秋の雨 の俳句

秋の雨 の俳句

秋の雨 の例句 1(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26295830/

秋の雨 の例句 2(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26295833/

秋の雨 補遺

いつもここに秋の雨にも潦 山口誓子
いひ残しおくべき事を秋の雨 星野立子
お台場に虎杖しげり秋の雨 山口青邨
かたまつて金魚の暮るる秋の雨 臼田亜郎 定本亜浪句集
かつたいに奇特の寺や秋の雨 河東碧梧桐
きく女立つ秋雨の戸を見返りし 松本たかし
ここに又故人の話秋の雨 高野素十
この岸に秋の雨ふるさはさはと 佐藤鬼房
ざうざうとわれに秋雨あらき息は 富安風生
しづかなる音かさなりて秋の雨 山口青邨
しをりあり春帆楼の秋の雨 後藤比奈夫
たたずみて秋雨しげき花屋跡 飯田蛇笏 椿花集
たのめ来し折田泊りや秋の雨 前田普羅 春寒浅間山
ちまたに燈よみがへり秋の雨うつくし 篠原梵 年々去来の花 皿
つぎは甥の声秋雨の生姜叢 飯島晴子
つれ~に浸る湯壷や秋の雨 杉田久女
と見る問に秋雨の庭暮れて無し 松本たかし
にはたづみ秋雨濁さず明日も降る 野澤節子 未明音
はつ秋の雨はじく厚朴に施餓鬼棚 飯田蛇笏 山廬集
はつ秋の雨はじく朴に施餓鬼棚 飯田蛇笏 霊芝
ひつこめて國旗立てたる秋の雨 正岡子規 秋雨
ひとゝきの明るさ秋の雨の中 石塚友二 方寸虚実
ひもじさに紙屑かむや秋の雨 正岡子規 秋雨
ひるまでも灯のともりけり秋の雨 正岡子規 秋雨
ひろびろと水のありたる秋の雨 石田勝彦 秋興以後
ふるさとの野山が濡るゝ秋の雨 日野草城
まつすぐに松の空なる秋の雨 加藤秋邨
みちのくのはてゞあひけり秋の雨 正岡子規 秋雨
やまざとの瀬にそふ旅路秋の雨 飯田蛇笏 雪峡
わが傘も奈良の秋雨傘となる 日野草城
アイロン匂わせ 秋雨巴里の 籠りメイド 伊丹三樹彦
コート着ればすぐ秋雨の中ゆく母 野澤節子 未明音
コーヒ店永遠に在り秋の雨 永田耕衣
ノサップヘ秋雨雫す有刺線 松崎鉄之介
ポスト赤く街の秋雨晴れてをり村山故郷
レイン・コートでみなつつましげ秋の雨 中村草田男
一山の清浄即美秋の雨 富安風生
一幹の竹秋雨のつたふ見ゆ 石川桂郎 四温
一日は秋雨の雨だれを見る 高野素十
一隅の秋雨の漏りひたすらに 山口誓子
三島迄駕を雇ひぬ秋の雨 正岡子規 秋雨
三日降れば世を距つなり秋の雨 水原秋櫻子 霜林
五日前聞きし秋雨耳にあるに 松本たかし
今はたゞ秋雨に身を処するのみ 高野素十
今思ふ大秋雨の八重榊 高野素十
会二つともに風流秋の雨 山口青邨
何燃やすいがらき煙秋の雨 右城暮石 句集外 昭和六十二年
俵屋に俵屋文書秋の雨 高野素十
傘一つに寄る三人や秋の雨 原石鼎 花影
傘買うて即ちさすや秋の雨 日野草城
僧にきく亡き友のこと秋の雨 大野林火 雪華 昭和三十九年
僧曰く僧又曰く秋の雨 高野素十
別に濡れなくても見えて秋の雨 後藤比奈夫
加えて水そそぐ 秋雨の父の墓 伊丹三樹彦
十一面諸相にひびく秋の雨 水原秋櫻子 緑雲
又一人頬かふり行く秋の雨 正岡子規 秋雨
古沼に鷺も動かず秋の雨 正岡子規 秋雨
四万川の瀬鳴り押し来る秋の雨 前田普羅 春寒浅間山
園寂びぬ秋霖に石立ちあがり 鷲谷七菜子 一盞
堪へてきく秋雨ならむこゝも降りぬ 及川貞 夕焼
塔頭の鐘まち~や秋の雨 川端茅舎
夕日して秋雨上る鎖樋 松崎鉄之介
大木の中を人行く秋の雨 正岡子規 秋雨
大鉄塔の秋雨しづく首を打つ 西東三鬼
天心も秋雨しぶきおとこ哉 永田耕衣
太郎に血売りし君達秋の雨 西東三鬼
女身を見るに松見る如し秋の雨 永田耕衣
妻病めば秋霖さむく餘生濡る 水原秋櫻子 帰心
婆々いはく梟なけば秋の雨 正岡子規 秋雨
子鴉人を恐れず秋の雨 正岡子規 秋雨
家づとに蕎麦粉忘れじ秋の雨 渡邊水巴 白日
寝台車秋雨に妹拉し去りぬ 渡邊水巴 富士
小刻みの石段のぼる秋の雨 日野草城
屋根瓦光るかそけさも秋の雨 山口誓子
山ごばう実をむらさきに秋の雨 山口青邨
山は層々と青く秋雨蕭々とふる 荻原井泉水
山を讃め山を悲しむ秋の雨 山口青邨
山寺の犬秋雨の客に吠え 高野素十
山深み名残の秋の雨に泊つ 上田五千石『天路』補遺
山潰えし又の噂さや秋の雨 河東碧梧桐
平湯径よべの秋雨湛え居り 前田普羅 飛騨紬
御下向関路の秋の雨に逢へり 河東碧梧桐
御仏のお顔のしみや秋の雨 村上鬼城
志大いに秋の雨を行く 高野素十
怏々として秋雨の屋根の洩り 山口誓子
思ふこと茅舎たかしや秋の雨 高野素十
我が降ると言へば降り出す秋の雨 永田耕衣
扉の隙や土三尺の秋の雨 杉田久女
折々はあかりもさして秋の雨 正岡子規 秋雨
掃溜に鴉鳴くなり秋の雨 正岡子規 秋雨
掌に溢れ顕つ秋雨の苦痛かな 永田耕衣
掘りかけし土に秋雨降りにけり 杉田久女
早早と秋雨の日の夕仕度 上村占魚 球磨
暮れて著きし秋の雨灯す奥ありて 種田山頭火 自画像 層雲集
書あまた積みて書なし秋黴雨 相馬遷子 山河
月ぬいてさびを見せけり秋の雨 正岡子規 秋雨
木下闇より睡たげな幼女来る 佐藤鬼房
朴を打つ秋雨手裏剣の如く 川端茅舎
杉の葉に椎の葉に降る秋の雨 山口青邨
杉暗く鴉なくなり秋の雨 正岡子規 秋雨
松風をおさへてふるや秋の雨 正岡子規 秋雨
柴又の寺を出つれは秋の雨 正岡子規 秋雨
柴又の茶店出づれば秋の雨 正岡子規 秋雨
梅幸の絵島見し夜の秋の雨 山口青邨
棗はや痣をおきそめ秋の雨 富安風生
楸邨を読めば深まる森の秋 雨滴集 星野麥丘人
樋のなき開山堂の秋の雨 岡井省二 有時
江東区は存して秋の雨波紋 古沢太穂 捲かるる鴎
汲置の水ただ捨つる秋の雨 三橋敏雄
沖の漁火濡るるに間なし秋の雨 山口誓子
法王逝き秋霖四日つづきけり 赤尾兜子 玄玄
法華寺の甍の雨の秋の昼 森澄雄
泣き声のまだ赤ん坊や秋の雨 中村汀女
泥連れの水おそろしや秋ついり 三橋敏雄
流れくる秋雨筏ナチの旗 山口青邨
浅剃りの顔秋雨によろけいで 佐藤鬼房
消えがての燭僧つがず秋の雨 山口青邨
深秋の雨とぶ舞子過ぎにけり 阿波野青畝
湖畔歩むや秋雨にほのと刈藻の香 杉田久女
湯さめして足袋はく足や秋の雨 杉田久女
湯の神の幣白妙に秋の雨 山口青邨
湯沢塩沢と沢の名が越後秋雨になる 荻原井泉水
湯浴みつつ雨音たのし秋の雨 水原秋櫻子 蘆雁以後
濡るるもの皆黒くして秋の雨 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
燈に縫うて子に教ゆる字秋の雨 杉田久女
片足あげて木戸押す犬に秋の雨 杉田久女
犬痩せて山門淋し秋の雨 正岡子規 秋雨
男女ゐて邪魔でなき景秋の雨 後藤比奈夫
番傘に秋雨の音やはらかに 上村占魚 球磨
病廊に秋雨をきし雫落とす 大野林火 青水輪 昭和二十三年
病院に居る安けさの秋の雨 村山故郷
癒えよ癒えよ秋雨の中帰りゆく 山口青邨
発掘の穴々秋の雨ためて 山口青邨
登呂人の水田あふるる秋の雨 水原秋櫻子 玄魚
眞晝まで日のともりけり秋の雨 正岡子規 秋雨
眞晝まで燈の殘りけり秋の雨 正岡子規 秋雨
石つつむ木賊の叢や秋の雨 山口青邨
石庭のごとく墓濡れ秋の雨 山口青邨
神前の雨洩りかしこ秋の宮 杉田久女
秋さめや薄のやすむ日もありて 正岡子規 秋雨
秋ついり水底に小魚のひるがへる 飯田蛇笏 春蘭
秋の草全く濡れぬ山の雨 飯田蛇笏 山廬集
秋の雨この町所々に湧く温泉かな 石橋秀野
秋の雨さぞや馬酔木の雨雫 日野草城
秋の雨しづかに午前終りけり 日野草城
秋の雨せゝらぎを降りぬらし過ぐ 右城暮石 句集外 昭和十七年
秋の雨ぱりぱり剥がす鯛の鱗 鈴木真砂女 居待月
秋の雨ふるほんによう炊けた御飯で 種田山頭火 自画像 落穂集
秋の雨もどれば吾子の泣くを籠めをり 篠原梵 年々去来の花 皿
秋の雨や凭れゐしソルベーグ歇み 石塚友二 光塵
秋の雨一人で這入る風呂たてぬ 村上鬼城
秋の雨兩天傘をなぶりけり 正岡子規 秋雨
秋の雨手にうけてみて傘をさす 篠原梵 年々去来の花 雨
秋の雨月になる夜のおもしろや 正岡子規 秋雨
秋の雨朝より障子しめきりつ 尾崎放哉 大学時代
秋の雨松をいたゞく小山哉 正岡子規 秋雨
秋の雨湖浜のごとく降りつづく 山口誓子
秋の雨盲めざめて居たりけり 前田普羅 普羅句集
秋の雨笹青き上の平かな 河東碧梧桐
秋の雨終日降りて傘持たず 右城暮石 句集外 昭和三十三年
秋の雨荷物ぬらすな風引くな 正岡子規 秋雨
秋の雨闇になる夜の面白や 正岡子規 秋雨
秋の雨香爐の烟つひに絶えぬ 正岡子規 秋雨
秋雨にうつむきし馬しづくする 西東三鬼
秋雨にしらうめちりし思ひあり 山口青邨
秋雨にすぐ潦八重の墓 深見けん二
秋雨にひよろひよろと啼くは鳶 三橋鷹女
秋雨にわかれの言葉まだいはず 橋本多佳子
秋雨に一と目見せたき子を抱き 後藤比奈夫
秋雨に両眼濡れて蝉鳴けず 野澤節子 八朶集
秋雨に僧の迎へは勿体なし 高野素十
秋雨に全く夜の港町 高田風人子
秋雨に出歩く妊婦腰まで濡れ 伊丹三樹彦
秋雨に委してひと日の心休む 石塚友二 方寸虚実
秋雨に家をさがしに来て泊る 上村占魚 鮎
秋雨に暮れ空白の一と日かな 波多野爽波 鋪道の花
秋雨に松美しき別墅かな 星野立子
秋雨に泪さしぐむ花屋跡 飯田蛇笏 椿花集
秋雨に濡るるおのれと野烏か 三橋鷹女
秋雨に濡るる海原みつつ濡る 三橋鷹女
秋雨に石垣の工進みつつ 高野素十
秋雨に縫ふや遊ぶ子ひとりごと 杉田久女
秋雨に翅の雫や網の鷲 杉田久女
秋雨に聖賢障子灯りけり 村上鬼城
秋雨に肉屋の普請煉瓦赤し 伊丹三樹彦
秋雨に豪酒の酌婦見たりけり 原石鼎 花影
秋雨に賤が身をよす硯かな 飯田蛇笏 山廬集
秋雨に雨雀となりて喧しき 山口誓子
秋雨に髪巻く窓を明けにけり 杉田久女
秋雨の 黒牛(うし)は 佛陀のごとく濡れよ 富澤赤黄男
秋雨のうちゐる桶の豆腐買ふ 波多野爽波 鋪道の花
秋雨のけふの暗さに寄贈の書 松本たかし
秋雨のそぼふる水に蟹浸る 山口誓子
秋雨のつめたきことのこころよさ 富安風生
秋雨のぬかるみ深し笑みつつ来る 西東三鬼
秋雨のはれしばかりの人通り 清崎敏郎
秋雨の一山荘は訪はざりし 高野素十
秋雨の三四郎池三四郎立つ 山口青邨
秋雨の北空明り山鳩よ 佐藤鬼房
秋雨の南の国の棕櫚並木 星野立子
秋雨の土間より見えて病み臥せる 松本たかし
秋雨の墓蕭条と犬に遇ふ 山口青邨
秋雨の夜の轍のつづきたる 中村汀女
秋雨の大樟に凭り禿頭 佐藤鬼房
秋雨の岩菲一輪を栞とす 山口青邨
秋雨の幹を流るる一日よ 山口青邨
秋雨の御堂を開き厨子をあけ 松本たかし
秋雨の日の女等はものを縫ふ 高野素十
秋雨の昼のつめたき掌をかさね 桂信子 月光抄
秋雨の杜に時きて燈がともる 上田五千石『森林』補遺
秋雨の松濡黒となりにけり 山口誓子
秋雨の水の底なり蟹あゆむ 西東三鬼
秋雨の洞を讃美歌もて満たす 津田清子 礼拝
秋雨の海こうもりの中暮るる 古沢太穂 三十代
秋雨の瓦斯が飛びつく燐寸かな 中村汀女
秋雨の竹の青さよ傾ける 日野草城
秋雨の笹のひかりに添ひて来し 飯島晴子
秋雨の耳違ふごと左右に降る 山口青邨
秋雨の闇きが中に友をおき 山口青邨
秋雨の障子かたひし鳴る中に 長谷川素逝 暦日
秋雨の雨滴れ近くピアノ鳴り 中村汀女
秋雨の雨漏悲しともかなし 山口誓子
秋雨の音たかぶりつ古畳 日野草城
秋雨の音の再び君と我 高野素十
秋雨はげし告別殊にひくく露語 古沢太穂 捲かるる鴎
秋雨はれし夕雲が遊ぶあかるさ 荻原井泉水
秋雨も上りぬ一会とも思ふ 高野素十
秋雨も亦武蔵野のためにあり 後藤比奈夫
秋雨やいづれを行くも温泉の道 前田普羅 春寒浅間山
秋雨やおもかげ暮るゝ傘の蔭 日野草城
秋雨やこけしの唇の消ぬべくも 山口青邨
秋雨やこけしの着物紅菊を 山口青邨
秋雨やさよりの走る波の上 村山故郷
秋雨やほか~出来し御仏飯 高野素十
秋雨やよごれて歩く盲犬 村上鬼城
秋雨やクツシヨンを抱いて長椅子に 山口青邨
秋雨や一ト日煮〆る豆の鍋 村山故郷
秋雨や二つ見出でて峡の鳶 阿波野青畝
秋雨や二人汽車待つ停車場 正岡子規 秋雨
秋雨や佛と住みて深庇 川端茅舎
秋雨や俵編む日の藁一駄 河東碧梧桐
秋雨や四五日書かぬ返し文 村山故郷
秋雨や夜明に似たるお茶の花 渡邊水巴 白日
秋雨や大人子供の話し聲 正岡子規 秋雨
秋雨や女役者の眉の険 日野草城
秋雨や好きで混じつて匙が降る 永田耕衣
秋雨や小さき棚つる小商人 村上鬼城
秋雨や小屋より出でし舟の舳 松本たかし
秋雨や山あきらかに京の町 阿波野青畝
秋雨や廊にきて履く革草履 石橋秀野
秋雨や御鏡曇る青和幣 正岡子規 秋雨
秋雨や戸樋のざざ漏り八十隅に 山口誓子
秋雨や手燭ふり照らす不入の間 内藤鳴雪
秋雨や搬入の絵に簑をかけ 木村蕪城 一位
秋雨や敷居の上の御燈料 前田普羅 普羅句集
秋雨や明るきものに紀のてまり 雨滴集 星野麥丘人
秋雨や朝夕だけの人通り 大野林火 月魄集 昭和五十六年
秋雨や柄杓沈んで草清水 村上鬼城
秋雨や母を乗せ去る幌車 杉田久女
秋雨や水さびのたまる庭の池 正岡子規 秋雨
秋雨や河はしづかに荒るる海 水原秋櫻子 玄魚
秋雨や温泉に矍鑠と小百姓 川端茅舎
秋雨や温泉の香のつきし茗荷汁 川端茅舎
秋雨や漆黒の斑が動く虎 渡邊水巴 白日
秋雨や火の舌出でし夕芥火 阿波野青畝
秋雨や田上のすすき二穂三穂 飯田蛇笏 山廬集
秋雨や田上のすゝき二穂三穂 飯田蛇笏 霊芝
秋雨や白粥吹いて故郷に病む 山口青邨
秋雨や相抱き寝る男どち 原石鼎 花影
秋雨や真昼の花のほたるぐさ 日野草城
秋雨や真顔さみしき猫兜 村上鬼城
秋雨や瞳にこびりつく松葉杖 杉田久女
秋雨や石にはえたる錨草 村上鬼城
秋雨や礼容客におのづから 飯田蛇笏 山廬集
秋雨や積まれてかろき流離の荷 鷲谷七菜子 黄炎
秋雨や空杯の空溢れ溢れ 永田耕衣
秋雨や糠味噌臭ふ佛の間 正岡子規 秋雨
秋雨や絹糸納めて蔵閉す 松崎鉄之介
秋雨や線路の多き駅につく 中村草田男
秋雨や色のさめたる緋の袴 正岡子規 秋雨
秋雨や葛這ひ出でし神の庭 前田普羅 普羅句集
秋雨や藻刈すみたる水の上 渡邊水巴 白日
秋雨や蜘蛛とぢて伏す枯れ葎 原石鼎 花影
秋雨や賃機織りてことり~ 村上鬼城
秋雨や赤鉛筆で速達と 星野立子
秋雨や赤鬚の画家キャフェごもり 林翔 和紙
秋雨や鏡は曇る青和幣 正岡子規 秋雨
秋雨や顔につめたき頬冠り 正岡子規 秋雨
秋雨や鶏舎に押合ふ鶏百羽 村上鬼城
秋霖にあふ優曇華の不仕合せ 佐藤鬼房
秋霖にふつと消えたる道行か 佐藤鬼房
秋霖にべか舟こぞり鳴るごとし 原裕 葦牙
秋霖に濡れて目のなき防波堤 平井照敏 猫町
秋霖に老柳のただ存すのみ 上野泰
秋霖のいつかあたりとなくつつむ 長谷川素逝 暦日
秋霖の夜々青銅の目と対座 佐藤鬼房
秋霖の夜雨を照らす漁港の灯 右城暮石 天水
秋霖の机にふかく虫鳴ける 山口青邨
秋霖の社会の奥に生きて食ふ 渡邊白泉
秋霖の空より黝しノートルダム 林翔 和紙
秋霖の襖の花鳥暗けれど 長谷川素逝 暦日
秋霖の運河櫛比の窓映す 山口青邨
秋霖の銀山哀史川激す 山田みづえ 草譜
秋霖の音のをりをり白く降る 長谷川素逝 暦日
秋霖の音の畳の翳とあり 長谷川素逝 暦日
秋霖やかすりくくりは唖の業 上田五千石『琥珀』補遺
秋霖や原稿を書く夜のごとく 山口青邨
秋霖や吾に課す選句百千万 山口青邨
秋霖や家の鱗の黒瓦 日野草城
秋霖や心の傷を深めては 楠本憲吉 方壺集
秋霖や新宿長き地下歩廊 石塚友二 方寸虚実
秋霖や熔岩の芯まで透らむと 林翔
秋霖や考へてゐて爪の伸び 岸田稚魚 紅葉山
秋霖や蕨かたむく岨の石 飯田蛇笏 霊芝
秋霖や雫を軒の糸車 石川桂郎 四温
秋黴雨咳落し家を出づ 角川源義
秋黴雨帰命頂礼老病死 佐藤鬼房
空壜と土瓶が棚に秋の雨 福田蓼汀 山火
竹の穂の家にかたぶく秋の雨 水原秋櫻子 蘆雁以後
竹秋の雨を好みし為人 高野素十
竹秋の雨を潜りて逢ひにゆく 小林康治 四季貧窮
竹秋の雨情なるべし靄がかり 上田五千石『風景』補遺
簗屑に根こじの草や秋の雨 石田勝彦 雙杵
簾外して窓に町見る秋の雨 村山故郷
紀の国へい行く旅にぞ秋の雨 石塚友二 玉縄以後
紙縒しか撚れぬ男や秋の雨 星野麥丘人 2003年
紫陽花や緑にきまる秋の雨 正岡子規 秋雨
紫陽花や青にきまりし秋の雨 正岡子規 秋雨
終止且始発粛条秋の午後の雨 石塚友二 方寸虚実
終止且始發蕭條秋の午後の雨 「方寸虚実」石塚友二
羽織借りてすぐにあたたか秋の雨 中村汀女
老人の前の秋雨つよき谷 飯田龍太
老僧の八百屋尋ぬる秋の雨 正岡子規 秋雨
老婆過ぐ秋雨傘のひとりごと 中村汀女
老桑の立ち並びたる秋の雨 高野素十
老桑の葉の衰へや秋の雨 高野素十
致し方なかりしことよ秋の雨 高野素十
航一時間ほつ~と秋の雨 高野素十
船津屋を濡らせし秋の芦の雨 大野林火 飛花集 昭和四十七年
色さめし秋海棠や秋の雨 正岡子規 秋雨
芭蕉愛でし石の蛙や秋の雨 山口青邨
葬儀社の来て活気づく秋の雨 右城暮石 句集外 昭和三十四年
虚子も亡くいくさも遠し秋の雨 富安風生
虚子塔に秋雨強しゆかしめず 星野立子
虫の音にやみの輪いくつ秋の雨 原石鼎 花影
蜘蛛の囲に一花はりつき晝深し 佐藤鬼房
西に行きて秋雨多し奈良の京 正岡子規 秋雨
見えてゐる一丘陵や秋の雨 高野素十
見舞妻濡らし秋霖きはまれり 岸田稚魚 紅葉山
詩句難解秋雨暗くまた暗く 松本たかし
話多き自動電話や秋の雨 星野立子
読書週間秋雨もまたよからずや 山口青邨
護摩の火は不動明王の火秋の雨 山口青邨
象潟の晝うすくらき秋の雨 飯田蛇笏 家郷の霧
貸しくれし秋雨傘をもやひさし 星野立子
踏切の燈にあつまれる秋の雨 山口誓子
軒まで霧が硫黄の匂いする秋の雨になる 荻原井泉水
追込の小鳥靜まる秋の雨 正岡子規 秋雨
道問はれ我も旅人秋の雨 星野立子
野々宮の秋雨の木々或は裂け 高野素十
野々宮の秋霖を過ぐ山陰線 松崎鉄之介
野烏におのれ見知られ秋雨に 三橋鷹女
金魚玉秋雨ことにひびきけり 飯田蛇笏 心像
鏡台に山の秋雨しぶくほど 中村汀女
閉めぎはの店に花買ふ秋の雨 岡本眸
障子はめて重ねし夜着や秋の雨 杉田久女
隣り家の大木かぶさり秋の雨 村山故郷
雨すぢの見えて音ある秋の雨 原石鼎 花影以後
雨だれに似て文鳥や秋の雨 阿波野青畝
額の画の帆船走る秋の雨 山口青邨
額の絵のただ黒きのみ秋の雨 山口青邨
飯熱き鰺の削ぎ身や秋の雨 水原秋櫻子 蘆雁
飲食を断ち経を読む秋の雨 福田蓼汀 山火
首なき仏幾百体や秋の雨 山口青邨
鬼蓮は破れも見せず秋の雨 阿波野青畝
黄昏の木々の容チや秋の雨 日野草城
黒人にわれに富士山なき秋雨 西東三鬼

秋の雨 続補遺

いくたても来てあかつきの秋の雨 寥松
おもひ出し~ては秋の雨 土芳
さびしさや隣へつたふ秋の雨 里東
つゞけてはうとましき夜や秋の雨 りん女
なき人の発句きゝけり秋の雨 高桑闌更
ぬしは誰レ木綿なだるゝ秋の雨 尚白
はてもなく瀬のなる音や秋黴雨り 史邦
ばせを葉は袖に濡てや秋の雨 智月尼
ひとつある提燈かしぬ秋の雨 卓池
ほね折をもそつとにして秋の雨 里東
みのむしに似て面白し秋の雨 除風
もとあらの萩をしぼるや秋の雨 建部巣兆
住なれしさとこそよけれ秋の雨 井上士朗
何もかも只藪くさし秋の雨 鈴木道彦
十五夜を聞明しけり秋の雨 鈴木道彦
唐崎の松に日ざしや秋の雨 曉台
大風や鳴しづまりて秋の雨 尚白
妓王寺の鉦かあらぬ歟秋の雨 吾仲
宿うかの声きこゆなり秋の雨 史邦
宿からぬ我身に寒し秋の雨 樗良
山鳩の脊中干なり秋の雨 曉台
揚屋から旅乗物や秋の雨 黒柳召波
松の葉の地に立ならぶ秋の雨 丈草
松涼し吹綿よごす秋の雨 野坡
松茸や傘もすぼめず秋黴雨 千川
案山子から苗一筋や秋の雨 高井几董
検校の掘井手間どる秋の雨 鈴木道彦
樫の葉を鳴らして行や秋の雨 寥松
浅からぬ瓢をいのち秋のあめ 加舎白雄
濁る井を名になかたりそ秋の雨 其角
眼の前に暮るばかりぞ秋の雨 成田蒼虬
秋のあめところ~に日は入ぬ 井上士朗
秋の日の雨江戸に指折ん大井川 千里
秋の雨あらしは霄の事なりし 加舎白雄
秋の雨がざみを提て通りけり 東皐
秋の雨はれて瓜よぶ人もなし 野水
秋の雨ほね迄しみしぬれ扇 曉台
秋の雨や伽羅割*鉈のさび落ス 杉風
秋の雨懶きかほにかゝるなり 曉台
秋の雨月に対して猶悲し 松岡青蘿
秋の雨深草の町に行かゝり 曉台
秋の雨草の底なる蛍哉 一笑(金沢)
秋の雨間かく静にもなるもの歟 完来
秋雨に焚や仏の削り屑 高桑闌更
秋雨やけふ菰槌の鉈作り 高桑闌更
秋雨や一羽烏の帰るそら 松岡青蘿
秋雨や四方椽にも濡るゝ方 黒柳召波
秋雨や塀濡渡す杉の杢 野坡
秋雨や旅に行あふ芝居もの 黒柳召波
秋雨や薄あかつきの雲一重 三宅嘯山
秋雨や追出す昼の濡鼠 高桑闌更
稲積に出るあるじや秋のあめ 丈草
立さはぐ事皆すみて秋の雨 野坡
竹の実にあからむ垣や秋の雨 五明
笠やらば形見にぬれん秋の雨 露川
簑虫や化て戸扣く秋の雨 北枝
耳につく草鞋の音や秋の雨 鈴木道彦
耳底やみなぎり流す秋の雨 鳳朗
茸の笠着て出たり秋の雨 許六
草にみれば我家も遠し秋の雨 鈴木道彦
草の戸の外は思はず秋の雨 成田蒼虬
蓮葉のうらにも降や秋の雨 諷竹
蕗の葉や馬もくらはず秋の雨 加舎白雄
起出て油さす夜や秋のあめ 三宅嘯山
身重さに早稲田はふしぬ秋の雨 馬場存義
野ざらしを見て通りけり秋の雨 加舎白雄

以上
by 575fudemakase | 2016-10-22 14:06 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26296640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング