梅擬 の俳句

梅擬 の俳句

梅擬 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23282902/

梅擬 補遺

いもうとはめしひとなりし梅もどき 森澄雄
うめもどき冬濤を遁れ来し息よ 草間時彦 中年
うめもどき啄む鵯を妻にくむ 山口青邨
うめもどき月の面にちりばめて 山口青邨
うめもどき枝三段に人楚々と 山口青邨
うめもどき窓を埋めて厚薄なき 山口青邨
うめもどき鶲はけふも紋付を 山口青邨
おほわたに陽の入りつつや梅もどき 森澄雄
かき餅を干して粒つぶ梅もどき 森澄雄
しづかなる人ら来て立つうめもどき 山口青邨
ひよどりの群れに苗木のうめもどき 飯田龍太
わかもののこゑつつ抜けや梅擬 星野麥丘人
外套が擦り梅擬地獄の実 斎藤玄 狩眼
大空に風すこしあるうめもどき 飯田龍太
大阪やけふよく晴れてうめもどき 森澄雄
太箸や廂の空は梅もどき 波多野爽波
妻亡くてそこここにこゑ梅擬 森澄雄
姉住むと知り 姉訪わぬ 梅もどき 伊丹三樹彦
心してをさなへたよりうめもどき 上田五千石 天路
放心の眼のゆくところ梅擬 鷹羽狩行
木曾の山もねむりかけたる梅もどき 森澄雄
松風や爼に置く落霜紅 森澄雄
枯園出品むらさきしきぶうめもどき 山口青邨
梅もどき何々もどき庭あかり 星野立子
梅もどき地にある母はなほ若し 古舘曹人 能登の蛙
梅もどき赤くて機嫌のよい目白頬白 種田山頭火 草木塔
梅嫌果ててゐるなり虎落笛 阿波野青畝
梅擬つら~晴るゝ時雨かな 川端茅舎
梅擬熟れてわづかに葉を存し 清崎敏郎
梅擬陶師はなべて猫背なる 清崎敏郎
母の亡き今日暁けて石蕗梅もどき 石田波郷
汝鵯梅擬の実食ひつくす 山口青邨
洞然と白晝の庭うめもどき 飯田蛇笏 家郷の霧
湖に夜がくる落霜紅とろいめらい 岡井省二 明野
澄むものは空のみならず梅擬 森澄雄
瀟洒たり廂の内にうめもどき 山口青邨
父母の世の白黒写真梅もどき 森澄雄
界隈の夕日うめもどきにて終る 大野林火 飛花集 昭和四十四年
立冬や闇に実のある梅擬 森澄雄
翁来し雲巌寺にいろ梅もどき 森澄雄
老艶のこと人づてに梅擬 鷹羽狩行
花賣や七草盡きて梅もとき 正岡子規 梅もどき
若き日のちちにははゐて梅もどき 加藤秋邨
菊売の蔓梅もどき少し持つ 後藤夜半 底紅
落霜紅すでにしぐれし大和かな 岡井省二 鹿野
落霜紅先んずるものなにもなし 亭午 星野麥丘人
落霜紅大玄関となりゐたり 岡井省二 鯛の鯛
落霜紅高吊りたまへ背越しの灯 石塚友二 方寸虚実
蓬莱のくすしの庭の梅擬 上田五千石『琥珀』補遺
表具屋の言訳たぬし落霜紅 藤田湘子 神楽
見るうちにしだいに紅き梅擬 山口誓子
谷の湯は逝雪凍る梅もどき 水原秋櫻子 殉教
貧しさに菊枯し瓶の梅もとき 正岡子規 梅もどき
貧しさは菊枯れし瓶の梅嫌 正岡子規 梅もどき
酸素足ればわが掌も赤し梅擬 石田波郷
里山の出口入口うめもどき 岡井省二 明野
鉢にして磯見の家の梅もどき 森澄雄
雨の日の別の赤さの梅擬 鷹羽狩行
餅搗や小鳥来てゐるうめもどき 山口青邨
鶲ゐて日の没る風にうめもどき 飯田蛇笏 家郷の霧
鷽なくや花も実もなき梅嫌 正岡子規 鷽

梅擬 続補遺

しづかにて淋しげもなし梅もどき 長虹
しばしとやうどん過ての梅もどき 諷竹
ちやの花の夕闇白し梅嫌 荷兮
ひよ鳥や野山がせきで梅もどき 蘆文
十人の殿等強し梅もどき 桃隣
城うらや小さき牛に梅嫌 加舎白雄
昼ばかり人来る家か梅もどき 松窓乙二
曇る日や*ひがらかたよる梅もどき 車庸
松風に素戻りさせつ梅もどき 荊口
梅もどき我あり顔や暮の秋 黒柳召波
梅もどき花屋の柳哀れなり 加舎白雄
梅嫌小粒に赤し初鐘れ 松岡青蘿
残る葉ものこらずちれや梅もどき 凡兆
葉を剃て赤さや冬の梅嫌 左次
薄雪に甘みやさゝん梅嫌 松岡青蘿
買ふ人を門徒とさすや梅嫌 馬場存義
赤かれと葉をちぎりけり梅嫌 如行
鶯は来たばかりなり梅もどき 中川乙由

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 08:42 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26298524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング