薄紅葉 の俳句

薄紅葉 の俳句

薄紅葉 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/25050892/

薄紅葉 補遺

いへづとのお六花櫛薄紅葉 山口青邨
うすもみぢしてよそほへり滝の山(那智の滝) 細見綾子
うすもみぢせし山水の新豆腐 細見綾子
うすもみぢ佛の墓をいづれとも 富安風生
うすもみぢ能登は入江のやさしさに 細見綾子
おいびとに濃紅葉わかうどに薄紅葉 山口青邨
からかねの鑄ぬきの門や薄紅葉 正岡子規 紅葉
ときめきはきのふのこころ薄もみぢ 上田五千石『天路』補遺
どことなく薄紅葉して大樹なり 高浜年尾
はつむまや手判の華の薄紅葉 馬場存義
もみぢばの御紋の御寺薄紅葉 山口青邨
ラヂウムは病を癒やす薄紅葉 山口青邨
一もとは墓場の中の薄紅葉 正岡子規 紅葉
三千寺いづこ濃紅葉薄紅葉 阿波野青畝
下戸にして請とりにくし薄*紅葉 長虹
中腹に宮あり詣で薄紅葉 上村占魚 球磨
五十まりの風鐸寂びつ薄紅葉 水原秋櫻子 緑雲
前後濃紅葉左右薄紅葉 後藤比奈夫
四十から男ざかりや薄もみぢ 早野巴人
夕陽や材木店も薄紅葉 乙訓
多摩の水すこし激する薄紅葉 山口青邨
夜の庭のさだかならねど薄紅葉 星野立子
大由布の色をなさんと薄紅葉 野見山朱鳥 曼珠沙華
子に抛る白球の線薄紅葉 原裕 青垣
家あれば菊あり村あれば薄紅葉 正岡子規 紅葉
寄生木にして薄紅葉したりけり 清崎敏郎
尼君の昔姫君薄紅葉 阿波野青畝
尼寺の苔にも及ぶ薄紅葉 鷹羽狩行
山の端に庵せりけり薄紅葉 松本たかし
山里や烟斜にうすもみぢ 高桑闌更
幼帝のいまはの笑みの薄紅葉 飯田龍太
慈悲相の一面照らふ薄紅葉 水原秋櫻子 緑雲
我が手甲のかたい一日の薄紅葉見た 中川一碧樓
暮れ行くや杉の林の薄紅葉 正岡子規 紅葉
朝夕の竈にも見るや薄もみぢ洒堂
木を荷ふ荒き仕事に薄もみぢ 松本たかし
松杉や朱の圍垣の薄紅葉 正岡子規 紅葉
板なせば水も滝なす薄紅葉 野澤節子 存身
林泉の這ひまとふもの薄紅葉 山口青邨
梢まで御酒やうつりて薄紅葉 中川乙由
横川僧柿色衣薄紅葉 星野立子
此間見たにはあらじ薄もみぢ 寥松
母に数歩娘が遅れ薄紅葉 鈴木真砂女 紫木蓮
水中やさみだるゝ嶋の薄紅葉 渡邊水巴 白日
水錆江やうへは柞の薄紅葉 高桑闌更
濃紅葉に教へられつつ薄紅葉 後藤比奈夫
町人に親し欅のうすもみぢ 高浜年尾
砂はらや*しんきまじりにうすもみぢ 寥松
稲妻や今朝より森の薄紅葉 松岡青蘿
竹の葉に色を分けてや薄紅葉 中川乙由
簗掛けて高鳴る水や薄紅葉 松本たかし
籐を延る君が手蓋や薄もみぢ 東皐
膝掛はくれなゐ軒の端薄紅葉 山口青邨
自動車を下りるには下り薄紅葉 飯島晴子
苔庭に冷雨たたへてうすもみぢ 飯田蛇笏 春蘭
蔵出しの酒の匂へるうすもみぢ 細見綾子
薄紅葉こそひそかなる天意かな 飯田龍太
薄紅葉ごしに見てゐる薄紅葉 稲畑汀子
薄紅葉したる一木を讃へばや 高野素十
薄紅葉したる二木も淋しさよ 高野素十
薄紅葉してと面テをかがやかせ 後藤夜半 底紅
薄紅葉してほのめけり阿夫利の嶺 石塚友二 磊[カイ]集
薄紅葉して常盤木に立ちまぢり 清崎敏郎
薄紅葉して炎天は昨日のこと 原裕 葦牙
薄紅葉せる木立あり歩み入る 松本たかし
薄紅葉ながらに汚れそめにけり 清崎敏郎
薄紅葉にはあらざりし初紅葉 後藤比奈夫
薄紅葉基調の苑の濃き紅葉 後藤比奈夫
薄紅葉夢のごとくに魚紋あり 大野林火 方円集 昭和四十九年
薄紅葉恋人ならば烏帽子で来 三橋鷹女
薄紅葉紅にそめよと與へたり 正岡子規 紅葉
薄紅葉翅もつものは空に消ゆ 古舘曹人 砂の音
薄紅葉院々小径峡れたり 村山故郷
虹消えて夕山寒し薄紅葉 正岡子規 紅葉
裏紋の楢の神の木うすもみぢ 山口青邨
谷下りて水に手ひたすうすもみぢ 細見綾子
谿邃く湯気たちまよひ薄もみぢ 飯田蛇笏 山響集
趣は濃紅葉よりも薄紅葉 清崎敏郎
館山寺からも乗船薄紅葉 後藤比奈夫
高坏に紅葉の菓子や薄紅葉 上野泰 佐介
高音よりはじまる木遣薄紅葉 岡本眸
鴨池につき出し山の薄紅葉 高野素十

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 00:16 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26297979
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング