十月 の俳句

十月 の俳句


十月 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/24953644/

十月 補遺


すこし重げに十月のひつじぐさ 鷲谷七菜子 天鼓
つづれさせ十月の寝(いね)痩せにけり 佐藤鬼房
はたはたの十月既望飛べる見ゆ 水原秋櫻子 緑雲
もの読めば十月革命といふことも 山口青邨
一列にシャワー浴びる十月の葉きらめき 橋閒石 風景
八つ手はや花ごしらへや十月も終る 山口青邨
八ッ手蕾めり十月大気沈潜す 松崎鉄之介
十月と思ひ込みゐて不義理せし 星野立子
十月に入りて殖えたる鼠かな 渡邊白泉
十月のてのひらうすく水掬ふ 岸田稚魚 筍流し
十月のやもめになりし螽かな 正岡子規 十月
十月の二十一日桧の実 高野素十
十月の使ひて手足やはらかに 能村登四郎
十月の力鳴きして法師蝉 森澄雄
十月の土佐の卯夏といふ言葉 高野素十
十月の声きく何か改たまる 細見綾子
十月の声の一つにわが風樹 佐藤鬼房
十月の夜の鳰どりの満月寺 岡井省二 明野
十月の夜釣のえものみな黒し 渡邊白泉
十月の大いたどりや死ぬべかり 中村苑子
十月の大廃屋に雲離離と 下村槐太 天涯
十月の日和に掛けし晩稲哉 正岡子規 十月
十月の日影をあびて酒造り 飯田蛇笏 山廬集
十月の明るさ踏んで小松原 鷲谷七菜子 花寂び
十月の暗が太らす大根かな 右城暮石 声と声
十月の朱色の闇を見てゐたり 平井照敏
十月の楡の落葉をはやふみて 山口青邨
十月の櫻咲くなり幼稚園 正岡子規 十月
十月の油揚飯や麓人居 雨滴集 星野麥丘人
十月の海は凪いだり蜜柑船 正岡子規 十月
十月の海は帆勝に舟勝に 正岡子規 十月
十月の父ら頷く山容ち 原裕 青垣
十月の琅*かん湖や少女過ぐ 角川源義
十月の畠に赤し蕎麥の莖 正岡子規 十月
十月の蛾と憐みて生を絶つ 山口誓子
十月の貝殻道のにほふかな 山田みづえ 手甲
十月の雀飛びこむほこら哉 正岡子規 十月
十月の雨降りしぶく軒廂 村山故郷
十月の韓国岳へ帽振らむ 亭午 星野麥丘人
十月の風雨明けゆく雨蛙 水原秋櫻子 帰心
十月の鳶も烏も出でにけり 正岡子規 十月
十月の鶴見つけたり田子の浦 正岡子規 十月
十月の黒にかためて杉林 能村登四郎
十月の黒富士を置く山毛欅の間 能村登四郎
十月は雪虫とびてすでに冬 高野素十
十月やこめかみさやに秋刀魚食ふ 石田波郷
十月やみちのくの紅粉花蒔く日あり 山口青邨
十月やみづの青菜の夕靄も 藤田湘子 途上
十月や十日も過ぎて初時雨 正岡子規 時雨
十月や友二の好きな馬刀葉椎 雨滴集 星野麥丘人
十月や吹かれて青き松の脂 石塚友二 曠日
十月や少なくなりし朝鈴も 森澄雄
十月や波郷に告げむ秋刀魚の値 雨滴集 星野麥丘人
十月や牡蠣舟を出てたたかひに 森澄雄
十月や畑は梨の返り花 正岡子規 十月
十月や鰻抑へて古き溝 岡井省二 鹿野
十月や鳩米ひろふ藏の前 正岡子規 十月
十月や鳶舞ひかゝる晝の月 正岡子規 十月
十月や鶏頭の雨椎の風 岸田稚魚 負け犬
十月既望家を揺がして風立てり 水原秋櫻子 残鐘
十月薄暮人列皺みつつ移る 中村草田男
吉か不吉か十月の閑古鳥 飯田龍太
喪帰りに十月ざくらややふぶく 上田五千石『琥珀』補遺
壬戌の十月の望凜乎たり 相生垣瓜人 負暄
山門や十月の雨降りやまず 村山故郷
怠りて過ぐ十月の真澄かな 斎藤玄 雁道
数日に十月終る蟻地獄 山口誓子
斧買ふや十月なにか始めむため 能村登四郎
新暦の十月五日月見哉 正岡子規 月見
時雨るるや家風呂に入るも十月振 臼田亜郎 定本亜浪句集
林間の十月青し雨も灯も 岡本眸
樹海の上十月白い迷ひ雲 能村登四郎
灯に飛んで来し十月の虻落とす 廣瀬直人
父母や十月の忌の木の葉髪 中村苑子
牡丹植う十月の土美し土 山口青邨
眼鏡はづして病む十月の風の中 森澄雄
葉の隙を空がのぞきて十月や 鷲谷七菜子 一盞
蓼なびき十月既望晴れにけり 水原秋櫻子 緑雲
蛇笏忌に加ふ源義忌十月終ふ 松崎鉄之介
蜂死して十月の峰天聳る 山口誓子
螫しまとふ十月の蚊を憤る 日野草城
鏡の裏十月の水鳴りて過ぐ 能村登四郎
隠沼の十月の鳰遊ばしむ 石塚友二 玉縄抄


十月 続補遺


つれなしやまだ十月の暦賣来山
ほうづきやとけその山の九十月 史邦
二度さけばこそ十月の初ざくら 支考
十二日其十月も月夜かな 許六
十月にちらぬ柳も時雨けり 諷竹
十月にふるはしぐれと名をかへて 北枝
十月のさくらたづねんひがし山 完来
十月の二日も我もなかりけり 鬼貫
十月の十の代には十夜哉 〔ブン〕村
十月の日風呂に入てじゆくし哉 露川
十月の春でこそあれ嶋めぐり凉菟
十月の春吹風や海苔の屑 高井几董
十月の梅の天気や清見寺 許六
十月の梅の盛やうりやしき 許六
十月の笹の葉青し肴籠 炭太祇
十月の花に誰をかよぶこ鳥 支考
十月の荒れをうけ取穂蓼かな 朱拙
十月はあたゝかな名と寒い名と 支考
十月も花たちばなとよばゞやな 舎羅
十月やいつもながらの手作もの 寥松
十月や仏の目には雪の花 吏全
十月や余所へもゆかず人も来ず 尚白
十月や女は髪の目出たけれ 亀世
十月や委くなりし家の事 寥松
十月や尾上のかねのひゞく也 壺中
十月や帰る所有る松葉掻 成田蒼虬
十月や径よむ鳥の小鳴比 土芳
十月や日の暮る日の梅の花 松窓乙二
十月や早珍らしき赤椿 成田蒼虬
十月や昼の火燵の炭なだれ 史邦
十月や水田の中の栗のいが 釣壺
十月や翁もとしをふる仏 露印
十月や花さく時とつく~し 土芳
十月や草まだ見ゆる庭の隅 尚白
十月や達磨の目にはむめの花 十丈
十月や鼠ふすぶる唐辛子 許六
十月をゆめかとばかりさくら花 嵐雪
吊ふや十月十二十三日 吏登 吏登句集
我ものとさわげや雁の九十月 松窓乙二
百舌鳥のゐる野中の杭よ十月 嵐蘭


以上
by 575fudemakase | 2016-10-22 19:39 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26297326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

奉灯会 の俳句
at 2017-08-22 17:14
後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37

外部リンク

記事ランキング