自然薯 の俳句

自然薯 の俳句

自然薯 の例句  (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23313437/

自然薯 補遺

この橋を自然薯掘りも酒買ひも 高野素十
これよりは自然薯掘りの鮑海女 鈴木真砂女 紫木蓮
ごきぶりの銭より光るとろろ汁 古舘曹人 能登の蛙
じねんじよの恵那の小石をこぼしたり 細見綾子
じねんじよの藁づと紐で巻きからめ 細見綾子
すべり止めして自然薯を掘りはじむ 右城暮石 一芸
とろろ汁啜りて諾も否もなし 上田五千石『琥珀』補遺
とろろ汁宵に照り合ふ古柱 古舘曹人 能登の蛙
とろろ汁日輪青く吹かれけり 大野林火 青水輪 昭和二十五年
とろろ汁雲群るる日のつづくなり 大野林火 月魄集 昭和五十五年
とろろ汁鞠子と書きし昔より 富安風生
ゆすぶつて動ぜぬ石や自然薯掘る 上村占魚
一心に自然薯を掘る独り言 右城暮石 句集外 昭和六十三年
乞食今日自然薯掘に身をやつす 川端茅舎
乞食今日自然薯掘を恥ぢにけり 川端茅舎
先折れのなき自然薯を賜りぬ 鈴木真砂女 居待月
到来の大業物は自然薯(つくねいも) 百合山羽公 樂土以後
去年の山芋厨の隅にころがし置く 安住敦
古雪や自然薯蔓の垣を垂る 飯田蛇笏 山廬集
同衾や矢じり木簡山の芋 百合山羽公 樂土以後
夜の峠降り来て濃目のとろろ汁 能村登四郎
山の芋ほられて寒き蛙かな 猿雖
山の芋掘りに行くスツトコ被り 尾崎放哉 小豆島時代
山芋の蔓にひかるゝ清水かな 夏目成美
山芋の黄葉慰めなき世なり 百合山羽公 故園
山芋も茂りてくらし宇津の山 許六
山芋を掘る鍬として納屋に古り 能村登四郎
山芋掘ならば蘊蓄傾けて 飯島晴子
年の暮長きじねんじよ横たへて 細見綾子
年玉や水引かけて山の芋 村上鬼城
掘り尽す先の先まで自然薯 稲畑汀子
新藁に埋もれて着きし山の芋 細見綾子
東京に帰らば自然薯の髭つままむ 加藤秋邨
海道の難所の形見山の芋 百合山羽公 樂土
狐ききをり自然薯掘のひとり言 森澄雄
相悪き自然薯にして旨かりし 能村登四郎
置き忘る自然薯掘りの小道具を 右城暮石 一芸
自然薯がおのれ信じて横たはる 中村汀女
自然薯にをりをり鳶の鳴く音あり 飯田龍太
自然薯の丈につき合ふ煙草かな 石田勝彦 百千
自然薯の三股石を抱きこめり 右城暮石 句集外 昭和六十二年
自然薯の大きさ形皆違ふ 右城暮石 句集外 昭和六十二年
自然薯の臍を曲げをる五年もの 石田勝彦 百千
自然薯の花清貧とにはあらじ 川端茅舎
自然薯の苦しきかたち掘り起す 三橋敏雄
自然薯の荷の届く差出人の名を 星野立子
自然薯の身空ぶる~掘られけり 川端茅舎
自然薯の逃げて波うつ藪畳 川端茅舎
自然薯の鬚を見て手が顎にゆく 加藤秋邨
自然薯を抜き損はず山眠る 平畑静塔
自然薯を掘りたる土を埋めもどす 右城暮石 一芸
自然薯を掘りてその髭までも掘る 後藤比奈夫
自然薯を洗ふ時間を惜しまずに 右城暮石 一芸
自然薯掘だんだん膝の揃ひけり 石田勝彦 百千
自然薯掘られし藪のだらしなく 川端茅舎
自然薯掘少年つれて来りけり 雨滴集 星野麥丘人
自然薯杖の如くに乞食かな 川端茅舎
藪がしら自然薯の蔓たぐりそむ 川端茅舎
道迷ひ自然薯掘りし穴ばかり 山口青邨
長考は山の芋より始まりぬ 桂信子 花影
頭明るし自然薯掘につきまとひ 飯島晴子
鬼熊の掘りて悲しや自然薯 川端茅舎
鰻にもならずや去年の山の芋 支考

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 05:32 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26298266
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング