桜紅葉 の俳句

桜紅葉 の俳句

桜紅葉

卑近な紅葉と言えば 桜紅葉 梅紅葉 あたりであろう。
その例句を挙げる。

あたらしき桜紅葉で涙拭く 仙田洋子 雲は王冠
かつ散りて桜紅葉の褪せもせず 鷹羽狩行
これはこれでと云ひつゝ桜紅葉みる 高澤良一 石鏡
さくら紅葉お水送りの瀬に照れり 櫛田と志子 『繭玉』
さくら紅葉けやき紅葉のあらそふか 小島千架子
さくら紅葉ひらひらさくら坂といふ 海老沢紀代子
さくら紅葉わが居しあとに少女かな 川端京子
さくら紅葉散り込む吉野の懸造 関森勝夫
さくら紅葉相模の泥に下駄穿つ 石橋秀野
なほ残る桜紅葉は血のいろに 原裕
はせを塚取り巻く桜紅葉かな 松本澄江
一本の桜紅葉や魯迅の碑 佐治英子
一考碑さくら紅葉の中にかな 鏡愁葉子
上り行く桜紅葉の並木道 中村 志ま
下枝はみくじの占めて桜紅葉 田中芙美
人の世の桜紅葉を僧の掃く 櫛原希伊子
八月の桜紅葉を掃けるかな 富安風生
前の世も桜紅葉も昏れなづむ 秦夕美
十二月さくらもみぢの二葉三葉 松村蒼石 寒鶯抄
唇におらしょ 桜紅葉を拾い重ね 伊丹三樹彦
噴水の根もと煙れり桜紅葉 星野恒彦
壺の丘どれも虫くひ桜もみぢ 佐藤鬼房
好きな道桜紅葉の頃なれば 稲畑汀子
妻つれて桜紅葉の壺坂へ 山口青邨
婚整ふ桜紅葉の明り取り 森岡正作
嬰児に左近の桜紅葉かな 秦泉寺洋子
室生口桜紅葉の下にバス 星野恒彦
宿おの~橋あり桜紅葉かな 久米正雄 返り花
影を濃く桜紅葉と川燈台 野木桃花
明るさは桜紅葉に優る君 高澤良一 石鏡
木槿さく畑の径や木幡山 河東碧梧桐
朽つるまで桜紅葉は燃ゆるべし 成瀬櫻桃子 風色
松山へ桜紅葉の明るさよ 右城暮石 句集外 大正十四年
枝にして桜紅葉の疎なるかな 清崎敏郎
桜もみぢ山に対して日過すや 細身綾子
桜もみぢ秋篠寺に拾ふかな 細身綾子
桜もみぢ肩のやさしき石一つ 鈴木しげを
桜紅葉しばらく照りて海暮れぬ 角川源義
桜紅葉そのまま風に燃えにけり 林誠司
桜紅葉なるべし峰に社見ゆ 河東碧梧桐
桜紅葉まぬがれ難き寺の荒れ 村田脩
桜紅葉入る日は神のうしろなる 渡邊水巴 富士
桜紅葉妻を見返りがちに行く 中山砂光子 『納沙布』
桜紅葉拾ひ妹が名灸り出す 田中水桜
桜紅葉肩の凝らない話がいい 相原左義長
桜紅葉蹤きゆくことの寧からず 永方裕子
桜紅葉車寄せなる金モール 立川京子
桜紅葉鎧直垂妙義山 片倉正博
桜紅葉鱗剥がれていくごとし 高野ムツオ 蟲の王
櫻もみぢ一片文(あや)の閼伽水に 高澤良一 随笑(幸田文の墓)
死はかねて桜紅葉のうしろより 手塚美佐 昔の香
段葛さくら紅葉の明るさに 柏原眠雨
母病みて桜紅葉の遠き嶺 原裕 青垣
水の面に桜紅葉の心ばえ 高澤良一 鳩信
汝なき桜紅葉に還りける 加藤楸邨
池の鴨さくらもみぢの梢越し 瀧井孝作
浅沓の置かれて桜もみぢ降る 松本旭
淡墨の桜紅葉の雨雫 茨木和生
火をかけし桜紅葉の焔見ゆ 萩原麦草 麦嵐
燃えたらぬ桜紅葉よ波郷の忌 白澤良子
牧場の桜紅葉に沿うて径 高濱年尾 年尾句集
盛岡は桜紅葉もよかつつろ 浅井啼魚
眼鏡ふかく日の射し桜紅葉かな 河合照子
研師来るさくら紅葉の信濃より 飯田龍太
神苑の桜紅葉を拾ひ来し 並松 玉哉
神鏡に桜紅葉の揺れどほし 上田日差子
綿雲のましろき桜紅葉かな 日野草城
英霊の秋寂びて桜紅葉しぬ 渡邊水巴 富士
閉校式さくら紅葉の中に終ゆ 林 庄一
雨に濡れし桜紅葉を詠みしひと 田中冬二 俳句拾遺
面倒臭さうなる桜紅葉かな 川崎展宏
頽齢の家持なりや桜紅葉 佐藤鬼房
風師山の桜紅葉の道長し 龍 康夫
黙庵に桜紅葉の日をゆづる 角川源義

桜紅葉 補遺

かつ散りて桜紅葉の褪せもせず 鷹羽狩行
ちり際はもろき桜の紅葉哉 遅望
ほぼまるきさくらもみぢのひと葉あり 岡井省二 五劫集
もみづれど不断桜に花芽かな 松崎鉄之介
もみづれる桜に昼の雲たかし 大野林火 海門 昭和七年以前
十二月さくらもみぢの二葉三葉 松村蒼石 寒鶯抄
唇におらしょ 桜紅葉を拾い重ね 伊丹三樹彦
地に在りてさくらもみぢはきよらかに 日野草城
壺の丘どれも虫くひ桜もみぢ 佐藤鬼房
夢殿の清閑桜もみづりぬ 臼田亜郎 定本亜浪句集
妻つれて桜紅葉の壺坂へ 山口青邨
早咲の得手を桜の紅葉哉 丈草
東ずれ梅や桜の七紅葉 支考
松山へ桜紅葉の明るさよ 右城暮石 句集外 大正十四年
枝にして桜紅葉の疎なるかな 清崎敏郎
桜もみぢ山に対して日過すや 細見綾子
桜もみぢ秋篠寺に拾ふかな 細見綾子
桜紅葉しばらく照りて海暮れぬ 角川源義
桜紅葉なるべし峰に社見ゆ 河東碧梧桐
桜紅葉入る日は神のうしろなる 渡邊水巴 富士
母病みて桜紅葉の遠き嶺 原裕 青垣
汝なき桜紅葉に還りける 加藤秋邨
紅葉して見せけり留主の糸桜 北枝
紅葉せる老い桜をも別きて見し 相生垣瓜人 負暄
綿雲のましろき桜紅葉かな 日野草城
英霊の秋寂びて桜紅葉しぬ 渡邊水巴 富士
頽齢の家持なりや桜紅葉 佐藤鬼房
黙庵に桜紅葉の日をゆづる 角川源義

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 00:26 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26297993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング