新藁 の俳句

新藁 の俳句

新藁 の例句  (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22907125/

新藁 補遺

お火焼やふるき都の今年藁 乙訓
しなやかに新藁担ふ月あかり 能村登四郎
すこしづつ風のさらへる今年藁 石田勝彦 秋興
やれ一年新藁庭に敷きつめて 平畑静塔
今年藁みささぎしぐれ及びつつ 石田勝彦 秋興
凶年の新藁に火を掛けにけり 阿波野青畝
吹き晴れて新藁安曇野を飛ぶよ 大野林火 飛花集 昭和四十三年
巻柿の新藁をざく~と切る 高野素十
抱きすくめ来し新藁をだき取りぬ 伊藤白潮
新わらや此頃出來し鼠の巣 正岡子規 新藁
新藁と思ひて触れて冷たかり 岡本眸
新藁にかがみて濤の音拾ふ 原裕 青垣
新藁にくるまる遊び父母の國 三橋敏雄
新藁にひよこ埋れよ掻き掻きて 香西照雄 対話
新藁に厩の神はいぼりたつ 飯田蛇笏 霊芝
新藁に埋まる家の奥に書架 能村登四郎
新藁に埋もれて着きし山の芋 細見綾子
新藁のにほふかに厩置かれたり 石川桂郎 四温
新藁の仮積のままいつまでも 山口青邨
新藁の円座に月の客となる 大野林火 月魄集 昭和五十六年
新藁の屋ねの雫や初しぐれ 許六
新藁の敷物おてんと様のもの 平畑静塔
新藁の短き束を浜に干す 右城暮石 句集外 昭和六十一年
新藁の色に送られ凍豆腐 松崎鉄之介
新藁の香のこのもしく猫育つ 飯田蛇笏 白嶽
新藁やこの村ふかく棄老譚 能村登四郎
新藁や簷重ねあふ漁師町 桂信子 花影
新藁や親しき農のひとりゐて 石川桂郎 四温
新藁よりやや白き鶏朝駈けて 香西照雄 対話
新藁を噛みつゝ老いし神の馬 高野素十
新藁を噛んでは捨てつ不作年 能村登四郎
新藁を大切にせる村に出し 右城暮石 一芸
新藁を敷きて沼舟客の座と 山口青邨
新藁を敷きて雀の宿とせず 平畑静塔
新藁を葺きて湯の花咲かすなり 後藤比奈夫
新藁切る牛のにほひのくらがりに 野澤節子 存身
新藁敷き餌も足る牛の広額 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
田園抽象新藁を積む方円に 山口青邨
粗朶を積み新藁を積み嫁も来る 大野林火 飛花集 昭和四十七年
納豆の青苞これや新藁ぞ「百萬」 「方寸虚実」石塚友二
豊年の新藁納屋をふくらます 能村登四郎
長江に流る新藁どこよりぞ 松崎鉄之介
黒き小牛に新藁負はせうつりよし 中村草田男

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 08:31 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26298506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング