紅葉狩 の俳句

紅葉狩 の俳句


紅葉狩 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23262899/





紅葉狩 補遺


あけすけに酔客見ゆる紅葉茶屋 飯田蛇笏 山廬集
かの人もひとりわれもひとり紅葉狩 山口青邨
からかさを背負ひて老の紅葉狩 山口青邨
このさきは如何なる処紅葉狩 星野立子
さして気にならず急坂紅葉狩 高浜年尾
さゞなみの鳰におりたち紅葉狩 百合山羽公 春園
その中に独坐老人 紅葉酒 伊丹三樹彦
ときに探鳥の目となり紅葉狩 鷹羽狩行
ひとよさの山の囲炉裡も紅葉狩 福田蓼汀 山火
むら雨や車をいそぐ紅葉狩 正岡子規 紅葉狩
ゆらゆらと森の小人の紅葉舟 林翔
カンテラに夜道の細き紅葉狩 平畑静塔
ゴンドラは振子を演じ紅葉狩 阿波野青畝
三山の高嶺づたひや紅葉狩 杉田久女
二三言恋めくも好し紅葉酒 阿波野青畝
五大力講者に随いて紅葉狩 阿波野青畝
信楽の町に出て来し紅葉狩 右城暮石 散歩圏
先生の草鞋も見たりもみぢ狩 正岡子規 紅葉狩
十日ほど早き道順紅葉狩 右城暮石 散歩圏
大小の朱鞘はいやし紅葉狩 正岡子規 紅葉狩
大嶺に歩み迫りぬ紅葉狩 杉田久女
大滝に至り著きけり紅葉狩 波多野爽波 鋪道の花
宇陀吉野駆け巡り来し紅葉狩 右城暮石 散歩圏
山どこも落石地帯紅葉狩 右城暮石 散歩圏
山に日が当たれば日暮紅葉狩 右城暮石 散歩圏
山化して七つ法師や紅葉狩 凉菟
山日和すこし崩れぬ紅葉狩 松本たかし
岩またぎ岩くゞり紅葉見てありく 正岡子規 紅葉狩
工事車を寄せてもらって紅葉狩 右城暮石 散歩圏
書生四五人紅葉さしたる帽子哉 正岡子規 紅葉狩
木馬みちわたりて比古の紅葉狩 高浜年尾
杉山に阻まれ通し紅葉狩 右城暮石 散歩圏
村に入り村を出て行く紅葉狩 右城暮石 句集外 平成四年
枕して紅葉見初るうらの山 高桑闌更
梅屋敷とは宿の名や紅葉狩 山口青邨
水晶をかざり馬くさき紅葉茶屋 山口青邨
水流をつひにはなれず紅葉狩 上田五千石『風景』補遺
水音と即かず離れず紅葉狩 後藤比奈夫
汽車はひく餘生のけむり紅葉狩 百合山羽公 樂土
深耶馬の空は瑠璃なり紅葉狩 杉田久女
渓声に近づき離れ紅葉狩 鷹羽狩行
瀑声のみちびく方へ紅葉狩 上田五千石『天路』補遺
燃え競ふ二つの竃紅葉狩 福田蓼汀 山火
牛小屋を覗き猿見て紅葉狩 右城暮石 散歩圏
留守の間に得たりや庭の*紅葉狩 露川
盃は黒きにかえて紅葉狩 百里
目をさませ後しらぬ世の紅葉狩 鬼貫
眠る子を父抱き通す紅葉狩 右城暮石 虻峠
禅寺の澄みし虚空や紅葉狩 上野泰 春潮
竜胆の崖見つかりし紅葉狩 右城暮石 散歩圏
紅葉あり夕日の酒屋月の茶屋 正岡子規 紅葉
紅葉折て夕日寒がる女哉 正岡子規 紅葉狩
紅葉折て腕たしかむる男哉 正岡子規 紅葉狩
紅葉狩いづれうながすともなくて 上田五千石『琥珀』補遺
紅葉狩別れ別れに歩くなり 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
紅葉狩御岳の神の鈴を買ふ 山口青邨
紅葉狩時雨るゝひまを荘にあり 杉田久女
紅葉狩禅海洞もくぐりけり 百合山羽公 樂土以後
紅葉狩軍荼利講旗先頭に 阿波野青畝
紅葉狩鬼すむ方を見つけたり 正岡子規 紅葉狩
紅葉見の舟著けて居る三軒屋 正岡子規 紅葉狩
紅葉見や女載せたる駕の雨 正岡子規 紅葉狩
紅葉見や異國の王子馬で來る 正岡子規 紅葉狩
索道のいよいよ急に紅葉狩 鷹羽狩行
膝さむく坐して女の紅葉狩 右城暮石 句集外 昭和四十九年
自動車のついて賑はし紅葉狩 杉田久女
自動車の給油満タン紅葉狩 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
自動車の行くところまで紅葉狩 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
舷を狭めてさかのぼる紅葉舟 鷹羽狩行
落人そば今は歴と紅葉茶屋 百合山羽公 樂土以後
行き当たりばつたりに行く紅葉狩 右城暮石 散歩圏
見下ろせる度にダム見ゆ紅葉狩 右城暮石 散歩圏
観楓といひて赤には強くなる 後藤比奈夫
観楓のしはぶきこぼす酒盞かな 西島麦南 人音
観楓の日をうちすかす梢かな 西島麦南 人音
観楓の風をいたみて精舎かな 飯田蛇笏 山廬集
角樽をまくらの鬼や紅葉狩 西鶴
谷へ附ヶ鹿のまだきの紅葉狩 其角
道迷ひ来しも一興紅葉狩 右城暮石 散歩圏
酒飲んでしづかな人や紅葉狩 山口青邨
霧島で雪に逢ひたる紅葉狩 高浜年尾
風のかげ彩ふやしゆく紅葉狩 原裕 青垣
馬車で行く高さがたのし紅葉狩 後藤比奈夫
騎馬一人從者五六人紅葉狩 正岡子規 紅葉狩
鹿にやる菓子の殘りや紅葉茶屋 正岡子規 鹿


以上お
by 575fudemakase | 2016-10-23 09:13 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26298565
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング