柿 の俳句

柿 の俳句

柿 の例句 1 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23239822/

柿 の例句 2 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23239845/

柿 補遺 その1 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26284648/

柿 補遺 その2 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26284662/

柿 続補遺

*きざ柿や鞠のかゝりの見ゆる家 洒堂
いざよひやすこしはかゝる柿の渋 松岡青蘿
いろ~の名に熟しけり柿の果 土芳
うぐひすや柿木までは啼足らず 野坡
うす柿に染ても宮の縮かな 嵐竹
かぶり欠く柿の渋さや十が十 炭太祇
きれ凧や柿の木過てあらし山 鳳朗
くらがりへ枝とり直す柿かな 鳳朗
さびしさの嵯峨より出たる熟柿哉 支考
しぶ柿のしづかに秋を送りけり 吏登 吏登句集
しぶ柿のつらつき出す葉陰かな 卯七
すたり行熟柿もあるに木啄鳥 露川
せめてもの貧乏柿にむめの華 其角
そくさいの数にとはれむ嵯峨の柿 去来
ちぎりきなかたみに渋き柿二つ 大伴大江丸
ちら~と粉のうく柿や日の盛リ 魯九
つり柿や障子にくるふ夕日影 内藤丈草
なしよりは名にたより有柿の方 土芳
なつがらす熟柿の秋が恋しいか 支考
なむでやのふ柿が大分なったはさ 惟然
ばせを忌や伊賀の干そばみのゝ柿 桜井梅室
ひとり旅しぶ柿くふた顔は誰 嵐雪
ほぞ落ちの柿の音聞く深山かな 素堂
まさかりで柿むく柚が休み哉 正秀
三日月もさはらば落ちん熟柿かな 素丸 素丸発句集
世につれて柿のふれむや庵の梅 怒風
世中に落そゝくれた熟柿かな 梢風尼
世中は柿の蔕よむ親仁哉 千那
串柿の袖を引しか雛の中 嵐雪
串柿をつまめば梅のつぼみ哉 馬場存義
二月やまだ柿の木はその通り 越人
人の来て語れば落す夜の柿 鳳朗
今落て此ありさまに熟柿かな 素覧
仏名や柿の衣の僧ばかり 黒柳召波
俳諧師梢の柿の蔕ばかり 松窓乙二
八朔や牌の臓つよき柿喰ひ 乙訓
初雪や柿に粉のふく伊吹山 許六

別るゝや柿喰ひながら坂の上 惟然
労はりて取けり柿の休み年 三宅嘯山
十ばかり柿も樹におく会式哉 成田蒼虬
取尽す梢に柿の入日かな 望月宋屋
名を付てこれや山家の未熟柿 苔蘇
名月に得たりや柿の刻ばさみ 角上
名月や雷のこる柿の末 洒堂
啼きに来る山鳩寒し柿の色 栗田樗堂
夕日山ひとり熟柿の落にけり 乙訓
外屋敷や野分に残る柿の蔕 野童
大垣へ行とて通る小柿哉 支考
天然をたもつばかりぞ柿のへた 寥松
宵月に影ははづれぬ熟柿哉 路健
家づとや那智の梛の葉美濃の柿 路通
尾長啼渋柿原の雨気かな 加舎白雄
山がらす觜染る熟柿かな 為有
山吹に頭あげたり柿頭巾 配力
山柿や一度にならぬはなざかり 寥松
山柿や人のとらぬは拾ひよき 寥松
崩レては小鳥の中や柿の枝 野坡
川留に荷ながら柿のつはり哉 三宅嘯山
御処柿や己が葉さへ落るのに 馬場存義
御所柿のさも赤々と木の空に 鬼貫
御所柿のしぶ~ながら別れけり 露川
御所柿の美濃にも四条五条哉 凉菟
御所柿や一つはゆるす隣殿 千川
御所柿や己が葉さへ落るのに 存義 古来庵発句集
御所柿や我歯にきゆる今朝の霜 其角
御所柿や熟して落る下隣 寂芝
手向草半月はやき熟柿哉 尚白
日は過る梢の柿と見あひつゝ 夏目成美
早蕨に粉糠ふるふや柿袋 猿雖
明月や向への柿やでかさるゝ 去来
是和哥の姿ならずや大和柿 凉菟
暴風にも落す葉もなしたくら柿 車庸
有明も残るか柿の霜かづき 洒堂
木がらしに梢の柿の名残かな 嵐雪
木つたふて穴熊出る熟柿かな 丈草
木枯や烏もなかぬ柿のへた 一笑(金沢)
村鳥も枝柿もぐかうらやまし 旦藁
枝の柿烏は追はずさりながら 加舎白雄
染かけて頼母の柿や薄まだら 諷竹
柚も柿もおがまれにけり御影講 沾圃
柚も柿も拝まれにけり御影講 沾圃 続猿蓑
柿かぶる身ぞ津の国を出離れて 椎本才麿
柿ぬしの野分かゝえて旅ねかな 支考
柿ぬしや梢はちかきあらし山 去来
柿のなる木を子どもの寄どころ 利牛
柿のへた狐のひろふ朝かな 乙訓
柿の名に経るや四壁のきり~す 素行
柿の木にもみぢせよとや村雀 魯九
柿の木に出て遊ばんわら一把 凉菟
柿の木に遊ぶ子共や蟹と猿 白雪
柿の木に霜見る迄のやどり哉 凉菟
柿の木のむかし~や祖父と祖母 支考
柿の木はいよ~雪の朝かな 越人
柿の木や嵯峨のむかしも忍ばるゝ 鳳朗
柿の枝折や烏の巣ごしらへ 三宅嘯山
柿の渋ぬける夜冴や遠碪 加藤曉台
柿の茂り形のわるひにぎやう~し 土芳
柿の葉につれ~当る霰かな 卯七
柿の葉に焼みそ盛らん薄箸 宗波
柿の葉のいろりにくばる夜寒哉 露川
柿の葉のまだひらついてしぐれ哉 如行
柿の葉の形のわるいにぎやう~し 土芳
柿の葉の風砕たるすゞみ哉 土芳
柿の葉は日に~染てあらしかな 紫白女
柿の葉やさきへうけとる秋の霜 知足
柿ひとつ袖からこがすきぬた哉 木導

柿むくに心の長いをとこかな 寥松 八朶園句纂
柿割て君おもふやのうらとはむ 高井几董
柿包む日和もなしやむら時雨 露川
柿喰に百里の燕うらやまし 凉菟
柿売の旅寐は寒し柿の側 炭太祇
柿寺と日ごろおもへど柳かな 成田蒼虬
柿寺に表穂いやしや作どり 荊口
柿寺や藪噌うちにも啼ちどり 井上士朗
柿抓ム此禅凡地離レたり 千那
柿核の壁にはえたるわか葉かな 井上士朗
柿買と日和くらぶる田苅かな 支考
柿買や見ればぬいたる真桑売 去来
柿陰や鮎もとるべき網のやれ 風国
栗柿に日はほつこりと雪の窓 朱拙
栗柿の無事をよろこぶ木の芽哉 露川
核一つ終に呑込む熟柿かな 尚白
梅寒し柿かたびらでなくすゞめ 〔ブン〕村
残る葉と染かはす柿や二ッ三ッ 炭太祇
沙汰なしに柿の霜夜や後の月 馬場存義
泊瀬めに柿のしぶさを忍びけり 其角
清滝や渋柿さはす我意 其角
渋ならん坊主小兵衛が門の柿 鈴木道彦
渋柿にきつと日のさす寒かな 北枝
渋柿にしのびかねてや猿の啼 加舎白雄
渋柿のつきに鳧までつきにけり 塵生
渋柿の世を背てかどうじやぞイ 壺中
渋柿の喉をこするや秋の風 千那
渋柿の心づよさよ秋の暮 中川乙由
渋柿の木の間ながらや玉祭 一笑(金沢)
渋柿の風に手を置けしきかな 林紅
渋柿はかみのかたさよ明やしき 丈草
渋柿も淋しき秋の相手かな 桃妖
渋柿も紅粉や流れて初時雨 露川
渋柿ややぶのうちから山の路 呂風
渋柿や二口喰し乳母が里 一笑(金沢)
渋柿や代~の歌にも撰残し 蓼太 蓼太句集初編
渋柿や觜おしぬぐふ山がらす 加舎白雄
渋柿や鐘もへこめと打つける 巣兆 発句題叢
渋柿をたのみ有るみぞさはし水 椎本才麿
渋柿をながめて通る十夜哉 裾道
渋谷の柿にしぶ~わかれ哉 支考
炭焼に渋柿たのむ便かな 玄虎
焼こがす熟柿一ッや置火鉢 惟然
熟柿の落てとばしる砧かな 高井几董
猶石にしぶ柿をぬる翁かな 嵐雪
田舎から柿くれにけり十三夜 炭太祇
甲斐駒や江戸へ~と柿ぶだう 其角
病人を梢に笑ふ熟柿かな 支考
白雨や柿さん~に吹おとす 土芳
益もなき身は渋柿のみのり哉 旦藁
看ながら柿を嶺へる会式顔 成田蒼虬
看坊や柿へる秋の物おもひ 千那
祝り子の柿かぶり居る祭かな 三宅嘯山
神南の郭のにしきや柿葡萄 文車 江戸名物鹿子
禅門のはしごにのぼるつるし柿 釣壺
秋されや柿さま~の物のしな 黒柳召波
秋の日や柿喰過て腹のへる 鈴木道彦
秋空や日和くるはす柿のいろ 洒堂
稲妻や柿木下る枝の尖 助然
筆柿に発句きかせよ越の人 凉菟
腸に秋のしみたる熟柿かな 支考
芽出しより二葉に茂る柿の実 丈草
草取のはれに染なす柿苧哉 洒堂
菊ごとやの郡の柿ぶどう 挙白
菓子盆に柿くひさいて別れ哉 土芳
落柿や水の上また石のうヘ 露印
葉隠れに浮世のがるゝ熟柿哉 露川
蔕おちの柿のおときく深山哉 山口素堂
薄柿のにほひもかろし麻頭巾 浪化
袷では朝晩寒し柿の華 露川
見こみよき寺やわかばに柿衣 桜井梅室
角ひしもなきふう味也大和柿 史邦
道~やしぐれを照らす柿の色 樗良
野烏や熟柿の觜のさし所 三宅嘯山
釣柿の夕日ぞかはる北しぐれ 其角
釣柿や障子にくるふ夕日影 丈草
関越て亦柿かぶる袂かな 炭太祇
雨毎に渋や抜なん柿の色 高桑闌更
雪ふらば御寺の柿の木見に行ん 朱拙
鳩ふくや渋柿原の蕎麦畠 洒堂
鵙鳴や大手を出ル柿袴 釣壺
鷹居るあとの二人や柿脚絆 孤屋

以上b
by 575fudemakase | 2016-10-18 06:09 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26285358
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング