鹿垣鹿垣 の俳句

鹿垣鹿垣 の俳句

鹿垣 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22909842/

鹿垣 補遺

あちこちの鹿垣はみなつながれり 阿波野青畝
だんまりひと日の拓農 鹿垣 雨にけぶり 伊丹三樹彦
ふるさとの猪垣にさす初日かな 細見綾子 牡丹
ふる里の猪垣の辺で一と休み 細見綾子
丹波は田庭猪垣が猪を堰き 山口誓子
丹波猪垣てらてらのブリキ板 山口誓子
冬いちご摘みて猪垣づたひかな 細見綾子
吾を捕ふごとく鹿垣四囲に張る 阿波野青畝
手を触れしことはじめてや猪垣に 右城暮石 天水
春惜む猪垣の杭ゆさぶつて 飯島晴子
椎茸の榾と鹿垣似て似ざる 阿波野青畝
猪垣す猫の額の如き田も 右城暮石 虻峠
猪垣にあはれ猪突の跡もなし 平畑静塔
猪垣にあり蕎麦畑の出入口 百合山羽公 樂土
猪垣に三輪山の猪封じたり 右城暮石 上下
猪垣に余寒はげしや旅の空 炭太祇
猪垣に囲はれ七会村と犬 平畑静塔
猪垣に塞(せ)かれて美しき流 平畑静塔
猪垣に沿ひゆく道も久しぶり 細見綾子
猪垣に泥んこののたうちの跡 細見綾子
猪垣に風の無き日のありにけり 桂信子 草影
猪垣に風神の憑きはじめたり 藤田湘子 てんてん
猪垣のかくまで並べたてずとも 飯島晴子
猪垣のこなた青物日にぬくぬく 平畑静塔
猪垣のとつぷり暮れし土瓶蒸 森澄雄
猪垣のほとり狐のちようちん咲く 細見綾子
猪垣のむすびめきれて秋の風 加藤曉台
猪垣のブリキに並ぶ曼珠沙華 山口誓子
猪垣の中から猫の子が鳴ける 加藤秋邨
猪垣の崩れ口よりあげひばり 加藤曉台
猪垣の波の朽ち色青田売 伊丹三樹彦
猪垣の網目を密に枯れ葛 能村登四郎
猪垣の裾の山萩咲きはじむ(故郷の丹波青垣町にて) 細綾子
猪垣の親子の遊び場所よこれ 細見綾子
猪垣は石垣猪を洩らさざる 山口誓子
猪垣は蛍火を堰く垣ならず 山口誓子
猪垣や梅雨の山川鳴るほとり 水原秋櫻子 古鏡
猪垣や雪と遊べる雀どち 角川源義
猪垣をことに手厚く水の秋 飴山實 次の花
猪垣を埓なきものと見過ごせり 右城暮石 句集外 昭和五十六年
猪垣を越す十二支の巳の生れ 平畑静塔
猪垣を間近くに見るこんなもの 右城暮石 散歩圏
田は青みたり猪垣のブリキ錆び 山口誓子
田を植ゑて猪垣を結へり宇陀の峡 水原秋櫻子 古鏡
盆路の猪垣越えてなほ遠し 水原秋櫻子 旅愁
石をもて田を築き猪垣を築けり 松本たかし
秋の暮猪垣の歯もぬけて行 中川乙由
蒼朮の花や猪垣崩れをり 飴山實 句集外
蚕笊もて猪垣結へり衣文(そぶみ)村 松本たかし
鉄道の柵猪垣とつながれる 右城暮石 句集外 昭和四十八年
陽炎の猪垣を出て家鴨ども 加藤秋邨
露涼し猪垣結へる背戸の山 松本たかし
鹿垣といふ潰えやうありにけり 後藤比奈夫
鹿垣といふ空缶の並べ方 後藤比奈夫
鹿垣と井がきと生や桜麻 百里
鹿垣にうそ啼里のやすみかな 加舎白雄
鹿垣に番かけ込きゞすかな 加舎白雄
鹿垣のありて盆路曲りけり 百合山羽公 樂土以後
鹿垣のずり破れたる山路かな 阿波野青畝
鹿垣の村に道元開山寺 森澄雄
鹿垣の檜原がかりは常陰かも 下村槐太 天涯
鹿垣の門鎖し居る男かな 原石鼎 花影
鹿垣や咋日の鷹の低く来て 岡井省二 山色
鹿垣や里にのこりし合戦記 古舘曹人 砂の音
鹿垣や青々濡るる蔦かづら 飯田蛇笏 山廬集
鹿垣を見つつもぞ行く有馬かな 阿波野青畝

以上 の俳句

鹿垣 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22909842/

鹿垣 補遺

あちこちの鹿垣はみなつながれり 阿波野青畝
だんまりひと日の拓農 鹿垣 雨にけぶり 伊丹三樹彦
ふるさとの猪垣にさす初日かな 細見綾子 牡丹
ふる里の猪垣の辺で一と休み 細見綾子
丹波は田庭猪垣が猪を堰き 山口誓子
丹波猪垣てらてらのブリキ板 山口誓子
冬いちご摘みて猪垣づたひかな 細見綾子
吾を捕ふごとく鹿垣四囲に張る 阿波野青畝
手を触れしことはじめてや猪垣に 右城暮石 天水
春惜む猪垣の杭ゆさぶつて 飯島晴子
椎茸の榾と鹿垣似て似ざる 阿波野青畝
猪垣す猫の額の如き田も 右城暮石 虻峠
猪垣にあはれ猪突の跡もなし 平畑静塔
猪垣にあり蕎麦畑の出入口 百合山羽公 樂土
猪垣に三輪山の猪封じたり 右城暮石 上下
猪垣に余寒はげしや旅の空 炭太祇
猪垣に囲はれ七会村と犬 平畑静塔
猪垣に塞(せ)かれて美しき流 平畑静塔
猪垣に沿ひゆく道も久しぶり 細見綾子
猪垣に泥んこののたうちの跡 細見綾子
猪垣に風の無き日のありにけり 桂信子 草影
猪垣に風神の憑きはじめたり 藤田湘子 てんてん
猪垣のかくまで並べたてずとも 飯島晴子
猪垣のこなた青物日にぬくぬく 平畑静塔
猪垣のとつぷり暮れし土瓶蒸 森澄雄
猪垣のほとり狐のちようちん咲く 細見綾子
猪垣のむすびめきれて秋の風 加藤曉台
猪垣のブリキに並ぶ曼珠沙華 山口誓子
猪垣の中から猫の子が鳴ける 加藤秋邨
猪垣の崩れ口よりあげひばり 加藤曉台
猪垣の波の朽ち色青田売 伊丹三樹彦
猪垣の網目を密に枯れ葛 能村登四郎
猪垣の裾の山萩咲きはじむ(故郷の丹波青垣町にて) 細綾子
猪垣の親子の遊び場所よこれ 細見綾子
猪垣は石垣猪を洩らさざる 山口誓子
猪垣は蛍火を堰く垣ならず 山口誓子
猪垣や梅雨の山川鳴るほとり 水原秋櫻子 古鏡
猪垣や雪と遊べる雀どち 角川源義
猪垣をことに手厚く水の秋 飴山實 次の花
猪垣を埓なきものと見過ごせり 右城暮石 句集外 昭和五十六年
猪垣を越す十二支の巳の生れ 平畑静塔
猪垣を間近くに見るこんなもの 右城暮石 散歩圏
田は青みたり猪垣のブリキ錆び 山口誓子
田を植ゑて猪垣を結へり宇陀の峡 水原秋櫻子 古鏡
盆路の猪垣越えてなほ遠し 水原秋櫻子 旅愁
石をもて田を築き猪垣を築けり 松本たかし
秋の暮猪垣の歯もぬけて行 中川乙由
蒼朮の花や猪垣崩れをり 飴山實 句集外
蚕笊もて猪垣結へり衣文(そぶみ)村 松本たかし
鉄道の柵猪垣とつながれる 右城暮石 句集外 昭和四十八年
陽炎の猪垣を出て家鴨ども 加藤秋邨
露涼し猪垣結へる背戸の山 松本たかし
鹿垣といふ潰えやうありにけり 後藤比奈夫
鹿垣といふ空缶の並べ方 後藤比奈夫
鹿垣と井がきと生や桜麻 百里
鹿垣にうそ啼里のやすみかな 加舎白雄
鹿垣に番かけ込きゞすかな 加舎白雄
鹿垣のありて盆路曲りけり 百合山羽公 樂土以後
鹿垣のずり破れたる山路かな 阿波野青畝
鹿垣の村に道元開山寺 森澄雄
鹿垣の檜原がかりは常陰かも 下村槐太 天涯
鹿垣の門鎖し居る男かな 原石鼎 花影
鹿垣や咋日の鷹の低く来て 岡井省二 山色
鹿垣や里にのこりし合戦記 古舘曹人 砂の音
鹿垣や青々濡るる蔦かづら 飯田蛇笏 山廬集
鹿垣を見つつもぞ行く有馬かな 阿波野青畝

以上
by 575fudemakase | 2016-10-22 19:07 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26297270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング