林檎 の俳句

林檎 の俳句

林檎 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23239048/

林檎 補遺

「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で 楠本憲吉 楠本憲吉集
あやまつて林檎落しぬ海の上 正岡子規 林檎
いと暗き林檎悲しめば室の隅 三橋敏雄
いどみ噛る深夜の林檎意思死なず 金子兜太
きさらぎや深雪に沈む林檎園 福田蓼汀 山火
つや~と林檎すゞしき木間哉 尚白
てのひらに載りし林檎の値を言はる 日野草城
てのひらの冷えの林檎を剥くに易し 野澤節子 未明音
なめらかに紅のながるる林檎かな 上村占魚 球磨
にぎはしき林檎樹間に留め置かる 中村草田男
にこ~と林檎うまげやお下げ髪 杉田久女
はたこ屋に林檎くふ也蚊帳の中 正岡子規 蚊帳
ひと霜に林檎の蜜の入りけり 石田勝彦 秋興
ふぶくことなき満開の林檎園 鷹羽狩行
まひる野のいよよ雪降り林檎小屋 古沢太穂 捲かるる鴎
みちのくの林檎寿の銘を染めにけり 阿波野青畝
みちのくの林檎紅濃く黒きまで 山口青邨
むつふじと軍艦の名よあはれ林檎 山口青邨
もぎたての林檎手で拭きぬ子の儀式 加藤秋邨
ゆかしさも紅ゐ浅き林檎かな 百里
よき母の腰の緊りや林檎はこぶ 中村草田男
りんごがあるりんご描いてあるりんごをたべる 種田山頭火 自画像 落穂集
りんごのひかりのおだやかなふたつ 種田山頭火 自画像 落穂集
りんごの木乳のにほひの雪降り出す 上田五千石『琥珀』補遺
りんご一つ兄の遺影の前におく山口青邨
りんご掌にこの情念を如何せむ 桂信子 月光抄
りんご食みいちづなる身をいとほしむ 桂信子 月光抄
りんご食みわが行末は思はざる 桂信子 月光抄
われよりも低きに林檎高きにも 石田勝彦 秋興
アダムめきイヴめき林檎噛めるあり 日野草城
オリオンと店の林檎が帰路の栄 中村草田男
ガラスの林檎ガラスの小鳥露けしや 山田みづえ まるめろ
ダリはすでに林檎をかりんとして描きぬ 山口青邨
ピケ等胸に雪を湛えて林檎欲る 飴山實 おりいぶ
ベランダに雪の吹き込む林檎箱 岡本眸
リンゴ採り尽すまで樹の上にゐる 津田清子 礼拝
一人づつそしり林檎は食ひ足らぬか 加藤秋邨
一刀のもと香を放つ初りんご 阿波野青畝
一句あり林檎一つを手に持ちて 星野立子
一天の林檎おごれり旅装のまま 古舘曹人 能登の蛙
一本の林檎の紅を見よと言ふ 石田勝彦 百千
一箱の最後の林檎籾を出づ 野見山朱鳥 荊冠
不断燈仏の林檎真赤にす 大野林火 雪華 昭和三十八年
世界病むを語りつつ林檎裸となる 中村草田男
二つ三つ林檎ころがし「臥てゐろよ」 加藤秋邨
人どちの交礼繁し林檎噛る 中村草田男
今一つ林檎まつりに梯子足せ 平畑静塔
今日の鼻鮮やか鮭と林檎感ず 加藤秋邨
仲よき親子夫婦見て来て林檎樹下 中村草田男
信濃人アダムイブめき林檎摘む 阿波野青畝
個の蟻として独立す林檎の上 加藤秋邨
停車場の鳥瞰に小さき小さき林檎 中村草田男
冷害年川原畑に林檎実り 佐藤鬼房
刃を入るる隙なく林檎紅潮す 野澤節子 未明音
初蝶に一顆の林檎かじりゆく 橋閒石 雪
初雪は根雪にならぬ林檎かな 阿波野青畝
剪定の林檎の枝の束白く 山口青邨
北上にかかる大橋林檎売 山口青邨
北国の緋色のりんご見あきざる 細見綾子
十五夜の月にみのるや晩林檎 村上鬼城
千成と書きし札貼る林檎かな 正岡子規 林檎
卓の灯に月さす林檎紅鮮た 飯田蛇笏 家郷の霧
原爆の街停電の林檎つかむ 金子兜太
口紅の無きがの口に林檎噛む 石塚友二 方寸虚実
君が胸林檎を磨くためにあり 石田勝彦 秋興
吾妹子が林檎噛む音みづみづし 伊丹三樹彦
吾等酔い鼻目歪めて林檎噛る 金子兜太
喰いかけ林檎と三十才の帽子抛げる 金子兜太
喰ふ林檎紅し展び展ぶ日向道 中村草田男
噛みとりし林檎の歯型雪しきる 加藤秋邨
噛む林檎紅白一体亡き友よ 中村草田男
四人居て四切れの林檎みな真白 林翔
団欒や林檎は肩を光らせて 後藤比奈夫
坪林檎太宰の故郷この奥二里 中村草田男
城中ふかく在るかに林檎のハイライト 中村草田男
城聳え街中にある林檎園 福田蓼汀 山火
壁光れど細かな亀裂林檎熟るる 香西照雄 素心
声とほるまで声出して林檎売り 飯田龍太
声出して声遠くまで林檎売り 飯田龍太
夜のケビンしづかにりんご傾きぬ 桂信子 月光抄
夜の林檎歯並みずみずしく踊り子 伊丹三樹彦
夜の果舗智慧の林檎と怠惰な梨 松崎鉄之介
夜夜の灯に夜夜の林檎と教案簿 木村蕪城 寒泉
天澄みて地澄みて林檎木に紅し 相馬遷子 雪嶺
天童が来れば梢の林檎もぐ 平畑静塔
天草の蜜柑小諸の林檎とて 後藤比奈夫
太枝を剪られ回春林檎の樹 津田清子
女にも攀りやすくてリンゴ生る 津田清子 礼拝
女堕つ雨中に林檎かじりながら 伊丹三樹彦
姫りんご実をもつ家に帰りくる 角川源義
子を抱くや林檎と乳房相抗ふ 中村草田男
孔子廟どこからも見ゆ林檎もぐ 山口青邨
孤児林檎喰む頃巷淋しくなる 有馬朗人 母国拾遺
寒き貌列車乗り来る林檎はむ 角川源義
寒林檎音たて食うべ婚期まだ 三橋鷹女
寝せてありりんご摘果の長梯子 細見綾子
寝て寒夜林檎を信じ瞑りぬ 赤尾兜子 蛇
山の日の林檎枯れ立つもののうち 古舘曹人 能登の蛙
山動かねば水ひびく林檎の木 飯田龍太
山晴れて林檎は紅を濃くしたり 山口青邨
岩代に桃・梨・林檎天灼けたり 松崎鉄之介
島の茶屋林檎五六箇梨五六箇 後藤比奈夫
年送る合唱林檎を片手にもち 古沢太穂 三十代
広島に林檎見しより息安し 西東三鬼
後継が無し林檎の樹接木して 津田清子
徹夜の稿にいつ置かれたる林檎凍む 森澄雄
手にとるも林檎は軸で面白し 其角
抱かれ来て亡き姉の辺に置く林檎 飯田龍太
採りつくしたる林檎園雪嬉々と 上田五千石 田園
採点のペンが凍て又林檎凍て 木村蕪城 寒泉
文化祭シヤツを林檎の枝に垂らし 飯田龍太
新墓に林檎を供ふ土葬墓地 右城暮石 句集外 昭和五十一年
日盛りの薬剤まみれ林檎の木 佐藤鬼房
星空へ店より林檎あふれをり 橋本多佳子
晩安や鯰料理のあとに林檎 金子兜太
最高となり頂上の巌の林檎 西東三鬼
月さして空林檎箱にほふなり 能村登四郎
月光の林檎の前に披く胸 赤尾兜子 蛇
朝の茶は林檎を*もぎし後に飲む 福田蓼汀 山火
木にたわわ地にるいるいと落林檎 鷹羽狩行
木の林檎匂ひ火山に煙立つ 西東三鬼
木守林檎轆轤は土の玉まはす 中村草田男
札貼りし品評會の林檎かな 正岡子規 林檎
林檎*もぐ脚下鳶ゆく日を載せて 木村蕪城 寒泉
林檎くふて又物寫す夜半哉 正岡子規 林檎
林檎くふて牡丹の前に死なん哉 正岡子規 林檎
林檎にかけし梯子が空へぬける 橋本多佳子
林檎のそば涙に洗はれきつた顔 中村草田男
林檎のみ紅顔祖父母と父母が遺族 香西照雄 素心
林檎の上灯色異なる去年今年 森澄雄
林檎の柄林檎にふかし仏燈下 中村草田男
林檎の樹のぼりやすくて処女のぼる 橋本多佳子
林檎の芯棄て風の子となりゆけり 伊丹三樹彦
林檎まだ覆面のまま北信濃 鷹羽狩行
林檎むく五重の塔に刃を向けて 野見山朱鳥 曼珠沙華
林檎より雲たたなはり日が囃す 古舘曹人 能登の蛙
林檎一つ机にきのふのものにあらず 山口青邨
林檎一顆撫でて孫曰ふ「はいつてる」中村草田男
林檎与ふ世に赤をこそ色と言はめ 中村草田男
林檎交配大きな虻が顔よぎり 岡本眸
林檎充ちし網棚の下の日本海 能村登四郎
林檎剥く意のまま意のままならぬこと 燕雀 星野麥丘人
林檎剥く指も曠野の夕焼を 加藤秋邨
林檎剥く祝婚の鐘聴くなべに 林翔 和紙
林檎割るキラキラ白い肌へ雪 赤尾兜子 蛇
林檎割る味噌っ歯風の吹く日かな 飯田龍太
林檎園の中の洋梨寂しからむ 山田みづえ 木語
林檎園やはらかき草踏みて入る 岸田稚魚
林檎園人をり雪嶺を遠くしぬ 山口青邨
林檎園外一色の葛生なり 平畑静塔
林檎園守り皇学の書を書架に 富安風生
林檎園紅玉が日を恋ひ輝りて 村山故郷
林檎園起伏いただきに孔子廟 山口青邨
林檎園雪は洩れ日のごとく降る 野見山朱鳥 幻日
林檎園露けき犬が貌を出す 藤田湘子 途上
林檎売りの背中に鶏がとびあがる 金子兜太
林檎売る ひもじくなれば林檎齧る 伊丹三樹彦
林檎売る赤過ぎる程磨き上げ 高田風人子
林檎売橋の袂にお山晴れ 山口青邨
林檎売雪来れば穿く雪沓か 水原秋櫻子 殉教
林檎寒くまろぶ都に生きがたく 角川源義
林檎小さし 固し 紺衣の歯は健やか 伊丹三樹彦
林檎得て含羞顔の女猿かな 角川源義
林檎投げてとどかす暗い事務の梁 金子兜太
林檎抱き一猿何を淋しめる 富安風生
林檎拭く二月の雲に目を細め 橋閒石 雪
林檎採る男に非ずして案山子 阿波野青畝
林檎掻き出し掻き出し尽きし其籾殻 中村草田男
林檎描く絵具惨憺盛り上り 野見山朱鳥 曼珠沙華
林檎木のぼり簪に手を添へず 平畑静塔
林檎村半どんの子の帰り来る 松崎鉄之介
林檎樹下無傷の林檎あまた落つ 津田清子
林檎樹下病める林檎の集められ 山口誓子
林檎歯にあつる女を目に愛す 伊丹三樹彦
林檎浮く無雑作 泉番は少女 伊丹三樹彦
林檎無き國をあはれむジャボン哉 正岡子規 朱欒
林檎熟るる雲の襞々張り出すだけ 香西照雄 素心
林檎熟れ肩上げの子の祭髪 松崎鉄之介
林檎甘し酸っぱししみじみ妻との夜 楠本憲吉 孤客
林檎畠に夕峰の濃ゆき板屋かな 杉田久女
林檎真赤五つ寄すればかぐろきまで 野澤節子 未明音
林檎箱出でて今年の林檎殖ゆ 三橋敏雄
林檎紅し妻は帰りて居ぬままに 石田波郷
林檎美し古名画をたれか愛せざる 飯田蛇笏 雪峡
林檎若木まだ大木の愚にならず 平畑静塔
林檎落つ ひとの想(おもひ)のいりみだれて 富澤赤黄男
林檎買ふ旅の足もと燈に照らされ 橋本多佳子
林檎赤きをつづれりこぼれ部落まで 大野林火 方円集 昭和五十三年
林檎赤し寒く貧しく国の果 福田蓼汀 山火
林檎選る土下座の彼方 落林檎 伊丹三樹彦
林檎食いかけどの家も半壊の人影 金子兜太
林檎食ひ柿食ひ節操なきごとく 山口青邨
林檎食べ真赤な寝巻母と臥す 中村草田男
枝垂れ林檎よき個人あり今の世に 中村草田男
枝林檎ほのはにかみの季なれや 中村草田男
枯れ枯れて一葉とゞめず林檎園 相馬遷子 山河
染抜の寿とこそ読めれ林檎の字 山口青邨
柚子の列斜め匂へる林檎の中 飯田龍太
梯子凭せ林檎生る木に重みかけ 山口誓子
樹のリンゴ地上の妻の籠に満つ 津田清子 礼拝
歯にあてゝ雪の香ふかき林檎かな 渡邊水巴 白日
死顔や林檎硬くてうまくて泣く 西東三鬼
母が割るかすかながらも林檎の音 飯田龍太
母の忌に掃くや林檎の木の下も 飯田龍太
比ぶれば林檎は若く柿は老ゆ 相生垣瓜人 微茫集
汝と剥いて恋白眼み足る林檎かな 飯田蛇笏 山廬集
油じむ拇指の力で林檎割る 佐藤鬼房
泣顔の思ひ出すごとく林檎噛む 加藤秋邨
津軽よりうす霧曳きて林檎園 飯田蛇笏
浴泉や夜のまはりに林檎の実 森澄雄
海渡る知らぬ女と林檎かじり 伊丹三樹彦
清流や嶽や日あつむ落林檎 古沢太穂 捲かるる鴎
湖風が崖にぶつかり林檎熟れ 木村蕪城 寒泉
湾口を出づ船室に林檎籠 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
満人はよごれ露天に林檎照り 伊丹三樹彦
澁紙の袋に入れし林檎かな 正岡子規 林檎
濃き紅は林檎の肩をあふれ越ゆ 山口青邨
火のごとき林檎ありけりトラピスト 阿波野青畝
火口しづか若き眼伏せてリンゴ噛る 津田清子 礼拝
火気おこりいま賑はしや林檎園 木村蕪城 寒泉
灯れば寂かさのまゝ耀るりんご 桂信子 月光抄
無為にして牛肉を啖ひ林檎を啖ひ 日野草城
父の忌や林檎二籠鯉十尾 杉田久女
独房に林檎と寝たる誕生日 秋元不死男
獄塀すこし見ゆ一月の林檎園 飯田龍太
甲板に林檎を噛る女かな 高浜年尾
畑の樹の林檎幾百顆にて曇る 橋本多佳子
病む卓に林檎紅さやむかず見る 杉田久女
登山の荷と別に女らリンゴ持つ 津田清子 礼拝
白太幹の林檎の幹の足腰 金子兜太
皮のまま林檎食ひ欠く沖に船 西東三鬼
盗みくふ林檎に腹をいためけり 正岡子規 林檎
盛物に林檎のつやゝ仏の灯 内藤鳴雪
短か夜の病者の林檎水に浮く 細見綾子
禿の鷹越えんと噛みかけ林檎捨つ 加藤秋邨
秋曇の林檎拭きをはり嘔吐せり 渡邊白泉
秋朝林檎園に入りまた帰らないでゐる 中川一碧樓
種播きし手をひろげたり林檎載す 平畑静塔
稲刈村過ぎてたわわの林檎村 森澄雄
籾殻の深きところでりんご触れ 橋本多佳子
籾殻の深さが甘さ信濃林檎 鷹羽狩行
粒大き出羽の林檎と剥き翳し 石塚友二 光塵
紅き林檎高度千米の天に噛む 西東三鬼
紅葉山遠くて林檎園に見え 平畑静塔
終点の無風あかるくリンゴ緊る 橋閒石 風景
綺羅星のもとに林檎を食べて憩ふ 木村蕪城 一位
美しき籃の林檎や贈り物 正岡子規 林檎
羽織紐朱し胸べに林檎剥かれ 野澤節子 未明音
老いよとや赤き林檎を掌に享くる 橋本多佳子
胃痛癒えて林檎の來る嬉しさよ 正岡子規 林檎
脱走せり林檎すかりと皿に置き 西東三鬼
腕として一枝余さず林檎持す 平畑静塔
腹中の林檎が白くかゞやきぬ 日野草城
自づからも紅玉林檎樹下に落ち 平畑静塔
落ちたるを叉に戻して出羽林檎 平畑静塔
落林檎ほたほた 霧に 無人の村 伊丹三樹彦
落林檎巻き込みて 鳴る 溝の雨季 伊丹三樹彦
落林檎渋し阿呆もアダムの裔 西東三鬼
葉月にはおぼこ林檎の落ちやすし 平畑静塔
袋掛終へし林檎に山の雨 松崎鉄之介
記者ら突込む鉄傘朝の林檎満ち 赤尾兜子 蛇
試しても林檎大人の頭にのらず 平畑静塔
購ひしリンゴすつぱし秋の風 松崎鉄之介
赤城雪襞りんご畑はいま出た陽 古沢太穂 火雲
転がり配る林檎一と跳ねしてとどく 大野林火 雪華 昭和三十七年
退院日小粒黒ずむ姫りんご 角川源義
道の辺に一樹百顆の林檎立つ 水原秋櫻子 殉教
遠景消えて林檎の苑の中に泰し 中村草田男
野は林檎町はあかあか晩鴉に満つ 中村草田男
野生林檎酸つぱしといへば少女立つ 加藤秋邨
野遊に疲れ林檎の芯いくつも 赤尾兜子 歳華集
鈴生りや一茶の知らぬ林檎の木 百合山羽公 樂土
銀河より享ける微光や林檎かむ 平畑静塔
門前のたわわ林檎はおばばの木 平畑静塔
門近く朝日夕日の林檎園 大野林火 雪華 昭和三十五年
闇の林檎噛み噛み餓ゑは若々し 中村草田男
隙間風来る卓上に林檎一つ 山口青邨
隣室の診断(みたて)ひそひそ林檎一つ 中村草田男
難民のツリーに林檎真紅なり 平畑静塔
雨蛙西日移りて林檎もゆ 飯田龍太
雪の昼林檎の冷えを身に加ふ 野澤節子 未明音
雪ふるやいまはかなしき林檎の木 森澄雄
雪を来て酸ゆき林檎を欲り食ふ 三橋鷹女
雪夜にて林檎覚めゐる佛の闇 森澄雄
雪晴の埠頭まぶしく林檎売 西島麦南 人音
雲見る雀収果の後の林檎の木 中村草田男
霧ながら林檎一樹に四五百顆 山口誓子
霧の夜の爪剪るや立つ林檎の香 加藤秋邨
霧も紅らみて流るる林檎頬 鷹羽狩行
音楽湧くごとく林檎の赤らめり 大野林火 方円集 昭和五十三年
頬の落る林檎齒の痛む肉に足る 正岡子規 林檎
風荒き雪と林檎を噛みしむる 臼田亜郎 定本亜浪句集
鵙鳴て北海の林檎到來す 正岡子規 鵙
黒姫を雲かくす日もりんご摘果(長野県柏原) 細見綾子

以上
by 575fudemakase | 2016-10-22 23:56 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26297936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング