鳥威 の俳句

鳥威 の俳句

鳥威 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23282922/

鳥威 補遺

あれにさへ一役ありて鳥おどし 凉菟
この辺の稲架にも立てゝ鳥威し 清崎敏郎
せはしなくさほどでもなく鳥威 飯島晴子
たづきなき謡うたひや鳥おどし 舎羅
たはやすく盆地ひゞけり威し銃 飴山實
とび~の家とび~の鳥威し 高野素十
どの峡かとゞろき初めし威銃 飴山實 句集外
びんびんと空が鳴るなり威し銃 飴山實 少長集
へらへらと揺れてをるのは鳥威し 清崎敏郎
みちのくの満艦飾の鳥威し 鷹羽狩行
一本の白き糸張り鳥威し 山口青邨
不規則に鳴る仕掛けして威し銃 右城暮石 句集外 昭和五十一年
丹波路は乾きの音の鳥威 岸田稚魚 紅葉山
丹田にひびく入日の威し銃 鷹羽狩行
乳母車越えてひびきし威し銃 鷹羽狩行
人も威せりぎらぎらの鳥威し 山口誓子
仰角のまことしやかに威し銃 右城暮石 声と声
余韻なき音出しつづく威し銃 右城暮石 句集外 昭和四十七年
信玄か謙信側か威し銃 鷹羽狩行
俳諧をさみしくしたり鳥威 阿波野青畝
偏平な顔ゆらめくは鳥威し 山口青邨
僧兵の旗かと黒き鳥威し 右城暮石 散歩圏
北国の虚空にあそぶ鳥威し 飯田龍太
古漁網張りめぐらせて鳥威 右城暮石 句集外 昭和四十五年
合戦谷は風の絶え絶え鳥威 佐藤鬼房
嗽ぎをれば虚をつく威し銃 岸田稚魚 筍流し
地声にて聖母農園鳥威す 平畑静塔
壮年の自が耳聾ふる威し銃 津田清子 礼拝
夕茜濃し威し銃威し効かぬ 津田清子 礼拝
威し銃うしろに起り前展け 岸田稚魚 筍流し
威し銃おどろきたるは吾のみか 橋本多佳子
威し銃おろかにも二発目をうつ 橋本多佳子
威し銃とは間抜けもの 葛の花 伊丹三樹彦
威し銃乳癌手術室に聞く 山口誓子
威し銃八方にして尼の寺 岸田稚魚 筍流し
威し銃冷やかにして峡を抜け 岸田稚魚 筍流し
威し銃地下の茂吉を覚ますほど 鷹羽狩行
威し銃妊りてよりびくともせぬ 鷹羽狩行
威し銃威しつづけて一雨なし 右城暮石 句集外 昭和五十三年
威し銃威しつゞけて他意あらず 右城暮石 声と声
威し銃威すからくり見せ呉れし 右城暮石 句集外 昭和四十五年
威し銃山国の空新しく(丹波) 細見綾子
威し銃待てば腑抜けの二三発 岸田稚魚 筍流し
威し銃杉山の上を長わたり 岸田稚魚 筍流し
威し銃裸の山が谺返す 津田清子 礼拝
威し銃音出すところ見届けし 右城暮石 句集外 昭和五十八年
威し銃鳴るからくりを覗きたし 右城暮石 句集外 昭和四十四年
威し銃鳴るたび紅し曼珠沙華 森澄雄
威銃 羅漢の形相みな異なる 伊丹三樹彦
威銃ぐんぐん星をふやしけり 石田勝彦百千
威銃すぐ谺せり島の峡 伊丹三樹彦
威銃とうんとうんと鯉料理 石田勝彦 秋興
威銃とはすさまじ自衛隊の砲 山口青邨
威銃よそもののわが脳天に 佐藤鬼房
威銃又ひびく湖一雨去り 木村蕪城 寒泉
威銃大津皇子は天に在り 阿波野青畝
威銃奥は天狗の山ばかり 百合山羽公 樂土
威銃早朝よりす筑紫の湯 高浜年尾
威銃熊切川を威しけり 百合山羽公 樂土
威銃真正面で打ちにけり 石田勝彦 秋興
威銃間遠間近に精神科 伊丹三樹彦
威銃響く野に開け古墳の扉 野見山朱鳥 幻日
守武を讃へ讃から威し銃 鷹羽狩行
少年の担ぎ走れる威し銃 右城暮石 句集外 昭和三十二年
山中や夜目にも雨の鳥威 岸田稚魚
山風にもまるゝ影や鳥おどし 西島麦南 人音
常念を雲に閉ぢこめ威銃 藤田湘子 神楽
弁慶も驚く近さ威し銃 鷹羽狩行
強引に入日とどめて威銃 百合山羽公 寒雁
役場裏にて威銃めつた撃ち 伊藤白潮
忘れ音といふこと威銃にあり 石田勝彦 秋興
数減らし音強めたる威し銃 右城暮石 散歩圏
時の用に鼻紙さくや鳥おどし 三宅嘯山
暮れてなほ空のまつ青威し銃 鷹羽狩行
月明き夜は夜もすがら鳥威 岡本眸
本陣をはさみ打ちして威銃 石田勝彦 秋興
桃咲や花のあり数鳥おどし 杉風
棒先に地下足袋これも鳥威し 右城暮石 天水
棚経の上りゐる間も威し銃 高野素十
母恋し赤き小切の鳥威 秋元不死男
毛の国の魂衰ふや威銃 石田勝彦 雙杵
汽罐車の後退それも鳥威し 鷹羽狩行
没日中鳥威しなほつとむるも 津田清子 礼拝
海彦が連れ去る島の威し銃 鷹羽狩行
海道と山路いで逢ふ威し銃 百合山羽公 寒雁
海道をくらます山の威銃 百合山羽公 寒雁
潮風の切なきまでの鳥威 岡本眸
無花果を食ふすぐうしろ威し銃 右城暮石 一芸
父と子の齢の差はなき威し銃 鷹羽狩行
田ありとも見えぬ岬の威し銃 右城暮石 天水
白鷺を群飛せしめて威し銃 山口誓子
目覚時計の鳴るにさきがけ威し銃 鷹羽狩行
秋田領の穂波に寐るや鳥おどし 望月宋屋
種ものゝ俵や直に鳥おどし 凉菟
稲架立てしに雪早し猪威し銃 河東碧梧桐
紀の川の見え隠れして威し銃 右城暮石 句集外 昭和五十六年
老人やまた大げさに威銃 草間時彦
耳飾りおそれて鳥威しを恐れず 鷹羽狩行
舟に乗るぎりぎりまでを鳥威 波多野爽波
葡萄山では ジプシー移り 鳥威 伊丹三樹彦
裏吉備や雨に色振る鳥威 岸田稚魚
西山荘一つ目小僧鳥威す 平畑静塔
西行の子とは思へず鳥おどし 正岡子規 鳴子
谷々のかたみの音は威銃 清崎敏郎
豆畑の鳥威しさへ一揆武者 清崎敏郎
豊年の野に威し銃めくら射ち 津田清子 礼拝
赤シヤツがひらりひらりと鳥威 阿波野青畝
軽便へ母の手招ぐ鳥威し 小林康治 玄霜
農兵の裔にて威銃おどし効く 上田五千石『田園』補遺
間をおきてつづけざまなり威銃 清崎敏郎
隣田の威しで足るよ威し銃 鷹羽狩行
雀等の眼もにぎやかに鳥威 右城暮石 声と声
風にいやいや踊らされ鳥威し 鷹羽狩行
風よりも日ざしに応へ鳥威し 鷹羽狩行
鳥威きらきらと家古りてゆく 波多野爽波
鳥威しきらめかし日は落ちんとす 清崎敏郎
鳥威ししある田なき田つゞきけり 右城暮石 句集外 昭和二十八年
鳥威しともなる土龍威しかな 右城暮石 一芸
鳥威しならず動きて歩き出す 右城暮石 句集外 昭和三十三年
鳥威しひかひかひかときらめける 清崎敏郎
鳥威しみちのくの日にきらめきて 清崎敏郎
鳥威し五浦の風に威されて 鷹羽狩行
鳥威し夜も踊れり蜑の墓地 右城暮石 句集外 昭和五十七年
鳥威し簡単にして旅に立つ 高野素十
鳥威し近江の田には要らぬもの 山口誓子
鳥威すほか吉備のけふ事もなし 上田五千石『琥珀』補遺
鳥威す仕掛動かす堰の水 右城暮石 句集外 昭和六十二年
鳥威す各種の壜を吊したり 相生垣瓜人 明治草
鳥威す金銀金は火に見ゆる 山口誓子
鳥威一番効果あるはどれ 右城暮石 散歩圏
鳥威夜の光得てひかるなり 右城暮石 声と声
鳥威布新しき一区劃 上野泰
鳥威思ひ知るにはあらねども 飯島晴子
鳥威銀になびけり葡萄山 山口青邨
鴨撃の銃ならん否威銃 清崎敏郎

以上
by 575fudemakase | 2016-10-22 18:54 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26297248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26
松田雄姿集 俳人協会
at 2017-11-12 11:20
釣の拙句(高澤良一)
at 2017-11-10 06:17
屛風 の俳句
at 2017-11-07 08:47
百合鴎 補遺
at 2017-11-01 08:03

外部リンク

記事ランキング