冷まじ の俳句

冷まじ の俳句

冷まじ の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23306382/

冷まじ 補遺

あぢさゐに月照ることのすさまじき 山口青邨
からつぽの一茶土蔵の冷まじき 百合山羽公 樂土
この庭の霧すさまじき紅葉かな 松本たかし
すさましや戀にあつさをしらぬ夜半 正岡子規 冷まじ
すさましや此山奧の石佛 正岡子規 冷まじ
すさましや眞晝の鐘をつく時は 正岡子規 冷まじ
すさましや花ちる下の水車 正岡子規 冷まじ
すさましや身よりもふとき袋ぐも 正岡子規 冷まじ
すさまじきことの限りに身の老いも 能村登四郎
すさまじきわが呼び初めにやさしけれ 加藤秋邨
すさまじき垂直にして鶴佇てり 斎藤玄 狩眼
すさまじき夕日なりけり柿を食ふ 加藤秋邨
すさまじき女の腋臭死の塔下 加藤秋邨
すさまじき孤独や象の花吹雪 加藤秋邨
すさまじき師走の冷えや邪鬼の眼 加藤秋邨
すさまじき撥音竹山の眼あきをり 能村登四郎
すさまじき月を肩にす羊歯の中 加藤秋邨
すさまじき真闇となりぬ紅葉山 鷲谷七菜子 游影
すさまじき血の修羅界を妻見しや 能村登四郎
すさまじき雁の餌時の中にあり 斎藤玄 雁道
すさまじき雲の走りや秋の空 正岡子規 秋の空
すさまじき風雨の中や句碑抱く 能村登四郎
すさまじき髪のみどりは沖より来 斎藤玄 狩眼
すさまじき鵙におびゆる冬の森 相馬遷子 山河
すさまじく人を愛せし昔かな 草間時彦
すさまじく川霧のぼる梅雨晴間 能村登四郎
すさまじく蚊がなく夜の痩せたからだが一つ 尾崎放哉 小豆島時代
すさまじさの奥のやさしさ絵にこめて 能村登四郎
すさまじやをんながあふぐ杉の丈 上田五千石 天路
すさまじやベッドに立てし書見台 岡本眸
すさまじや子は覚えたるハイチヤイす 岸田稚魚 負け犬
すさまじや弱気の犬と強気の鶏 鷹羽狩行
すさまじや木の歯するどき民具展 鷹羽狩行
すさまじや白づくめなる寝嵩にて 能村登四郎
すさまじや神馬の餌の五十円 鷹羽狩行
すさまじや筆も硯もともに古り 鷹羽狩行
すさまじや罅が支へて登り窯 岡本眸
すさまじや肉体枯れてなほ男 能村登四郎
すさまじや蝋燭走る風の中 正岡子規 冷まじ
すさまじや覚めて寝返る壁の色 岡本眸
すさまじや雨溜めて何抜きしあと 岡本眸
すさまじや鰍釣りゐて釣嫌ひ 斎藤玄 雁道
ひとすぢの香の冷まじや残り菊 鷲谷七菜子 一盞
ひとつゐる鵜に炎日のすさまじき 加藤秋邨
ぽんこつの末枯の原すさまじき 阿波野青畝
ものを噛む顔すさまじく寒旱 加藤秋邨
オロシヤ寇などといふ冷まじきもの 後藤比奈夫
一つ家に棄て魔保存魔冷まじや 石塚友二 玉縄以後
一寒燈ありすさまじく引潮す 大野林火 青水輪 昭和二十四年
乗越をくりだす暮雲冷まじや 上田五千石『天路』補遺
事故の跡とどめぬことの冷まじや 稲畑汀子
亭載せて二峰すさまじかりけるよ 阿波野青畝
冬の薔薇すさまじきまで向うむき 加藤秋邨
冬枯のいますさまじき菖蒲田に 古舘曹人 砂の音
冷まじきまでの畳の青さかな 上田五千石 森林
冷まじきものからくりの糸の数 後藤比奈夫
冷まじきものが髪膚に著きそめし 相生垣瓜人 明治草
冷まじきものに東司の糞壺よ 安住敦
冷まじき夕映に身を投げいだす 佐藤鬼房
冷まじき寺歴の鐘を打ちにけり 石田勝彦 雙杵
冷まじき山に夕日の眠む気かな 能村登四郎
冷まじき明日へ捩子まく置時計 鷲谷七菜子 黄炎
冷まじき札のひとつの癌封じ 石田勝彦 雙杵
冷まじき潮壽永の音すなり 飯田龍太
冷まじき激流を詠み来しは誰ぞ 石田波郷
冷まじき瀧のいとなみ山に暮れ 上田五千石『琥珀』補遺
冷まじき群青に淵なせりけり 上田五千石『天路』補遺
冷まじき闇負ひ仁王剥落す 小林康治 玄霜
冷まじき青一天に明けにけり 上田五千石 森林
冷まじき面や足袋や薪能 石川桂郎 四温
冷まじくつばくろの秋をはりけり 上田五千石 琥珀
冷まじく塔ののけぞる杉の空 上田五千石 天路
冷まじく暮れて木霊も居らざりき 下村槐太 天涯
冷まじく棹たわまして球磨下り 阿波野青畝
冷まじく雨びたる草踏ゆけり 松村蒼石 雁
冷まじく鮮らしき土庭に入れ 松村蒼石 雁
冷まじく鯛の頭を落しけり 鈴木真砂女 居待月
冷まじと言はむ胃の腑も腹綿も 相生垣瓜人 負暄
冷まじやなべて余命に制さるゝ 相馬遷子 山河
冷まじやひとりの酒に酔ひつぶれ 草間時彦 櫻山
冷まじや人の門出て夜の顔 草間時彦 櫻山
冷まじや友らやうやく癌三人 石田波郷
冷まじや句集開巻に別離の句 安住敦
冷まじや合流こばむ雑魚川 上田五千石 森林
冷まじや奪衣婆めぐり石仏 鷹羽狩行
冷まじや子規の雅号の百あまり 鷹羽狩行
冷まじや寝どきを騒ぎ神の鶏 鷹羽狩行
冷まじや島の蔭より島現れて 岸田稚魚 筍流し
冷まじや師の死をつぐる電話置けば 角川源義
冷まじや帰巣の鴉空を覆ひ 佐藤鬼房
冷まじや木乃伊の夫婦手を繋ぎ 安住敦
冷まじや泥を鎧ひて泥火山 鷹羽狩行
冷まじや珈琲を断ち酒を断ち 相生垣瓜人 明治草
冷まじや竜巻止みて地獄見ゆ 後藤比奈夫
冷まじや胸先走る濁り川 角川源義
凄しや彈丸波に沈む音 正岡子規 冷まじ
合す掌のほか冷まじき千手かな 鷹羽狩行
喪の家の窓すさまじき火蛾の群れ 中村苑子
夜を起きて人の昼寝ぞすさまじき 正岡子規 昼寝
天の川いづこの藪もすさまじく 下村槐太 天涯
天龍わたるすさまじきものたかしの句 桂信子 晩春
女すさまじひとりの顔が柿を食ふ 加藤秋邨
威銃とはすさまじ自衛隊の砲 山口青邨
宿直の夜は花冷のすさまじき 波多野爽波 鋪道の花
小夜更の厠すさまじ野分吹く 日野草城
小鳥あつまる聖者の壁画冷まじとも 金子兜太
山かげの風すさまじき刈田かな 鷲谷七菜子 花寂び
山姥のうしろ姿のすさまじや 桂信子 花影
山月の望の力の冷まじや 上田五千石 風景
山畑に月すさまじくなりにけり 原石鼎 花影
幾千の鼻の夕焼すさまじき 加藤秋邨
後園の荒れすさまじき雪の棕櫚 木村蕪城 寒泉
思ひいますさまじければすぐ返す 相馬遷子 山河
救世殿として冷まじき岩屋かな 阿波野青畝
文焼くと木雨を髪に冷まじき 石川桂郎 高蘆
日かげれば音冷まじき水の木曾 鷲谷七菜子 花寂び
春塵といふもすさまじ男部屋 伊丹三樹彦
春月もすさまじ古き杉の上 山口青邨
月出でて山すさまじき葛の枯れ 能村登四郎
木船に過ぎぬ鰤船音すさまじ 山口誓子
杉の月冷まじければ寝の難き 富安風生
枯山の傷すさまじき露天掘 加藤秋邨
桁磨一本の辺の冷まじき 石川桂郎 高蘆
檻古りぬ熊の眼のすさましく 正岡子規 冷まじ
歳月の母の胸裸の冷まじや 小林康治 玄霜
水の上を水の流れて冷まじき 岸田稚魚 紅葉山
水飯の色すさましき白さ哉 正岡子規 冷まじ
海鼠噛む真顔のときのすさまじき 加藤秋邨
湯畑の片照る月ぞすさまじき 水原秋櫻子 蓬壺
潮騒のものすさまじく椿咲く 阿波野青畝
激流を詠み来たる身の冷まじや 上田五千石 天路
濤はばむ戸賀の岩群冷まじや 佐藤鬼房
炎天に芥焼く火ぞすさまじき 日野草城
父母の国の高浪冷まじや 鈴木真砂女 都鳥
爽やかに生き冷まじく死なばよし 上田五千石 琥珀
牡丹の崩るゝも又すさまじき 高野素十
百姓の厠すさまじ柿の秋 日野草城
百歳の小町の像の冷まじき 高野素十
眼裏に紅梅の染みすさまじく 原裕 青垣
稿了やあとすさまじき猫の恋 鷹羽狩行
竹寺の離れ一藪冷まじく 岸田稚魚 筍流し
臙脂の黴すさまじき梅雨の鏡かな 飯田蛇笏 山廬集
花吹雪すさまじかりし天地かな 高野素十
萩すゝき追分いよゝすさまじく 齋藤玄 飛雪
蕪鮨の鰤すさまじき氷かな 加藤秋邨
蝋燭にすさまじき夜の嵐哉 正岡子規 冷まじ
語り姥八雲旧居も冷まじき 百合山羽公 樂土
護摩壇に火焔見ぬ日ぞ冷まじき 上田五千石『田園』補遺
送り火に来て蟷螂のすさまじき 加藤秋邨
遅桜すさまじと云ふ従はず 相生垣瓜人 明治草
野分聴くひと顔よにもすさまじき 加藤秋邨
金策のズボン寝押しす冷まじや 小林康治 玄霜
金粉をこぼして火蛾やすさまじき 松本たかし
鈴虫の老けしと思ふ冷まじき 後藤夜半 底紅
鉛管に山の落雷すさまじき 高野素十
隠田の罅すさまじき霰かな 秋元不死男
雛すさまじ季節はづれの旅びとに 大野林火 雪華 昭和三十四年
雲林禅寺は黄落禅寺すさまじき 山田みづえ 草譜
飢清く冷まじかりし日日のこと 三橋敏雄
馬追の身めぐり責めてすさまじや 角川源義
鬼羊歯の秋すさまじき真青かな 加藤秋邨
鶏血のまことすさまじ柿落葉 山口青邨
黄をすさまじ底無し沼につづく稲田 大野林火 白幡南町 昭和三十二年

冷まじ 続補遺

すさまじき外側の堀や梅の花 寂芝
すさまじき月かたぶけてうめの花 寥松
すさまじく堅く成りけり冬の月 素丸 素丸発句集
すさまじや三里を見に滝けぶり 馬場存義
すさまじや夏の簀櫃の火の噂 寥松
すさまじや市の衾の風たまひ 加舎白雄
すさまじや師走女房のわたぼこり 木導
すさまじや早瀬の舟に灯蛾 桜井梅室
すさまじや紅葉を染る露の音 鈴木道彦
すさまじや雀の甕あらしふく 加舎白雄
なで切の名もすさまじきさくら哉 土芳
ふけば散ものゝ冷まじ雲の峯 加藤曉台
姫川のすさまじや瀬ののぼり龍 露川
宿うらや風すさまじき梅の花 土芳
宿裏や風すさまじき梅の花 土芳
山伏の貝すさまじや生身魂 朱廸
山吹に昼なく鶏のすさまじや 夏目成美
己さへすさまじ皃や枇杷の花 三宅嘯山
帷子は日ゞにすさまじ鵙の声 史邦
煤掃に砧すさまじ雪の上 嵐蘭
百足はふ音すさまじや帋衾 桜井梅室
稲妻やすさまじうなる辻が花 鈴木道彦
笠の緒の跡すさまじや秋の月 丈草
菊の香に風炉すさまじき数寄屋哉 浪化
鮎の子の心すさまじ滝の音 土芳

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 05:18 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26298259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング