秋の山 の俳句

秋の山 の俳句

秋の山 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22907784/

秋の山 補遺

いただきを巌に秋嶽国ふたつ 大野林火 飛花集 昭和四十七年
うす靄の日ざす疎林に秋の嶽 飯田蛇笏 椿花集
うつり行く蝶々ひくし秋の山 前田普羅 春寒浅間山
お舎利みゆこだまをかへす秋の嶽 飯田蛇笏 家郷の霧
ささめきて秋山しぐれさそひけり 上田五千石『琥珀』補遺
ちはやぶる神垣見えて秋の山 阿波野青畝
ちゝはゝの顔秋嶺の深刻み 原裕 葦牙
はつきりと垣根に近し秋の山 正岡子規 秋の山
はつきりと行先遠し秋の山 正岡子規 秋の山
ひもじさに杉の香を聞く秋の山 日野草城
まるければ丸山といふ秋の山 燕雀 星野麥丘人
よべの雨流るる樋や秋の山 村山故郷
わがあとに径もつき来る秋の山 富安風生
わが座より西秋山へ朝日かげ 中村草田男
わが立てる丘秋富士の裾及ぶ 松崎鉄之介
プロムナードコンツェルト秋の山近く 山口青邨
一ひらの雲の行へや秋の山 正岡子規 秋の山
一昔そのまた昔秋の山 深見けん二
一片雲もて秋富士を荘厳す 富安風生
七重八重かさなりあひぬ秋の山 正岡子規 秋の山
七重八重重なりあふて秋の山 正岡子規 秋の山
下るにはまだ早ければ秋の山 波多野爽波 鋪道の花
人にあひて恐しくなりぬ秋の山 正岡子規 秋の山
人の影踏みて来りぬ秋の山 三橋鷹女
信ねど秋嶺どこかに吾子居るかと 福田蓼汀 秋風挽歌
信濃路やどこ迄つゞく秋の山 正岡子規 秋の山
備前備後の山の親しき秋の暮 桂信子「草影」以後
八ケ嶺のどの秋嶺を愛すべき 中村草田男
八方に秋嶽そびえ神祭 飯田蛇笏 春蘭
半腹に古き宮あり秋の山 正岡子規 秋の山
四方に秋の山をめぐらす城下哉 正岡子規 秋の山
四方秋の山をめぐらす城下哉 正岡子規 秋の山
國境の棒杭立つや秋の山 正岡子規 秋の山
墓と見えて十字架立つる秋の山 河東碧梧桐
壺にして葉がちに秋の山あざみ 飯田蛇笏 春蘭
夜の秋山より来たる蛾が白し 飯田龍太
夜は夜の白雲靆きて秋の嶽 飯田蛇笏 山響集
大巖にまどろみさめぬ秋の山 飯田蛇笏 霊芝
大方はすゝきなりけり秋の山 正岡子規 秋の山
大鯉の動きに秋の山のいろ 森澄雄
妻に鶏卵われに秋富士の一と盛り 金子兜太
婦長にも秋山腹の匂ひ澄む 飯田龍太
宿かるや枕の上に秋の山 正岡子規 秋の山
山門を出て下りけり秋の山 正岡子規 秋の山
崖に倚る塔や伽藍や秋の山 正岡子規 秋の山
已に秋の山山となり机に迫り来 尾崎放哉 小豆島時代
常磐木をかむりて秋の山をなせり 橋閒石 朱明
幼な名を呼べど秋嶺谺なし 福田蓼汀 秋風挽歌
形なき子を連れあそぶ秋の山 上村占魚
恆雪を擁くといへども秋の嶽 飯田蛇笏 家郷の霧
愛語通り過ぐ秋山の握り飯 西東三鬼
支流幾すぢ秋山を流れ落つ 廣瀬直人 帰路
故郷去る 秋山に墓一つ増やし 伊丹三樹彦
日の旗や銀座は秋の山かつら 正岡子規 秋の山
日当れば秋山の塔よく見ゆる 上村占魚 球磨
明るさはすぐ広窓に秋の山 中村汀女
春の山秋の山より斧入れて 高屋窓秋
有る程の衣をかけたり秋山家 前田普羅 普羅句集
林帯をかける橿鳥秋の嶽 飯田蛇笏 雪峡
森濡れて神鎭まりぬ秋の山 正岡子規 秋の山
樓に上れば樓をめぐりて秋の山 正岡子規 秋の山
横雲こそはいたはりの雲秋嶺暮れぬ 中村草田男
機関車に雲や鴉や秋の山 飯田蛇笏 霊芝
渓べまで夕雲下りる秋の嶽 飯田蛇笏 心像
温泉にとめし眼を大切や秋の山 前田普羅 普羅句集
湖をとりまく秋の高嶺哉 正岡子規 秋の山
湖隔て比良の秋嶺峙てり 高浜年尾
湯の縁につかまり秋の山を見る 清崎敏郎
滝一つかかりて秋の只の山 星野麥丘人
瀧一つかかりて秋の只の山 寒食 星野麥丘人
熱泉の流れをなせり秋の山 佐藤鬼房
燦爛と火の山暮るる秋の風 藤田湘子 途上
牧人に日出る方や秋の峰 河東碧梧桐
犬が臥て横向きの顔秋の山 波多野爽波
生きて修業をす秋の山彼方にあり 中川一碧樓
白河や山あつまつて山の秋 正岡子規 秋の山
石切りて立てかけにけり秋の山 渡邊白泉
石門をくゝりぬけたり秋の山 正岡子規 秋の山
石門を五つくゞりて秋の山 正岡子規 秋の山
秋の城山は赤松ばかりかな 正岡子規 秋の山
秋の山あやしき僧に行き違ふ 正岡子規 秋の山
秋の山のちさき頂きをちさく越ゆ 渡邊白泉
秋の山ひとり湯にゐてたのしかり 村山故郷
秋の山中にも金洞と申すは 正岡子規 秋の山
秋の山中に石鐵山高し 正岡子規 秋の山
秋の山五重の塔に竝びけり 正岡子規 秋の山
秋の山仙人橋の高さかな 正岡子規 秋の山
秋の山信濃の國はおそろしき 正岡子規 秋の山
秋の山北を固めの砦かな 正岡子規 秋の山
秋の山半腹に本社社務所など 正岡子規 秋の山
秋の山幽なり水静かなり 尾崎放哉 大学時代
秋の山御幸寺と申し天狗住む 正岡子規 秋の山
秋の山摩崖の顔の並びをり 阿波野青畝
秋の山昼酒に鳥糞おとす 金子兜太
秋の山松鬱として常信寺 正岡子規 秋の山
秋の山檜の苗を植ゑにけり 正岡子規 秋の山
秋の山沢へ来るもの白狐また 赤尾兜子 玄玄
秋の山瀧を殘して紅葉哉 正岡子規 秋の山
秋の山王子の上に見ゆる哉 正岡子規 秋の山
秋の山眼下町見えて人馬行く 正岡子規 秋の山
秋の山突兀として寺一つ 正岡子規 秋の山
秋の山経読む程は日の残る 内藤鳴雪
秋の山艸刈りあけて墓のあり 右城暮石 句集外 昭和七年
秋の山谺するより暮れにけり 村山故郷
秋の山遠祖ほどの星の数 野澤節子 花季
秋の山重なつてゐて縷々と話す 右城暮石 句集外 昭和二十一年
秋の山雲一片飛んで去る 正岡子規 秋の山
秋の嶽咫尺す啄木にそばへせり 飯田蛇笏 山響集
秋の嶽国土安泰のすがたかな 飯田蛇笏 霊芝
秋富士が立つ一湾の凪畳 上田五千石 森林
秋富士にこずゑの小鳥向きかはる 松村蒼石 寒鶯抄
秋富士にやまとしまねの民禊ぐ 飯田蛇笏 白嶽
秋富士に孤鶴のごとき雲をおく 富安風生
秋富士のかなた病友文を待つ 中村草田男
秋富士は朝父夕母の如し 中村草田男
秋富士へ雁堤つばさ張る 松崎鉄之介
秋富士やアララギ古木巨松抱き 中村草田男
秋富士を拾ふ湖畔の潦 富安風生
秋山で会ふ愚陀仏といふ仏 後藤比奈夫
秋山と一つ寝息に睡りたる 森澄雄
秋山に僧と携ふ詩盟かな 村上鬼城
秋山に呼ぶは童子か老い鴉 飯田蛇笏 家郷の霧
秋山に映りて消えし花火かな 杉田久女
秋山に秋山の影倒れ凭る 山口誓子
秋山に箸光らして人を追ふ 飯島晴子
秋山に老いさらぼひて一好句 飯田蛇笏 家郷の霧
秋山に野路のとどまる墳どころ 飯田蛇笏 家郷の霧
秋山に騒ぐ生徒や力餅 前田普羅 普羅句集
秋山に鰭屋の二階見下され 廣瀬直人 帰路
秋山のぬくさしづけさ背をつたう 飴山實 おりいぶ
秋山の上の遠山移るなり 中村草田男
秋山の二ついよ~明かに 高野素十
秋山の人に堕ち来る蝶々かな 前田普羅 春寒浅間山
秋山の午天をのぼる蝶双つ 飯田蛇笏 椿花集
秋山の懐深き岩瀬かな「百萬」 「方寸虚実」石塚友二
秋山の橋小ささよ湖舟より 飯田蛇笏 山廬集
秋山の熔岩に腰かけて我 高野素十
秋山の退りつづけてゐたりけり 平井照敏
秋山の遠き墓地見ゆ花圃のごと 相生垣瓜人 微茫集
秋山の雲見てつくる砂糖水 飯島晴子
秋山やこの道遠き雲と我 飯田蛇笏 山廬集
秋山や人が放てる笑ひ声 前田普羅 春寒浅間山
秋山や影して飛べる山鴉 村上鬼城
秋山や影むらさきに瘤二つ 水原秋櫻子 梅下抄
秋山や草むら浅き焚火屑 飯田蛇笏 山廬集
秋山や雲間にあふぐ師の庵 西島麥南 金剛纂
秋山を下る鳥にも逢はず下る 橋閒石 雪
秋山を来て教會の水むさぼる 相馬遷子 雪嶺
秋山半分に切られた 尾崎放哉 小豆島時代
秋山広い道に出る 尾崎放哉 小豆島時代
秋山路ありゴンドラを羨まず 百合山羽公 寒雁
秋山路しばらく磴のつゞくなり 星野立子
秋山路拓きし畑に菊もあり 右城暮石 句集外 昭和七年
秋山郷雪に籠りてノョサ節 松崎鉄之介
秋峯のはなれて猛き南北 飯田蛇笏 家郷の霧
秋嶺に晩紅とどむ誕生日 上田五千石 風景
秋嶺に真向ふ二児の父として 有馬朗人 母国
秋嶺に置き忘れたる池ひとつ 福田蓼汀 秋風挽歌
秋嶺のそばだつは些の雲を曳き 飯田蛇笏 家郷の霧
秋嶺の寝釈迦の頭胸足あり 阿波野青畝
秋嶺の聳つまぶしさの鍬づかひ 鷲谷七菜子 花寂び
秋嶺の闇に入らむとなほ容 桂信子 樹影
秋嶺はコールに応ふ死者応へず 福田蓼汀 秋風挽歌
秋嶺は雲にまみれて野はその影 中村草田男
秋嶺も胸合せ寝る寝るとせん 鷹羽狩行
秋嶺や顔真卿と太い文字 阿波野青畝
秋嶺を収む硝子戸蜂あゆむ 大野林火 青水輪 昭和二十四年
秋嶺を搦めてゆるき径一すぢ 富安風生
秋嶺を覗くは丹雲昏れゆとる 飯田蛇笏 雪峡
秋嶺夕翁も左右に藤太根 古沢太穂 捲かるる鴎
秋嶺見ゆ白面K氏の肩越しに 楠本憲吉 楠本憲吉集
秋嶽によろこび出づる黒煙り 飯田龍太
秋嶽のじようじようと滝落しけり 鷲谷七菜子 天鼓
秋嶽ののび極まりてとどまれり 飯田龍太
稲の秋の風吹き流れ二つ並びの山 中川一碧樓
稻つくる奧もありけり秋の山 正岡子規 秋の山
立ち止り秋山眉にのりにけり 上野泰 春潮
竹の窗南に秋の山近し 正岡子規 秋の山
笠負ふた僧の歸るや秋の山 正岡子規 秋の山
絶頂に城搆へたり秋の山 正岡子規 秋の山
繭を掻く小車ひびく秋山家 村山故郷
老人に障子開きたる秋の山 廣瀬直人 帰路
若松の城を圍みて秋の山 正岡子規 秋の山
蛇笏忌の秋山霞み果てもなし 飯田龍太
蜂の子を炒る子に遠き秋の山 飯田龍太
蜆蝶も麟麟草も黄秋の山 山口青邨
行く秋の雲がかくすや奥の嶽 村山故郷
行先のはつきり遠し秋の山 正岡子規 秋の山
裾川の鳴る秋嶽にむかひけり 大野林火 飛花集 昭和四十四年
誕生日経ては秋山濃かりけり 百合山羽公 樂土以後
谷に仏峰に神ます秋の山 福田蓼汀 秋風挽歌
谷の日のどこからさすや秋の山 村上鬼城
赤児泣く汽車や秋山深く行く 中村汀女
追分や左に遠き秋の山 正岡子規 秋の山
道盡きて雲起りけり秋の山 正岡子規 秋の山
遠のきし雲夕栄えす秋の山 河東碧梧桐
重畳の山夕栄えぬ秋の風 河東碧梧桐
野徑曲れり十歩の中に秋の山 正岡子規 秋の山
鉾立ちし秋嶺の名を疑はず 阿波野青畝
鑛坑出れば秋山々の菩薩かな 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
閑古鳥死んで淋しや秋の山 正岡子規 秋の山
雨の染みひろがる秋富士の赤肌 金子兜太
雨晴れて馬頭に近し秋の山 正岡子規 秋の山
雲こめし中や雨降る秋の山 河東碧梧桐
雲しきていただきひろし秋の山 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
雲むらむら秋の山高くあらはるゝ 正岡子規 秋の山
雲めぐる岩の柱や秋の山 正岡子規 秋の山
雲も皆沈み勝ちなる秋の山 正岡子規 秋の山
雲迷ふ簾の下の秋の山 正岡子規 秋の山
雲遊ぶ秋山頂の枯木かな 臼田亜郎 定本亜浪句集
雲間もえ笹一色に秋の嶽 飯田蛇笏 春蘭
頂に湖水ありといふ秋の山 河東碧梧桐
顔拭けば秋嶺ひとつ近づけり 能村登四郎
風烈し日を全貌に秋の嶽 飯田蛇笏 家郷の霧
駛するうち没日が秋の山を出づ 山口誓子
高樓やわれを取り卷く秋の山 正岡子規 秋の山
鳥かげにむれたつ鳥や秋の山 飯田蛇笏 霊芝
鳥啄むもの人も食む秋の山 山口青邨
鳥獣のごとくたのしや秋の山 山口青邨
鳥飛んで秋の山眼に横はる 正岡子規 秋の山

秋の山 続補遺

あり~と暮て仕舞ぬ秋の山 長翠
いにしへのけぶり歟不尽歟秋の山 完来
によつぽりと秋の空なる富士の山 上島鬼貫
中~に月は入日の秋の山 松岡青蘿
人に似ぬ智恵に遊べや秋の山 寥松
入相の跡や明るき秋の山 支考
出迎ふや茅の輪の先の秋の山 鳳朗
分かねる言葉の色や秋の山 中川乙由
家ふたつ戸の口見えて秋の山 鈴木道彦
御仏に習ふ手多し秋の山 中川乙由
杖むけてまづあはれなり秋の山 夏目成美
枯て久しき松こそみゆれ秋の山 井上士朗
毬栗の笑ふも淋し秋の山 李由
温泉の山に江戸人ありや秋の暮 完来 空華集
温泉の山や秋の夕部はよ所の事 千代尼
狩野桶に鹿をなづけよ秋の山 荷兮
猪のふむ水もすみけり秋の山 鈴木道彦
秋の山すそは時雨とふりにけり 夏目成美
秋の山つまたてる間の入日哉 一笑(金沢)
秋の山ところ~に烟たつ 曉台
秋の山錐で書たる姿かな 五明
秋山や駒もゆるがぬ鞍の止 其角
頂のことにかはるや秋の山 馬場存義
馬の目も澄や日の入秋の山 左次

以上
by 575fudemakase | 2016-10-22 13:16 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26296535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング