新米 の俳句

新米 の俳句

新米 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23275647/

新米 補遺

ことし米西施が胸に痞へけり 高井几董
こぼれしか車のあとの今年米 正岡子規 新米
ざつくりと手を入れてこれ今年米 岸田稚魚 紅葉山
たんと食うて大きうなれや今年米 村上鬼城
どうあろと先新米ぞうまし国 炭太祇
どの家も新米積みて炉火燃えて 高野素十
ながらへよとて今年米今年酒 鷹羽狩行
にぎはしく指の間を洩れ今年米 鷹羽狩行
みちのくの新米到来水晶のごと 山口青邨
みちのくゆ新米鼓腹逸民爺と婆 山口青邨
み吉野へ馬拵へや今年米 阿波野青畝
一鉢も釈迦も微笑や今年米 素丸 素丸発句集
人丸も五穀の神と今年米 河東碧梧桐
今年米たしかな杓文字触りかな 能村登四郎
仏飯のさめても今年米の艶 鷹羽狩行
佐野常世領しけむ田の今年米 水原秋櫻子 蘆雁
先わたる祢宜の竃や今年米 三宅嘯山
厚切りの鮪のとろや今年米 村山故郷
四川の新米旨しと食べてあと鶴歩 金子兜太
布施谷の青米多き今年米 高野素十
指にもむのみ新米の磨ぎ汁よ 石川桂郎 高蘆
攝待やむすびにしたる今年米 正岡子規 摂待
斎僧も世の中いふや今年米 三宅嘯山
新米といふよろこびのかすかなり 飯田龍太
新米といへる重みの世を経たる 飯田龍太
新米と古米とあらず飢ゑしむな 石塚友二 光塵
新米にふくふく炊かれ瀬田しじみ 野澤節子 八朶集以後
新米に娘も売らでとりつきぬ 内藤鳴雪
新米に月日の味を覺えけり 正岡子規 新米
新米に菊の香もあれ小六月 正岡子規 小六月
新米に貧しき舌となりしはや 石塚友二 光塵
新米のこぼるゝ庭や鶏の群れ 正岡子規 新米
新米のこぼれし庭や鶏の群れ 正岡子規 新米
新米のささにしきとてたまはりぬ 山口青邨
新米のみちのくぶりのお握りよ 山口青邨
新米のもたるゝ腹や穀潰し 炭太祇
新米のもたれ心や秋のくれ 尚白
新米の下落政府の瓦解哉 正岡子規 新米
新米の二十駄ばかり城下口 正岡子規 新米
新米の供へてありしことを謝す 高野素十
新米の俵も青き貢かな 内藤鳴雪
新米の十駄ばかりや城下口 正岡子規 新米
新米の名を聞かされてすぐ忘る 右城暮石 散歩圏
新米の土にこぼれて輝けり 日野草城
新米の市に出でたる相場かな 正岡子規 新米
新米も香を嗅までや仏なみ 野坡
新米やその後の戦果起るかに 渡邊水巴 富士
新米や何はともあれいたゝきて 正岡子規 新米
新米や先ツいたゝきて詠め見る 正岡子規 新米
新米や天つちの和をこめた出來 正岡子規 新米
新米や妻に櫛買ふ小百姓 正岡子規 新米
新米や方丈樣へ一袋 正岡子規 新米
新米や水車の小屋の千木立てて 阿波野青畝
新米や活日足日の神の扉に 阿波野青畝
新米や焚たてる香も朝のもの 寥松 八朶園句纂
新米や目利かしこき掌 正岡子規 新米
新米や竹ならぬなき器もの 石川桂郎 高蘆
新米や茶粥喰ふて高のくら 千里
新米や賣りに出でたり小百姓 正岡子規 新米
新米や雀笠きてくるま引 桜井梅室
新米や集ひを稀に一家族 上田五千石『琥珀』補遺
新米をこぼしうつむく風の昼 桂信子 緑夜
新米を二三俵積み舟を出す 山口青邨
新米を啖ひ都会を誹りをり 加藤秋邨
新米を届けて好き子見せくれし 中村汀女
新米を河の東に運びけり 正岡子規 新米
新米を炊きこがしたるこそよけれ 山口青邨
新米を食うて養ふ和魂かな 村上鬼城
玖珠の人玖珠の新米もてなせし 高野素十
痩村や税の増したる今年米 正岡子規 新米
碓やしらげこぼせる今年米 阿波野青畝
磨げばたちまち音に出て今年米 鷹羽狩行
神を祝ふ小豆の飯や今年米 正岡子規 今年米
見本市の新米産地ごとに触れて母ら 古沢太穂 火雲
野沢菜の届きぬ炊けよ今年米 水原秋櫻子 蘆雁
鉢の子ににえたつ粥や今年米 炭太祇
雀祝ひ鼠よろこぶや今年米 正岡子規 今年米

以上
by 575fudemakase | 2016-10-22 22:01 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26297650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング