稲雀 の俳句

稲雀 の俳句

稲雀 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22906131/

稲雀 補遺

なほさきの稲雀をも見放けたり 山口誓子
みちのくの旅に海透く稲雀 秋元不死男
み仏の背のひろらかに稲雀 松村蒼石 雪
むら雨やはつと崩るゝ稻雀 正岡子規 稲雀
もどかしき飛翔追はるゝ稲雀 右城暮石 上下
われは一日のふるさと人よ稲雀 中村汀女
ヘリコプター稲雀より玩具めき 山口青邨
一むらの刈安に声稲雀 飴山實 次の花
一先は簑を投りけり稲雀 貴志沾洲
中空を好んでわたる稲雀 山口誓子
保土ケ谷の稲雀見て虚子庵ヘ 山口青邨
八朔のさぞ稲雀竹にさへ 加舎白雄
出征つや疾風の如く稲雀 石田波郷
前後に目羽交にも目の稲雀 百合山羽公 寒雁
北軍と南軍ありぬ稲雀 雨滴集 星野麥丘人
右往左往して稲雀佐渡を出ず 津田清子
向ひ田へ利根を飛び越す稲雀 村山故郷
君が代の千代の数かも稲雀 松窓乙二
喝のなき神父と知りて稲雀 鷹羽狩行
噴煙はますぐに太し稲雀 相馬遷子 山河
土山宿水口宿の稲すずめ 百合山羽公 樂土
夕栄に起ちさゞめけり稲雀 日野草城
天濶し翔ちては下りる稲雀 右城暮石 声と声
天龍の大瀬へちかく稲雀 百合山羽公 故園
妻と行けば群拡げきる稲雀 鷹羽狩行
威されて田を替へただけ稲雀 鷹羽狩行
威されて空を覆へり稲雀 鷹羽狩行
嫁取りをはふりと思ひ稲雀 鷹羽狩行
嬉しさうに忙がしさうに稻雀 正岡子規 稲雀
宿鏡とぶ稲雀まで映る 高野素十
寺社方の雀稲雀とはちがふ 雨滴集 星野麥丘人
底暗き忍野の雨や稲雀 石塚友二 磊[カイ]集
御庭田の羽音ぞ眉に稲すずめ 石川桂郎 含羞
放生の籠に八幡の稲雀 高野素十
断橋風景にはかに揚る稲雀 山口青邨
時計見る稲雀みな元氣ゆゑ 三橋敏雄
最上川そこを逃げ場の稲雀 鷹羽狩行
機関車はむかうに黒し稲雀 山口青邨
汽車の捨蒸気よろこぶ稲雀 鷹羽狩行
浜に降りゐる前身は稲雀 山口誓子
海に出て群あざやかに稲雀 鷹羽狩行
湖に出て擬装遁走稲雀 山口青邨
湖の上を飛び来し稲雀 右城暮石 句集外 昭和四十九年
独り子に旋回の翳稲雀 鷹羽狩行
田の中によき傘松や稲雀 山口青邨
町空をなほ出離れず稲雀 山口誓子
病棟に日の入るころの稲雀 百合山羽公 故園
盗むもの天にも求め稲雀 百合山羽公 寒雁
神の田と承知の上の稲雀 鷹羽狩行
秋風や松にとりつく稲すずめ 飯田蛇笏 山廬集
稲すずめ大菩薩嶺はひるかすむ 飯田蛇笏 白嶽
稲すずめ帰るつばめは雲の間に 飯田蛇笏 家郷の霧
稲刈られゆくを見てゐる稲雀 津田清子
稲雀たたせたたせて旅急ぐ 中村汀女
稲雀たちさらはれし*はやてかな 百合山羽公 春園
稲雀ちつとも飛ばぬ広さかな 波多野爽波
稲雀となりて帰らず雀ども 加藤秋邨
稲雀とまり電線重くなる 山口青邨
稲雀とよもし鳴けばおそろしき 山口青邨
稲雀とんでねぢれて雀色 山口誓子
稲雀にも夕暮や人恋し 中村汀女
稲雀はじめは天に愛されし 百合山羽公 樂土
稲雀むらがり飛んで富士を覆ふ 山口青邨
稲雀ゆく雀列の定まらず 山口誓子
稲雀テトラポツドに来て遊ぶ 右城暮石 一芸
稲雀五重の塔を出発す 西東三鬼
稲雀児に叫ばれてかへしけり 山口誓子
稲雀四五羽楮の葉に遊ぶ 右城暮石 句集外 昭和十年
稲雀天井川を往き来して 右城暮石 散歩圏
稲雀岐るるときの尾離れよ 山口誓子
稲雀嵯峨のちんちん電車走る 村山故郷
稲雀待機し切れず翔ちさわぐ 右城暮石 句集外 昭和三十一年
稲雀散つてかたまる海の上 森澄雄
稲雀旅のふところ金乏し 村山故郷
稲雀日は空色に磨かれて 津田清子 礼拝
稲雀更に微塵となり距つ 山口誓子
稲雀汽車に追はれてああ抜かる 山口誓子
稲雀煙のごとく裏返る 山口青邨
稲雀百舌鳥に泣く子を置き去りし 百合山羽公 故園
稲雀破局の場所へ群れ下る 百合山羽公 寒雁
稲雀罪はともあれにぎはしき 桜井梅室
稲雀群るる掌大の島 右城暮石 句集外 昭和四十八年
稲雀群をたのみて工区過ぐ 鷹羽狩行
稲雀群を進むること迅し 山口誓子
稲雀荒び飛びつくポプラかな 波多野爽波 鋪道の花
稲雀農婦孕みて胸高帯 伊丹三樹彦
稲雀追うてますます汽車進む 山口誓子
稲雀追はれて群るゝ変電所 右城暮石 句集外 昭和三十四年
稲雀遠き踏切のベル鳴りて 山口青邨
稲雀降りんとするや大うねり 村上鬼城
稲雀雀瓜にも好き日なり 百合山羽公 樂土
稲雀雨後の日空の遠くまで 飯田龍太
稲食ふて弱音を吐くな稲雀 津田清子
稻の波かぶりて遊ぶ雀かな 正岡子規 稲雀
稻雀案山子に射られ海に入 正岡子規 稲雀
稻雀稻を追はれて唐秬へ 正岡子規 稲雀
紅だすき来て稲雀座を外す 平畑静塔
群の軸どこへも曲げて稲雀 百合山羽公 寒雁
翔たんとする間際追はれて稲雀 右城暮石 声と声
膨れつつ伸びつつ空の稲雀 石塚友二 磊[カイ]集
臥せし穂にふと瞳を見せし稲雀 原石鼎 花影以後
舗装路にゐても追はるる稲雀 津田清子 礼拝
船笛の傍杖くらひ稲雀 鷹羽狩行
茶覆の柱ばかりに稲雀 石田勝彦 百千
荒涼ととべり嘗ての稲雀 平畑静塔
蛤蜊のすがたも見へず稲雀 李由
行くところ空気あまねし稲雀 三橋敏雄
褐色の稲雀にも閥ありて 鷹羽狩行
親不知過ぎ稲雀群れとべり 細見綾子
諸声をすすめて去りし稲雀 山口誓子
追はれつゝ楽しさうなり稲雀 細見綾子
追はれ飛ぶ翅柔かき稲雀 右城暮石 上下
追ふて居祖父を笑ふや稲雀 中川乙由
追ふ声のあはれに暮るれ稲雀 日野草城
逃げ遅れたれば逃げずに稲雀 鷹羽狩行
遠回りしてもとの田へ稲雀 鷹羽狩行
鉄塔に飽食のこゑ稲雀 鷹羽狩行
静なる鷺にも耻よ稲雀 許六
頭上より羽音拡がる稲雀 山口誓子
風を破り風につゝまれ稲雀 百合山羽公 故園
飛びて昏し塔を塒の稲雀 右城暮石 句集外 昭和三十三年
駅の樹を直ぐ翔ちいづる稲雀 山口誓子
高空を稲雀ほど鷹渡る 百合山羽公 樂土

以上
by 575fudemakase | 2016-10-22 18:45 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26297219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング