秋晴 の俳句

秋晴 の俳句

秋晴 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23262849/

秋晴 補遺

うらうらと多肉植物秋日和 飯田龍太
おたがひに六十六の秋の晴 高野素十
かしましう鳥啼く秋の日和哉 正岡子規 秋日和
きこゆるや秋晴妻のひとりごと 日野草城
きち~の音秋晴にしみとほり 星野立子
こころもち曇るひととき秋の晴 阿波野青畝
こゝに又念腹門下秋の晴 高野素十
ささなみの川の央ばの秋日和 岡井省二 鹿野
しけあとの朝からふかし秋日和 原石鼎 花影
して~や綺羅着て並ぶ秋日和 桜井梅室
ただ生きてゐるといふだけ秋日和 日野草城
ひともとの松籟に秋晴れにけり 大野林火 方円集 昭和五十年
ふるさとを慕ひし人に秋の晴 高野素十
みそなはす秋晴開山國師の像 及川貞 夕焼
めの字絵馬堂一面に秋晴るゝ 川端茅舎
ものかげの静かなるかな秋日和 高野素十
わが今日の一歩~や秋の晴 高野素十
わけ入りて山うつくしき秋日和 日野草城
カレーの匙なめて吾が妻秋日和 草間時彦 中年
シヤガールの絵に秋晴の届きけり 稲畑汀子
チゝカゝの湖も亦秋晴れん 高野素十
デルタ秋晴少年等尿る草を抽き 飴山實 おりいぶ
ブラジルに男子誕生秋の晴 高野素十
ペリカンは秋晴れよりもうつくしい 富澤赤黄男
ミユンヘンの秋晴を訪ふ日は又に 稲畑汀子
一僧も見ず秋晴の本山に 右城暮石 虻峠
一夜明け師のふるさとの秋日和 深見けん二
一歩出てわが影を得し秋日和 日野草城
一羽鳩この秋晴に任務もち 鷹羽狩行
一連の秋晴なりき完了す 相生垣瓜人 負暄
一鳥も見ず 秋晴のデッキ椅子 伊丹三樹彦
万緑の褪せ了らざる秋日和 相生垣瓜人 負暄
上流の緩秋晴の最上川 佐藤鬼房
中国より帰りし夫に秋日和 細見綾子
中腹に滝頭見え秋日和 星野立子
乗捨てゝ車帰しぬ秋日和 石橋秀野
乳のます慈母秋晴に子と一つ 平畑静塔
二日目の秋晴少しよごれけり 稲畑汀子
人の世へつながる窓の秋晴れぬ 大野林火 海門 昭和九年
人の手がしづかに肩へ秋日和 鷲谷七菜子 黄炎
人の評書く秋晴を家居して 岡本眸
伊吹嶺は流石雲居て秋の晴 松本たかし
休めば薄き鋸秋晴の製材所 津田清子 礼拝
何と大き施無畏の御手秋晴るる 鷲谷七菜子 一盞
俄かなる秋晴れ空の大き比叡 村山故郷
八海の三つ見てまはり秋日和 高浜年尾
円柱のもとの我が席秋の晴 高野素十
勧請縄朽ちて秋晴栢森 佐藤鬼房
十人の海女の昼餉も秋の晴 高野素十
午後家を出る秋晴の明るさへ 右城暮石 声と声
吾子もゐる子供電車や秋日和 高田風人子
園わたる隣の煙や秋日和 飯田蛇笏 椿花集
埠頭 秋晴 拍手小ぶりは要人ぞ 伊丹三樹彦
塔といふくらきもの立つ秋日和 上田五千石『天路』補遺
塵すこし掃き落したる秋日和 後藤夜半 底紅
塵泳ぐ空気見て病む秋日和 高田風人子
声のみの応答寺の秋日和 右城暮石 句集外 昭和五十五年
夢殿へ日輪移る秋日和 水原秋櫻子 緑雲
大網を橋より打つや秋日和 松本たかし
大阪の秋晴一ぜんめし屋混む 右城暮石 句集外 昭和四十五年
大駅の次の小駅の秋日和 松本たかし
天守閣上閣下の群梟秋晴るる 松本たかし
天恵の秋日和なり甘受せり 相生垣瓜人 負暄
女人をも入れ秋晴の坑めぐり 平畑静塔
宝充ち満ち秋晴に低き檣 山口誓子
家中が明るき正午秋の晴 高田風人子
富士のみはくろし秋晴くづれずに 及川貞 夕焼
山の蟲なべて出て舞ふ秋日和 相馬遷子 雪嶺
山峡に字一つづゝ秋晴るゝ 相馬遷子 山国
山科も西大畑も秋の晴 高野素十
山茶花も馳せ加はりし秋日和 相生垣瓜人 負暄
山遠しばつた高く飛ぶ秋日和 正岡子規 秋日和
峙てる高炉の下の秋日和 深見けん二
峯寺の秋日和とて心地よし高浜年尾
巨樹が抱く洞のつめたき秋日和 鷲谷七菜子 銃身
帝都の空秋晴れもよし飛行雲 村山故郷
帝釈をたつきの町の秋日和 松本たかし
彼を葬るとあな秋晴れし野に出しは 荻原井泉水
我をまたスナップショット秋晴るる 阿波野青畝
戸口なる日本の女秋の晴 高野素十
手土産の蕎麦饅頭の秋日和 草間時彦
打水のあとありて秋日和なり 清崎敏郎
指に墨つけ秋晴へ出て来たる 右城暮石 句集外 昭和四十七年
捨てし菊磐に野生えて秋日和 右城暮石 句集外 昭和十一年
掛けて久し父の遺影も秋の晴 深見けん二
教師ころび秋晴無慙の身を起す 能村登四郎
数珠玉の今日まで青き秋日和 下村槐太 天涯
旅つゞけ越路秋晴たゞ一と日 高浜年尾
日あたりに下すすだれや秋日和 阿波野青畝
明日の手術待つ妻とゐて秋日和 松崎鉄之介
昼の夢をはりてもなほ秋日和 日野草城
時雨に遠く小春に近く秋晴れぬ 正岡子規 時雨
晩年の幸のやうやく秋晴るる 富安風生
曳船も干物多し秋日和 阿波野青畝
朝東風やほのかに見ゆる秋日和 露印
木犀も声を嗄らせる秋日和 相生垣瓜人 負暄
本山のすべて大なる秋日和 右城暮石 句集外 昭和四十四年
杭打って韓語とび出す秋日和 伊丹三樹彦
林中に径幾すぢや秋日和 原石鼎 花影
校倉の影のつばらに秋日和 日野草城
棉畑の真中歩む秋日和 百合山羽公 樂土
森に仰ぐこまかき空も秋晴るる 林翔
検尿の尿持ち出づる秋晴へ 右城暮石 句集外 昭和四十四年
樹を倒し百姓笑ふ秋日和 山口誓子
橋からの釣糸ながし秋晴るる 飯田蛇笏 山廬集
歩きたく立ちどまりたく秋の晴 稲畑汀子
歯痛なほやまず秋晴歩きても 右城暮石 上下
死後久し秋晴のけふ又悼む 山口誓子
気の弱りひとには告げず秋日和 日野草城
水飲みて生れしほてりや秋日和 鷹羽狩行
水飲みて酔ふ秋晴の燈台下 西東三鬼
深山にわが影ふみて秋日和 飯田蛇笏 椿花集
渡船場に芸者が二人秋日和 村山故郷
温室の廃れに堪へず秋晴へ 山口誓子
滝壺や人のたむろす秋日和 飯田蛇笏 山廬集
潮ひきて泥のつぶやく秋日和 清崎敏郎
瀧津瀬にさしいでし松の秋日和 水原秋櫻子 蘆刈
烏等も声弾ませる秋日和 相生垣瓜人 負暄
烟吐く舟許りなり秋晴るゝ 河東碧梧桐
煙火追ひ打ち秋晴を保たしむ 上田五千石『田園』補遺
瓢の実の孔の中まで秋の晴 後藤比奈夫
甕棺壺棺見て出た 秋晴あっけらかん 伊丹三樹彦
畑~や豆葉のちゞむ秋日和 卓袋
畳屋の肘が働く秋日和 草間時彦
病む人を馘りぬ秋の午後の晴 日野草城
病人の駕で遊ぶや秋の晴 正岡子規 秋晴
病床に上野を見るや秋日和 正岡子規 秋日和
皆久闊皆久闊や秋の晴 高野素十
矢絣を着てエキストラ秋晴に 山口青邨
石けりの必ず此処に秋日和 中村汀女
砂に寝て砂の軋むや秋日和 山口誓子
砂利の浜直ぐに深海秋日和 山口誓子
磯山や鰯干したる秋日和 正岡子規 秋日和
秋日和こころの乱れ榛にあり 飯田龍太
秋日和しるや河豚のつれあそぶ 加舎白雄
秋日和なかなか売れぬ樒かな 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
秋日和四国の山は皆ひくし 尾崎放哉 大学時代
秋日和女児も丸太の上通る 山口誓子
秋日和妻とは何や唯いとし 高田風人子
秋日和富士窈窕と暮れそめぬ 西島麦南 人音
秋日和惜しみ一杯のコーヒー飲む 細見綾子
秋日和散歩唱歌も忘れゐし 相生垣瓜人 明治草抄
秋日和旧友会の野外かな 河東碧梧桐
秋日和桑つみに行く舟の上 村山故郷
秋日和湯花流れし跡乾き 清崎敏郎
秋日和物干屋根にのっかりて 下村槐太 天涯
秋日和狂ふ那須山颪かな 河東碧梧桐
秋日和蜀漆のはなは過にけり 鈴木道彦
秋日和誘ひし父に従はず 山口誓子
秋日和近隣のこゑつつぬけに 日野草城
秋日和頭叩かせ子と遊ぶ 伊丹三樹彦
秋日和鳥さしなんど通りけり 加舎白雄
秋晴がビルの窓まで来てゐたり 草間時彦 中年
秋晴といふ山の色海の色 稲畑汀子
秋晴にこの孤つ松蔭つくる 山口誓子
秋晴にすこし猫背の阿蘇五岳 鷹羽狩行
秋晴にピアノ無韻の時永し 山口誓子
秋晴に今昔なしよ明治村 平畑静塔
秋晴に倣ひ得ざらむ胃の腑かな 相生垣瓜人 負暄
秋晴に倦み一片の雲を産む 鷹羽狩行
秋晴に分け入る常に行の先 山口誓子
秋晴に勿体なくも狎れにけり 相生垣瓜人 負暄
秋晴に原爆ドーム明めくら 平畑静塔
秋晴に口開けヨハネカレー市民 山口誓子
秋晴に外出心もなく写経 福田蓼汀 秋風挽歌
秋晴に室戸のスカイラインかな 右城暮石 散歩圏
秋晴に我焦げてをる匂ひする 星野立子
秋晴に拝む御車裡暗きを 山口誓子
秋晴に拳を熱くブロンズ像 鷹羽狩行
秋晴に湖の自噴を想ひみる 山口誓子
秋晴に白鷺さつと翅拡げ 山口誓子
秋晴に赤崖赤を憚らず 山口誓子
秋晴に車のキーを投げ渡す 右城暮石 散歩圏
秋晴に酔へる鵙とも思はれず 相生垣瓜人 微茫集
秋晴に銅像拳握りしめ 山口誓子
秋晴に障子しめありたかし庵 星野立子
秋晴に青銅の脚止にて動 山口誓子
秋晴に鬼の洗濯板を干す 鷹羽狩行
秋晴に鳶の肩凝る裏日本 鷹羽狩行
秋晴に鹵簿の近づくまで乳吸ふ 山口誓子
秋晴のあえかに白しくだけ浪 原石鼎 花影
秋晴のあまりに晴れて何もせず 森澄雄
秋晴のかゞやきの降るばかりなり 高浜年尾
秋晴のがたと日落ちぬ気ぜはしや 星野立子
秋晴のきらめき部屋の隅までも 上村占魚
秋晴のこころに閘の門開きて 山口誓子
秋晴のこの子かの子と遊ばざる 山口誓子
秋晴のこよなき日なり山の家 星野立子
秋晴のそのまま星のきれいな夜 高田風人子
秋晴のどこも汚さず葬終ふ 鷹羽狩行
秋晴のはしけの谺こと~と 清崎敏郎
秋晴のひと日のいろの夜の畳 岡本眸
秋晴のわたくし畑平群人 岡井省二 有時
秋晴のゑくぼをなせり垂水堰(たるみぜき) 佐藤鬼房
秋晴のオンブーの木よ名残惜し 星野立子
秋晴のゴールテープはゆるむくせ 平畑静塔
秋晴のビル未完なること暗し 山口誓子
秋晴の一日にして古ぶ穂か 鷹羽狩行
秋晴の下に泣かされひたに泣く 山口誓子
秋晴の井戸覗かるるためだけに 岡本眸
秋晴の今夕月の港町 高田風人子
秋晴の余光溢るゝ病室に 高浜年尾
秋晴の午後の講義の睡魔かな 日野草城
秋晴の口に咥へて釘甘し 右城暮石 上下
秋晴の古きダム古き水湛ふ 右城暮石 句集外 昭和四十年
秋晴の呼子でうごく沖仲仕 佐藤鬼房
秋晴の喬木の影を被て憩ふ 日野草城
秋晴の地に巻尺をひたと当つ 山口誓子
秋晴の場にかすかな騎手となり 中村汀女
秋晴の塔心柱は途中まで 山口誓子
秋晴の大浴場に声こもる 右城暮石 句集外 昭和四十二年
秋晴の大阪へ足向きてゐし 右城暮石 句集外 昭和四十五年
秋晴の天まで籠目千羽鶏 百合山羽公 寒雁
秋晴の天地呼応や造船所 高田風人子
秋晴の娘は洗濯に母外出 星野立子
秋晴の宮をうらみぬ凶の籤 山口青邨
秋晴の家といふうすかげりかな 岡本眸
秋晴の屋ぬちに風をあふれしむ 上村占魚
秋晴の屑籠に蜂集まれり 右城暮石 天水
秋晴の崩れしことも一寸の間 高浜年尾
秋晴の弔辞善きことかぞへつぐ 鷹羽狩行
秋晴の強き芒にふれにけり 原石鼎 花影
秋晴の彼も一人や深大寺 燕雀 星野麥丘人
秋晴の日記も簡を極めけり 相生垣瓜人 明治草抄
秋晴の晴のきはみに微塵ふる 上田五千石『森林』補遺
秋晴の朝なり理髪居に行く 右城暮石 散歩圏
秋晴の校庭村の中心なす 右城暮石 上下
秋晴の極はまりて我を省みる 右城暮石 句集外 昭和十七年
秋晴の泥濘る念佛橋土橋 佐藤鬼房
秋晴の海一碧をとりもどし 清崎敏郎
秋晴の滝玲瓏と落ちにけり 原石鼎 花影
秋晴の狩勝峠越ゆるなり 石塚友二 磊[カイ]集
秋晴の玄海の濤うつに立つ 山口青邨
秋晴の町は北区の地図の町 山口誓子
秋晴の白根にかゝる葉巻雲 前田普羅 春寒浅間山
秋晴の直中にこそ急がるれ 相生垣瓜人 明治草
秋晴の石灰岩台地(カルスト)に児を放ちやる 佐藤鬼房
秋晴の祝詞に誓子大人とは吾 山口誓子
秋晴の空に万緑退けを取る 平畑静塔
秋晴の筑紫辺土の旅衣 山口青邨
秋晴の紅を帯びたる鵜ケ根島 清崎敏郎
秋晴の続けとオリンピック待つ 高田風人子
秋晴の茅舎を訪へばよろこべり 星野立子
秋晴の蒼然としてお釜池 清崎敏郎
秋晴の藁屑ちれる路辺かな 原石鼎 花影
秋晴の街中占めし大木山 右城暮石 上下
秋晴の裏山に載りブルドーザー 佐藤鬼房
秋晴の見てゐるうちに消ゆる雲 高浜年尾
秋晴の踏切濡らし花屋過ぐ 岡本眸
秋晴の農の機械に木の歯車 山口誓子
秋晴の農家の空をプロペラ機 右城暮石 散歩圏
秋晴の遠き梢のさやぎをり 清崎敏郎
秋晴の音にひきゆく稲車 原石鼎 花影
秋晴の須磨寺にあり故人恋ふ 星野立子
秋晴の駘蕩たるを怪しめり 相生垣瓜人 負暄
秋晴の魚が描かれてゐるパイプ 有馬朗人 母国
秋晴の麺飽食こぼす膝あはれ 石田波郷
秋晴へ眼界ひらけ眼戸迷ふ 山口誓子
秋晴も古し煉瓦の隨道出て 山口誓子
秋晴やあるかなきかに住める杣 原石鼎 花影
秋晴やいのちをかろく家の中 藤田湘子
秋晴やかもめの尻に水の映え 高浜年尾
秋晴やそこばくの銭に山稼 原石鼎 花影
秋晴やなにもなき日の月照寺 亭午 星野麥丘人
秋晴やのどかに通る貨物汽車 日野草城
秋晴やはる~来つる旅行団 日野草城
秋晴やひとに匿れて街にあり「百萬」 「方寸虚実」石塚友二
秋晴やまつげの先の松林 渡邊白泉
秋晴やむらさきしたる唐辛子 後藤夜半 翠黛
秋晴やエプロンのまゝボート漕ぐ 清崎敏郎
秋晴やメノコにもやるきび団子 星野立子
秋晴や一点の蝶嶽を出づ 前田普羅 春寒浅間山
秋晴や主婦に楽しき句会あり 星野立子
秋晴や乳母車先づリフト出る 岡本眸
秋晴や人語瞭らかにうしろより 日野草城
秋晴や何を小刻むよその厨 杉田久女
秋晴や出物なきゆゑ女の嬰 森澄雄
秋晴や受話器の中の声聞え 上野泰 春潮
秋晴や囚徒殴たるる遠くの音 秋元不死男
秋晴や土竜の穴の闇かはゆし 香西照雄 対話
秋晴や堂縁乾れて観世音 日野草城
秋晴や太鼓抱へに濯ぎもの 上野泰
秋晴や夫居るごとき家の中 岡本眸
秋晴や姉の墓山たゞ歩りく 日野草城
秋晴や婆のすること爺のすること 山口青邨
秋晴や寝台の上のホ句つくり 杉田久女
秋晴や小さき方の孫抱きて 星野立子
秋晴や小声で話しゐてきこえ 星野立子
秋晴や岬の外の遠つ洋 杉田久女
秋晴や帰らば亡き子も学びをらん 香西照雄 素心
秋晴や御勅諭誦す貨車の中 石田波郷
秋晴や手間隙かけず晩年へ 藤田湘子 てんてん
秋晴や教へたがらぬ道をしへ 相生垣瓜人 明治草
秋晴や教会見えて来れば町 星野立子
秋晴や木蔭冷えして坂なだら 日野草城
秋晴や枯れ~垂るゝ物の蔓 日野草城
秋晴や栗むきくれる兄と姉 杉田久女
秋晴や欅の映る味噌の壺 渡邊白泉
秋晴や瀧の空なる杣のみち 百合山羽公 春園
秋晴や父母と距つる幾山河 日野草城
秋晴や生みたて玉子一打 亭午 星野麥丘人
秋晴や由布にゐ向ふ高嶺茶屋 杉田久女
秋晴や畜生の躬のうはのそら 星野麥丘人
秋晴や白日雪をこぼすかに 渡邊水巴 白日
秋晴や祝ひの帯を高結び 石田勝彦 秋興以後
秋晴や神を信ずる心ふと 星野立子
秋晴や笄町の暗き坂 渡邊白泉
秋晴や納屋の片戸の木目浮き 野澤節子 未明音
秋晴や絽刺にこれる看護人 杉田久女
秋晴や繻子の襟かけ雄島海女 前田普羅 能登蒼し
秋晴や色よく出来し陶を掌に 星野立子
秋晴や草津に入れば日曜日 前田普羅 春寒浅間山
秋晴や蒲の穂絮の稀にとぶ 清崎敏郎
秋晴や貌なきごとく山の上 岡井省二 五劫集
秋晴や門よりみゆる竈の火 原石鼎 花影
秋晴や飛んで鳩信八方へ 上田五千石 琥珀
秋晴や鹿島詣での人の中 山口青邨
秋晴より蜂がかへり来石窟佛 橋本多佳子
秋晴よ犬は股間を毛に包み 山口誓子
秋晴るることにも人のこころ急く 後藤比奈夫
秋晴るるごとくに座右の萩の筆 後藤比奈夫
秋晴るる噴煙見れば見ゆるかな 水原秋櫻子 葛飾
秋晴るる山の湖縁暗く 上村占魚 球磨
秋晴るゝ松の梢の鷺一つ 正岡子規 秋晴
秋晴るゝ松の梢や鷺白し 正岡子規 秋晴
秋晴るゝ絶壁波の相をなす 川端茅舎
秋晴れてほこりのやうな虫が飛ぶ 正岡子規 秋晴
秋晴れてまろまりにける花糸瓜 松本たかし
秋晴れてものゝ煙の空に入る 正岡子規 秋晴
秋晴れて五重の塔の掃除かな 内藤鳴雪
秋晴れて兩國橋の往來かな 正岡子規 秋晴
秋晴れて凌雲閣の人小し 正岡子規 秋晴
秋晴れて塔にはさはるものもなし 正岡子規 秋晴
秋晴れて敷浪雲の平なり 正岡子規 秋晴
秋晴れて蛇屋の玻璃の大学生 加藤秋邨
秋晴れて見かくれぬべき山もなし 正岡子規 秋晴
秋晴れて遠足の人蟻の如し 正岡子規 秋晴
秋晴れて鎌の光りの山に來る 正岡子規 秋晴
秋晴れて青く小さき筑波かな 正岡子規 秋晴
秋晴れて鴎も眉毛あるごとし 川端茅舎
秋晴れぬ千住曇りぬ西新井 正岡子規 秋晴
秋晴れぬ空の限りの蒸氣船 正岡子規 秋晴
秋晴れのパンにバター塗る子の為に 細見綾子
秋晴れの不二消す風のまひあがる 大野林火 冬青集 雨夜抄
秋晴れの午后の遠目の大手門 飯田龍太
秋晴れの島をばらまいておだやかに 種田山頭火 草木塔
秋晴れの水すこし行く磧 飯田龍太
秋晴れの洲の汚るるに雲へだつ 松村蒼石 雪
秋晴れの無口な親に檻の豹 廣瀬直人 帰路
秋晴れの街行き木綿買ひ来たる 細見綾子
秋晴れの鉄棒を地に積むひびき 細見綾子 雉子
秋晴れも午後やバス行く道ぼこり 細見綾子
秋晴れやひとりでに落つ小豆の葉 細見綾子 桃は八重
秋晴れや空にひびける相模川 村山故郷
秋晴れや舟に昼餉の茶を喫す 村山故郷
秋晴れや靖国の祭きのふけふ 村山故郷
秋晴を叩き叩きて船修理 右城暮石 上下
秋晴を歩き来りし顔老いて 山口誓子
秋晴を歩みて屋根を繕へる 中村汀女
秋晴を禿山たるに終始する 山口誓子
秋晴を讃ふ襁褓を全掲して 上田五千石 田園
突堤の先に燈台秋日和 清崎敏郎
笑ひ声彼女と分り秋の晴 星野立子
籾臼の廻りも早し秋日和 中川乙由
糸杉の先の先まで秋の晴 稲畑汀子
紫苑にも濃きと淡きと秋日和 松本たかし
網棚秋晴慶事弔事へゆく菊揺れ 伊丹三樹彦
縫ふものの白と緑や秋の晴 高野素十
美しくなりし娘を褒め秋日和 後藤夜半 底紅
老いて動かす秋晴の花電車 平畑静塔
老の投函女の垣間見秋晴れて 中村草田男
老の身のくづほれ寝たり秋日和 山口誓子
老耄の後なる我の秋日和 相生垣瓜人 負暄
老足も容るべかりけり秋日和 相生垣瓜人 負暄
膝冷えてねむれざりしか秋日和 水原秋櫻子 霜林
舫杭籠をかぶれる秋日和 清崎敏郎
船員とふく口笛や秋の晴 高野素十
花火連打秋晴を午後に保たむと 上田五千石『田園』補遺
若宮はからくれなゐの秋日和 日野草城
若者はシャツー枚や秋の晴 高田風人子
草の戸はうらおもてなし秋日和 日野草城
草深に露命を維ぐ秋日和 日野草城
蔀戸の外秋晴の日本海 星野立子
虚子庵に集ふはうれし秋日和 星野立子
蛸突きて韓語とび出す秋日和 伊丹三樹彦
蟲の声夜よりも透り秋晴るる 富安風生
蠕動の道秋晴の山頂まで 山口誓子
行き交ひに犬に口笛秋の晴 中村汀女
行くべかりし舟遊思ふ秋の晴 河東碧梧桐
裸湯の人猿が見る秋晴れて 河東碧梧桐
西虚子忌この秋晴を得たりけり 高浜年尾
話しくる人に答へて秋の晴 星野立子
語ることなき秋晴の洲をかへす 山口誓子
賑かに都の秋の日和哉 正岡子規 秋日和
赤シャツを着て秋晴れを来りける 細見綾子
足垂らし飛ぶ蜂のあり秋日和 深見けん二
足音の正しく彼女秋日和 星野立子
軍艦を見に行く舟や秋日和 正岡子規 秋日和
送別の爆竹鳴るや秋晴れて 河東碧梧桐
酢の匂ひして秋晴の厨口 岡本眸
野良猫に訪ねられたる秋日和 相生垣瓜人 負暄
釣竿が過ぎ櫂が過ぎ秋日和 鷹羽狩行
銚子より三崎はしづか秋日和 高田風人子
鎧戸を開けば今日も秋の晴 高野素十
雪現るゝことはよそ事秋の晴 高浜年尾
雲を見て心ひらくる秋日和 日野草城
雲海の上の大秋晴に出づ 野見山朱鳥 幻日
青き菜を買ひにいでたり秋日和 細見綾子
頁繰る如く秋晴今日も亦 星野立子
頭よりシャツ脱ぐ農夫秋日和 山口誓子
風立ちて大秋晴のゆるびそむ 岡本眸
香煙の知つてをりたる秋の晴 後藤比奈夫
鳥海にかたまる雲や秋日和 正岡子規 秋日和
鳳凰はお髪の飾秋日和 山口青邨
鳶職の茶髪かがやく秋日和 林翔
鳶舞ふや本郷臺の秋日和 正岡子規 秋日和
鴉等は何處にありや秋日和 相生垣瓜人 負暄
鶏舎の鶏みな白ければ秋日和す 能村登四郎
鶴冠にもえつく日あり秋の晴 原石鼎 花影
鷄頭の四五本秋の日和哉 正岡子規 秋日和

以上
by 575fudemakase | 2016-10-22 13:43 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26296587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング