落穂 の俳句

落穂 の俳句

落穂 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22912932/

落穂 補遺

あしあとのそこら数ある落穂哉 黒柳召波
いちめんに呼名「落穂」の松落葉 中村草田男
うしなはで落穂をだくや大師講 可南女
うしろ手に落穂一茶の国はるか 鷹羽狩行
しかと踏み通りしあとに落穂かな 鷹羽狩行
にはとりが落穂拾ひの右に出て 鷹羽狩行
ぬす人の見返りもせぬ落穗哉 正岡子規 落穂
はじめ火があり泥濘(ぬかるみ)の一落穂 佐藤鬼房
やりすごす落穂二三や流し釣 水原秋櫻子 緑雲
一抹の海見ゆ落穂拾ひかな 石田波郷
一本の落穂ただよふ湖の波 山口青邨
入国の足は落穂を避けゐたり 平畑静塔
入日射す上り榧や落穂あり 能村登四郎
出羽みちの冷えの凝りたる落穂かな 鷲谷七菜子 游影
利根の駅持てば暮れゆく落穂かな 加藤秋邨
千枚田の落穂拾ひを見たかりし 細見綾子
厠より眇してゐる落穂かな 波多野爽波
君が代は道に拾はぬ落穗かな 正岡子規 落穂
土産店買ひまどへるは落穂持つ 石川桂郎 高蘆
地を隠しゐし一房の落穂拾ふ 鷹羽狩行
垂れてゆく落穂を蓼に触れしむる 石田波郷
夕ぐれの葛飾道の落穂かな 高野素十
夕風にしはぶき拾ふ落穂かな 西島麦南 人音
大切に御田の落穂の一と結び 高野素十
大和路や落穂拾ひに遠嶺浮き 鷹羽狩行
子を連れて落穂拾ひの鶴の群 杉田久女
山の影落穂拾ひに稲苅に 相馬遷子 山国
山村はとぼとぼ午後となる落穂 平畑静塔
山脈を背に落穂拾ひの暮れにけり 角川源義
山茶花の垣に挿し過ぐ落穂かな 渡邊水巴 白日
庄内米収めて落穂一つなし 百合山羽公 樂土以後
庭鳥の卵うみすてし落穂哉 其角
念ひ拾ふごとくに落穂拾ひかな 上田五千石 天路
拾う落穂 高稲架はひかりの城で 伊丹三樹彦
拾はれぬものは言葉の落穂かな 中川乙由
拾ひたる落穂のしべをおとしけり 後藤夜半 翠黛
拾ひたる豊の落穂は籠にあふれ 富安風生
拾ひもつ落穂の垂れてありにけり 後藤夜半 翠黛
拾ふべき落穂戻りに見当らず 鷹羽狩行
明日も在るかかる渚の一落穂 佐藤鬼房
暮れきりて落穂を拾ふ指あかり 上田五千石『風景』補遺
最上川暮れゆく落穂拾ひ立つ 水原秋櫻子 玄魚
汽車降りて落穂拾ひに並ばんかと 西東三鬼
流し釣落穂しきりに流れけり 水原秋櫻子 殉教
満月の早く出すぎる落穂かな 平畑静塔
瀬に乗りて落穂追ひゆく蝗あり 水原秋櫻子 緑雲
炉辺におく豊の落穂の手籠かな 木村蕪城 一位
狭田高田落穂すら無く刈られけり 林翔 和紙
玄海の浪かぶるかに落穂拾ひ 鷹羽狩行
畦木立ち落穂拾ひがひろひ立つ 石田波郷
痩臑に落穂よけ行聖かな 高井几董
白山に稲光りして早穂落穂 石田勝彦 百千
禅門の数珠持そふる落穂哉 木導
落人の墓に落穂を仏花とす 阿波野青畝
落穂*ひる身重の妻女齢老けぬ 飯田蛇笏 山響集
落穂これは一茶の国の落し物 鷹羽狩行
落穂拾ひのまた出るに小雪ふる 寥松
落穂拾ひ去るや夕澄む穂高岳 水原秋櫻子 晩華
落穂拾ひ日あたる方へあゆみ行く 与謝蕪村
落穂拾ひ老婆の杖の見あたらぬ 鷹羽狩行
落穂拾ひ鴉に似たり院庄 大野林火 方円集 昭和四十九年
落穂拾ひ鶉の糞は捨てにけり 鬼貫
落穂拾ふが夕日の影法師 中川乙由
落穂拾ふ顔を地に伏せ手を垂れて 西東三鬼
落穂田に大雨到りし一夜変 水原秋櫻子 残鐘
蓼の花豊の落穂のかゝりたる 高野素十
蕉門の鴉か落穂啄むは 鷹羽狩行
觜ぶとの落穂をひろふ田面かな 杉風
言の葉の落穂ひらふもたのみかな 鬼貫
豊かなる年の落穂を祝ひけり 河東碧梧桐
足許の奥の細みちにも落穂 阿波野青畝
身のほどや落穂拾ふも小哥ぶし 加藤曉台
近景に撒き遠景に落穂拾ひ 鷹羽狩行
逆光の嶺のちかづく落穂拾ひ 上田五千石 田園
道落穂ゆふまぎれむとしつつあり 阿波野青畝
隅田川あかるき落穂沈めけり 加藤秋邨
露ほろ~落穂にまじる草の花 鈴木道彦
順禮の木にかけて行く落穗哉 正岡子規 落穂
鷄の親子引きあふ落穗かな 正岡子規 落穂

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 08:01 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26298449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング