藁塚 の俳句

藁塚 の俳句

藁塚 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22900444/

藁塚 補遺

あるだけの光を浴びて藁塚築く 能村登四郎
うづくまる前肢そろひ狸藁塚 富安風生
けふ寒き藁塚に手をさし入れぬ 中村草田男
けふ建ちし藁塚を隣家と思ふ 鷹羽狩行
けふ生れし藁塚に月上りけり 伊丹三樹彦
しづけさや藁塚にかくるる村一つ 村山故郷
その藁塚往きもかへりも手触れてゆく 能村登四郎
でこぼこの藁塚の影死は遠からじ 秋元不死男
なりふりも構はずなりぬ冬日藁塚 岡本眸
はじめから傾ぐ藁塚にて候 伊藤白潮
ふるさとの等身大の藁塚を抱く 伊丹三樹彦
みちのくの藁塚藁の蓑を着て 山口誓子
みちのくを行く藁塚に警固され 山口誓子
クリスフス気もなし暮るる藁塚に 伊丹三樹彦
ラグビーの野辺も稲城も狐色 山口誓子
一泊のわがため藁塚の十重二重 鷹羽狩行
一色に雪降りかくしても藁塚 右城暮石 句集外 昭和二十六年
万緑の雨藁塚の濡れそぼつ 右城暮石 句集外 昭和三十九年
並びたつ稲城の影や山の月 杉田久女
丸味でて来し藁塚の壊たるゝ 能村登四郎
乙と丙に甲の藁塚のみ触れて 永田耕衣
乙の藁塚を甲と見誤りぬ 永田耕衣
仏塔にかも似て豊の藁塚並ぶ 山口青邨
伊豆の国藁塚藁を着流しに 鷹羽狩行
冬休み藁塚の位置乱さずに 上田五千石『田園』補遺
冬川や藁塚出来て映りあふ 阿波野青畝
冬暖の柚熟れすぎて藁塚に落つ 西島麦南 人音
冬荒濤寄する際まで藁塚積み 能村登四郎
冬越せし藁塚土に密着して 右城暮石 句集外 昭和四十一年
冬雲雀惑ひ藁塚ちぎれとび 下村槐太 天涯
冷えて来て藁塚の影も退りゆく 能村登四郎
凧を従ふ藁塚の上通らしめ 山口誓子
初日団々と 藁塚 胴震い 伊丹三樹彦
初鴉占めしは確か藁塚の尖 伊丹三樹彦
古藁塚よ怒りて春の鬼となれ 能村登四郎
同じ淋しさに個の藁塚複の藁塚 伊丹三樹彦
四つ脚の棒藁塚の裾透かす 右城暮石 天水
土着して藁塚の数も知りつくす 能村登四郎
墓山の藁塚もまた譲らぬ座 鷹羽狩行
夏の月藁塚崩れてはならず 廣瀬直人
夕ベには藁塚たらん棒を立つ 伊丹三樹彦
大阪を出外れの闇濃き藁塚 右城暮石 句集外 昭和二十七年
太くしてずんぐり丹波藁塚は 山口誓子
好晴や鶴の舞ひ澄む稲城かげ 杉田久女
媼さぶとも時雨藁塚一めぐり 飯島晴子
孤つ家の蔵のうしろの藁塚と星 木村蕪城 寒泉
学校を退け藁塚の陰に群る 山口誓子
家の相墓の相藁塚の相 鷹羽狩行
尿して稲城を出づる月夜かな 日野草城
山影のひた押す藁塚のおびただし 木村蕪城 寒泉
年々に同じ藁塚組み町田守る 伊丹三樹彦
形崩さず藁塚のくつがへる 右城暮石 上下
後手に歩めば鳥や藁塚日和 岡本眸
提灯を稲城にかけしきぬたかな 飯田蛇笏 山廬集
数知れぬ藁塚群を見なほせり 右城暮石 句集外 昭和三十二年
数限りなき藁塚の一と化す 西東三鬼
新しき藁塚や我が詩も太れ 右城暮石 上下
旅の帰路亡ぶ藁塚晴るる家 原裕 葦牙
日光の 月光の 藁塚 草城忌 伊丹三樹彦
日和見の藁塚が立つ関ケ原 山口誓子
昼風呂を出て藁塚を遠望す 石田勝彦 和栲
晴れにけり浅間も藁塚も雪の縞 大野林火 飛花集 昭和四十六年
暗闇に藁塚何を行ふや 西東三鬼
月高し遠の稲城はうす霧らひ 杉田久女
朝日にも夕日にも藁塚赤し 伊丹三樹彦
朝日やはらか藁塚作る禿頭 西東三鬼
木登りの子に一村の藁塚が見ゆ 大野林火 方円集 昭和五十三年
柔き藁藁塚の内充たす 右城暮石 上下
桂郎ありや祈る形に藁塚くづれ 小林康治 玄霜
楔のごと藁塚佇てり雪の中 赤尾兜子 玄玄
残雪や藁塚多き野の日和 村山故郷
浮遊の藁塚船体に触れむなしい朝 佐藤鬼房
潰されし藁塚に月光騒ぐなり 伊丹三樹彦
濁流に入りし藁塚須臾に消ゆ 右城暮石 声と声
爆音に重心低き藁塚よ 上田五千石『田園』補遺
獅子舞来る 藁塚座の三連五連を 縫い 伊丹三樹彦
田鶴舞ふや稲城の霜のけさ白く 杉田久女
甲の藁塚は消え失せ乙の馬鹿 永田耕衣
白髪を増す藁塚に近づきて 永田耕衣
石仏は壊え藁塚は崩れずに 山口誓子
神の国藁塚はみな身を低め 山口誓子
神信ずるまでに藁塚夕焼す 伊丹三樹彦
立てるもの出羽の藁塚堂に入る 平畑静塔
縦雲が湧く磐梯山を藁塚の上 岡井省二 前後
老残の藁塚が雲雀の声を浴ぶ 伊丹三樹彦
胴太の藁塚最も薩摩らし 山口誓子
腰裾ゑて年越す藁塚となりゐたる 岡本眸
舞ひ下りる鶴の影あり稲城晴 杉田久女
花棘として藁塚の間を来る 伊丹三樹彦
荒園に藁塚春の蒸気あがる 飴山實 おりいぶ
菊枯れて庭にも一つ藁塚を 河東碧梧桐
葛飾の野は秋風の藁塚も見ゆ 村山故郷
藁ばかりなる藁塚のもたれ合ふ 右城暮石 句集外 昭和三十二年
藁塚が出来影が出来湖晴れにけり 大野林火 飛花集 昭和四十五年
藁塚が母亡き我に蹤いて来る 永田耕衣
藁塚が立ち墓山が位置ゆづる 鷹羽狩行
藁塚が群れて迎ふる退院車 橋本多佳子
藁塚が藁塚隠す父亡きなり 永田耕衣
藁塚つぶす大風となりあたたかき 村山故郷
藁塚とならび湯宿のネオン塔 阿波野青畝
藁塚となりてぬくもりたき日和 鷹羽狩行
藁塚にあそびて藁を咥へたり 岡井省二 鹿野
藁塚にあつまる畦や小六月 百合山羽公 春園
藁塚にねぐらはなさで飛千鳥 桜井梅室
藁塚にはや家家のとざされし 松本たかし
藁塚にまづ迎へらる旅ひとり 能村登四郎
藁塚に一つの強き棒挿さる 平畑静塔
藁塚に一つ目小僧縛らるる 阿波野青畝
藁塚に二十一世紀は遠し 津田清子
藁塚に凭り詩を想ふ富士小春 福田蓼汀 山火
藁塚に囲まれて嫁いびりの場 鷹羽狩行
藁塚に大小のあり吾も在り 右城暮石 声と声
藁塚に寄りかかりなどして現 飯島晴子
藁塚に年輪はなし農に老ゆ 津田清子
藁塚に曙一本の指休む 赤尾兜子 歳華集
藁塚に金星の私語父なきなり 佐藤鬼房
藁塚に陰日の関心はここにのみ 山口誓子
藁塚のうしろに溜る日をおもふ 能村登四郎
藁塚のしんで泣くよな朧かな 渡邊白泉
藁塚のたむろ点呼のあとのごと 鷹羽狩行
藁塚のなかばくづされ芯寒し 伊丹三樹彦
藁塚のはだけし胸に迎へられ 鷹羽狩行
藁塚のべろべろうごく吹雪かな 阿波野青畝
藁塚の三つが身を寄せ春の霜 中村汀女
藁塚の二つくたびれ合うてゐる 藤田湘子 てんてん
藁塚の何れにも触れざりしなり 永田耕衣
藁塚の傾き易き二月かな 安住敦
藁塚の前雪狂ふ野の果知らず 木村蕪城 寒泉
藁塚の夜となる頃を通るなり 山口誓子
藁塚の拒むがごとき中に入る 山口誓子
藁塚の日も夜も立ちて汽車通す 伊丹三樹彦
藁塚の日向に倚りて恋もなし 上田五千石『琥珀』補遺
藁塚の棒先余し春を待つ 右城暮石 声と声
藁塚の茫々たりや伊賀に入る 西東三鬼
藁塚の藁抜き山の子の遊び 鷹羽狩行
藁塚の裳裾の乱れ踏みて過ぐ 鷹羽狩行
藁塚の裾垂れ下り農婦病む 右城暮石 句集外 昭和三十四年
藁塚の議事堂吾を迎へたり 山口誓子
藁塚の財紅白の紐を掛け 平畑静塔
藁塚の風筋に出づ流人の地 角川源義
藁塚はおのれあそびてけむらへり 藤田湘子 神楽
藁塚はほぐさる誤解なほとけず 上田五千石『田園』補遺
藁塚はみな撫で肩のペンギン鳥 山口誓子
藁塚は二つづつ善為し難し 藤田湘子
藁塚は議席に着きて吾に向く 山口誓子
藁塚は集まつて墓ちらばつて 鷹羽狩行
藁塚ひとつただあり鶴をかくれ見る 山口青邨
藁塚ふたつ瞳に入れてあたたかき 能村登四郎
藁塚まで畦曲りゆく見事さよ 水原秋櫻子 残鐘
藁塚も入鹿を誅すはかりごと 右城暮石 虻峠
藁塚も家族(うから)かわれらのへツドライト 香西照雄
藁塚も家族かわれらのヘッドライト 香西照雄 対話
藁塚も屋根も伊吹の側に雪 橋本多佳子
藁塚も影もその尖鋭けれ 山口誓子
藁塚も神変菩薩像なるよ 右城暮石 虻峠
藁塚やもと街道の長丁場 百合山羽公 寒雁
藁塚やわれも藁家の子と生れし 右城暮石 声と声
藁塚や水煙星を*ささげそむ 下村槐太 天涯
藁塚や水煙星をげそむ 下村槐太 光背
藁塚や犬の鼻より雉子が飛ぶ 東皐
藁塚や空のまるみの伊賀の星 森澄雄
藁塚や軍備増強論にはか 鷹羽狩行
藁塚よりも低き枝伸べ柿紅葉 清崎敏郎
藁塚よ聴耳たてて夜の嶺 鷹羽狩行
藁塚をつかみて人の如く押す 永田耕衣
藁塚をなほ積むや父母見おろして 伊丹三樹彦
藁塚をほぐせば犬が来て交る 右城暮石 句集外 昭和二十五年
藁塚を厠より見て歪みたる 能村登四郎
藁塚を叩きて験のよき日なり 飯島晴子
藁塚を坂に作れば崩れけり 渡邊白泉
藁塚を照らす燈駅の燈もまじる 山口誓子
藁塚を解きたる跡も緑雨降る 右城暮石 句集外 昭和二十四年
藁塚を解きて裸になりたる棒 右城暮石 句集外 昭和二十七年
藁塚を解きて農婦の鬱はらす 鷹羽狩行
藁塚を除けて平の残りたり 鷹羽狩行
藁塚作る朝日に笑ひまきちらし 西東三鬼
藁塚尖り東大和は山の相 大野林火 方円集 昭和五十二年
藁塚潰ゆ藁塚と覚ゆる高さにて 岡本眸
藁塚老いて春の鴉と睦み合ふ 岡本眸
藁塚若し遠雪嶺に佇立して 岡本眸
藁塚藁塚とあたたかし 種田山頭火 草木塔
藁塚解いて神在るごとくけぶらする 能村登四郎
裾からげせず藁塚が水に立つ 山口誓子
豊穣のかほり余して藁塚立てり 能村登四郎
踏切を越えてにはかに藁塚の減り 鷹羽狩行
近づけば藁塚も迎へて寄り来るよ 富安風生
道の端大藁塚の乗出せる 松本たかし
道の辺の藁塚も酔ひたり寒日和 石田勝彦 雙杵
遠藁塚はむらさきの濃し羽子日和 伊丹三樹彦
降る火山灰藁塚となる嫗 三橋敏雄
雨やみし稲城のみちの暮れにけり 松村蒼石 寒鶯抄
雪の田に藁塚の雪解けゐたり 山口誓子
雪の藁塚帝王ペンギンのごとならぶ 赤尾兜子 歳華集
雪冠り同じ容ちに藁塚と墓 伊丹三樹彦
雪原の藁塚ぐるり雪陥ち込む 山口誓子
雪被る藁塚藁が少し見え 津田清子
雲流れ藁塚の列歩き出す 楠本憲吉 孤客
風をさへぎる藁塚の中みだら 山口誓子
館跡藁塚に陽の微塵舞ふ 佐藤鬼房
高原の藁塚藁のサイロたり 山口誓子
鶴の群屋根に稲城にかけ過ぐる 杉田久女
鶴舞ふや稲城があぐる霜けむり 杉田久女
鶴遊ぶこのもかのもの稲城かげ 杉田久女
麦の藁塚獣ならびに人を恋ふ 富安風生
鼻の形何個の藁塚を作りたる 永田耕衣

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 08:34 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26298509
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング