敗荷 の俳句

敗荷 の俳句

敗荷 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23282984/

敗荷 補遺

うつし世は唯破蓮枯蓮 阿波野青畝
うなだるるとはこのかたち敗荷 石田勝彦 百千
おのづから家鴨の道や破蓮 加藤秋邨
これ以上破れぬ破れ蓮の強さ 鷹羽狩行
せめぎ合ひさらに加はる破れ蓮 鷹羽狩行
ふれ合はずして敗荷の音を立て 深見けん二
ゆづらざる景となりたる破れ蓮 石田勝彦 秋興
亀の居て破れ蓮の水うごきけり 日野草城
今日こゝに斯く坐して敗荷見るも 星野立子
冬牡丹見て敗荷の惨は見ず 安住敦
地に平和敗荷の水は澄みとほる 日野草城
声とゞき易し敗荷を掘る人に 飴山實 少長集
影ながら敗荷の水を慰めん 永田耕衣
憚ず己の影を敗荷に 寒食 星野麥丘人
憚らず己の影を敗荷に 星野麥丘人
拓本の老いし李白に破れ蓮 松崎鉄之介
敗荷いまさらに水怖ろしく 岸田稚魚
敗荷に午後の日射も三時まで 安住敦
敗荷に金の夕暮ただよひぬ 山口青邨
敗荷のあたりの天地破れをり 上野泰
敗荷のなびきそこねて折れにけり 岸田稚魚 紅葉山
敗荷の下鴨せゝる音しきり 高浜年尾
敗荷の中の全き一葉かな 清崎敏郎
敗荷の征失ことごとく折れて立つ 石田勝彦 雙杵
敗荷の景にふたたびめぐりあひ 石田勝彦 百千
敗荷の晴れても人を葬るかな 星野麥丘人
敗荷の目のうちそとに暮れかかり 岸田稚魚
敗荷の風いろいろに吹きにけり 岸田稚魚
敗荷やたまたま鯉の大きな眼 加藤秋邨
敗荷や旅の暇のおのが影 石田波郷
敗荷を眺むるも興年忘 山口青邨
敗荷を見しは半刻前なるよ 亭午 星野麥丘人
敗荷を見に来しことのいはれなし 燕雀 星野麥丘人
敗荷を見に行く人と別れけり 雨滴集 星野麥丘人
敗荷見て実の飛ぶときに来合はさず 百合山羽公 樂土
敗荷遊時間縺れも無かりけり 永田耕衣
日は軽くなりゆくばかり破蓮 岡本眸
暮れてゐるおのれ一人か破蓮 松本たかし
枯蓮と見る破蓮と見しきのふ 鷹羽狩行
柄の高さ残してをりぬ破れ蓮 深見けん二
水に映りいま敗荷となる途中 桂信子 草影
無遠慮な月日の歩み破蓮 岡本眸
爪立ちていよよ破蓮なることを 岡本眸
破れ蓮の水漬きて水に従へり 鷹羽狩行
破蓮と枯蓮太鼓橋へだて 鷹羽狩行
破蓮にぐらりと月の上りけり 鷲谷七菜子 天鼓
破蓮に長居せし身の痛みとも 岡本眸
破蓮に雨ぞろぞろと来て日暮 鷲谷七菜子 天鼓
破蓮の夕日見てゐて背のつまる 岡本眸
破蓮の揺れて漂ふごときかな 清崎敏郎
破蓮の破れの尽きたる観世音 森澄雄
破蓮の落魄ぶりは嗤ふべし 安住敦
破蓮の葛西や風のひびきそめ 水原秋櫻子 晩華
破蓮やしづかに強き日の面テ 渡邊白泉
破蓮や城の残せる門四つ 水原秋櫻子 殉教
破蓮や由緒手まねく後ろ髪 石塚友二 方寸虚実
破蓮や道の辺にある火葬塚 角川源義
破蓮や釣れてたのしき顔ならず 加藤秋邨
羽ばたけるもの敗荷の水をうつ 清崎敏郎
蓮破る雨に力の加はりて 阿波野青畝
鉛筆が逃げたる音や敗荷遊 永田耕衣
限りなく吹き抜ける風敗荷 高浜年尾

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 06:26 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26298316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング