野菊 の俳句

野菊 の俳句

野菊 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22909527/

野菊 補遺

あきらかに野菊の花瓣空にとぶ 岡井省二 前後
ありのままここに日のさし野紺菊 岡井省二 夏炉
いやが上に野菊露草かさなりぬ 正岡子規 野菊
かかる日のまためぐり来て野菊晴 富安風生
かゞみ折る野菊つゆけし都府樓址 杉田久女
きり崖や日陰の野菊濡れて咲く 正岡子規 野菊
けふの日を祝へ野菊の草枕 正岡子規 野菊
ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子
ここ野菊曼陀羅 「墓地へ抜ケラレマス」伊丹三樹彦
このみちの野菊ばかりの夕まぐれ 百合山羽公 春園
この野菊海潮音にうちふるふ 阿波野青畝
これこそは新羅の遺塔野菊見る 阿波野青畝
ころころと丘あり野菊裾に咲き 山口青邨
つひに碑となる田舎紳士と野菊佇ち 中村苑子
どつさりと山駕籠おろす野菊かな 正岡子規 野菊
はなびらの欠けて久しき野菊かな 後藤夜半 翠黛
はればれとたとへば野菊濃き如く 富安風生
ひとむらは群青野菊峡日和 飴山實 句集外
ぶつかつてくる風のあり野菊晴 大野林火 飛花集 昭和四十八年
みちのくに比翼塚あり野菊濃く 福田蓼汀 山火
むらさきは憶ひ出す色壷の野菊 後藤比奈夫
ものの影のびきて白き野菊かな 福田蓼汀 山火
らんぼうに野菊をつんで未婚なり 秋元不死男
わが傘の影の中こき野菊かな 杉田久女
ドリーネンは野菊の花をなほ残す 山口青邨
マグダレーナは女ヨシの墓黄の野菊 山口青邨
一天の昃り易き野菊かな 清崎敏郎
一本の野菊おもてに鏡岩 山口青邨
一腹の仔豚に野菊晴つづく 橋閒石 雪
一茎の野菊挿されて墓生る 伊丹三樹彦
一面の露一面の野菊かな 山口青邨
下草に野菊咲くなり杉木立 正岡子規 野菊
両肩に野菊の垂るる道をゆく 山口青邨
乙訓や野菊にかかる塵もなく富安風生
九日も知らぬ野菊のさかり哉 正岡子規 野菊
二の峠三の峠も野菊かな 阿波野青畝
人力をあぜによけたる野菊かな 正岡子規 野菊
人力をよけたるくろの野菊哉 正岡子規 野菊
仇野に手折りて野菊すぐ萎る 安住敦
他郷更に遠く野菊へ来りけり 中村草田男
伊賀の野に冷たき野菊摘みたるよ 岡井省二 鹿野
何のかのうき名をすてゝ野菊哉 正岡子規 野菊
余呉川の漣敷きし野菊かな 阿波野青畝
佛とて妹の近さよ野紺菊 岡井省二 前後
俳諧のこころに荒地野菊かな 富安風生
八ケ嶽ここに全し野菊折る 木村蕪城 一位
凛々と花びらを張る野菊かな 清崎敏郎
凡骨は野菊を踏んでゆきにけり 三橋鷹女
切支丹墓地へ手ぐさの野紺菊 亭午 星野麥丘人
初旅をなぐさめ顔の野菊哉 正岡子規 野菊
初野菊その坂の根に葬り送る 古沢太穂 捲かるる鴎以後
初野菊仮想の女人みなあはれ 中村草田男
別れ来て淋しさに折る野菊かな 尾崎放哉 大学時代
南海の藍うち晴れて野菊咲く 渡邊水巴 白日
原中や野菊に暮れて天の川 正岡子規 天の川
原始林路にはじまる野菊より 古舘曹人 能登の蛙
受難曲あれち野菊の夕焼けて 野見山朱鳥 愁絶
叢に野菊は暮るゝこと遅し 高浜年尾
吊橋の袂の花を野菊とす 山口青邨
咲きそめしあれち野菊の野のゆふべ 野見山朱鳥 愁絶
咲きほそめて花瓣するどき野菊かな 杉田久女
咲き残りをりて全き野菊かな 清崎敏郎
墓の前の土に折りさす野菊かな 杉田久女
夢みて老いて色塗れば野菊である 永田耕衣
大寺の礎殘る野菊かな 正岡子規 野菊
大木に離れて咲いて野菊かな 飯田龍太
大水のあとを蟹行く野菊かな 正岡子規 野菊
大滝の落ちゆく脚下野菊ゆれ 山口青邨
天涯の碧さ野菊と吾れに透く 野澤節子 未明音
女ニココン裾さばきなく夕野菊 中村草田男
家も長寿壁に野菊の裾模様 香西照雄 対話
富士見えず野菊をつんでゐるばかり 上田五千石『田園』補遺
寺見えて小道の曲る野菊哉 正岡子規 野菊
尼寺の佛の花は野菊哉 正岡子規 野菊
屋根見れば野菊咲くなり古社 正岡子規 野菊
山の午野菊の花冠真上向 中村草田男
川原石積みし石室野菊咲き 山口青邨
川波さへ強きにすぎて初野菊 中村草田男
庭荒るる野菊いつまで咲くことよ 山口青邨
建立地蔵の稚拙な極彩 野菊晴 伊丹三樹彦
御輿の中に歌のある野菊かな 尾崎放哉 大学時代
憂さ晴れてそゞろに行けば野菊かな 河東碧梧桐
我は唯畦に野菊の咲くごとし 阿波野青畝
我寝息守るかに野菊枕上杉田久女
我庵や野菊の外に菊もなし 正岡子規 野菊
捨草鞋野菊しかれて一盛り 正岡子規 野菊
掛稻や野菊花咲く道の端 正岡子規 掛稲
撫し子に往来日を経し野菊かな 河東碧梧桐
旅に居て曇れる午前初野菊 中村草田男
日待の日手折り持ちける野菊かな 河東碧梧桐
暮れ方を野菊みづから暮るるなり 永田耕衣
曇り来し昆布干場の野菊かな 橋本多佳子
朗々と深山野菊の花の渦 飯田龍太
杉の下に野菊咲きたる誰が冢そ 正岡子規 野菊
杣が戸に霧降りかゝる野菊かな 原石鼎 花影
松原のあかるき砂に野菊かな 尾崎放哉 大学時代
松山は野菊多きや然(さ)よ今こそ 中村草田男
林*けいの秋さだかなる野菊かな 西島麥南 金剛纂
枯野菊廊下に出して寝たりけり 杉田久女
桑畑の畦に野菊の晴れわたり 細見綾子
植田早や荒地野菊に水澄める 右城暮石 句集外 昭和十六年
欠けしには非ず野菊の瓣乱れ 高浜年尾
汝に比して血なき野菊ぞ好もしき 杉田久女
洪水に痩せて野菊の花細き 正岡子規 野菊
渓釣の分けゆく白き野菊かな 飴山實 句集外
湯気こめて巌の野菊をさかしむる 飯田蛇笏 春蘭
溝蕎麥に野菊乏しき川へ哉 正岡子規 野菊
澤深く吾が見しのみかこの野菊 及川貞 夕焼
炭切る小僧と垣の野菊にうすき陽のあり 尾崎放哉 大正時代
父の遺せし菊は野菊となりしかな 平井照敏 天上大風
牛は足が四本で野菊の花咲いた 中川一碧樓
犇くは 波の白頭 また野路菊 伊丹三樹彦
瓦窯跡 おお この車塵まみれ野菊 伊丹三樹彦
男の子荒地野菊に顔汚す 右城暮石 声と声
痩馬の老尼載せ行く野菊哉 正岡子規 野菊
白の子に日本海野菊咲き 古舘曹人 能登の蛙
目ひらけば揺れて親しき野菊かな 杉田久女
眼に入れた野菊が荒れる男われ 永田耕衣
石あげて野菊花さく力餅 正岡子規 野菊
石を積み重ねて寝墓野菊添ひ 山口青邨
石原にやせて倒るゝ野菊かな 正岡子規 野菊
石原に根強き冬の野菊哉 正岡子規 寒菊
硫黄島玉砕の報野菊噛む 渡邊白泉
秋ちらほら野菊にのこる枯野哉 正岡子規 枯野
秋三月咲て淋しき野菊哉 正岡子規 野菊
稲架のもと野菊つづれり白毫寺 大野林火 雪華 昭和三十六年
稻刈て野菊淋しき小道哉 正岡子規 野菊
稻刈りて野菊おとろふ小道かな 正岡子規 野菊
稻舟や野菊の渚蓼の岸 正岡子規 稲舟
穗蓼多くたまたま野菊柴に 正岡子規 野菊
穴まどひ風が野菊の花に消え 飯田龍太
窯元をたづねむ丘の野菊踏む 阿波野青畝
童らと 別れてからの 野菊の墓 伊丹三樹彦
竹垣や菊と野菊の裏表 正岡子規 菊
箸墓の秀れたまひし野菊かな 阿波野青畝
籾すりのほこりをかぶる野菊哉 正岡子規 野菊
終電車野菊震はし過ぎしかど 杉田久女
絵の如く那智人濯ぐ野菊かな 星野立子
網屑のちらばる道の野菊かな 阿波野青畝
肥溜のいくつも竝ぶ野菊かな 正岡子規 野菊
膝を没す荒地野菊の花は雪 山口青邨
草の中に野菊咲くなり一里塚 正岡子規 野菊
草の花漾々として野菊かな 山口青邨
草むらにはつきりとさく野菊哉 正岡子規 野菊
草むらにもつともらしき野菊かな 正岡子規 野菊
草むらむら其中に野菊まじり咲く正岡子規 野菊
荒地野菊は野佛の花糞するな 佐藤鬼房
荒地野菊アインシユタイン塔まではゆかず 山口青邨
薄雪の滝と名づけて野菊添へん 山口青邨
藪添もゆく野菊咲いてゐるこのみちをゆく 中川一碧樓
虚子遊びし遍路の墓に野菊かな 松崎鉄之介
蝶々のおどろき発つや野菊の香 前田普羅 春寒浅間山
行く秋の野菊白くも咲きけらし 正岡子規 行く秋
行人にかゝはり薄き野菊かな 星野立子
袱子垂れて野菊山萩顔に散る 正岡子規 野菊
谿流が石噛むところ野菊咲く 細見綾子
蹴り伏せて野菊水色なる故郷 永田耕衣
身の横に日をうけてゆく野菊かな 岡井省二 五劫集
逃亡の胴は野菊をひらめかし 飯島晴子
道の邊に野菊咲くなり善光寺 正岡子規 野菊
道の邊や荊がくれに野菊咲く 正岡子規 野菊
道ばたに赤い菊さく野の小店 正岡子規 野菊
道ひろし野菊もつまず歩みけり 杉田久女
道道の野菊晴れなる榛名山 上村占魚 球磨
遠き記憶も荒地野菊よ港の空地 松崎鉄之介
遠目にて野菊つむさまかと思ふ 加藤秋邨
鄙のつと野菊にそへて參らせん 正岡子規 野菊
里近し野菊の下に土鼠の土 中村草田男
野仏にささぐべき野菊さき初めたり 荻原井泉水
野紺菊もつとも親しどこにも咲き 安住敦
野紺菊云ひ布引の日といはむ 岡井省二 鹿野
野紺菊飛ぶ雁をくらうせり 斎藤玄 雁道
野良着の背褪せぬ日を得て野菊色 香西照雄 対話
野草園野菊は紛れなかりけり 清崎敏郎
野菊たゞに摘む児が顔に薄日して 種田山頭火 自画像 層雲集
野菊など見ればいつもの情あり 山口青邨
野菊にも月日は流れゐたりけり 後藤比奈夫
野菊にも父が曾遊の地なるべし 稲畑汀子
野菊のみ白しわがゆく月の径 山口青邨
野菊の瞳息づける馬の足元に 種田山頭火 自画像 層雲集
野菊はや咲いて露けし墓參道 杉田久女
野菊は左右へ撥ねては直る乙女行く 中村草田男
野菊むらかゞめば風の強からず 杉田久女
野菊やらん汽車の窓より見ゆる也 正岡子規 野菊
野菊やゝ飽きて真紅の花恋へり 杉田久女
野菊より嫁菜の花はかじけたる 正岡子規 野菊
野菊より野菊へ鶉跳びにけり 阿波野青畝
野菊咲いてまひまひ遊ぶ小川哉 正岡子規 野菊
野菊咲いて新愁をひく何の意ぞ 村上鬼城
野菊咲きおなじ色なる湖湛ふ 水原秋櫻子 磐梯
野菊咲き今年も締むる紅き帯 桂信子 月光抄
野菊咲き山荘どこも人住まず 高浜年尾
野菊咲く修道女と礼かわしきて 古沢太穂 捲かるる鴎
野菊咲く幼子の香と老の香と 飯田龍太
野菊咲て測量杭の丈低し 正岡子規 野菊
野菊左右亡き友の家ここらあたり 大野林火 雪華 昭和三十九年
野菊待ちし女の童に逢ひぬ鈴鹿越 正岡子規 野菊
野菊折つて足洗ふ里の女かな 正岡子規 野菊
野菊折るやうちみる早瀬夕焼けて 飯田蛇笏 山廬集
野菊折る手元に低し伊豆の嶋 正岡子規 野菊
野菊揺れ影おく石に情あり 福田蓼汀 山火
野菊摘む古へ人のごとくにも 山田みづえ 手甲
野菊摘む奴国金印出しところ 野見山朱鳥 幻日
野菊摘んで水にかゞめば愛慕濃し 杉田久女
野菊映ゆ気強き女の気弱さに 中村草田男
野菊晴それよりの日と心得よ 岡井省二 有時
野菊晴母の俳句はをさなくて 清崎敏郎
野菊晴沖を見るとき並び立つ 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
野菊晴隣人妻子連れしに会ふ 安住敦
野菊殘り露草枯れぬ石の橋 正岡子規 枯草
野菊濃しここにも翁の旅の跡 稲畑汀子
野菊濃しされど海より淡かりし 山口青邨
野菊濃し女人禁制解きし径 稲畑汀子
野菊濃し柿赤しとて旅つづけ 上野泰
野菊道数個の我の別れ行く 永田耕衣
野菊露草句碑をかこめる草むらに(能登へ) 細見綾子
野路菊も身辺もまた晴れ渡り 後藤比奈夫
銭も濡れてびしよ濡れの荒地野菊 金子兜太
鐵砲のかすかにひゞく野菊哉 正岡子規 野菊
闘ひし牛に野菊の咲く径 後藤比奈夫
陶窯をめぐる野菊と檜山 松村蒼石 雁
雨粒のときどき太き野菊かな 中村汀女
露のなか蓼も野菊も日の出まヘ 長谷川素逝 暦日
露草の中にたまたま野菊哉 正岡子規 露草
鞍馬路の野菊みぞそばきりもなや 星野立子
頂上や殊に野菊の吹かれ居り 原石鼎 花影
風吹て薄の中の野菊哉 正岡子規 野菊
風失せて野菊の朝の来てをりし 稲畑汀子
馬を見に行く野の芒野菊かな 河東碧梧桐
高きに登る知夫里島(ちぶり)の野菊酒にひたし 金子兜太
高潮が引残したる野菊の水 無刻 橋閒石
鵜の鳥に踏まれて野菊起ちあがる 三橋鷹女
鹽田句碑荒涼たれど野菊あり 百合山羽公 樂土

野菊 続補遺

かたはらにかぼちや花咲野菊哉 黒柳召波
くどからぬ花や野菊に残る月 露川
すがる臥野菊は折ふ枝もなし 鈴木道彦
ながめしは野菊のくきのはじめ哉 石田未得
まかねども咲や野菊に茶の雫 梢風尼
もて来る酒に入たる野菊かな 長虹
一本の樒に添る野菊かな 木導
世をそむく野菊や百の名にいらず 桃隣
古畑の疇ありながら野菊かな 炭太祇
名もしらぬ小草花咲く野菊かな 素堂
咲まゝに只さく儘に野菊哉 句空
嫁菜とてつみけるものを野菊かな 鈴木道彦
小笹生に野菊の咲し朝寒み 鈴木道彦
山路のきく野菊とも又ちがひけり 越人
是をだに夕日の野菊雪深し 句空
曙のすゝき夕日の野菊哉 一笑(金沢)
朝見えて痩たる岸の野菊哉 支考
末座から諌言申す野菊かな 露川
松原や水に首出す野菊かな 鼠弾
焼帛のけぶりのすゑに野菊哉 高井几董
稲舟も引や野菊の溝つたひ 許六
粟刈れば野菊が下に啼鶉 許六
紫に似ずてゆかしき野菊かな 高井几董
綿仲間はづれてそよぐ野菊哉 桃隣
草刈の子は一握野菊かな 不玉
草刈の道~落す野菊哉 露川
菊の園下戸に野菊の花見せむ 一笑(金沢)
蝶の羽も吹すかさるゝ野菊かな 牧童
足本の野菊しぼめる泪哉 一笑(金沢)
酸の過た嫁菜の果は野菊かな 許六
重箱に花なき時の野菊哉 其角
野菊咲枝や折敷に折ふほど 鈴木道彦
野菊折るいぐちは袖をこぼれけり 北枝
雑煮たく柴に尋ぬる野菊哉 万子

以上
by 575fudemakase | 2016-10-22 23:10 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26297833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26
松田雄姿集 俳人協会
at 2017-11-12 11:20
釣の拙句(高澤良一)
at 2017-11-10 06:17
屛風 の俳句
at 2017-11-07 08:47
百合鴎 補遺
at 2017-11-01 08:03

外部リンク

記事ランキング