蛇笏忌 の俳句

蛇笏忌 の俳句

蛇笏忌 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22900275/

蛇笏忌 補遺

われはほそみの句もて蛇笏忌を修す 松村蒼石 雁
女人やや多き一座も蛇笏の忌 飯田龍太
山中の一木に倚る蛇笏の忌 桂信子 緑夜
山風に耳を洗ひぬ蛇笏の忌 上田五千石 天路
新らしき句帖を染めて蛇笏の忌 松村蒼石 雁
秋高うして蛇笏忌の巌一つ 鷲谷七菜子 一盞
老弟子のなかのわが齢蛇笏の忌 松村蒼石 雪
花剪つて花と歩める蛇笏の忌 廣瀬直人
蛇笏の忌寸鉄の句をつくらばや 桂信子 草影
蛇笏の忌難波大路の木の実また 飯田龍太
蛇笏忌けふ宋淵の声受話器より 松村蒼石 雁
蛇笏忌に加ふ源義忌十月終ふ 松崎鉄之介
蛇笏忌に間ある夕爾忌秋の雲 飯田龍太
蛇笏忌のあとに素十忌鰯雲 飯田龍太
蛇笏忌のはこぶに重き文机 飯田龍太
蛇笏忌のはや雲に入る槐の木 飯田龍太
蛇笏忌のひと静かなる椎の下 飯田龍太
蛇笏忌の光芒が川さかのぼり 廣瀬直人
蛇笏忌の夕日眼玉のごとくなり 廣瀬直人
蛇笏忌の大瀬白波露のなか 飯田龍太
蛇笏忌の大露寸土あますなく 飯田龍太
蛇笏忌の岩うつ滝の音きこゆ 飯田龍太
蛇笏忌の星の一軸露のなか 飯田龍太
蛇笏忌の木伝ひに靄生まれつつ 廣瀬直人
蛇笏忌の杉が屈託なく高し 飯田龍太
蛇笏忌の楓に陸ぶ四十雀 廣瀬直人
蛇笏忌の橋勁く夜の山に入る 飯田龍太
蛇笏忌の甲斐出でし水澄みにけり 松崎鉄之介
蛇笏忌の目鼻と近む深山星 飯田龍太
蛇笏忌の眩しき雲の一つ一つ 廣瀬直人
蛇笏忌の秋山霞み果てもなし 飯田龍太
蛇笏忌の空屈強の山ばかり 飯田龍太
蛇笏忌の荒甕露の地に据り 飯田龍太
蛇笏忌の赤土踏まれ踏まれ昏る 廣瀬直人 帰路
蛇笏忌の雨露に聳つ甲斐の山 飯田龍太
蛇笏忌やどすんと落ちて峡の柿 秋元不死男
蛇笏忌や奥嶺の雲に炎ばしる日 角川源義
蛇笏忌や恃むものただひとすぢに 松村蒼石 雁
蛇笏忌や振つて小菊のしづく切り 飯田龍太
蛇笏忌や木の実いちにち無音にて 飯田龍太
蛇笏忌や空の深さにをる如く 石川桂郎 四温
蛇笏忌や萱の先なる夕日見て 飯田龍太
蛇笏忌や霧のしばらく萱のなか 飯田龍太
蛇笏忌や風呂焚いてゐる童児見え 飯田龍太
蛇笏忌を安房の大濤見てゐたり 鈴木真砂女 都鳥
裏山にひかる雲積み蛇笏の忌 廣瀬直人 帰路
鉄燭の壁に影おく蛇笏の忌 桂信子 初夏
飯田蛇笏忌大露の深空より 飯田龍太

以上
by 575fudemakase | 2016-10-22 23:41 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26297906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング