秋の雲 の俳句

秋の雲 の俳句

秋の雲 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23262986/

秋の雲 補遺

ある朝の浮かべる秋の雲なりけり 安住敦
いく山のかなたといへど秋の雲 飯田龍太
いつも乗るバスの時間や秋の雲 鈴木真砂女 卯浪
かなしめばとて秋雲のとどまらず 三橋鷹女
この時刻けふもかしこに秋の雲 富安風生
さゞなみの鳥の秋雲貝はうるみて 高屋窓秋
その高さ深くとも見え秋の雲 高浜年尾
ちぎれては追ひてゆくなり秋の雲 清崎敏郎
どこからともなく雲が出て来て秋の雲 種田山頭火 草木塔
ひろびろとさと刷きすとのび秋の雲 富安風生
ほうと息つけば秋草秋の雲 能村登四郎
ぼろぼろの秋の雲ゆく手術痕 秋元不死男
みるほどにちるけはしさや秋の雲 飯田蛇笏 山廬集
ゆく雲はくろい運河の秋の雲 富澤赤黄男
わが死予言の雲漂えり秋の暮 楠本憲吉 方壺集
コーラスの届きて生れし秋の雲 後藤比奈夫
トロッコの無蓋の空の秋の雲(黒部峡) 細見綾子
リフト降り握手してみる秋雲と 林翔
一どだけ山を出てくる秋の雲 三橋敏雄
一円の雲の生滅秋の海 原裕 青垣
一片の又一塊の秋の雲 上野泰 春潮
交通警官くるりと秋の雲廻る 百合山羽公 故園
低く迷ふ廣野の果の秋の雲 正岡子規 秋の雲
係累のある旅秋雲追ふ秋雲 香西照雄 素心
修羅おとしの一条嶺に秋の雲 角川源義
停りてほぐれつつあり秋の雲 高野素十
前垂に刀豆摘むや秋の雲 三橋鷹女
午後三時秋雲を出し機影見ゆ 飯田蛇笏 山響集
墓地に聞くおるがん天に秋の雲 山口誓子
夕焼けて日和になりぬ秋の雲 正岡子規 秋の雲
夕空の秋雲映ゆる八重葎 飯田蛇笏 霊芝
夜の秋の雲をへだつる障子かな 飯田蛇笏 雪峡
夜は夜の白雲靆きて秋の嶽 飯田蛇笏 山響集
大英帝国とむかし詠みにき秋の雲 山口青邨
富士坐して裳裾秋雲端を撥ね 中村草田男
富士曉けて秋雲ひらく禊かな 飯田蛇笏 白嶽
山の秋の雲徃來す不動尊 正岡子規 秋の雲
山人のくしやみやとゞく秋の雲 前田普羅 普羅句集
山畑にひとのしばらく秋の雲 飯田龍太
岩山の木もなし秋の雲もなし 正岡子規 秋の雲
峡中に入る秋雲の一片と 上田五千石 田園
嶺の上の日に寄りきたる秋の雲 相馬遷子 雪嶺
巨き秋雲灰色の背もたのもしき 香西照雄 対話
師の名こそ生涯の糧秋の雲 藤田湘子 てんてん
干し物し秋雲うすく吾女 細見綾子 桃は八重
徒らに古塔ぞ聳ゆ秋の雲 臼田亜浪 旅人 抄
思慕ふかく秋雲を四方にめぐらせり 桂信子 月光抄
日の入りしあとに秋雲むらがれる 篠原梵 年々去来の花 雨
日本武尊の大いなる掌に秋の雲 有馬朗人 耳順
朝風や鳥飛び盡す秋の雲 正岡子規 秋の雲
末の子のうしろに秋の雲がある 上野泰
杭打ちて秋雲ふやしゐたりけり(黒井町は松瀬青々曽遊の地) 細見綾子
松が枝の情ありけり秋の雲 山口青邨
松の幹人を倚らしむ秋の雲 山口青邨
桃色の雲より落とす秋の風 富安風生
桐の木のくらさを離れ秋の雲 鷲谷七菜子 天鼓
桑畑に綿の白さの秋の雲(木曾路) 細見綾子
森の中に出水押し行く秋の雲 河東碧梧桐
横雲のかかりて秋の雲の峰 山口誓子
機影ゆき秋雲の端に軽雷す 飯田蛇笏 山響集
水天の一髪秋の雲湧きぬ 日野草城
水煙におし照る秋の雲ひとひら 伊丹三樹彦
沖はるか動くともなき秋の雲 清崎敏郎
泥手あろうて煙草はやめられぬ煙と秋の雲 荻原井泉水
海に釣つて釣れずに戻る秋の雲 村山故郷
海女浮けば秋雲すでに流れ去り 鈴木真砂女 夏帯
消ゆるとはまた生るること秋の雲 後藤比奈夫
灰色をふくみ大塊秋の雲 上野泰 春潮
炭竃のみな煙りをり秋の雲 前田普羅 春寒浅間山
熔岩原を行く山の秋雲の秋 高浜年尾
爽秋の雲得て遷化したまへり 上田五千石『天路』補遺
猿あそぶ嶽の秋雲きえゆけり 飯田蛇笏 春蘭
猿あそぶ嶽の秋雲消えゆけり 飯田蛇笏 心像
獄塀に添うてゆく道秋の雲 飯田龍太
珍しき山容ち旅秋の雲 上野泰 春潮
白城照るそびら秋雲ちりぢりに 村山故郷
相輪に杳く秋雲ちぎれつつ 伊丹三樹彦
眼のなかの秋の白雲あふれ去る 山口誓子
眼下頭上只秋の空秋の雲 正岡子規 秋の雲
石を拾うて拾うて腰のして秋の雲かな 荻原井泉水
秋の雲いよいよ高く登りけり 正岡子規 秋の雲
秋の雲うすれて天の瑠璃となる 山口誓子
秋の雲がたてこむ極み恋乙女 高屋窓秋
秋の雲しろじろとして夜に入りし 飯田蛇笏 山廬集
秋の雲しろ~として夜に入りし 飯田蛇笏 霊芝
秋の雲ちぎれ~てなくなりぬ 内藤鳴雪
秋の雲つめたき午の牛乳をのむ 山口誓子
秋の雲はてなき瑠璃の天をゆく 山口誓子
秋の雲わが後頭の天に満てり 山口誓子
秋の雲動く一碧の穴あけて 山口青邨
秋の雲地獄の底へ吹き落す 正岡子規 秋の雲
秋の雲天のたむろに寄りあへる 山口誓子
秋の雲太平洋を走りけり 正岡子規 秋の雲
秋の雲太虚の風に乗りにけり 日野草城
秋の雲尾上の松をいま離る 安住敦
秋の雲山高ければ高く飛ぶ 上田五千石『森林』補遺
秋の雲愁のごとく刷けるかな 富安風生
秋の雲捉へ一の目潟光る 上村占魚
秋の雲掌にあつまるを多としける 永田耕衣
秋の雲機翼を白めつひにかくす 山口誓子
秋の雲歳月はやくながれけり 飯田蛇笏 雪峡
秋の雲流れ軽音楽弾み 日野草城
秋の雲温泉に下りてはあそびけり 飯田蛇笏 白嶽
秋の雲湖水の上を渡りけり 正岡子規 秋の雲
秋の雲湖水の底を渡りけり 正岡子規 秋の雲
秋の雲湖水の空を渡りけり 正岡子規 秋の雲
秋の雲満ちて爆音を航かしむる 山口誓子
秋の雲瀧をはなれて山の上 正岡子規 秋の雲
秋の雲照る日のかたにゆきてきゆ 山口誓子
秋の雲父の墓なき父の国に 加藤秋邨
秋の雲眺めて無為や俳諧師 山口青邨
秋の雲石工十字を磨りゐたり 山口誓子
秋の雲立志伝みな家を捨つ 上田五千石 田園
秋の雲羽化せし君の高さとも 林翔
秋の雲走り影とぶ石墓場 山口青邨
秋の雲頭上に高く沖になし 清崎敏郎
秋の雲鳴門の空を渡りけり 正岡子規 秋の雲
秋雲うつり湖動くかに摩周湖は 松崎鉄之介
秋雲に一閃昏むこれじよ跡 山田みづえ 手甲
秋雲に癒えて指さす霊安舎 飯田龍太
秋雲に離れ来りて父母の前 野澤節子 未明音
秋雲のいゆく簷にし黄金映ゆ 伊丹三樹彦
秋雲のかくすも富岳一景に 山口青邨
秋雲のことにも高く逝かれけり 上田五千石『風景』補遺
秋雲の下そこはかと人住めり 角川源義
秋雲の下城ひとつ子規もひとり 飯田龍太
秋雲の厚きところは山に触る 篠原梵 年々去来の花 雨
秋雲の去来のビルが 倒れくるぞ 伊丹三樹彦
秋雲の好きな小さなチヤペルかな 後藤比奈夫
秋雲の少しばかりを刷きし空 細見綾子
秋雲の嶺も見ずに肥ゆ女達 飯田龍太
秋雲の日々多し旅長し 高野素十
秋雲の晴間かがやくおもひごと 飯田龍太
秋雲の牧羊神が牛後に顕つ 鷹羽狩行
秋雲の白き見つづけ部屋くらし 篠原梵 年々去来の花 雨
秋雲の端勢ひつつ天移る 山口誓子
秋雲の芋の葉よりも小さき一つ 富安風生
秋雲の表情翳る方にあり 後藤比奈夫
秋雲はわが病贏に似てあはし 富安風生
秋雲は松の秀に触り滞る 富安風生
秋雲は湧けり黒髪丈なせる 三橋鷹女
秋雲は空の溜息かも知れず 後藤比奈夫
秋雲まばらなり水に沈みし町 村山故郷
秋雲も寄らず噴煙湧くところ 村山故郷
秋雲やいよいよ遠き末弟子 林翔 和紙
秋雲やケルンの上に硫黄の華 松崎鉄之介
秋雲や宇陀のあたりになびきけり 松崎鉄之介
秋雲や抱きて旅の捨子猫 加藤秋邨
秋雲や画家のガウンの裾短か 桂信子「草影」以後
秋雲や磨き丸太の立ち並び 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
秋雲や見上げて晴るゝ棚畑 村上鬼城
秋雲や遺品にまさる遺志を受け 鷹羽狩行
秋雲をころがる音や小いかづち 飯田蛇笏 山廬集
秋雲をずしりと後に聖河ひらけ 角川源義
秋雲を仰ぎ~て家に入る 高野素十
秋雲を率ゐ百八十度の転舵 鷹羽狩行
秋雲を空がちぎつてをりにけり 後藤比奈夫
秋雲を縫う岩燕見えそめぬ 飯田蛇笏 霊芝
秋雲一片遺されし父何を為さん 福田蓼汀 秋風挽歌
秋雲長し砂丘に遊び日暮れぬ 村山故郷
秋雲飛ぶ大和国原松籟す 松崎鉄之介
空は秋雲の流れのとどまらず 稲畑汀子
笈を負ふて来し子に高し秋の雲 村山故郷
笛吹けば笛の遠さの秋の雲 後藤比奈夫
笛岳に集ひたがるよ秋の雲 山田みづえ 手甲
自由市の秋雲四方に新らしき 高野素十
航く空の雲とびとびに秋の風 飯田蛇笏 椿花集
荒都遠しここ秋雲の母郷たり 中村草田男
葉の隙の一夜にふえて秋の雲 鷲谷七菜子 天鼓
虹如(な)す秋雲二点白きは白鳩か 香西照雄
虹如す秋雲二点白きは白鳩か 香西照雄 対話
蛇笏埋め山河あらたや秋の雲 角川源義
蛇笏忌に間ある夕爾忌秋の雲 飯田龍太
行く秋の雲がかくすや奥の嶽 村山故郷
行く秋の雲と思ひぬ墨に金 山口青邨
西にありし一抹秋雲阿(おもね)りけり 渡邊白泉
見えぬ高根そなたぞと思ふ秋の雲 河東碧梧桐
見渡すや只秋の空秋の雲 正岡子規 秋の空
足もとや眼ちらつく秋の雲 正岡子規 秋の雲
隔て住む心言ひやりぬ秋の雲 河東碧梧桐
雷名残る秋雲追うて驢を駆るや 臼田亜浪 旅人 抄
頭を振れどつひに五十の秋の雲 相馬遷子 雪嶺
頭上の岩をめぐるや秋の雲 正岡子規 秋の雲
類型は許さじ秋の雲あまた 林翔
食事とりつつ秋雲の流るるを 波多野爽波 鋪道の花
鳴沙山秋雲の尾のはてなかり 松崎鉄之介
鶴一つのして入りけり秋の雲 正岡子規 秋の雲
鶴一羽のして入りけり秋のくも 正岡子規 秋の雲

秋の雲 続補遺

あてもなくながれわたりや秋の雲 除風
かくこそとわかで今朝より秋の雲 樗良
さがり日の溜息暑し秋の雲 亀洞
しるやいかに我さま~に秋の雲 夏目成美
ねばりなき空にはしるや秋の雲 丈草
むらさきは母の手染歟秋の雲 馬場存義
一日もおくけしきして秋の雲 成田蒼虬
二色の絵具に足るや秋の雲 黒柳召波
凩のまじりて吹か秋の雲 史邦
吉野気の離れて白し秋の雲 上島鬼貫
山々や一こぶしづゝ秋の雲 岩田涼菟
山となり水となりけり秋の雲 桜井梅室
山もとや桜にかゝる秋の雲 高桑闌更
山~や一こぶしづゝ秋の雲 凉菟
岫を出てそこら遊ぶや秋の雲 北枝
嶋富士に膝をならぶや秋の雲 除風
川の瀬や宵からくるふ秋の雲 寂芝
待宵や流浪のうへの秋の雲 惟然
手の爪も延さでたつや秋の雲 怒風
松の葉を酔はして行や秋の雲 洒堂
松杉もおがめと晴るゝ秋の雲 去来
枕出せ裏屋にまはる秋の雲 丈草
砕行おもひや秋の雲の峯 乙訓
突立る柱杖に涌くや秋の雲 露川
立山にかゝれば近し秋の雲 成田蒼虬
苅かぶや水田の上の秋の雲 洒堂
鳶鴉空は隙なし秋の雲 鼠弾

以上
by 575fudemakase | 2016-10-22 13:06 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26296522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング