る柿二つ 正岡子規 柿
野の茶屋に柿買ふて遠く歩きけり 正岡子規 柿
野菊濃し柿赤しとて旅つづけ 上野泰
野路の茶屋の柿下げて来ぬ日暮人 杉田久女
鈍行の板の背もたれ柿日和 岡本眸
鍾愛や熟柿をすする影法師 飯島晴子
鎌倉に虚子あり木守柿の如 石塚友二 曠日
鎌倉の虚子は健在柿送る 高野素十
鐘の音偲びて柿を食ひにけり 相生垣瓜人 明治草抄
門前に一個の柿や湖の宿 山口青邨
門前の二本の柿や梅雨さわぐ 前田普羅 普羅句集
門前の柿を仰ぎて暇乞ひ 高野素十
阿武隈の山の中まで柿の秋 大野林火 月魄集 昭和五十五年
陽を呼びて集る柿にプール見え 飯田龍太
隣人愛濃しと干柿吊し合ふ 後藤比奈夫
雀色時野の日に柿のたはむるる 角川源義
難民に似て競輪に柿噛る 百合山羽公 故園
雨の中熟れたる柿のかたまりて 香西照雄 対話
雨の柿不破の鴉に残りけり 阿波野青畝
雨降るに裸の柿の尉鶲 石塚友二 光塵
雪のあとさき柿瞬きて国境 松村蒼石 雁
雪来るを待つとしもなく柿干して(金沢郊外、湯涌温泉にて) 細見綾子
雲霧や嶽の古道柿熟す 飯田蛇笏 霊芝
電柱の電気のそばで柿熟す 秋元不死男
震災忌柿の葉鮨を口にして 亭午 星野麥丘人
霜腫の一茶よ柿も鶏頭も 鷹羽狩行
霧島の柿狩といふしてみたし 亭午 星野麥丘人
露店市婆の露店の柿ばかり 大野林火 月魄集 距和五十七年
鞍馬路や照り降り寒き柿の枝 村山故郷
音深く熟柿落けり井戸の中 正岡子規 熟柿
頓に色づく柿数へつゝ病む久し 杉田久女
頬紅地蔵で 脇侍さながら柿二つ 伊丹三樹彦
頬骨の上下の動き柿かじる 大野林火 月魄集 昭和五十六年
顔と手と柿食ふのみの意識もて 右城暮石 句集外 昭和二十二年
顔昏れてまた逢ふ農婦柿の下 野澤節子 未明音
風呂敷をほどけば柿のころげゝり 正岡子規 柿
風鈴も錆びたり柿も色づけり 相生垣瓜人 明治草抄
風雲の秩父の柿は皆尖る 水原秋櫻子 新樹
颱風のさ中に剥きて柿赤し 野澤節子 未明音
食ふまでのたのしさ尽きず寒の柿 日野草城
食へば食ふ柿に対して客二人 加藤秋邨
香搗水車香をただよはす宙に柿 大野林火 方円集 昭和五十二年
高円をかざして柿の在所哉 正岡子規 柿
高枝柿夕日まぼしくもぎにけり 日野草城
髪よせて柿むき競ふ燈下かな 杉田久女
髭かなし清瀬の柿の七衛門 石田波郷
鮭川の由緒辿れば柿の里 平畑静塔
鯖鳥の嘴ふかき熟柿かな 阿波野青畝
鳥啼くや木蔭の卓に柿を盛る 正岡子規 柿
鳥影や手をさし伸ぶる木守柿 角川源義
鳩吹や寺領の畑の柿林 正岡子規 鳩吹く
鴉らに流雲いくつ柿の秋 上田五千石『琥珀』補遺
鴨の目に柿赤くてまだかたき 山口青邨
鵙が鳴き柿が輝き秋祭 日野草城
鵙猛り柿祭壇のごとくなり 川端茅舎
鵯が来て我が柿の木を責めをれり 相生垣瓜人 負暄
鵯と吾かたみに柿を襲ひけり 相生垣瓜人 負暄
鵯と柿の一樹を共有す 相生垣瓜人 明治草抄
鵯と鬩ぎ続けぬ柿の秋 相生垣瓜人 負暄
鵯に幾顆の柿を付さむや 相生垣瓜人 明治草
鵯に急き立てられて柿赤む 相生垣瓜人 明治草
鵯に罵られつつ柿*もげり 相生垣瓜人 明治草
鵯に譲るべからぬ一柿あり 相生垣瓜人 負暄
鵯のみか鵙も語れり柿*もぐを 相生垣瓜人 負暄
鵯の啄余の柿を食ひにけり 相生垣瓜人 明治草抄
鵯の啄餘の柿を食ひにけり 相生垣瓜人 明治草
鵯の来ば我が柿も亦石になれ 相生垣瓜人 負暄
鶏頭と並び実生の柿の苗 右城暮石 句集外 昭和六年
鶴の腹つめたからめや木守柿 阿波野青畝
鷄頭高くのび澁柿低く垂る 正岡子規 鶏頭
鷹とほる柿爛熟の蒼の中 飯田龍太
黄菊白菊柿赤くして澁し 正岡子規 柿
齢抱くごとく熟柿をすすりけり 斎藤玄 雁道

以上
by 575fudemakase | 2016-10-17 21:43 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26284662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング