草の実 の俳句

草の実 の俳句

草の実 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23239191/

草の実 補遺

あるけば草の実すわれば草の実 種田山頭火 草木塔
うらから来てくれて草の実だらけ 種田山頭火 草木塔
ここで寝るとする草の実のこぼれる 種田山頭火 草木塔
したみ飲むはぶ草の実の茶の濃きを 日野草城
したゝかに草の実恋の戻りなる 飴山實 次の花
むくどりや野川草の実うち被り 及川貞 榧の實
喰へさうな草の實見ゆる葎哉 正岡子規 草の実
夕日うつる草の實赤し藪の奥 正岡子規 草の実
川の水ひろく草の実ながれけり 松村蒼石 雪
拍手に天のにほひや木草の実 助然
撫子の種つるしたり花もある 正岡子規 草の実
晴れし日の草の実こぼれ易かりし 高浜年尾
朝湯して由布の草の実浮かすなり 飴山實 次の花
栗鼠はしり草の実小径晴れやすし 鷲谷七菜子 花寂び
武蔵野の豆腐屋草の実を散らす 細見綾子
毒草のうつくしき實を結びけり 正岡子規 草の実
法衣こんなにやぶれて草の実 種田山頭火 草木塔
法衣の草の実の払いきれない 種田山頭火 自画像 落穂集
湯治場へ草の實多き山を下る 正岡子規 草の実
盆近き餓鬼の田草の実を持てり 角川源義
矢鱈つく草の実どこに生きんとすや 大野林火 飛花集 昭和四十四年
草の実が袖にも裾にもあたたかな 種田山頭火 草木塔
草の実の勢ひはぜて窯どころ 鈴木真砂女 夕螢
草の実の大粒小粒身に飾り 上田五千石『琥珀』補遺
草の実の手にあるごとし無きごとし 林翔
草の実の散弾浴びる行者越 上田五千石『琥珀』補遺
草の実の紅の点綴素十亡し 上田五千石 森林
草の実の袖につきけり河原風 鈴木道彦
草の実の袖にとりつく別哉 凉菟
草の実の誠実薄き肉刺すか 岸田稚魚 雁渡し
草の実の跳ぶ自らの力かな 高浜年尾
草の実の露の、おちつかうとする 種田山頭火 草木塔
草の実の音なくはじけうつらうつら 伊丹三樹彦
草の実も混凝土鏝に伸されつゝ 石塚友二 光塵
草の実も藁も流るる鳥の空 中村苑子
草の実やいつか老いたる山の鳥 桂信子 草影
草の実やいよよたふとき観世音 森澄雄
草の実やい行くこころに径尽きず 森澄雄
草の実やどの庖刀も錆びてあり 橋閒石 朱明
草の実や一粒にして日の熱さ 鷹羽狩行
草の実や尻からげなる裏表 阿波野青畝
草の実や師は師たり弟弟たらず 富安風生
草の実や影より淡くはしる水 石橋秀野
草の実や新選組の映画来る 角川源義
草の実や淀みくの飛鳥川 阿波野青畝
草の実や無銭に返き旅を了ヘ 鷹羽狩行
草の実や生くるに智慧の量り売り 上田五千石『田園』補遺
草の実や留守の夕餉の日あるうち 橋閒石 朱明
草の実や砂少し溜め蜆殻 香西照雄 対話
草の実や空しく土と成ばかリ 高桑闌更
草の実や草に捨てある哺乳壜 森澄雄
草の実や関は刃物のまつり見に 飴山實 花浴び
草の実をつけてミノタウロスの死よ 有馬朗人 耳順
草の実をふりかむりたる小犬かな 村上鬼城
草の実をゆひ栞りあり下り鮎 阿波野青畝
草の実点滅 弘子・明のもう来る頃 楠本憲吉 楠本憲吉集
草の實のこぼるゝ谷やかけす鳴く 正岡子規 草の実
草の實の赤くして馬もくはざりき 正岡子規 草の実
草の實や少し赤らむ茨の垣 正岡子規 草の実
草の實や笠がさはればほろほろと 正岡子規 草の実
草の實や谷を覗きて見れは家 正岡子規 草の実
草の實や鎌倉古りて墓多き 正岡子規 草の実
草の實を摘まんとすれば木の實落つ 正岡子規 草の実
蔓草を引けばしたゝかに實の落る 正岡子規 草の実
裾につく草の実よ道はるかなり 三橋敏雄
逐はれ越ゆる夕月の山の草の実 中川一碧樓
金のなる木などと空しき草の実よ 山口青邨
雑草の実の吹き飛ぶに目を細め 川端茅舎

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 07:39 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26298413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング