刈田 の俳句

刈田 の俳句

刈田 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22906564/

刈田 補遺

「面会謝絶」病廊浸す刈田冷え 上田五千石『田園』補遺
いちまいの刈田となりてただ日なた 長谷川素逝 暦日
いま刈田にて海渡る兵馬見ゆ 山口誓子
おもかげや早稲の刈田に水の音 角川源義
おもだかの一茎青き刈田径 山口青邨
かね平が塚渺々と刈田かな 鬼貫
きらめく鹵簿丘を下りきり刈田を来る 山口誓子
ところところ菜畠青き刈田哉 正岡子規 刈田
はるかより刈田たたみて石舞台 山口青邨
ひろびろと日の落ちかゝる刈田哉 正岡子規 刈田
びびびびとはげしく雨の刈田うつ 山口青邨
ほそぼそと雨の刈田の御陵道 上村占魚
みんなではたらく刈田ひろびろ 種田山頭火 草木塔
もう誰もゐぬ校門の刈田の香 廣瀬直人
もの問ふと奈良の刈田へはひりゆく 飴山實 少長集
ゆく年の羽に嘴埋め刈田鷺 鷲谷七菜子 銃身
わが影ののびて刈田を海までも 山口青邨
わが旅の刈田にぺらと月出でぬ 山口青邨
ゑちご刈田のみどりぐさゑちごをなごら 中川一碧樓
シベリヤの江湖より来て刈田鶴 山口誓子
シベリヤの鶴この刈田指して来し 山口誓子
ドライブの金毛の肱刈田寒 香西照雄 対話
一反は刈り殘す田の雀かな 正岡子規 刈田
一天の安騎の大野の刈田かな 平井照敏 天上大風
一握の刈田明りや木曾山中 鷲谷七菜子 花寂び
一村に風のはじまる刈田かな 鷲谷七菜子 花寂び
一段は刈り殘す田の雀かな 正岡子規 刈田
一群の田鶴舞ひ下りる刈田かな 杉田久女
三つ星がオリオン緊める新ラ刈田 橋本多佳子
三四日見ぬ間に廣き刈田哉 正岡子規 刈田
不揃ひの墓石に散つて刈田風 鷲谷七菜子 銃身
丘晩秋刈田見え遠く犬が鳴き 大野林火 青水輪 昭和二十三年
九十九谷一つの谷に刈田あり 山口青邨
二三匹鹿の立ちたる刈田かな 正岡子規 鹿
二度うゑて二度刈田あり帰花 完来
備前焼刈田に薪を野積みしぬ 阿波野青畝
全開の扇田いまは刈田なり 山口誓子
冬の日の刈田のはてに暮れんとす 正岡子規 冬の日
凶作の刈田電柱唸り立つ 西東三鬼
出雲路や稔り田刈田となりあひ(島根七句) 鷹羽狩行
刈株のありて刈田に雪積もる 山口誓子
刈田から何驚いて鳩四五羽 正岡子規 刈田
刈田たひら湖たひら飛ぶ鳥も 山口青邨
刈田で鳥の顔をまぢかに見た 尾崎放哉 須磨寺時代
刈田となり池のほとりの冬近き 右城暮石 句集外 大正十四年
刈田となり鉄塔区間距離整す 上田五千石『田園』補遺
刈田なか歩いて父に似てきたる 伊藤白潮
刈田にて決戦場と思はれず 山口誓子
刈田には滅灯駐車ら 神楽宿 伊丹三樹彦
刈田には生々しさの漲れり 相生垣瓜人 明治草
刈田にも見ゆる大内文化かな 後藤比奈夫
刈田にネオン兵隊部落闇に浮く 佐藤鬼房
刈田のなかで仲がよい二人の顔 尾崎放哉 須磨寺時代
刈田の日背に受く駅の固き椅子 右城暮石 句集外 昭和三十五年
刈田の暮子供外灯弄ぶ 右城暮石 句集外 昭和三十五年
刈田の暮子等外灯を弄ぶ 右城暮石 上下
刈田の火赤し人亡しと思ふとき 橋本多佳子
刈田の香刈田に戻る闇夜かな 廣瀬直人
刈田みなかたくな月下忘れられ 大野林火 青水輪 昭和二十四年
刈田ゆくとき厄払面外し 平畑静塔
刈田より阿武隈川となりにけり 阿波野青畝
刈田中池ありてあをき空を置く 能村登四郎
刈田光即身佛は口ひらく 秋元不死男
刈田刈原夕焼とどめし堰を置く 大野林火 青水輪 昭和二十三年
刈田刈株あつまりくらき遠ち夕焼 大野林火 青水輪 昭和二十三年
刈田千枚業火ならねど焚火する 角川源義
刈田尽き荒磯の白き波上る 山口青邨
刈田来て洋酒一盞もてなさる 佐藤鬼房
刈田来て洋酒一箋もてなさる 佐藤鬼房
刈田直踏めば先祖の狩ごころ 平畑静塔
刈田行く電車の裡も刈田なり 山口誓子
刈田見てゐて通夜の時間の整ひし 能村登四郎
刈田遠くかがやく雲の袋かな 飯田蛇笏 山廬集
刈田遠くかゞやく雲の袋かな 飯田蛇笏 霊芝
刈田重ね残菊の畑都府楼へ 山口青邨
刈田青み伊豆の重たき鴉とぶ 西東三鬼
刈田鴉勝利塔背に娼婦佇つ 角川源義
刈田黒し大足といふ鍛冶屋の町 松崎鉄之介
剛直に北国の虹刈田より 森澄雄
十枚の刈田へだてて呱々の声 鷹羽狩行
千枚の刈田や殖えも減りもせず 阿波野青畝
千枚の刈田より犬引き返す 鷹羽狩行
南に忌鍬山あり御刈田 高野素十
去る程にうち開きたる刈田かな 鬼貫
向日葵へ下りず刈田へ蝗降る 加藤秋邨
君あらぬ刈田の焚火誰が描くや 水原秋櫻子 霜林
土佐も果刈田の多き岬のみち 高浜年尾
地平入日に消され泰けし刈田道 大野林火 青水輪 昭和二十六年
城のあと刈田の段として遺る 山口誓子
墓一基刈田の巌の上に立つ 山口誓子
変電所唸る刈田と一変す 伊丹三樹彦
夕刈田歩廊につづき風邪覚ゆ 大野林火 海門 昭和十四年
夕陽や刈田に長き鶴の影 正岡子規 刈田
夜明けには刈田の足型動きだせ 佐藤鬼房
夜月照り水ある刈田なき刈田 下村槐太 天涯
大乳房ゆらゆら刈田より子等へ 西東三鬼
大佛の夕影長き刈田哉 正岡子規 刈田
大宇陀や刈田ひつぢ田風倒田 鷹羽狩行
大水の刈田は海の如くなり 正岡子規 刈田
大演習刈田の畦に戦やむ 山口誓子
天守閣より美しき刈田見る 岸田稚魚
天暮れぬかぎり刈田の面ひかる 山口誓子
奇声とぶ刈田の上の火星の居 金子兜太
子の墓に隣る刈田の冬迫る 飯田龍太
寂庵のすなはち刈田明りかな 有馬朗人 耳順
富士颪まともに刈田鴉かな 石塚友二 光塵
小社や刈田の水に雑魚生簀 右城暮石 句集外 昭和八年
小野の道刈田の霜に日和かな 河東碧梧桐
少女立つ刈田や花のごと目ざす 細見綾子
山かげの風すさまじき刈田かな 鷲谷七菜子 花寂び
山の辺のみちある時は刈田沿ひ 高浜年尾
山国の刈田ざんざん降りに逢ふ 廣瀬直人
山門は開く刈田を遠く見て 山口青邨
帰郷して刈田へ白き息を吐く 中村苑子
日のあそぶ刈田に鴉ひそと佇つ 角川源義
春日照雨刈田の水に鴉佇つ 角川源義
曲流に囲まれ刈田真丸田 山口誓子
期しゐたる刈田の色の現れぬ 相生垣瓜人 微茫集
木枯や刈田の畔の鉄気水 惟然
榛の禽刈田は雨となりにけり 西島麦南 人音
檻褸干すをけふも映せり刈田水 伊丹三樹彦
死にしかば友泰らかに刈田つゞく 右城暮石 声と声
残照や刈田の水の赭濁り 角川源義
毒死せし友の一周忌の刈田 右城暮石 句集外 昭和二十七年
気の荒れし農夫刈田を焼き散らす 山口誓子
水溜めし刈田ばかりや神還る 能村登四郎
海のやう風荒のして刈田かな 右城暮石 句集外 昭和八年
海底は刈田となりて棚田なす 山口誓子
湖たひら刈田たひらに烏とび 山口青邨
湖に出島の刈田さびしけれ 上村占魚 球磨
湖鳥が刈田にあそぶ伊香郡 能村登四郎
溶岩あるをそのままにして刈田とす 山口誓子
滑りつゝ鷺の踏みこむ刈田かな 渡邊白泉
火をなだめ刈田より夕煙たつ 佐藤鬼房
無人駅出でて刈田を道とせず 平畑静塔
父と連るゝをとめごゝろに刈田水ありて 中川一碧樓
牛の爪割れて刈田へ入り行きし 右城暮石 句集外 昭和三十年
犬がゐて遠く馳け出す刈田の犬 右城暮石 句集外 昭和四十年
犬ふぐり刈田に真日の狂ひをり 角川源義
犬も來て牛につはべる刈田道 正岡子規 刈田
狐出て遠を見てゐる刈田かな 鷲谷七菜子 天鼓
盛綱の駒踏みし海刈田なる 山口誓子
稲束のパレード刈田に立ち並び 山口誓子
稲架けて芒野にあらざれば刈田 富安風生
穀倉の中心ここと刈田指す 山口誓子
窓の燈の刈田十二株ほどに及ぶ 上田五千石『田園』補遺
竿入れて底の知れざる泥刈田 山口誓子
築地ここに極まり潰え刈田径糸 山口青邨
耳成山は遠く小さく刈田中 山口青邨
腰叩く刈田の農夫誰かの父 西東三鬼
自動車の微動の鏡刈田騒ぐ 山口誓子
自転車を置けば刈田の暮れやすし 右城暮石 声と声
若き死にあまりに晴れて刈田つづく(姪、幸子逝く) 細見綾子
藪寺の大門晴るゝ刈田かな 村上鬼城
蝗とび刈田のほとり古墳群 山口青邨
見の限り刈田ぞ越後国原は 石塚友二 玉縄以後
見舞ひて戻る刈田夕日に身を浮かせ 大野林火 青水輪 昭和二十六年
親田螺子たにしのゐる刈田かな 細見綾子
跣足子の駈くや刈田となりて直ぐ 伊丹三樹彦
近づけば野鶴も移る刈田かな 杉田久女
近江早刈り刈田あり焼田あり 山口誓子
道暮れて右も左も刈田かな 日野草城
酔うて戻る農夫刈田を草履にて 伊丹三樹彦
醤油壜鳴らし刈田を睥み来し 石塚友二 光塵
野社のぽつかりとして刈田哉 正岡子規 刈田
野社を中に殘して刈田哉 正岡子規 刈田
金魚池しづかに刈田つゞきとなる 右城暮石 句集外 昭和三十五年
金魚田に隣る刈田を焼く紅火 山口誓子
雪彦の細み見せたる刈田かな 阿波野青畝
雲に毒刈田に燃えて火が怒る 西東三鬼
青空を張つて刈田の水勇む 秋元不死男
飴しやぶり刈田の道をどこまでも 山口青邨
香具山を引寄す勤行 刈田となり 伊丹三樹彦
駅の燈が照らす刈田の恥づかしさ 山口誓子
鴉らに刈田掴まれ昼を酔ふ 飴山實 少長集
鴉来て歩を試める刈田あり 相生垣瓜人 明治草抄
鶏むしる男に見られ刈田行く 大野林火 青水輪 昭和二十四年
鶺鴒に付されたりし刈田あり 相生垣瓜人 明治草
鷄の籠をはなれて刈田哉 正岡子規 刈田
鷺白く置き残したる刈田かな 鷹羽狩行
鹿穽も雪早き年の刈田かな 河東碧梧桐
黒富士や刈田鴉も鳶のごと 角川源義

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 07:56 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26298438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

映画 の俳句
at 2017-12-15 09:21
歳時記 の俳句
at 2017-12-15 08:02
俳句 の俳句
at 2017-12-15 07:58
田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29

外部リンク

記事ランキング