芦刈  の俳句

芦刈  の俳句

芦刈 の例句  (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22909984/

芦刈 補遺

いつのときも芦刈つてゐてへだつなし 岡井省二 山色
してくれる葭刈下駄のはなしなど 飯島晴子
しばたたく芦刈の眼を遠江 藤田湘子
ひつそりとゐて芦刈りも終ひごろ 能村登四郎
もぐりたる犬芦刈のみち走る 平畑静塔
一月や葭の洲半ば刈られある 岡井省二 鹿野
人麿忌末黒古芦刈られけり 藤田湘子 途上
刈られたる葭地降臨待つ如し 松崎鉄之介
刈りすすむうしろあかるく葭運べり 大野林火 早桃 太白集
刈るまでは蘆の声きく蘆刈は 能村登四郎
刈ル蘆やひきぬく蘆もまじりけり 正岡子規 芦刈
刈葭の他は年木積む余呉ぐらし 能村登四郎
刈跡の葭原寒し水溜 河東碧梧桐
千年の葭地磐石芦刈れり 松崎鉄之介
向丘の枯色見つつ蘆刈れり 能村登四郎
夕茜蘆刈に火をそゝりけり 能村登四郎
天地をひらくが如く葭刈れり 野澤節子 八朶集以後
妻遠し蘆原広し蘆刈男 橋本多佳子
子をつれて蘆刈る人に日和かな 原石鼎 花影
山の芦刈人なしに枯つくし 鈴木道彦
川下にゐて芦刈の穂絮浴ぶ 能村登四郎
川淀やむかし芦刈ものがたり 能村登四郎
日がなゐて葭刈る人のたゞ一人 高野素十
時雨るるや蘆刈下駄のむかしぶり 水原秋櫻子 殉教
束抱く芦刈女夜は抱かれむ 鷹羽狩行
珊々と芦刈る音を放送す 相生垣瓜人 明治草抄
珊々と蘆刈る音を放送す 相生垣瓜人 明治草
能の出のごとくに立ちて芦刈男 能村登四郎
芦よりも芦刈の影考ふる 平畑静塔
芦刈にをみなのをりて悲しけれ 岡井省二 有時
芦刈に声かけられし夢日和 岡井省二 五劫集
芦刈のうしろより浪は暮れそめし 村山故郷
芦刈のうらを喰せて砧哉 其角
芦刈のそこらさまよふ一人かな 高野素十
芦刈のはるかに見ゆるひとりかな 村山故郷
芦刈のをりしあたりに出でにけり 清崎敏郎
芦刈の一語も空に聞えける 平畑静塔
芦刈の二人つぶさに刈りにけり 岡井省二 鹿野
芦刈の夜はうすき灯に子を抱くか 大野林火 方円集 昭和五十三年
芦刈の小唄も出ぬ暑さ哉 正岡子規 暑
芦刈の戻りの堤どこまでも 高野素十
芦刈の来て枯芦の総毛立つ 能村登四郎
芦刈の若ければ焚く火もたかし 能村登四郎
芦刈の顎いたき日和かな 岡井省二 有時
芦刈やほうと穂絮の発つあたり 飴山實 花浴び
芦刈や一番星を追ひ上げて 上田五千石『田園』補遺
芦刈られ澪はいよいよ孤りなり 大野林火 雪華 昭和三十八年
芦刈りしあとひろびろと芦の中 波多野爽波 鋪道の花
芦刈りしその後も来て芦見てをり 能村登四郎
芦刈りし後の水窪の青やさし 能村登四郎
芦刈りて念佛日向作りけり 平畑静塔
芦刈りを見に来し鳰の芦まみれ 能村登四郎
芦刈るや冬禽のごと舌打つて 能村登四郎
芦刈を通す浮橋板のべて 平畑静塔
草餅や刈らずの丈の葭の夢 石田勝彦 雙杵
葭の丈抱きよせては刈るといふ 飯島晴子
葭刈りし掌の傷舐めて女学生 岸田稚魚 負け犬
葭刈人隠して葭の倒れゆく 野澤節子 八朶集以後
蘆に消えゆく蘆刈となりゆく背 鷲谷七菜子 銃身
蘆一本折りてみて蘆刈りはじむ 能村登四郎
蘆刈がもの喰へば鋭刃やすらへり 橋本多佳子
蘆刈ってその夜の寝言盗まれし 橋閒石 卯
蘆刈つて手の荒嘆く夜もあらむ 安住敦
蘆刈つて火を焚いて指太りゐる 能村登四郎
蘆刈に村雲御所は山の上 安住敦
蘆刈に鶏骨(がら)のたぐひが踞る 佐藤鬼房
蘆刈のうろつく鎌の光りけり 日野草城
蘆刈のかくれあらはれ幾たりか 岡井省二 前後
蘆刈のくるぶし白く歩きけり 日野草城
蘆刈のその焚き跡も埋めて去りぬ 能村登四郎
蘆刈の天を仰いで梳る 高野素十
蘆刈の姥の重腰鎌させば 橋本多佳子
蘆刈の最後の一人なり現はる 鷹羽狩行
蘆刈の眼を見せてゐし空の紺 斎藤玄 雁道
蘆刈の空の穂絮のとぶことよ 高野素十
蘆刈の老ならざるはなかりけり 安住敦
蘆刈の舟くる凪の水割つて 能村登四郎
蘆刈の舟を尻より着けにけり 石田勝彦 秋興
蘆刈は力か恋か蘆隠る 斎藤玄 狩眼
蘆刈や一里四方に木も見えず 正岡子規 芦刈
蘆刈や日のかげろへば河流る 森澄雄
蘆刈や月のほのめく湖の尻 角川源義
蘆刈や見廻すかきり雲の峰 正岡子規 芦刈
蘆刈や誰が行末の紺しぼり 正岡子規 芦刈
蘆刈るやみなそこの鯊鰭を振り 水原秋櫻子 蘆刈
蘆刈るや鳰の待ちゐる川淀に 能村登四郎
蘆刈を見に行く舟を出してもらふ 右城暮石 句集外 昭和五十八年
蘆刈を見下ろし最上川渡る 清崎敏郎
蘆刈女笑つて舟にとんと乗る 高野素十
蘆積んで蘆刈舟の艫に夫婦 安住敦
見られゐて芦刈ゆつくり芦を負ふ 能村登四郎
近づいて芦刈の黙もらひけり 伊藤白潮
遠くにて襤褸出会ひては芦刈女 平畑静塔
鉄橋下蘆刈ひとり蘆分けて 松村蒼石 雪
雪ちらつく蘆刈急がねばならず 安住敦
鴨渡る月下蘆荻の音もなし 水原秋櫻子 蘆刈

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 08:19 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26298478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング