秋の田 の俳句

秋の田 の俳句

秋の田 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23644272/

秋の田 補遺

大旱天智天皇の「秋の田」も 川端茅舎
日章旗田の秋空の色緊る 飯田龍太
田の色の平群に多き菊畠 森澄雄
田の色やたちゐふるまひ腰高に 飯島晴子
田の色や黄蝶一つ浮かべつつ 相生垣瓜人 負暄
白鶺鴒秋田の男七、八人 金子兜太
秋の田にみどり残して陰祭 能村登四郎
秋の田にものを落して晩鴉過ぐ 山口誓子
秋の田に子の紙鳶あぐる見過ぎむや 山口誓子
秋の田に架橋最も高くして 山口誓子
秋の田に犬の出てゐる祭かな 古舘曹人 樹下石上
秋の田の下に裾野の滝懸る 百合山羽公 寒雁
秋の田の只中石の鳥居暮る 山口誓子
秋の田の墓前にひらき一人の傘 古舘曹人 能登の蛙
秋の田の夕日にこぼす盈哉 乙訓
秋の田の大和を雷の鳴りわたる 下村槐太 天涯
秋の田の景色を変ふる堰の音 山口誓子
秋の田の暮を輓馬は喜ばず 山口誓子
秋の田の風をどこかに忘れゐし 星野麥丘人
秋の田やはかり尽して稗二俵 尚白
秋の田や刈しほ見舞ふかゝり人 昌房
秋の田を二三枚もち籬の内 山口青邨
秋の田を刈るや白鷺人に近く 山口青邨
秋の田を縫ひて光れり恋瀬川 松崎鉄之介
米河岸できくや秋田のはつ時雨 嵐竹
草花や人力はしる秋田道 正岡子規 草の花
赤子泣き田の色といふ空のあり 岡井省二 有時
里神楽秋の田の額昔より 阿波野青畝
雨の田の色をとやかくいふことなし 飯島晴子
電信線あくまで二本秋の田を 山口誓子
電信線密に秋の田暮れゆけり 山口誓子

秋の田 追加

ことばかけては人通る稲田いちにち シヤツと雑草 栗林一石路
この雨に刈り兼ねてある稲田かな 深見けん二 日月
ころり往生稲田の案山子見て御座りし 矢田鹿苑子 『白雲悠々』
ふるさとの稲田は低し野辺送り 広瀬みわ
みちのくの空の広さの稲田かな 鈴木わかば
よく育つ稲田に深き靴のあと 澤内ゆき子
をん鶏の喉細うせり早稲田刈 中拓夫 愛鷹
一坪の園児の稲田案山子立つ 内久根眞也
一家鮮し稲田へだてて手を振れば 堀 葦男
一望の稲田母なる大野川 渡辺 彦陽
一望の稲田豊かな湯川村 山口瑞穂
一枚の早稲田御陵に正面す 皆吉爽雨
一石路の「鎌の柄談議」君の故郷の貧乏稲田 橋本夢道 良妻愚母
佐高いま佐大稲田も街中に 下村ひろし 西陲集
冠水の稲田に雲の尾の垂るる 佐久間俊子 『むさし野』
凶作や伊豆の稲田の蝗捕 石塚友二 光塵
出穂の稲田のつづく方十里 椛沢田人
出羽言葉に馬が従きゆく晴れ稲田(月山) 河野南畦 『風の岬』
刈りごろの稲田やさしくなる暮光 大井雅人 龍岡村
刈る前の稲田ふくらみ畦かくす 池田秀水
刈拡ぐ稲田むかしの広さでなし 太田土男
列車音稲田をキタカタキタカタと 高澤良一 石鏡
友が住めるは此の里か稲田ひろびろ 荻原井泉水
友信じつつ湯をかぶる稲田見え 友岡子郷 遠方
吹き降りや稲田へ橋のゆきもどり 飯田蛇笏 山廬集
堂の影稲田に落つる月夜かな 大谷句佛 我は我
夕日が逃げる稲田黍原北信濃 古賀まり子 緑の野以後
夜の稲田母の子宮にひろがれり 高野ムツオ 雲雀の血
宍道湖の波かよへる稲田かな 大場白水郎
宍道湖の波のかよへる稲田かな 大場白水郎 散木集
小松原稲田明りに立ちいでし 石原舟月
山越え来し架線稲田の上にたるむ 津田清子
帰り来れば浅田の早稲田穂に見ゆる 暁台
干拓稲田夜は遠き灯に睦むとか 河野南畦 湖の森
干拓稲田貝殻群が畦に散り 河野南畦 湖の森
徐々にして稲田に月の道敷かれ 能村登四郎 有為の山
惚けぎみの婆よ稲田に立つと光る 田中はるよ
我が思ふ如く人行く稲田かな 中村汀女
早稲田の夜急にしぐれぬ漱石忌 松根東洋城
早稲田刈り見通しにされ九十九里 鉄之介
早稲田風寺に満身創痍仏 今瀬剛一
晩稲田に垂れて信濃の鉛空 草間時彦 櫻山
晩稲田に守護の及べり塞の神 春名章市
晩稲田に音のかそけき夜の雨 五十崎古郷句集
晩稲田の色濃き雨に故郷あり 宮津昭彦
晩稲田や畦間の水の澄みきりて 飯田蛇笏 山廬集
朝餌まく早稲田の葉ずゑつゆむすぶ 飯田蛇笏 春蘭
木曾谷の深し稲田を積み重ね 守屋井蛙
松代や入るも出るも稲田越え 清水杏芽
水仙や早稲田の師走三十日 夏目漱石 大正四年
法事の座早稲田を渉る風入れて 河島唯成
波音の早稲田を囃し出雲崎 小島健 木の実
泥と血で結ばる晩稲田の兄弟 齋藤愼爾
海近き早稲田のよべの雨量かな 中拓夫 愛鷹
潮浴にかよふ早稲田の花ありぬ 木津柳芽 白鷺抄
照り曇る檀風城址稲田寄す 野沢節子
牛小屋に牛ゐて曇らざる稲田 原裕 葦牙
犬蓼の稲田になだれ込むところ 高澤良一 ももすずめ
猪よぎり晩稲田いたく潰えたり 農口鶴仙渓
猪荒れて畳のごとき稲田かな 岡田耿陽
生(なま)壁も籾一粒の早稲田かな 野澤凡兆
盛装を稲田の夕日照らしけり 山口誓子
直立の止め葉揃ひし青稲田 西川雅文
真直ぐに育つよろこび稲田にも 大倉箏子
磬子の余韻仏が稲田へ出で立つよ 磯貝碧蹄館 握手
祭笛主客稲田を巡りをり 松倉ゆずる
秋風やどこにも稲田うちひらけ 久保田万太郎 草の丈
稲妻の百刄稲田湿りもつ 吉田銀葉
稲熱田の一枚昏るゝ風の中 星野麦丘人
稲田とる巾あり峡のこの辺り 高澤良一 燕音
稲田へぬけてゆく跫音を更けてきく 川島彷徨子 榛の木
稲田ゆくまぢかの稲の一つづつ 石川桂郎
稲田バス軽き老母の揺れどほし 津田清子
稲田描く油絵の具を盛り上げて 高澤良一 寒暑
稲田風総身にうけ熟睡せり 佐川広治
窯元のときに稲田を刈ることも 鈴木真砂女 夕螢
窯開けやぐるり稲田にとりまかれ 鈴木真砂女 夕螢
細りつつ日ぐれ晩稲田薬師みち 古沢太穂
落花生掛けある稲田御坊かな 西本一都 景色
藪の風稲田に落ちてたはれ居り 西山泊雲 泊雲句集
見はるかす豊の稲田も御苑内 下村ひろし 西陲集
遊行柳早稲田の水の落ちる音 岩崎眉乃
遠く強き足音信ず稔る稲 田川飛旅子 花文字
里山の間埋む稲田後三年 高澤良一 素抱
釣戻り早稲田一枚刈られたる 金尾梅の門 古志の歌
鈍行の中まで稲田の照り返し 高澤良一 随笑
門前の稲田また減り宗鑑忌 高橋鬼灯
雁渡る月の稲田の眩しさを 中村汀女
雲州橘の袖の香ぞする稲田姫 椎本才麿
霧島や早稲田ひろがる月明り 柴田悦子
露乾ねば稲田をおほふ黄も暗し 篠原梵 雨
青帯びし稲田千人塚を攻め 原裕 新治
風と競ふ帰郷のこころ青稲田 福永耕二
風炎の稲田をはしる青鴉 柴田白葉女 花寂び 以後
黄は貴色い行くに稲田継ぎ目なし 薄 多久雄

以上
by 575fudemakase | 2016-10-22 22:27 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26297722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング